Kubernetesでアプリケーションが動くまで

36bb9dcd778d2a9621d44e92425d0907?s=47 hhiroshell
February 28, 2018

 Kubernetesでアプリケーションが動くまで

Kubernetesでアプリケーションが動くまで

36bb9dcd778d2a9621d44e92425d0907?s=128

hhiroshell

February 28, 2018
Tweet

Transcript

  1. Cloud Native Developers JP Kubernetesでアプリケーションが 動くまで @hhiroshell 1

  2. Cloud Native Developers JP お品書き • アプリケーションを動かすための追加の予備知識 • 実際にやってみます 2

  3. Cloud Native Developers JP アプリケーションを動かすための 追加の予備知識

  4. Cloud Native Developers JP コンテナレジストリが必要 • コンテナレジストリから取得する • プライベートのレジストリを使うことも可能 k8sクラスター

    >_ kubectl (CLI) コンテナ レジストリ > kubectl run …
  5. Cloud Native Developers JP クラスター外からアクセスできるようにする方法 • クラスター外からPodにアクセスできるようにするには、用途に応 じて何通りかの方法がある – apiserver経由でのアクセス

    – ServiceのNodePortタイプ – ServiceのLoadBarancerタイプ – Ingress (beta)
  6. Cloud Native Developers JP APIサーバー経由でのアクセス • kubectlをproxyとして稼働させて、認証なしのAPIエンドポイントへ の経路を構成 • 所定のAPIエンドポイントにリクエストを投げるとPodに届く

    • 主な用途はDashboardや監視ツール(Grafanaなど)へのアクセス k8sクラスター kubectl > kubectl proxy … >_ apiserver リクエスト
  7. Cloud Native Developers JP ServiceのNodePortタイプ • 対象のPodにルーティングされる口を、各Node上に構成する • ポート番号は、各ノードで共通 クラスター外から

    のリクエスト 172.17.8.104 172.17.8.103 172.17.8.102 172.17.8.104:30159 172.17.8.102:30159 172.17.8.103:30159
  8. Cloud Native Developers JP ServiceのLoadBalancerタイプ • GCP, AWS, Azure上のロードバランサーを自動構成 •

    クラスター内にはNodePortまたはClusterIPと同等のServiceを構成 クラスター外から のリクエスト LB
  9. Cloud Native Developers JP Ingress • Webフロントとしての構成情報を設定するオブジェクト • ロードバランシング、SSL/TLS終端等の機能を提供 •

    実際の動作を担う実態は、別途ReplicationControllerとしてデプロ イする必要がある – 例えば、NGINXを利用した、NGiNX Ingress Controllerがある • Betaなのでご注意(Kubernetes 1.9の時点)
  10. Cloud Native Developers JP それではやってみます! もう一息…!

  11. Cloud Native Developers JP 今からやる作業のチュートリアルを公開済みです • 「KubernetesでWeb-AP-DBの3層アプリケーションが動くまで」 – https://qiita.com/hhiroshell/items/5e81cac3e9c059029837 –

    または[ qiita kubernetes 3層 ] くらいで検索するとトップに来ます 11
  12. Cloud Native Developers JP 12 Fin