Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Implementation and Status of 'mruby in BitVisor'

Implementation and Status of 'mruby in BitVisor'

Yuki Nakata chikuwait

December 11, 2017
Tweet

More Decks by Yuki Nakata chikuwait

Other Decks in Technology

Transcript

  1. BitVisor Summit 6 Implementation and Current Status of 'mruby in

    BitVisor’ 中⽥ 裕貴 松原 克弥 公⽴はこだて未来⼤学 2017年12⽉5⽇
  2. ⾃⼰紹介 中⽥ 裕貴(なかた ゆうき) • Twitter: chikuwa_IT • 公⽴はこだて未来⼤学 システム情報科学部

    2年 • システムソフトウェア研究室居候 松原 克弥(まつばら かつや) • 公⽴はこだて未来⼤学 システムソフトウェア研究室主宰 • BitVisor歴10年超 • 今回の仕掛け⼈ 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 2
  3. 背景 • ハードウェアプラットフォームのプログラマブル化 • SDN/ホワイトボックス・スイッチ • FPGAエクストリーム・コンピューティング • ディープラーニングでの活⽤ •

    組み込み可能プログラミング⾔語フレームワークの登場 • Lua • ECL (Embeddable Common-Lisp) • micropython • mruby 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 3
  4. ⽬的 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor'

    4 • BitVisorの主な(追加)処理 • OS・デバイスI/Oの監視・加⼯ • Alkanet, DeviceDisEnabler, ADvisor, ‥ • アプリケーションの隔離実⾏ • ⼩清⽔他, “BitVisor による動画像を対象とした著作権保護”, BitVisor Summit, 2012. mrubyをBitVisorに組み込んで、Rubyによるエレガントな記 述を可能にする 引⽤:https://www.ruby-lang.org/ja/
  5. システムアーキテクチャ 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor'

    5 mrubyのVMを BitVisoコアに リンク mrbgemsも 必要なものを 移植 rubyコードは、 バイトコンパイル したものを Cコード内に include & interactive shell (mirb) も移植
  6. 記述例(未確定) • マルチキャスト通信を遮断 • 「01:00:5E」から始まる宛先MACアドレスのパケットか どうかを判別 2017.12.5 Implementation and Current

    Status of 'mruby in BitVisor' 6 def is_multicast_packet(header) header.map!{|i| i.to_s(16)}.join(“:”) if header =~ /^01:00:5E/ then Bitvisor.print(“A packet dropped:#{header}¥n”) true
  7. 技術的課題 1. libc関数呼び出し 2. 浮動⼩数点演算 3. BitVisor 内部インタフェースへのアクセス 4. interactive

    shell (mrib) の移植 5. mrbgemの移植 6. サンプル処理 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 7
  8. 1. libc関数呼び出しの対処 • あるものは、仕様の違いをラッピング ないものは、(場合によっては、ダミーを)作成 • strtol • strtoul •

    abort • exit • fprintf • memprintf • fwrite • strncmp • memmove • memchr • atoi 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 8 • strchr • __errno_location • __stack_chk_fail • exit
  9. メモリアロケータのオーバライド • mruby実装で⽤意されているオーバライド関数でメモリ アロケータをBitVisorのものに置き換え(+仕様調整) • アロケータを”mrb_open_allocf”で指定 2017.12.5 Implementation and Current

    Status of 'mruby in BitVisor' 9 void *mrb_allocate(struct mrb_state *mrb, void *p, size_t size, void *ud) { if (size == 0){ if(p != 0 ) free(p); return NULL; }else { return realloc(p, size); } } BitVisorのfree()の仕様が 標準的なlibcのものと異なる (ML [BitVisor-devel:108] 参照)
  10. 2. 浮動⼩数点演算の排除 • float, doubleを整数型にキャスト、浮動⼩数点演算関数を 無効化 2017.12.5 Implementation and Current

    Status of 'mruby in BitVisor' 10 typedef long mrb_float; # define double long ... # define fmod(x,y) (x) # define pow(x,y) (x) # define log10(x) (x) # define floor(x) (x) # define ceil(x) (x) # define isinf(x) 0 # define isnan(x) 0 # define isfinite(x) 0 ... mrubyの最新コードでは、 「MRB_WITHOUT_FLOAT」 ビルドオプション設定により、 浮動⼩数点関連の処理が すべて排除可能に! 参照: https://twitter.com/pandax381/status/926685657958817792
  11. Another Solution: Berkeley SoftFloat の導⼊ • Berkeley SoftFloatを使⽤ • 16ビットの半精度、32ビットの単精度、

    64ビットの倍精度、 80ビットの拡張倍精度倍精度、128ビットの四倍精度に対応 • mruby内の浮動⼩数点演算をラップ • 置き換え対象はnumeric.c、string.c、gc.c、vm.c、parse.y • mathライブラリ関数log, powなどは⾃作 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 11
  12. 3. BitVisor内部APIのインタフェー ス • Bitvisorクラスを作って、メソッドとしてラッピング関数 を登録 2017.12.5 Implementation and Current

    Status of 'mruby in BitVisor' 12 bitvisor = mrb_define_class(mrb, "Bitvisor", mrb->object_class); mrb_define_class_method(mrb,bitvisor, "print", bitvisor_print,ARGS_REQ(1)); mrb_define_class_method(mrb,bitvisor, "get_time",bitvisor_get_time,ARGS_NONE()); mrb_define_class_method(mrb,bitvisor, "set_schedule",bitvisor_set_schedule, ARGS_NONE()); ...
  13. 4. Interactive Shell (mirb) の移植 dbgsh経由でmirbとインタラクションできるようにする • 現在は、Rite VM等をBitVisorコアへリンク •

    dbgshの実体はプロセスで動作 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 13 mirb_msghandler(int m, int c, struct msgbuf *buf,int bufcnt) { ... p=buf->base; mrb_ret_value = mrb_load_string_cxt(mirb,p,mrb_cxt); if(mrb_fixnum_p(mrb_ret_value)){ int intbuf= mrb_fixnum(mrb_ret_value); printf(">> %d¥n",intbuf); } if(mrb_string_p(mrb_ret_value)){ char *charbuf = RSTRING_PTR(mrb_ret_value); printf(">> %s¥n",charbuf); }
  14. 5. 正規表現mrbgemの移植 「mruby-pcre-regexp」を移植 • 基本的には、mruby本体(VM)の移植と同じ⽅法 • libc関数 • 浮動⼩数点演算 2017.12.5

    Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 14
  15. 6. サンプル処理の実装 • 送信Ethernetパケットの監視 2017.12.5 Implementation and Current Status of

    'mruby in BitVisor' 15 prev_addr = Bitvisor.get_dest_macaddr.map{|i| i.to_s(16)}.join(":") loop do Bitvisor.set_schedule cur_addr = Bitvisor.get_dest_macaddr.map{|i| i.to_s(16)}.join(":") if cur_addr != prevaddr then Bitvisor.print("MAC addr of dest = #{cur_addr}¥n") prev_addr =cur_addr end end
  16. 実装状況 「とりあえず動作」の段階 • mrubyを個別にビルドしてBitVisorへリンク • ラッピングできているBitVisor内部APIは限定的 • mirbが複数⾏対応できていない • 1⾏毎に実⾏

    • mrbgemパッケージも⾜りない 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 16
  17. デモ:dbgsh経由のmrib動作 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor'

    17 10.times do |n|; Bitvisor.print(“#{n} Hello”); end
  18. まとめと今後の展望 • mrubyランタイムをBitVisorへ移植 • 必要なlibc関数を作成 • 浮動⼩数点演算への対処 • BitVisor 内部APIのラッピング

    • dbgsh向けmirbインタフェースの実装 • 正規表現mrbgemの移植 • サンプル処理で動作を確認 今後の展望 • mruby VMのプロセス化 • 性能評価 • キラーアプリの開拓 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor' 18
  19. github.com/chikuwait/bitvisor_mruby 2017.12.5 Implementation and Current Status of 'mruby in BitVisor'

    19