Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

StreamYardで配信してみた あるいは、 何故クラスメソッドはSaaSを推すのか

Seigo Watanabe
January 11, 2023
660

StreamYardで配信してみた あるいは、 何故クラスメソッドはSaaSを推すのか

AKIBA.SaaS ONLINE #AKIBASaaS #3
https://dev.classmethod.jp/news/akiba-saas-230111/

Seigo Watanabe

January 11, 2023
Tweet

More Decks by Seigo Watanabe

Transcript

  1. 自己紹介 ▸ クラスメソッド株式会社 アライアンス統括部 テックG ▸ 指向 : 運用・モニタリング ▸

    前職まではいわゆる インフラエンジニア ▸ 好きなAWSサービス ◦ ACM, Route 53 ◦ Amazon CloudWatch Metric Stream https://dev.classmethod.jp/author/watanabe-seigo/ 2 渡辺聖剛 (Seigo Watanabe)
  2. StreamYard • 高機能の動画配信システム • SaaS • 登壇者側に必要なアプリは ブラウザのみ ◦ バーチャル背景

    ◦ カメラ、画面共有、動画共有、 スライド共有 ... • 配信操作は「全て」 ホストがコントロール ◦ いつ誰を・何を映すか • 視聴者同士はゆるく繋がる ◦ 配信プラットフォームの機能 視聴者 登壇者 ホスト 配信 プラットフォーム 7
  3. SaaS = Software as a Service 直訳 「サービスとしてのソフトウェア」 アプリケーションをインストールして 使うのではなく、

    サービスを享受するかたちで 利用するソフトウェア • ネット上で動作 → クラウド • サブスクリプション ◦ 従量課金 or 月額/年額課金 ◦ フリーミアムモデルも多い 「オンライン配信」という機能を SaaSという形態で 提供しているソフトウェア(サービス)
  4. オンライン会議システム (ex: Google Meet) • 基本的には全員「参加者」 • 基本的に、「ホスト」という 役割はない ◦

    録画データの扱いなどで 他の参加者との差異はある • 何を映すかは参加者が操作 • 視聴者同士は「密」に繋がる ◦ 互いに誰が参加しているか わかる • 配信プラットフォームへの 配信設定も(ものにより)可能 https://apps.google.com/intl/ja/meet/ 10 (視聴者) 登壇者 (ホスト)
  5. StreamYard vs. オンライン会議システム • 配信内容の フルコントロール • 配信映像に ロゴなどを配置 •

    複数の配信先への 同時配信 • 視聴者間の距離感 ◦ 近過ぎず、遠過ぎず 登壇者 ホスト 配信 プラットフォーム (視聴者) 登壇者 (ホスト) 11 視聴者
  6. オンラインウェビナー・講演システム Zoomウェビナーや GoToWebinarなど • 視聴者 = むしろ「受講者」 • 視聴者同士の繋がりは皆無 ◦

    自分以外に何人参加して いるのかも不明 • ホストは「場」の用意に専念 ◦ ウェビナー中のコントロールは 強くない ◦ 「何を映すか」は登壇者に https://explore.zoom.us/ja/products/webinars/ 視聴者 登壇者 視聴者 視聴者 視聴者 ホスト 12
  7. StreamYardがなかったら? OBS Studioなどを ホストPC上で動作させる • より柔軟なコントロール • ホストPCに高いスペックと 安定動作が必要 •

    登壇者の映像や音声を ホストへ届ける仕組みが必要 ◦ オンライン会議システムや SNSが使われることが多い • ホストが落ちたら配信終了 https://obsproject.com/ja 登壇者 ホスト (SPOF) 配信 プラットフォーム オンライン会議 (クラウド) 視聴者 13
  8. OBS Studio = 「放送局」のアプリケーション化 OBS = Open Broadcaster Software かつて「放送(Broadcast)」を行う場合には、

    以下の機材や設備が必要だった • 撮影 : カメラ、マイク(集音)、照明、保存 or 中継設備 • 編集 : 複数の映像ソースの切り替え・合成、音楽や効果音の追加 • 送出 : 地上波・衛星放送に最適な形式に変換、電波にして送信 撮影 編集 送出 撮影 14
  9. つまり : StreamYardは ホストPCの役割をSaaS化 ホストPC=オンプレミス そのことにより • ホストPCのターンキー化 ◦ 冗長化などもセット

    • 調達の迅速化 ◦ 利用リソースに 数の論理を • ホストPC運用の専任化 ◦ 保守やトラブル対応 ◦ ドキュメント整備 ...などを実現したもの 視聴者 登壇者 ホスト 配信 プラットフォーム 登壇者 ホスト (SPOF) 配信 プラットフォーム オンライン会議 (クラウド) 視聴者 15
  10. 弊社がSaaSを推す理由 (1) オンプレミス環境の • 調達 • 準備 • 維持 •

    破棄 これらにまつわる期間と工数を 軽減 することが可能 17
  11. 19 つまり? 弊社にとっては 「お客さまの課題解決」が 最大の目的であり理念 • パブリッククラウド(AWS)は 手段のひとつ • SaaSの採用によって

    解決できる問題であれば、 それを提案するのが 弊社の役割  弊社がSaaSを扱うことは  とても自然なこと https://classmethod.jp/company/principles/ “オープンな発想と高い技術力により、 すべての人々の創造活動に貢献し続ける”
  12. と、いうわけで、 もちろん Google Meetも Zoomも SaaSですが、 • 豊富な個性と選択肢 • 短い調達期間

    これらの特長から、 今回は目的にあわせて StreamYardを 『試験的に』選択してみました 20
  13. • オンライン会議システムと違う ◦ 参加者(登壇者)の慣れが必要 • ホストの習熟が必要 ◦ 全ての操作がホストに集中 ◦ ホストが慣れてないと混乱しそう

    • クライアントのブラウザ上で 動作する機能の性能 ◦ (他のオンライン会議サービスとの比較) ◦ 登場人物の切り抜き精度など StreamYardのCons. ※個人の感想です