We released a service released with forming Product Discovery Team

We released a service released with forming Product Discovery Team

870e6905ee59f6e68965224d2f825eb7?s=128

Mitsuo Hangai

January 09, 2020
Tweet

Transcript

  1. ⼤企業の縦割り組織の中で Product Discovery Team を作ってサービスをリリース出来た話 Jan 9, 2020 Regional Scrum

    Gathering Tokyo Mitsuo Hangai Manager, Business Communication Platform Group EC Business Empowerment Section EC Business Support Dept. Rakuten, Inc.
  2. 2 ⾃⼰紹介 半⾕ 充⽣(Mitsuo Hangai) Nick name: Guy(@bangucs) 楽天株式会社 EC

    ビジネスサポート開発部 EC エンパワーメント課 ビジネスコミュニケーションプラットフォームグループ マネージャ 2010年⼊社、 ずっと仙台⽀社勤務 これ私です RSGT 2018の OST ファシリテーター https://twitter.com/scrumosaka Access: 2019/12/24 https://suku3rum-sendai.connpass.com Access: 2019/12/26
  3. 3

  4. 4 今⽇お話したいこと • ⼤企業でも、 • Product Discovery Teamで良い感じに出 来る •

    お客さんから素早くフィードバックをも らおう • 愛を持ってる⼈を集めてチームを作ろう
  5. 5 ちなみにちょっといくつかお聞きしたいのですが • 楽天派だ、という⽅︖ • ⼤企業(従業員数1000⼈以上規模) にお勤めの⽅︖ • 管理職の⽅︖

  6. 6 Outline • 楽天市場のビジネスモデルと顧客 • 組織形態と課題 • 私達の取り組みと結果 • 今後

  7. 7 Outline • 楽天市場のビジネスモデルと顧客 • 組織形態と課題 • 私達の取り組みと結果 • 今後

  8. 8 楽天市場は B to B to C モデル ユーザー 店舗様

    楽天=プラットフォーム お店の集合体= ショッピングモール Data platform お店を作るシステム RMS(Rakuten Merchant Server) 商品、店舗、注⽂、等のあらゆるデータ https://www.rakuten.co.jp/ Access⽇: 2019/12/22 https://mainmenu.rms.rakuten.co.jp/ Access⽇: 2019/12/22
  9. 9 楽天市場は 49,000店舗の集合体 ≠ ⾃動販売機 https://www.youtube.com/watch?v=yvX6S1i__iU&list=PLRhCSge59R5ZildLnGppCyenZJ5zUixSV Access⽇: 2018/09/13

  10. 10 推し店舗様(楽天社員なら10店舗様くらいあるはず︕︕) https://www.youtube.com/watch?v=RJVCQGSFiZ4 Access⽇: 2019/12/24

  11. 11 Outline • 楽天市場のビジネスモデルと顧客 • 組織形態と課題 • 私達の取り組みと結果 • 今後

  12. 12 プロジェクト R-Messe ユーザー側 店舗様画⾯ Inquiry list Chatting pane Customer

    information Access⽇: 2019/12/23 Access⽇: 2019/12/23
  13. 13 チームの⼈数は⼩さい⽅がいい。 - 2ピザルール(Jeff Bezos) - 7±2(Scrum) ...

  14. 14 わかる

  15. 15 わかる けど、そんな 簡単ではない

  16. 16 事業サイド: BU (Business Unit) Product Ownership 5-10⼈ 組織はだいたいこんな感じ デザイナー

    組織: CWD (Contents and Web Design) 3-6⼈ 開発組織: Tech (Developme nt) 10-20⼈ I’m here
  17. 17 とある定例会議のOutlook

  18. 18 のしかかる課題 • 短い期間での開発(開発開始 2019/01 ローンチ 2019/06) • ⼤規模かつ短納期、事前に店舗様にニュース告知、技術的に初の試 み(Web

    Socketを使ったリアルタイム通信等) • 誰がどこまで決めていいのか分かりづらい • ミーティングミーティングミーティング→決定まで時間かかる→ス ケジュール変わらない • 「絶対に、気持ちいい使い勝⼿にしてあげたい」 • プロダクトオーナーとチームの強い思い
  19. 19 Outline • 楽天市場のビジネスモデルと顧客 • 組織形態と課題 • 私達の取り組みと結果 • 今後

  20. 20 事業サイド: BU (Business Unit) Product Ownership 5-10⼈ 組織はだいたいこんな感じ デザイナー

    組織: CWD (Contents and Web Design) 3-6⼈ 開発組織: Tech (Developme nt) 10-20⼈ I’m here
  21. 21 関係者いっぱい

  22. 22 関係者いっぱい • 喋れねえ・・・ • リモートだしってのもあるけど・・・ • って⾔い訳したくねえけど・・・ • 声デカい⼈だけ2−3⼈話して終わ

    り・・・ • ⾟い
  23. 23 こんなの 初めて (仙台⽀社は⽐較的⼩さめの 案件が多かったので・・・)

  24. 24 なんかうまいこと 出来ないのかな︖ ・・・ってことで ⾊々読み漁った

  25. 25

  26. 26 ⾃動⾞→パーツ数︓約3万 ボディ、シャーシ、エンジン、駆動系、イ ンテリア、素材、ガラス、ナビ、乗り⼼地、 タイヤ、ランプ、ブレーキ、ギアボックス、 あskdfぁsd

  27. 27 https://books.rakuten.co.jp/rb/13796426 参考: 「トヨタの強さの秘密 ⽇本⼈の知らない⽇本最⼤のグローバル企業」 トヨタでは、主査を中⼼としたSmall Teamで、 エキスパート同⼠が密に連携して製品開発している

  28. 28 https://less.works/less/framework/sprint-planning-one.html ⾮常にヒントになったもの: LeSS (Large Scaled Scrum) Access⽇: 2019/12/23 https://less.works/less/less-huge/area-product-owner.html

    Access⽇: 2019/12/26
  29. 29 素敵なUX Designerが⼀緒にやってくれることに・・・ これは初めてこれが使えるのでは︖︖ BU = Value Tech = Feasible

    CWD = Usable Product Discovery Team Product Ownerが1⼈で全てを負 う必要は無い。それぞれのスキ ルを持った⼈を集めたチーム ( Product Discovery Team)を 作って、仮説を検証しつづけれ ばよい。
  30. 30 合わせると いい感じになるかも︖

  31. 31 なんとなくこんな感じのイメージ。縦割りではなくOne Teamに。 Product Discovery TeamとLeSSのあわせ技

  32. 32 具体的な進め⽅は、2013年に受講したこの研修の内容をほぼそのまま実施 https://www.nikkei.com/article/DGXNASFK05017_V01C12A1000000/ Access:2019/12/30 ⾃ 作

  33. 33 タイムラインと⼯夫 Product Discovery Team結成。モックアッ プ作成して店舗様から フィードバック Inception Deckとリリー スノート(サポート

    ニュース)作成、開発着 ⼿ 100店舗様向け限 定公開(2週間) フィードバックをもと に再検討、インフラ調 整 リリース 15スプリント開発、 Show and tell 1⽉ 2⽉ 3⽉ 4⽉ 5⽉ 6⽉ 今に⾄る
  34. 34 タイムラインと⼯夫 Product Discovery Team結成。モックアッ プ作成して店舗様から フィードバック Inception Deckとリリー スノート(サポート

    ニュース)作成、開発着 ⼿ 100店舗様向け限 定公開(2週間) フィードバックをもと に再検討、インフラ調 整 リリース 15スプリント開発、 Show and tell 1⽉ 2⽉ 3⽉ 4⽉ 5⽉ 6⽉ 今に⾄る
  35. 35 Persona(仮想ユーザ像) => Customer Journey Map(時系列にそって店舗 様の振る舞いをマッピング) => Crazy8(強制的にアイデアアウトプット) =>

    Paper Prototyping ⽬的︓みんなで理解し、仮説を⽴て、なるべく時間をかけずにサービスの全体像を具体化すること CWD BU Tech Tech CWD Crazy8 (A4 1枚、8枠で1枠30秒で 無理やりアウトプットする ⼿法) Persona Customer Journey Map
  36. 36 超具体的ペルソナ、というか「喜んでほしい店舗様」を設定した • 実際の店舗様の詳細な情報を書き込んだシート • いつ出店、何⼈くらいで運営している、何をどういうふうに売っていてどう困っている、・・・ • 多分この店舗様だとこういうところ困るよね、って共通理解(この段階では仮説)

  37. 37 店舗様の1⽇ カスタマージャーニー 問い合わせ対応は午後に なってからやってそう 回答するときにこういう情 報を⼀緒に⾒たいんじゃな いか てことはこんな機能がある と良いかな︖

  38. 38 ペーパープロトタイプを動画で残す Crazy8 (A4 1枚、8枠で1枠30秒で 無理やりアウトプットする ⼿法) Output, Vote, Sort,

    Summarize Draw paper prototype
  39. 39 おおまかなUIスケッチをFigmaで作る ペルソナからこ こまで2⽇くらい

  40. 40 店舗様向けのカンファレンスでモックアップを披露、フィードバックをもらう 1枚で⼀気 に⾒たい︕ RMS使わ ないで済ま せたい これは右に あったほうが 分かりやすい

  41. 41 タイムラインと⼯夫 Product Discovery Team結成。モックアッ プ作成して店舗様から フィードバック Inception Deckとリリー スノート(サポート

    ニュース)作成、開発着 ⼿ 100店舗様向け限 定公開(2週間) フィードバックをもと に再検討、インフラ調 整 リリース 15スプリント開発、 Show and tell 1⽉ 2⽉ 3⽉ 4⽉ 5⽉ 6⽉ 今に⾄る
  42. 42 タイムラインと⼯夫 Product Discovery Team結成。モックアッ プ作成して店舗様から フィードバック Inception Deckとリリー スノート(サポート

    ニュース)作成、開発着 ⼿ 100店舗様向け限 定公開(2週間) フィードバックをもと に再検討、インフラ調 整 リリース 15スプリント開発、 Show and tell 1⽉ 2⽉ 3⽉ 4⽉ 5⽉ 6⽉ 今に⾄る
  43. 43 Inception Deck, Release Note First(Working-Backward)

  44. 44 リリースノート(サポートニュース)を開発に着⼿する前に書く 某A社の真似・・・w やってみると、全体像・何を決めないといけないか・何が不明確か・ユーザーからどう⾒えるか・・等がはっき りしました。

  45. 45 BU= Value Tech = Feasibl e CWD = Usable

    課題 VS 我々 事業サイ ド: BU デザイ ナー 組織: CWD 開発組織: Tech (組織名)ガー VS VS One Team感︕ ともすると対⽴構造になりがちな組織が、⼒を合わせて同じ⽅向を向けるようになった。 (組織名)ガー (組織名)ガー とか⾔いがち
  46. 46 タイムラインと⼯夫 Product Discovery Team結成。モックアッ プ作成して店舗様から フィードバック Inception Deckとリリー スノート(サポート

    ニュース)作成、開発着 ⼿ 100店舗様向け限 定公開(2週間) フィードバックをもと に再検討、インフラ調 整 リリース 15スプリント開発、 Show and tell 1⽉ 2⽉ 3⽉ 4⽉ 5⽉ 6⽉ 今に⾄る
  47. 47 • 3⽉から15スプリント → Sprint GoalとShow & Tell(店舗 様への先⾏公開) •

    複雑なシステム構成、インフラ • リアルタイム性を確保するためWeb Socket利⽤→インフラ (Cloud Foundry)との調整難航。。。 • 無理難題を聞いてくれる素敵なインフラ担当の存在 • 既存APIを含めたシステム全体の負荷テスト、パフォーマン ス・チューニング、などリリースに向けた準備・・・ いざ、開発着⼿。
  48. 48 6⽉28⽇ 無事リリース︕︕ ユーザー 店舗様 Inquiry list Chatting pane Customer

    information Access⽇: 2019/12/23 Access⽇: 2019/12/23
  49. 49 リリース結果 • CVR(R-Messeで問い合わせをしてから1⽇以 内に購⼊する率)=通常の4倍 • 購⼊単価︓通常の2倍 ユーザー 店舗様 安⼼して買える︕

    いいお客さんと出会 える︕
  50. 50 リリース結果 店舗様からの声 • 対応がしやすくなった。すばやく返信出来るように なった。 • 改善スピードが早い。 • APIを提供してくれればなお良い。

    • ・・・ などなど
  51. 51

  52. 52 Outline • 楽天市場のビジネスモデルと顧客 • 組織形態と課題 • 私達の取り組みと結果 • 今後

  53. 53 6⽉28⽇ 無事ローンチ︕︕ ユーザー 店舗様 Inquiry list Chatting pane Customer

    information こっちに やること満載 - ⾃動応答 - Chatbot - ⾃動翻訳 →こっちも Product Discovery Team 必要かな︕ Access⽇: 2019/12/23 Access⽇: 2019/12/23
  54. 54 ここまでは、 全体的に⽐較的うまくいった。 なぜか︖

  55. 55 CSM trainingのときにもらったノートの1枚めにこう書いてあった 愛︓⼤切に思う気持ち。幸せ を願う深く温かい⼼。・・・

  56. 56 ⾔われてみれば・・・ Product Ownerの 楽天・店舗様・チーム への愛が半端ない ◦◦さん︕ (場所とか組織 で呼ばない) これが無いと⽚⼿落ち

    になっちゃう。やり⽅ は任せる。やろう︕ かっこいい︕ すごいじゃん︕ 天才︕ この⽅が店舗様は嬉 しいはず。こっちで いこう︕ 我々としてはこういう ⽅向にしていった⽅が カッコいいじゃん︖ ◦◦ちゃん連れ てきたから︕
  57. 57 これって本当だったんだ︕ POだけじゃない。愛(情熱、 やる気、信頼・・・とかも含 むと思う) がある⼈を集め、 醸成するのが⼤事

  58. 58 まとめ • Product Discoveryは、愛を育むプ ロセスでもある • ⼤企業でも、 • Product

    Discovery Teamで良い 感じに出来る • お客さんから素早くフィード バックをもらおう • 愛を持ってる⼈を集めてチーム を作ろう BU = Value Tech = Feasibl e CWD = Usable
  59. 59 まとめ(2) • ⼤企業だからこそ、 • レバレッジが効き、社会に対し⼤きな影 響を与えることができる • 共感してくれる仲間がどっかにいるはず •

    愛のある仲間が集まれば、無敵だ • ⽇本の⼤企業︕まだまだイケるはず︕
  60. 60 チーム、プロダクト、顧客、マー ケット、会社・・・ 愛してますか︖ 愛する仲間、いますか︖

  61. 61 仲間になりませんか︕︕ (札幌・仙台・東京・名古屋・⼤阪・福岡あります) https://corp.rakuten.co.jp/careers/ Access: 2019/12/30

  62. None