Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

サーバーレス開発を1年で完全にマスターする学び方/How I mastered Serverless from ZERO over the past year

サーバーレス開発を1年で完全にマスターする学び方/How I mastered Serverless from ZERO over the past year

https://jawsug-nagoya.doorkeeper.jp/events/76573
2018-08-28 JAWS-UGナイト in AWSome Day 名古屋
での発表です。

C0eb1445cda9489ebf8c31c367fec3fb?s=128

TATSUNO Yasuhiro

August 28, 2018
Tweet

Transcript

  1. サーバーレス開発を1年で 完全にマスターする学び方 TATSUNO Yasuhiro 2018/8/26 JAWS-UGナイト in AWSome Day 名古屋

  2. 1. 最近採用が広まる、 サーバーレスアーキテクチャ の超概要 2. 私がサーバーレスをゼロから どう学んだ・学んでいるか 本日のお話

  3. 2010~ ユーザ系SIer 業務用Webアプリ開発運用 2016~ 2017~ プロダクトマネージャー 私 所属: JAWS UG,

    Java UG, Frontend UGなど 好きなAWS: Lambda, CloudFront 職歴 私の担当プロダクトを事例に紹介
  4. 機械学習向け教師データ作成ツール 高品質な教師データを大人数で効率 よく作り込めるノウハウ満載 2018年3月一般公開、50以上の企業 /大学で利用 AnnoFab 基本利用 ¥0 annofab.com

  5. 1. 数千人が日々長時間利用するB2Bアプリ。 ビルトインのスケールアウトが不可欠 2. 中小企業なので固定費はできるだけ抑制 3. 製品開発に注力できるように、インフラ はクラウドに任せたい 開発テーマ サーバーレスアーキテクチャに挑戦

  6. プログラム実行環境 サーバーレスとは 私の理解 Lambda イベント駆動アプリ データベース/ストレージ 必要なとき必要なだけ 性能・量を用意できる 使った時間だけ 課金される

    Batch バッチコンピューティング Aurora Serverless オンデマンドでスケールするRDB AppSync リアルタイムデータアプリ向けBaaS 東京リージョン 2015年6月 東京リージョン 2017年6月 東京リージョン 2018年4月 東京リージョン 2018年8月 Fargate サーバーレスコンテナオーケストレーション 東京リージョン 2018年7月 常時起動するサーバー「レス」 使ってないときはコスト「レス」
  7. 1. チームメンバー全員サーバーレス未経験 EC2/DynamoDB/S3を触った程度 2. 私:前職はインフラは別部署任せ 3. 技術検証2週間、開発期間2ヶ月 2017、私とサーバーレスの出会い ゼロからのサーバーレス 課題が多数

  8. • Lambdaの5分制限をこえる処理は? • 「サーバー」ないけどドメインどうやって 割り当てる? • どうやってデプロイ? 課題① 何をどう使えばいいか分からん ブログ見たり勉強会参加して

    コミュニティの先駆者から学ぶ 当時情報が多かったServerless Frameworkを採用。 今はAWS公式のSAMあり。Serverlessはプラグインに優位 複数オリジン(S3やAPI Gateway)をCloudFrontで たばね、CloudFrontにドメインを割り当て BatchとかStepFunctionでがんば
  9. 1. Lambda 2. API Gateway 3. Batch 4. StepFunction 5.

    DynamoDB Stream 6. CloudFront 7. SQS 8. SNS… 課題② 初めて使うAWS多すぎ チームで手分けしてノウハウ確立→共有。 開発イテレーションごとに担当変えて多能工化
  10. 1. 公式ドキュメントをあたる 2. AWSサポートに聞く 3. 技術検証 課題③ やりたいことが新しすぎ or マイナーすぎて世間に情報がない

    公式情報が一番正確 分からないことはTry&Error
  11. RDBではなくKVS(DynamoDB) KVSに最適なスキーマ設計って? 複雑なクエリは遅い、トランザクションない 課題④ 慣れ親しんだ開発手法が通じない 分かるところから始めて改善。 作り直しも辞さない 8月に東京でもリリースされた Aurora Serverless使えば…!

    まずはRDB風に設計。 あとから改善 頼らないようにアプリ自体を設計
  12. 1. AWSのSNSアカウントをフォロー 2. AWSについて書いてるブログを購読 3. 勉強会に出て学ぶ 4. AWSを使える仕事をする 課題⑤ 変化が激しい

    勉強し続ける、実践する ホットで新しい分野なのでどんどんAWSが改善される
  13. まとめ:私の学び方 1. 先駆者のブログやスライドから学ぶ 2. チームで手分けして学ぶ 3. 調べものはまず公式情報にあたる 4. 分からないことは検証する 5.

    小さく始めて改善し、作り直しも辞さない 6. 勉強会や仕事で実践し続ける