Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

IHLヘルスケアリーダーシップ研究会14期説明資料

 IHLヘルスケアリーダーシップ研究会14期説明資料

IHLヘルスケアリーダーシップ研究会14期(プログラム期間:2023年4月〜2024年3月)のご紹介資料です。
募集要項はこちらからダウンロードください。
https://ihl.jp/recruit

Transcript

  1. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 最終更新日:2023年1月20日 


  2. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 資料をご覧いただきありがとうございます。 
 
 ヘルスケアリーダーシップ研究会(IHL)は、 
 医療従事者をはじめ、社会活動において ヘルスケア領域に関心・関連のある方

    を対象に、
 1年間のリーダーシップ・プログラムを提供しているNPO法人です。 
 
 毎年25〜40名ほどがプログラムを修了し、 
 卒業生は500名を越えます。 
 
 現在、14期(2023年4月スタート)を募集しています。 
 
 ぜひ、思いを同じくするメンバーと協働しながら学びを深めていく機会を通じて、 
 ヘルスケア領域をより良くしていく一歩を踏み出しませんか。 

  3. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 1. IHLについて


  4. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 人生100年時代を迎え、日本のヘルスケアには数々の課題が存在しています。 
 
 “ ヘルスケアに携わる様々な人々が、あるべき姿と現状のギャップを埋めるべく、 
 勇気を持って第一歩を踏み出し、周囲を巻き込んで、

    
 世の中にポジティブな変化をもたらしたい。 ” 
 
 そんな思いからIHLはスタートしました。 

  5. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 団体概要
 団体名
 NPO法人ヘルスケアリーダーシップ研究会  
 英語表記
 Institute for

    Healthcare Leadership 
 略称
 IHL(アイ・エイチ・エル)
 設立年
 平成21年(2009年)
 創設者
 武藤真祐
 理事長
 玉田寛
 理事
 10名(うち女性5名)

  6. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 ミッション
 ヘルスケアに関わる実践者が、 
 自分の価値観を持ち、強い意志のもと、人々の共感を得ながら、 
 社会の変革と創造を推進することができるリーダーを輩出する 


  7. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 活動内容
 リーダーシップ・プログラムの提供 
 アルムナイ・コミュニティの運営 
 医療従事者をはじめ、そのほか社会活動においてヘルスケア領 域に関心・関連のある方を対象に、1年間のリーダーシップ・プログ

    ラムを提供しています。 
 アルムナイには、医師をはじめとした医療者や行政、企業、メディ アなど、様々なバックグラウンドを持つメンバーが500人以上所属 しています。リアルなイベント開催の他、オンラインの交流の場を 運営しています。

  8. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 2. リーダーシップ・プログラム
 14期募集について
 
 プログラム期間:2023年4月〜2024年3月 


  9. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 募集要項
 名称
 IHLヘルスケアリーダーシップ研究会14期 
 プログラム期間
 2023年4月〜2024年3月
 日程


    ・月1回  (おおむね毎月第3土曜日15時〜19時) 
 ・対面合宿(2023年5月3日〜5日@千葉県内セミナーハウスを予定) 
 ※詳細は、P12-13をご確認ください。
 形式
 オンライン(Zoom)
 ※年1回予定している合宿は対面で開催予定です。
 対象
 医療従事者はじめ社会活動においてヘルスケア領域に関心・関連のある方 
 募集人数
 最大50名
 受講費用
 年間13万円(税込)
 ※課題書籍、合宿の交通費は含みません。
 応募締切
 2023年2月28日

  10. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 ヘルスケア領域に関わる中で、例えばこんなことはありませんか? 
 「リーダー」と聞くと、何かカリスマ的な存在を思い浮かべるかもしれません。 
 本リーダーシップ・プログラムは、 ヘルスケア領域で働く中でどこか違和感を抱えていたり、打ち手がない、専門領域の壁 を越えていきたい方が集まり、

    極めて個人的な第一歩を踏み出す リーダーシップの在り方を学び合い、 協働しながら学び を深めていくプログラムです。
 リーダーシップ・プログラムとは
 ✔ 数年前から現状を変えたいという思いを抱いている 
 ✔ ヘルスケアを取り巻く環境にどこか違和感がある 
 ✔ 理想と現状のギャップをどう解釈したらいいか分からない 
 ✔ リソースや周囲のサポートが無くて困っている 
 ✔ 複雑な利害関係が存在し、調整困難な状況に直面している 

  11. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 プログラム概要
 1. 月例セミナー(オンライン) 
 2.合宿(対面)
 3.プロジェクト活動
 月1回の月例セミナーでは外部講師をお招きし、「リーダー

    シップ」「課題解決」「レジリエンス」「ソーシャルマーケティン グ」「倫理観」といったテーマでスキルとマインドをインプット します。
 チームに分かれ、「子ども」「高齢者」「医療 者」「患者」「死生観」「ウェルビーイング」と いったテーマでプロジェクトに取り組みま す。
 本リーダーシップ・プログラムは、ヘルスケア領域で働く中でどこか違和感を抱えていたり、打ち手がないと感じたり、あるいは、専門 領域の壁を越えていきたい方が集まり、協働しながら学びを深めていくプログラムです。
 IHLは、ヘルスケアに関わる多様な参加 者が、1年間という時間をかけて協働型プ ロジェクトを行うことに特徴があります。 
 合宿では、参加者同士の相互理解、課題 感の共有を行い、プロジェクトチームをつ くります。

  12. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 プログラムスケジュール


  13. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 プログラムスケジュール
 ※以下を満たした方には修了証を授与します。 
  ①月例会セミナー全12回のうち8回以上参加 
  ②第12回までに卒業エッセイを提出 


  14. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 月例セミナー講師(予定)
 武藤 真祐氏
 医療法人社団鉄祐会理事長 
 株式会社インテグリティ・ヘルスケア代表取締役会長 


    秦 充洋氏
 株式会社ミレニアムパートナーズ代表取締役 
 一橋大学大学院MBAコース(HMBA)講師 
 東大病院、三井記念病院にて循環器内科に従事。その後 マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2010年、在宅医療 を提供する現・医療法人社団鉄祐会を設立。現在は4つの病 院(合計629床)、157の薬局、230の訪問看護ステーションを 経営している。 
 ボストン コンサルティンググループを経て、医療従事者向 け情報サービス 株式会社ケアネットを共同で創業し、東証 マザーズ上場。2006年にミレニアムパートナーズを設立、 代表取締役パートナーに就任。著書『プロ直伝!成功する 事業計画書のつくり方』(ナツメ社) 
 
 月1回の月例セミナー(オンライン)では、外部講師をお招きし、「リーダーシップ」「課題解決」「レジリエンス」「ソーシャル マーケティング」「倫理観」といったテーマでスキルとマインドをインプットします。
 新福 洋子氏
 広島大学 医系科学研究科 国際保健看護学 教授 
 広島大学 副学長(国際広報担当) 
 2010年、イリノイ大学シカゴ校大学院 博士課程 看護学研究 科修了後、世界保健機関東南アジア地域事務局インター ン、聖路加国際大学 看護学部 助教、京都大学大学院 医学 研究科 人間健康科学系専攻 家族看護学 准教授を経て、 現在広島大学 医系科学研究科 国際保健看護学 教授、広 島大学 副学長(国際広報担当)を併任。 
 文部科学省 科学技術・学術審議会大学研究力強化委員会 委員。2020年、WHO、UNFPA等から世界の卓越した女性の 看護師・助産師リーダーに選ばれた。 

  15. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 月例セミナー講師(予定)
 月1回の月例セミナー(オンライン)では、外部講師をお招きし、「リーダーシップ」「課題解決」「レジリエンス」「ソーシャル マーケティング」「倫理観」といったテーマでスキルとマインドをインプットします。
 児玉 聡氏
 京都大学院文学研究科 倫理学専修

    准教授 
 京都大学大学院文学研究科博士課程修了(博士 (文学)) 
 【専門分野】 
 英米倫理思想、生命倫理学 
 
 【略歴】
 2003年に東京大学大学院医学系研究科の医療倫理学講座 助手に着任。07年、同専任講師。12年10月、京都大学院文 学研究科准教授、22年4月より現職。主な著書『実践・倫理 学』(勁草書房、2020)他 
 瓜生原 葉子氏
 同志社大学商学部 教授 
 ソーシャルマーケティング研究センター センター長 
 京都大学大学院医学研究科,京都府立医科大学 非常勤講 師。日本学術会議 連携会員,EURAM(欧州経営学会)日本 代表、公益社団法人日本臓器移植ネットワーク理事・広報委 員長などを兼務。 
 専門領域は,ソーシャルマーケティング、行動変容マネジメ ント、戦略マネジメント、組織行動論、移植医療の社会的価 値の普及と社会基盤の確立。 
 主な著書に『行動科学でより良い社会をつくる』(文眞堂, 2021)

  16. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 プロジェクト活動例
 ケアラーの幸せを考える 
 プロジェクト活動は、「子ども」「高齢者」「医療者」「患者」「死生観」「ウェルビーイング」などのテーマでチームに分かれて取り組み ます。なお、テーマは期によって変わります。
 
 死生観をカルチャーに

    
 「あなたにとって、生きるとは何ですか?」
 死生観 x エンタメで、死や生の価値観を気軽に語れ る社会にすることを目的に、#シセカル対談企画な ど、生きることを考えるきっかけ作りをしました。#シ セカルの活動によって、「死生観を周囲と共有する」 よう行動変容に繋がることを示すことができました。
 婦人科受診をバズらせよう。生理に悩まない社会 
 女性が生理に悩まされず活躍できる社会をあるべき姿と して、「生理でつらい思いをして我慢している女性」に、 「婦人科を受診してほしい」というメッセージを届けました。 全員が見たり触ったりする”インフラ”のなかで、婦人科受 診の必要性を伝えるべく、生理用品メーカーとのタイアッ プ(Pending)やソーシャルメディアを用いたインフルエン サーとのタイアップ企画を行いました。
 私たちは、“けあはぴ”というチーム名を掲げ、ケアラーの 幸せ実現のために立ち上がりました。介護に取り組んでい ると、体力的にも精神的にも辛いと感じたり、嬉しかったり 感動したりすることがあります。流れる月日の中で、自分を 見つめる時間を作って欲しい。自分をもっと大事に考えて 欲しい。そんな想いで、ケアラーが自身の健康を思いやる きっかけとなるノート、名付けて「けあはぴノート」を作りま した。

  17. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 受講生の声
 福島 大喜さん
 株式会社UBeing、医師 
 生野 淑子さん


    大阪市健康局 医務主幹 
 どうしよう、、と迷ってる皆さん。私も、ワクワク感と 不安(時間や能力)がある中でIHLへ参加しました。 参加してみると、IHLには最高の仲間達と先輩達が いて、困った時はいつでも助けてくれる環境があり ました。今はヘルスケアリーダーとしての一歩を踏 み出しています。
 池田 陽介さん
 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 
 アカデミック本部 西日本グループリーダー 
 オンラインの活用により、福岡からでも東京のチー ムメンバーや同期との時間的、空間的な距離を克 服することができました。IHLで習得したリーダー シップはその後、実業務の中で絶大な威力を発揮 しています。もし遠方からIHLへの参加を迷っている 方がいる様でしたら、 “一歩を踏み出してみる”こと をお勧めします。その先にはきっと、素晴らしい未 来とかけがえのない仲間が待っていますよ!
 行政と臨床の仕事を掛け持ちするシングルマザー の私にとって、IHLへの参加は大きなチャレンジでし た。でも、熱い志を持つ仲間に支えられながらプロ ジェクトに取り組んだ結果、もう終わり?というぐら いあっと言う間の1年でした。挑戦しなかった後悔は 一生残ります。迷っているなら、IHLの世界に飛び 込んで下さい(学びは子育てにも役立ち、怒ること がなくなりますよ!)。

  18. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 受講生のデータ
 所属
 居住地
 ※12期の参加者データです。 


  19. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 受講生のデータ
 年代
 性別
 ※12期の参加者データです。 


  20. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 受講費用について
 一般
 13万円(税込)
 内訳/IHL入会金1万円+年会費12万円 
 学生
 学生対象スカラシップ制度あり。申し込みエッセイが特に優れていた学生に対

    し、受講料の一部を免除します。 
 ※ただし、大学院生は除きます。 
 その他ご案内
 • 上記金額には、2泊3日の合宿費用(都内セミナーハウスにて)を含みま す。
 • 別途、各プログラムに適した課題図書をご案内します。各自ご用意の上 ご参加ください。
 • アルムナイ再受講:6万円(税込) 

  21. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 14期受講までのステップ
 募集開始
 選考結果の通知
 受講開始
 開始:2022年11月1日(火) 
 締切:2023年2月28日(火)

    
 以下のスケジュールで選考結果をご案内します。 
 • 2023年1月31日までに応募|2月10日までに選考結果をご案内 
 • 2023年2月28日までに応募|3月10日までに選考結果をご案内 
 2023年4月
 (補足)
 ご受講が決定した方には、プログラム開始までの間に以下をご案内します。 
 • お支払いについて 
 • 自己分析サーベイの受診 
 • 自己紹介シート・アンケート 
 • 守秘義務契約書のご提出 
 • ウェルカム・イベントへのご招待 
 • 受講開始にあたりご案内 

  22. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 オンライン説明会のご案内
 以下の日程でオンライン説明会を開催する予定です。 
 卒業生の声も聞いていただけますので、ぜひご参加ください。 
 第1回
 1/18(水)


    20:00-21:00
 第2回
 1/28(土)
 20:00-21:00
 第3回
 2/9(木)
 20:00-21:00
 第4回
 2/18(土)
 14:00-15:00 ※現役セミナーのプロジェクト活動最終発表も見学いただけます。
 開催概要は、公式HP、Facebookページでご案内させていただきます。 
   公式HP:https://ihl.jp/
   Facebookページ:https://www.facebook.com/ihl.healthcare 
 Facebookページ_QRコード

  23. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 エントリー方法について
 選考方法
 エントリーシートに次エッセイ①と②を含め記載して提出していただき、その内 容をもとに選考をいたします。 
 提出方法
 Eメール


    (件名に「IHL14期入会希望<お名前>」と入力の上送信してください) 
 提出先
 [email protected]
 提出物
 公式HPよりエントリーシートをダウンロードしてください。 
 https://ihl.jp/recruit
 応募締切
 2023年2月28日
 選考結果
 2023年1月31日までに応募|2月10日までに選考結果をご案内 
 2023年2月28日までに応募|3月10日までに選考結果をご案内 

  24. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 (補足)エントリー方法について
 エントリーに際して、エッセイ①と②を含め記載してご提出いただきます。 
 エッセイ①
 あなたの過去のリーダーシップ経験について教えてください(1000~1200字程度) 
 


    エッセイ②
 「リーダーシップの旅~見えないものを見る ~」を読み、あなたが下記のどの条件に該当するかを、具体例を 用いて明示した上で、どのように現状を打破していくかについて説明してください 
 (1000~1200字程度)
 
 1. 理想と現状のギャップに怒っていて、現状を変えたいと言う思いがふつふつと湧いている人 
 2. 変化を起こそうとしているが、どこから手を付けてよいか分からないか、リソースや周囲のサポートが無 くて困っている人
 3. 複雑な利害関係がすでに存在し、調整困難な状況に直面している人 

  25. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 (補足)課題図書のご紹介
 “ リーダーとは、私たち一人ひとりが自分の生き方、生き様を問うことだ ” 
 
 書籍「リーダーシップの旅」は、こんな一節から始まります。

    
 「リーダーシップ」と耳にすると、カリスマ的存在を思い浮かべたり、自分とは遠いこと だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。 
 カリスマに依存したリーダーシップでもなく、所与の条件としてフォロワーが付与され た既存の大組織のマネジメントでもない、極めて個人的な第一歩を踏み出すリー ダーの在り方は、Lead the Selfとして私たちの活動に大きな影響を与えました。 
 IHLへの応募有無に関わらず、オススメの1冊です。 

  26. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 (参考)他プログラムとの比較
 
 IHL
 A
 B
 提供形式
 勉強会


    プロジェクト活動 
 コミュニティ
 勉強会
 コミュニティ
 ビジネス系
 研修プログラム
 対象
 医療従事者はじめそのほか社会 活動においてヘルスケア領域に関 心・関連のある方 
 医師
 社会人
 期間
 1年間
 6ヶ月
 3〜4ヶ月
 金額
 13万円
 〜10万円
 10〜30万円
 IHLは、医療従事者、企業や行政に所属するヘルスケアに関わる多様な参加者が、1年間という時間をかけて協働型プロジェ クトを行うことに特徴があります。

  27. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 アルムナイからのメッセージ
 秋本 可愛さん(6期) 
 株式会社Blanket 代表取締役 


    KAIGO LEADERS 発起人 
 IHLでの課題図書との出会いが自分自身のリーダーシップ のあり方を大きく変容するきっかけとなっていたり、IHLで出 会った仲間との繋がりは刺激や仕事の機会をいただくな ど、振り返ると大きな財産になっているなと思います。
 20代の頃全然お金がない時に参加するのは、勇気が必要 だったのですが、やってみたいという気持ちのままに参加し てみてよかったなと感じています!
 喜納 信也さん(6期) 
 株式会社ミナカラ Founder & 薬剤師 
 時代の変化、テクノロジーの変化、環境の変化など、変化の 激しいこの時代において、医療業界も好むと好まざるとにか かわらず創造と変革が必要な課題と機会に溢れています。
 医療における課題をチャンス(機会)に変え、社会を前進さ せるために2点重要なことがあると思います。
 ①医療業界こそ志と実行力のあるリーダーが必要なこと。
 ②一人でできることは少なく、人的ネットワーク(仲間づくり) を大切にすること。
 IHLはこれら2点を成長させる機会に溢れた場です。
 

  28. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 アルムナイからのメッセージ
 園田 正樹さん(8期) 
 コネクテッド・インダストリーズ株式会社 代表取締役 


    産婦人科医 
 こんにちは、産婦人科医の園田 正樹です。安心して産み 育てられる社会を実現したいと考え、病児保育支援システ ム「あずかるこちゃん」を運営しています。
 どう行動していいかわからなかったわたしがIHLの扉を叩い たのは2016年夏でした。IHLの仲間と一年考え、事業の種 ができ、プログラム終了と同時に創業しました。 
 IHLに入ったから変わるわけではありません。でも、IHLとい う場所で仲間たちと学び悩んだ先なら、なにかが変わるか も。
 
 新福 洋子さん(7期) 
 広島大学 医系科学研究科 国際保健看護学 教授 
 広島大学 副学長(国際広報担当) 
 自分の将来について、具体的ではなくても「社会を変えてい く」「組織を引っ張っていく」姿を想像しているなら、リーダー シップを学ぶことは必須だと思います。IHLではすでに社会 の中でリーダーシップを発揮している先輩たちからその軌 跡を学び、自分も活動を通して成長していきます。自分なり のリーダーシップの道を切り開いていってください。
 根本 雅祥さん(7期) 
 一般社団法人日本塩分管理支援協会 代表理事 
 株式会社エスケア 代表取締役 
 医療のバックグラウンドが「ゼロ」の状態で入会したため「う まくやっていけるかな...」という気持ちもありましたが、多くの 素敵な仲間に恵まれ、とても実りのある1年間を過ごすこと ができました。IHLは皆さんの活躍の場を大きく広げてくれ る場だと思いますので、まずは説明会に参加してみてくださ い。きっと未来が明るく開けてくるはずです。

  29. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 アルムナイからのメッセージ
 柳川 圭子さん(9期) 
 株式会社医師のとも 代表取締役 


    IHLに参加して、自分自身がなすべきこと、天命について深 く考え抜く機会となりました。その結果、仕事においてもス テージチェンジによって新たな景色を見て、経験を積むこと ができ、成長をするチャンスをいただきました。
 また、モチベーションが高い素敵な友人ができました。友達 と共に、課題に追われる日々は、青春のようなきらめきがあ り、人生にはりがでます! 
 皆様にお会いできる日を楽しみにしています。
 淺野 正太郎さん(9期) 
 株式会社Save Medical 代表取締役社長CEO 
 疫学修士(MPH) 
 私にとってIHLは医療者と「これから医療になにか貢献し たい人」の交差点のような場でした。大きな課題に対して 向かっていこうというポジティブな意志に溢れていたことが 印象的です。参加者それぞれが医療の課題に想いを持っ ており、今も当時の仲間とのご縁が続いています。検討中 の方は、まずは飛び込んでみて下さい。おすすめです!

  30. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 人生100年時代を迎え、日本のヘルスケアには数々の課題が存在しています。 
 
 “ヘルスケアに携わる様々な人々が、あるべき姿と現状のギャップを埋めるべく、 
 勇気を持って第一歩を踏み出し、周囲を巻き込んで、 


    世の中にポジティブな変化をもたらしたい。” 
 
 そんな思いからIHLはスタートしました。 
 
 私たちと一緒に、一歩を踏み出しませんか? 
 皆さまからのご応募をお待ちしております。 
 
 
 NPO法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 理事長 玉田 寛

  31. ©2022 特定非営利活動法人ヘルスケアリーダーシップ研究会 
 更新履歴
 2022年11月1日 本資料を公開 
 2022年11月27日 講師情報追加(2023/6/17講師に新福 洋子氏が決定!)