Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWSいまどきの監視(モニタリング)事情 -CloudWatchのその先に-

AWSいまどきの監視(モニタリング)事情 -CloudWatchのその先に-

Seigo Watanabe

October 15, 2023
Tweet

More Decks by Seigo Watanabe

Other Decks in Technology

Transcript

  1. AWS いまどきの監視事情
    - CloudWatch のその先に -
    渡辺聖剛
    2023.10.07
    JAWS FESTA 2023 in Kyushu
    モニタリング

    View full-size slide

  2. NOTICE
    お話しすること
    ● AWS の持つ監視 (モニタリング) 機能の紹介
    ● その先
    お話ししないこと
    ● 個々の機能の細かい説明
    資料は後⽇公開します (「 DevelopersIO 」で検索!)
    ● 撮影はご⾃由に(周りのひとの迷惑にならない範囲で!)
    ● その分、情報量は積載超過状態です ←
    2

    View full-size slide

  3. ⾃⼰紹介
    https://dev.classmethod.jp/author/watanabe-seigo/
    ▸ 所属 :
    クラスメソッド株式会社
    アライアンス事業部 エンジニアG
    ○ DevOpsソリューション
    ○ Google Cloud
    ▸ 前職まで :
    いわゆるインフラエンジニア
    ▸ 指向 (芸⾵) :
    運⽤‧モニタリング‧SRE
    ▸ 好きなAWSサービス :
    Certificate Manager (ACM)
    Route 53
    CloudWatch metric streams
    ▸ ネタを挟まないと死んじゃう病
    渡辺聖剛 (Seigo Watanabe)
    2021 APN AWS Top Engineer / ALL AWS Certifications Engineer
    2022 APN ALL AWS Certifications Engineer
    2023 Japan AWS All Certifications Engineer
    2019 Mackerel Ambassador
    2023 New Relic Partner Trailblazer
    https://www.credly.com/users/seigo-watanabe.29d196c2
    https://www.credential.net/profile/seigowatanabe992008/wallet
    3

    View full-size slide

  4. 本⽇お話しする内容は
    https://www.fujitv.co.jp/bakasemaishi/
    4
    Special Thanks
    クラスメソッド株式会社 JAWS-UG

    View full-size slide

  5. みなさん
    監視してますか!(挨拶

    View full-size slide

  6. 対処
    Respond / Resolve
    検知
    Detect
    計測
    Measurement
    監視(システム監視)
    https://www.ipa.go.jp/archive/digital/iot-en-ci/jyouryuu/hikinou/ent03-b.html
    システムの異常を検知したら
    それに対処(発報)する
    (※発報したあとのことは
     ここでは不問)
    “監視とは
    情報収集を行った結果に応じて
    適切な宛先に発報すること”
    ———— IPA 非機能要求グレード 2018 04_項目一覧 C.1.3.1「運用監視」
    6

    View full-size slide

  7. ちなみに : 英語の “monitoring”
    https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/monitor_2?q=monitoring
    対処
    Respond / Resolve
    検知
    Detect
    計測
    Measurement
    必要な対処が出来るように
    継続的に観測‧チェック
    ➡⽇本語の「監視」と
     ニュアンスが異なる
    “to watch and check something
    over a period of time in order to see
    how it develops, so that you can
    make any necessary changes.”
    ———— Oxford Learner's Dictionary
    7

    View full-size slide

  8. AWSで⾔えば?

    View full-size slide

  9. CloudWatch !

    View full-size slide

  10. AWSの「監視」の⼀般的(?)な認識
    対処
    検知
    計測
    対象
    CloudWatch (CW)
    AWSリソース
    OS (on EC2)
    EventBridge
    アプリケーション
    RDS
    Systems Manager
    AWSリソース
    X-Ray
    Performance
    Insights
    10

    View full-size slide

  11. AWSの「監視」の⼀般的(?)な認識の現実
    対処
    検知
    計測
    対象
    CloudWatch (CW) EventBridge
    Systems Manager
    AWSリソース
    CW Metics
    CW Metric Math
    CW Metrics Insights
    CW Metrics Explorer
    CW Metric Streams
    CW Agent
    CW Synthetics
    CW RUM
    CW Logs
    CW Logs Insights
    CW Logs Live Tail
    CW Container Insights
    CW Lambda Insights
    CW Contributor Insights
    for DynamoDB
    CW Application Insights
    CW Dashboard
    CW Alarms
    CW ServiceLens
    CW Resource Health
    CW Internet Monitor
    CW anomaly detection
    CW Evidently
    Explorer
    OpsCenter
    Incident Manager
    Automation
    Change Manager
    :
    Lambda
    EC2
    - Auto Scaling
    - AutoRecovery
    SNS
    Chatbot
    :
    X-Ray
    Service map
    Trace
    Insights
    Analytics
    AWSリソース
    OS (on EC2)
    アプリケーション
    RDS Performance
    Insights
    11

    View full-size slide

  12. ‧‧‧
    ● CloudWatch 多すぎ
    ● いつ何を使うのかよくわからん
    ● X-Ray と Performance Insights の他にも
    あったような?
    12

    View full-size slide

  13. ということで
    ケース別でまとめてみました
    ⾒逃しあったらごめんなさい

    View full-size slide

  14. 凡例
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    計測対象
    リソース Trace
    Log
    収集
    Metrics
    Profile
    API
    エージェント
    計測した
    データの保存
    収集した
    データの
    算術・統計
    計測データの
    分析・可視化
    計測結果を
    トリガーに
    した処理
    計測値‧変化値(数値)
    ⾮構造データ(テキストデータ)
    分散トレーシング
    アプリケーションプロファイリング
    どのようにして
    データを収集す
    るか?
    計測したデータ
    をどこに蓄える
    か?
    収集したデータ
    に対して加える
    処理
    計測データの可
    視化や分析
    14

    View full-size slide

  15. ELB (ALB) - EC2 - RDS
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    ELB
    EC2
    RDS
    OS
    アプリ
    収集
    Metrics
    Log
    Metrics
    Metrics
    Log
    CW API
    S3 API
    CloudWatch
    (CW)
    S3
    Metrics
    Log
    CW Agent
    X-Ray Agent
    Trace
    Log
    CW Logs
    CW
    - Dashboard
    - Metrics Insights
    - Anomaly Detection
    - Resource Health
    Athena
    QuickSight
    CW Alarm
    CodeGuru Profiler
    DevOps Guru
    CW Logs Insights
    Metrics
    CodeGuru
    Profiler Agent
    Profile
    EC2 Auto
    Recovery
    AutoScaling
    Systems
    Manager
    Route 53
    failover
    CW Logs
    Console/Live Tail/
    subscription filter
    Performance
    Insights
    Compute Optimizer
    CW Metric
    Math
    CW Logs
    Insights
    CLI / SDK
    X-Ray
    X-Ray
    Service map/Trace/
    Insights/Analytics
    AWS Lambda
    :
    CW Logs
    subscription
    Kinesis Data
    Firehose
    15

    View full-size slide

  16. うち CloudWatch‧X-Ray‧Performance Insights
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    ELB
    Metrics
    Log
    EC2 Metrics
    RDS
    Metrics
    Log
    CW API
    S3 API
    CloudWatch
    (CW)
    S3
    OS
    Metrics
    Log
    CW Agent
    X-Ray Agent
    アプリ
    Trace
    Log
    収集
    CW Logs
    CW
    - Dashboard
    - Metrics Insights
    - Anomaly Detection
    - Resource Health
    Athena
    QuickSight
    CW Alarm
    CodeGuru Profiler
    DevOps Guru
    CW Logs Insights
    Metrics
    CodeGuru
    Profiler Agent
    Profile
    EC2 Auto
    Recovery
    AutoScaling
    Systems
    Manager
    Route 53
    failover
    CW Logs
    Console/Live Tail/
    subscription filter
    Performance
    Insights
    Compute Optimizer
    CW Metric
    Math
    CW Logs
    Insights
    CLI / SDK
    X-Ray
    X-Ray
    Service map/Trace/
    Insights/Analytics
    AWS Lambda
    :
    CW Logs
    subscription
    Kinesis Data
    Firehose
    16

    View full-size slide

  17. CloudWatchの新しめ/マイナーな(?)機能 #1
    ● CloudWatch Anomaly Detection
    ○ CWメトリクスの異常値‧異常パターン検出‧アラーム
    ● CloudWatch Resource Health
    ○ EC2ホストの健全性‧パフォーマンスの⾃動的な可視化
    ● CloudWatch Logs Live Tail
    ○ 収集されたログのリアルタイム表⽰
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/new-amazon-cloudwatch-anomaly-detection/
    https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2021/05/announcing-amazon-cloudwatch-resource-health/
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/announcing-live-tail-feature-for-amazon-cloudwatch-logs/
    17

    View full-size slide

  18. CW‧X-Ray‧PI以外
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    ELB
    Metrics
    Log
    EC2 Metrics
    RDS
    Metrics
    Log
    CW API
    S3 API
    CloudWatch
    (CW)
    S3
    OS
    Metrics
    Log
    CW Agent
    X-Ray Agent
    アプリ
    Trace
    Log
    収集
    CW Logs
    CW
    - Dashboard
    - Metrics Insights
    - Anomaly Detection
    - Resource Health
    Athena
    QuickSight
    CW Alarm
    CodeGuru Profiler
    DevOps Guru
    CW Logs Insights
    Metrics
    CodeGuru
    Profiler Agent
    Profile
    EC2 Auto
    Recovery
    AutoScaling
    Systems
    Manager
    Route 53
    failover
    CW Logs
    Console/Live Tail/
    subscription filter
    Performance
    Insights
    Compute Optimizer
    CW Metric
    Math
    CW Logs
    Insights
    CLI / SDK
    X-Ray
    X-Ray
    Service map/Trace/
    Insights/Analytics
    AWS Lambda
    :
    CW Logs
    subscription
    Kinesis Data
    Firehose
    18

    View full-size slide

  19. 新顔 #1
    ● CodeGuru Profiler
    ○ アプリケーションプロファイラ
    ○ 姉妹機能として CodeGuru Reviewer もあり (こっちは所謂 SAST)
    ● DevOps Guru
    ○ CW だけでなく、CloudTrail などの情報も含めて
    システムの異常動作パターンを総合的に検出
    ● Compute Optimizer
    ○ EC2リソースの過剰/過⼩プロビジョニングの検出
    https://aws.amazon.com/jp/codeguru/
    https://aws.amazon.com/jp/devops-guru/
    https://aws.amazon.com/jp/compute-optimizer/
    19

    View full-size slide

  20. 余談:X-RayとPerformance Insights
    CloudWatchに集めていく気配あり?
    ● X-Ray が CW のメニューに統合 (進⾏中)
    ● CW Agent が X-Ray トレース情報の収集を
    サポート (ʻ23/08)
    ● Performance Insights のカウンタ値を
    CW Metric Math で扱えるように (ʻ23/09)
    などなど
    https://dev.classmethod.jp/articles/cloudwatch-agent-opentelemetry-traces-x-ray/
    https://dev.classmethod.jp/articles/cloudwatch-metric-math-rds-insights/
    20

    View full-size slide

  21. API Gateway + AWS Lambda + DynamoDB
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    収集
    API
    Gateway
    Metrics
    Log
    アプリ
    Trace
    Log
    Metrics
    Profile
    Lambda
    Step Functions
    Metrics
    Log
    DynamoDB Metrics
    CW API
    X-Ray SDK
    CodeGuru
    Profiler Agent
    CloudWatch
    (CW)
    CW Logs
    CW
    - Metrics Insights
    - Dashboard
    - Anomaly Detection
    - Resource Health
    CW Alarm
    CodeGuru Profiler
    DevOps Guru
    CW Logs Insights
    Systems
    Manager
    CW Logs
    Console/Live Tail/
    subscription filter
    CW Contributor Insights
    for DynamoDB
    Compute Optimizer
    X-Ray
    X-Ray
    Service map/Trace/
    Insights/Analytics
    AWS Lambda
    :
    Kinesis Data
    Firehose
    CW Logs API
    CW Lambda Insights
    CW Metric
    Math
    CW Logs
    Insights
    CW Logs
    subscription
    21

    View full-size slide

  22. 新顔 #2
    ● CloudWatch Lambda Insights
    ○ ランタイムパフォーマンスメトリクスとログを
    収集および集計
    ● CloudWatch Contributor Insights for DynamoDB
    ○ 頻繁にアクセスされるキーなどを特定
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/amazondynamodb/latest/developerguide/contributorinsights.html
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/monitoring-insights.html
    22

    View full-size slide

  23. k8s / コンテナベースアプリケーション
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    収集
    ECS
    Metrics
    Log
    EKS
    Metrics
    Log FluentD
    Fluent Bit
    FireLens
    アプリ
    Trace
    Log
    Metrics
    Profile
    CW API
    X-Ray SDK
    CodeGuru
    Profiler Agent
    CloudWatch
    (CW)
    CW Logs
    CW
    - Metrics Insights
    - Dashboard
    - Anomaly Detection
    - Resource Health
    CodeGuru Profiler
    DevOps Guru
    CW Logs Insights
    CW Logs
    Console/Live Tail/
    subscription filter
    X-Ray
    X-Ray
    Service map/Trace/
    Insights/Analytics
    CW Logs API
    CW Container Insight
    CW Metric
    Math
    CW Logs
    Insights
    CW Logs
    subscription
    CW Alarm
    Systems
    Manager
    AWS Lambda
    :
    Kinesis Data
    Firehose
    23

    View full-size slide

  24. 新顔 #3
    ● FireLens for Amazon ECS
    ○ FluentD / Fluent Bit からのログをルーティング
    ● CloudWatch Container Insight
    ○ コンテナ化されたアプリケーションとマイクロサービスの
    メトリクスとログを収集、集計
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/under-the-hood-firelens-for-amazon-ecs-tasks/
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/ContainerInsights.html
    24

    View full-size slide

  25. アプリケーション‧フロントエンド
    クライアントサイド
    アプリケーション
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    収集
    ネットワーク
    NLB/VPC
    (passive)
    CW RUM
    CW Internet
    Monitoring
    サーバーサイド
    アプリケーション
    CW
    Synthetics
    A/B
    テスト CW
    Evidently
    CW Alarm
    EC2 Auto
    Recovery
    AutoScaling
    Systems
    Manager
    Route 53
    failover
    AWS Lambda
    :
    Kinesis Data
    Firehose
    Route 53
    healthcheck
    CloudWatch
    (CW)
    CW Logs
    CW
    - Metrics Insights
    - Dashboard
    - Anomaly Detection
    - Resource Health
    CW Logs Insights
    CW Logs
    Console/Live Tail/
    subscription filter
    CW Metric
    Math
    CW Logs
    Insights
    CW Logs
    subscription
    Kinesis Data
    Firehose
    S3
    Athena
    QuickSight
    X-Ray
    X-Ray
    Service map/Trace/
    Insights/Analytics
    Route 53 ARC
    25

    View full-size slide

  26. CloudWatchの新しめ/マイナーな(?)機能 #2
    ● CloudWatch RUM (Real User Monitoring)
    ○ ブラウザ上で動作するクライアントアプリケーションのためのAPM
    ● CloudWatch Synthetics
    ○ サーバーアプリケーションに対する定期的な合成監視
    ● CloudWatch Evidently
    ○ アプリケーションのA/Bテスト
    ● CloudWatch Internet Monitoring
    ○ AWS上を流れるトラフィックを受動的に解析し健全性を可視化
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/cloudwatch-rum/
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/CloudWatch_Synthetics_Canaries.html
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/cloudwatch-evidently/
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/CloudWatch-IM-inside-internet-monitor.html
    26

    View full-size slide

  27. 新顔 #4
    ● Route 53 healthcheck
    ○ エンドポイントやCWメトリクスに対するヘルスチェック
    ● Route 53 ARC (Application Recovery Controller)
    ○ マルチAZ / マルチリージョンのアプリケーションに対する
    障害からのリカバリ⽀援
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/Route53/latest/DeveloperGuide/health-checks-types.html
    https://dev.classmethod.jp/articles/route-53-application-recovery-controller-ga/
    27

    View full-size slide

  28. インフラストラクチャ‧その他
    CloudFront
    Metrics
    Log
    Route 53
    Metrics
    Log
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    収集
    S3 API
    QuickSight
    Systems
    Manager
    AWS Lambda
    :
    コスト・請求まわり
    CW API
    CloudWatch
    (CW)
    CW
    - Dashboard
    - Metrics Insights
    - Anomaly Detection
    - Resource Health
    CW Metric
    Math
    Billing API
    Cost Explorer
    VPCフローログ
    CW Logs
    CW Logs Insights
    CW Logs
    Console/Live Tail/
    subscription filter
    CW Logs API
    CW Logs
    Insights
    CW Logs
    subscription
    S3
    Athena
    28

    View full-size slide

  29. 新顔 #5
    ● AWS Billing
    ○ Cost Explorer で可視化
    ○ CUR (コスト使⽤状況レポート) ファイルを S3 や QuickSight に
    ※従量課⾦ x 円安のいま、コスト管理は重要!
    https://aws.amazon.com/jp/aws-cost-management/aws-billing/
    https://dev.classmethod.jp/articles/quicksight-cur/
    29

    View full-size slide

  30. ところで
    CloudWatch、
    リージョンごとなのがつらい...
    ですよね?

    View full-size slide

  31. まとめられます
    複数のAWSアカウント‧リージョンのモニタリングを1ヶ所で
    ● Cross-account cross-Region CloudWatch console
    ○ メトリクス
    ○ ダッシュボード
    ○ アラート
    ● CloudWatch cross-account observability
    ○ CloudWatchメトリクス
    ○ CloudWatch Logs
    ○ X-Rayトレース
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/CloudWatch-Unified-Cross-Account.html
    https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/Cross-Account-Cross-Region.html
    31

    View full-size slide

  32. ここまでのまとめ
    ● AWS の特⻑「(とにかく)⼤量の選択肢」
    ○ 「あれが欲しい」という機能も、探してみると案外⾒つかる
    ● 機能セットや UI が整理されているか、というと...
    ○ CloudWatch に寄せていこう、という動きは⾒られる
    ■ X-Ray、Performance Insights など
    ● CloudWatch 以外にも監視‧分析に使える機能は多い
    ○ Management ではなく Development などに分類
    ○ CW では⾒れない情報の可視化に
    ● AWS 名物(?)「ピタゴラスイッチ」
    ○ AWS のリソースを組み合わせると
    いろいろなことが「出来てしまう」
    ○ QuickSight は万能のダッシュボードツール
    32

    View full-size slide

  33. 「出来てしまう」の例
    ● AWS Health Events Intelligence Dashboards and Insights
    ● SIEM on Amazon OpenSearch Service
    ● Cloud Intelligence Dashboards
    S3やOpensearch Serviceに溜まった計測データを
    QuickSightで可視化するCFn/CDKテンプレート
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/mt/aws-health-events-intelligence-dashboards-insights/
    https://github.com/aws-samples/siem-on-amazon-opensearch-service/blob/main/README_ja.md
    33

    View full-size slide

  34. AWS Health Events Intelligence Dashboards and Insights
    AWS Healthイベントの可視化
    ● メンテナンス通知
    ● リタイアメント
    などなど
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/mt/aws-health-events-intelligence-dashboards-insights/
    34

    View full-size slide

  35. SIEM on Amazon OpenSearch Service
    https://github.com/aws-samples/siem-on-amazon-opensearch-service/blob/main/README_ja.md
    多くのログを⼀元的に可視化する
    SIEM アプリケーション
    GuardDuty / Security Hub /
    Inspector / CloudTrail / Config /
    CloudFront / WAF / Route 53 / VPC /
    Transit Gateway etc ...
    35

    View full-size slide

  36. Cloud Intelligence Dashboards
    AWS W-Aフレームワークに
    そったコストやKPIなどの
    ダッシュボード例
    https://wellarchitectedlabs.com/cloud-intelligence-dashboards/
    https://dev.classmethod.jp/articles/aws-well-architected-labs-dashboard-deploy/
    36

    View full-size slide

  37. (使ってるのは
     AWS だけじゃないんだけどな...)

    View full-size slide

  38. そんなこともあろうかと by AWS
    ● Amazon Managed Services for Prometheus (AMP)
    ● Amazon Managed Grafana (AMG)
    ● Amazon Distribution for OpenTelemetry (ADOT)
    ● CloudWatch Metric Streams
    39

    View full-size slide

  39. AWS:選択肢に関する姿勢は伊達じゃない
    ● モニタリングツールの開発は
    AWS だけが⾏っているわけ
    ではない
    ● 個々のニーズにマッチする
    モニタリングツールの選択を
    (AWS re:Invent 2020 Keynote)
    https://dev.classmethod.jp/articles/202012-report-reinvent-keynote-observability/
    40

    View full-size slide

  40. AMP‧AMG
    OSS として実績のある
    Prometheus と Grafana の
    AWS マネージド版
    ● ⾼可⽤性
    ● AWS リソースとの連携
    ○ AMG は CW メトリクスを
    受信可能
    ● 特にコンテナ (k8s) 監視
    ‧IoT 監視と相性よし
    https://aws.amazon.com/jp/prometheus/
    https://aws.amazon.com/jp/grafana/
    41
    Amazon Managed
    Services for
    Prometheus
    Amazon Managed
    Grafana

    View full-size slide

  41. ADOT
    AWS による
    OpenTelemetry コレクタの
    ディストリビューション
    ● CNCF による統⼀規格の実装
    ● 計装部分のオープン化
    多様性の確保
    https://aws-otel.github.io/
    42
    Amazon Distribution
    for OpenTelemetry

    View full-size slide

  42. クラウドウォッチ メトリックストリーム!

    View full-size slide

  43. CW Metric Streams
    CloudWatch に送信されたメトリクス情報を
    Kinesis Data Firehose へストリーミング送信する機能
    ● データレイクへ送信‧保管 (S3, Redshift)
    ○ ⻑期保存や独⾃の分析ダッシュボード作成に
    ● AWS 外部( SaaS 製品)へ送信
    ○ パートナーサービス(New Relic, Datadog, Splunk ...)
    ○ カスタムHTTPエンドポイント
    44

    View full-size slide

  44. APIポーリングとの⽐較
    https://dev.classmethod.jp/articles/202104-breaking-cloudwatch-metric-stream/
    45

    View full-size slide

  45. e.g. New Relic (NR)
    アクション
    加⼯‧分析‧可視化
    変換
    蓄積
    データソース
    対処
    検知
    計測
    対象
    収集
    CW Metric
    Streams
    EventBridge
    Webhook
    メール
    チャット
    他製品
    Systems
    Manager
    AWS Lambda
    :
    Kinesis Data
    Firehose
    NR Browser
    / Mobile
    OS
    アプリ
    AWS
    リソース
    Metrics
    Log
    クライアントサイド
    アプリケーション
    サーバーサイド
    アプリケーション
    コスト・請求まわり
    Metrics
    Log
    Trace
    Log
    Metrics
    Profile
    SCA
    VPCフローログ
    変更管理
    NR APM
    Agent/SDK
    NR
    Infrastructure
    Agent
    NR
    Synthetics
    New Relic
    NRDB NRQL Explorer
    Dashboard
    AIOps
    46
    ※コンテナ/k8sまわりや
     開発支援、NW監視など
     一部省略
    NerdGraph

    View full-size slide

  46. 参考 : SaaS‧マネージドサービスの強み
    https://forge-vtt.com/features
    “SaaS を使えば数分で動く仕組みが
    手に入り、しかも始めたタイミングから
    ドキュメントなども手に入ります。”
    —— Mike Julian 「入門 監視」
    47
    がんばらなくていい!

    View full-size slide

  47. まとめ
    ● AWS には、運⽤‧監視に役⽴つ機能が⼤量にある
    ○ CloudWatch だけじゃない!
    ○ やりたいことは (たいてい)「出来てしまう」
    ○ それらの機能が運⽤の助けになるかも!
    ■ 現時点では、サービスレベル監視機能は標準で⽤意されていない
    (ある意味仕⽅ないけど再来⽉に期待)
    ● カオスになる前に代替案の検討を
    ○ 可観測性 (o11y) と DevOps の鉄則「サイロを無くす」
    ○ 持続可能性の⾼い⽅法を選択していきましょう!

    View full-size slide

  48. 成功させるには
    “短距離⾛ではなく、マラソンである”
    “Remember: it's a marathon, not a sprint”
    49
    https://cloud.google.com/blog/ja/products/gcp/sre-success-starts-with-getting-leadership-on-board

    View full-size slide