Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

受託の基幹システム開発を
スクラムでやってる話

Db3d0b198d7fbb69106c8ddc56ba2020?s=47 daisuke suzuki
February 01, 2018
850

 受託の基幹システム開発を
スクラムでやってる話

三つ巴☆テックナイトでお話しさせていただきました

Db3d0b198d7fbb69106c8ddc56ba2020?s=128

daisuke suzuki

February 01, 2018
Tweet

Transcript

  1. Copyright © 2017. All rights reserved. 受託の基幹システム開発を スクラムでやってる話 ハンズラボ株式会社 鈴木大介

  2. 自己紹介 • 名前:鈴木 大介 • 所属:ハンズラボ株式会社 • 入社:2017年01月01日 • 前職:SIer

    • 登壇経験:今回が初めて
  3. 2 ハンズラボって? • 情シス部門 Ø 東急ハンズの各種システムの内製開発と運用保守 • 外販 Ø 自社開発の経験を活かした受託開発、内製支援

    東急ハンズのシステム子会社
  4. 3 私のミッション 某小売業様の基幹システムの刷新をしてます。 普通に受託のシステム開発案件です。

  5. 4 技術要素 • フロントエンド:Vue.js+Element.UI • バックエンド:Python Django Rest Framework •

    データベース:PostgreSQL • 使用するAWSサービス: • EC2、Aurora、S3、SQS、AWS GLUE、ElasitiCash他 • 開発ツール:Pycharm, Docker, github • 情報共有:backlog, slack
  6. 5 開発スタイルどうする? 「受託だし、基幹システム作るなら やっぱり、ウォーターフォールでやる?」 「ウォーターフォールってSierっぽくない?」 「アジャイルってどうかな、 情シス部門でやってるスクラムとか良いよね」

  7. 6 決定 という会話があったかはわかりませんが、 スクラムでやってみようとなりました。

  8. 7 アジャイルっぽく? 設計フェーズ、開発フェーズ・・・で区切るのはやめて • 画面・機能単位で設計〜単体テストまでを一貫して行う • なるべくスプリント内で終わらせる • 環境構築や調査・調整などは工数から除外した課題とし てタスク化する

  9. 8 実施するスクラムイベント スクラムの基本に従い、この3つを軸にする • デイリースクラム • ホワイトボードでタスク管理 • スプリントごとに振り返りとプランニングを実施する

  10. 9 決めるだけ決めたので とりあえずスタートしてみました。

  11. 10 当初の感想 意外とうまくいく? • 報告や相談のコミュニケーションが多い • 課題タスクの着手・消化が早い

  12. 11 問題は起きる 第一の問題。

  13. 12 話し合いは大事だけど コミュニケーションが多いので、 悩み事がすぐに共有・解決に取り組める。 → 議論が多くなりすぎて開発が進まない

  14. 13 問題の原因 • 課題が見つかったらすぐに相談していた。 • 意見をまとめたり、調査するよりも議論で解決しようとして いた。 • 満場一致を求めがち。

  15. 14 このままだと いくら時間があっても足りない

  16. 15 どうすれば解決できるのか • 先に議題を決めて、資料を渡す。 • 揃って議論よりもslackで作業の合間に意見を交わす。 • 時間を決めて結論を出す。 議論にかける時間が減った!

  17. 16 次の問題 第二の問題。

  18. 17 プロジェクトが回りだしてから 工数=日数=時間で管理してしまっているため、 納期はきっちりしているが生産性が上がらない。 スクラムの原則では時間で管理することはNG

  19. 18 時間管理をやめてみる 見積もりの工数は重み付けの結果である →これをそのままポイントにしてみよう! (例:60人日の機能→60ポイント) 今まで終わったタスクをポイントに換算して、 1スプリントで消化できるポイントを計測する

  20. 19 こんな感じ 資料作成・提供:ハンズラボ株式会社 三善

  21. 20 結果 残りタスクのポイント数 < 開発期間で稼げるポイント数 になるための生産性を見える化できた。

  22. 21 現状は オンスケジュール〜やや前倒しで順調に進んでいます。

  23. 22 スクラムをしてみたまとめ 良いこと: • コミュニケーション量が増える • 誰が何をやっているかが把握しやすい • 自分の生産性がどの程度かわかるようになる •

    タスクの受け渡しが容易 いまいちなこと: • 見積もり精度が悪いと生産性とスケジュールに揺らぎが出てしまう • リモートワーク・フレックス勤務と相性が良くない
  24. 23 他には チームでリモートワークをしたり

  25. 24 他には お菓子をチームで共有したりしています

  26. 25 最後に 弊社ホームページ・Wantedlyにてご応募ください。 ハンズラボではエンジニアを募集中です! WE ARE HIRING!

  27. 26 最後の最後 ちなみに弊社は休日・定時後に仕事っぽいことすると休めって言われる ホワイト企業です。

  28. Thank you!