Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

数学出身でデータ分析をやっている人の話

34b2ecc629b5d7fdbaf73540fb5da99d?s=47 Atsushi Takimoto
July 05, 2019
1.4k

 数学出身でデータ分析をやっている人の話

Data Gateway Talk Vol.2 で行ったLTのスライドです。
connpass URL: https://data-gateway-talk.connpass.com/event/131111/

34b2ecc629b5d7fdbaf73540fb5da99d?s=128

Atsushi Takimoto

July 05, 2019
Tweet

Transcript

  1. 数学出身でデータ分析を やっている人の話 2019/07/05 Data Gateway Talk vol.2 LT 瀧本 篤志

  2. 自己紹介 ◼ 名前:瀧本 篤志(たきもと あつし) ◼ 所属:テクノスデータサイエンス・エンジニア リング株式会社 データサイエンスグループ ◼

    経歴 ◼ ~ 2016年3月:九大で数学の研究をしていた ◼ 2016年4月 ~ 現在:現職でWeb、金融系のデータ分析に従事 ◼ 最近の趣味 ◼ Visual Studio Code を周りの人におすすめすること
  3. 今日の内容 数学がデータ分析の仕事でどのように 役に立っているかお話します 1. 日々の仕事でやっていること(コンサルの場合) 2. 働く前に想像していたこと 3. しばらく働いてから分かったこと 4.

    まとめ:数学の何が役に立っているのか
  4. 日々の仕事でやっていること(コンサルの場合) 顧客のビジネス課題を解決するためにプロジェクトの中で いろんなことをやっています(下図はその例) お客さんと話す 問題を定義する データを準備する 分析する

  5. 働く前に想像していたこと 現代数学を駆使してなにかスゴイことができそう! お客さんと話す 問題を定義する データを準備する 分析する ここは知らない

  6. しばらく働いてから分かったこと 難しい数学の知識が必要になることはあまりない 数学の経験は広く役立ってる気がする お客さんと話す 問題を定義する データを準備する 分析する

  7. まとめ:数学の何が役に立っているのか お客さんと話す 問題を定義する データを準備する 分析する 知識の獲得・創造という活動 → 汎用的な思考法、習慣(美しい構造の希求)