Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

処理性能向上とコスト最適化を実現! ハイブリッド/マルチクラウド構成へ移行し サービス需要の急拡大に対応する 強力なシステム基盤を実現

株式会社出前館
November 13, 2023
18

処理性能向上とコスト最適化を実現! ハイブリッド/マルチクラウド構成へ移行し サービス需要の急拡大に対応する 強力なシステム基盤を実現

株式会社出前館

November 13, 2023
Tweet

More Decks by 株式会社出前館

Transcript

  1. 株式会社出前館 プロダクト本部インフラ部
    梶谷 政臣 氏
    日本オラクル株式会社 事業戦略統括
    山本 祐介
    処理性能向上とコスト最適化を実現!
    ハイブリッド/マルチクラウド構成へ移行し
    サービス需要の急拡大に対応する
    強力なシステム基盤を実現

    View full-size slide

  2. Q1: 出前館様の取り組みについて教えてください
    Q2: 出前館様のIT戦略と今回のシステムについて教えてください
    Q3: 今回のシステム刷新に関して、その背景を教えてください
    Q4: システム更改のポイントと稼働後の状況について教えてください
    Q5: 今後の方向性について教えてください
    本日のテーマ
    2 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  3. Q1: 出前館様の取り組みについて教えてください
    3 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  4. 自己紹介
    梶谷 政臣 (かじたに まさおみ)
    2022年 株式会社出前館 入社
    Oracleとの出会いは1998年ごろ (R7.3.4~)
    最初はOracle=SQLだと思っていたが、徐々に仕組みを理解し
    主に構築・運用・プライベートクラウド運営が主体に
    シングル、HA(Fail Safe)、RAC、Exadata、Oracle VM
    Data Guard、GoldenGateと構築・運用範囲が拡大
    出前館入社後にOracle Cloud Infrastructure(OCI)を扱うようになった
    現在は久々にSQLチューニングを行うようになり、日々格闘中
    4

    View full-size slide

  5. 出前館について
    5

    View full-size slide

  6. これまでの出前館
    6

    View full-size slide

  7. これからの出前館
    7

    View full-size slide

  8. Q2: 出前館様のIT戦略と
    今回のシステムについて教えてください
    8 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  9. IT戦略とシステム概要 (ミッション)
    テクノロジーで時間価値を高める
    9

    View full-size slide

  10. IT戦略とシステム概要 (用途)
    注文~配達
    のトラン処理
    更新系DB
    参照系DB
    利用者や
    加盟店マスタ
    同期処理
    システム更改前の構成概要
    10

    View full-size slide

  11. IT戦略とシステム概要 (システム変遷)
    オンプレミス (IAサーバ上でAP+DB)
    DBのうち参照系DBを他社クラウドに移行
    APを他社クラウド移行+DBはオンプレミス
    Oracle Database Appliance (ODA)
    今回の更改 (更新系DBはExadata、参照系DBはOCI)
    11

    View full-size slide

  12. Q3: 今回のシステム刷新に関して、
    その背景を教えてください
    12 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  13. システム刷新の背景
    データ同期遅延問題発生
    更新系DB→参照系DB 同期遅延に伴う
    ユーザへの影響
    (配達状況のリアルタイム反映の遅延)
    利用ユーザが増え、注文数増大に伴う
    更新系DBの負荷上昇
    (ハードウェア処理能力の限界が見えてきた)
    課題1 課題2
    13

    View full-size slide

  14. Q4: システム更改のポイントと
    稼働後の状況について教えてください
    14 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  15. システム更改のポイント (構成図)
    解決策1
    解決策2
    Exadata
    Cloud
    参照系
    参照系
    アプリケーション
    更新系
    アプリケーション
    他社クラウド
    データベースサービス
    参照系
    Oracle
    Database
    更新系
    Oracle
    Exadata
    更新系
    OCI
    GoldenGate
    他社クラウド
    Exadataへのデータ移行
    新データベース環境
    旧データベース環境
    OCI GoldenGate
    Exadata
    Cloud
    ステージング
    環境
    他社クラウド 他社クラウド 他社クラウド
    参照系
    アプリケーション
    更新系
    アプリケーション
    15

    View full-size slide

  16. システム更改のポイント
    OCI GGの導入
    同期遅延の縮小
    数時間 から 十数分 へ
    実装面、運用面でのコスト減
    更新量が多いテーブルの
    同期実装も楽になった
    解決策1
    解決策1
    16

    View full-size slide

  17. システム更改のポイント
    Exadataの導入
    DBを再配置
    更新系: Exadata
    参照系: Exadata Cloud
    参照系はより柔軟なリソース増減に
    対応できるようになった
    解決策2
    解決策2
    17

    View full-size slide

  18. システム更改のポイント
    Exadataの導入
    解決策2
    DB負荷が下がった①
    (CPU使用率)
    ピーク時間帯の平均CPU使用率
    約40%台 → 約30% に減少






    18

    View full-size slide

  19. システム更改のポイント
    Exadataの導入
    解決策2
    DB負荷が下がった②
    (アクティブセッション) アクティブセッション数が約1/4に減少










    RACを2ノード→3ノードに拡張した結果
    19

    View full-size slide

  20. システム更改のポイント (ROI観点での効果)
    1
    処理できるオーダ数がシステム更改前に比べ2倍以上まで対応でき
    機会損失を抑えられるようになった
    2
    参照系DBをクラウドに移行することで処理量に応じたOCPU数を
    選択できるようになり、よりコストが最適化できる環境になった
    3
    Oracle Support Rewardsを活用することでシステム全体の
    サポートコストを低減できるようになった
    20

    View full-size slide

  21. システム更改のポイント (+αとしての効果)
    旧構成では負荷テスト環境構築が難しかった
    (ステージング環境上で負荷テストを並行実施)
    21

    View full-size slide

  22. システム更改のポイント (+αとしての効果)
    Exadata
    X9M-2
    Oracle ZFS
    Storage Appliance Zero Data Loss
    Recovery Appliance
    更新系
    DB
    ステージング
    環境
    DB
    バックアップ
    システム
    バックアップ
    Exadata
    Database
    Service
    Oracle Cloud
    Infrastructure
    GoldenGate
    オンプレ
    OCI
    参照系
    DB 負荷テスト
    環境
    データ・マスキング
    本番同等の
    データ量
    Exadata
    Database
    Service
    Exadata
    Database
    Service
    DBバックアップ環境(ZDLRA)からRMANでリストア
    Enterprise Managerにてデータ・マスキングし、本番データ量相当の負荷テスト環境を構築
    22

    View full-size slide

  23. Q5: 今後の方向性について教えてください
    23 Copyright © 2023, Oracle and/or its affiliates

    View full-size slide

  24. 今後の方向性
    ステージング環境を利活用できるような
    Exadata Cloudの活用範囲拡大
    アプリケーション開発の後押しに
    適切なリソースを
    曜日・時間で配置
    利用用途に応じて
    専用の開発環境を構築
    24

    View full-size slide