Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

障害基礎年金請求の手引き

 障害基礎年金請求の手引き

知的障害の方が障害基礎年金を請求するための手引きです。

Transcript

  1. 障害基礎年金請求の手引き 知的障害のある子の家族のための

  2. メンバープロフィール 社会保険労務士 片岡 昌樹 KATAOKA MASAKI ねんきんダイヤル、社会保険労務士事務所勤務を経て独立。スポットを 中心に各種手続きから助成金まで幅広く対応。得意分野は、公的年金に 関する相談・請求代行業務。年金事務所での相談業務は現在5年目。趣 味はプロ野球観戦、将棋、猫。

    広報部長 ポン太 PONTA 令和2年の年の瀬に動物保護施設に保護されたノラ猫♂。 控えめに言ってとてもかわいい。
  3. はじめに 年金制度は複雑で例外も多いので、障害年金はとても難しいと 思っている方が多いと感じています。 この手引きは、知的障害に限定してシンプルに制度と手続きを説 明することで、ご家族の方がスムーズに請求手続きを完了できる ことを目的としています。

  4. この手引きの目的 ✓ 障害年金制度を理解する ✓ 申請方法を理解する ✓ 受給決定後の流れを確認する

  5. 目的 ✓ 障害年金制度を理解する ✓ 申請方法を理解する ✓ 受給決定後の流れを確認する

  6. 障害年金とは 障害年金は、病気やけがで生活や仕事が制限されるようになった 場合に受け取れる年金です。 「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2種類があり、知的障害 の方には、20歳から障害基礎年金(「20歳前傷病による障害基礎 年金」といいます。)が支給されます。

  7. 受給要件 受給要件はただひとつ 障害等級1級または障害等級2級に該当している知的障害の方が 20歳になったときから受け取ることができます。 ※年金の加入要件、保険料納付要件がないことから、海外に居住 したときなど、一定の支給制限があります。 詳細は、コチラをご確認ください。

  8. 障害等級とは? 障害基礎年金の障害等級は、独自の基準が定められています。 知的障害の具体的な認定基準は次のとおりです。 障害等級1級 障害等級2級 食事や身のまわりのことを 行うのに全面的な援助が必 要であって、かつ、会話に よる意思の疎通が不可能か 著しく困難であるため、日

    常生活が困難で常時援助を 必要とするもの 食事や身のまわりのことな どの基本的な行為を行うの に援助が必要であって、か つ、会話による意思の疎通 が簡単なものに限られるた め、日常生活にあたって援 助が必要なもの
  9. 受け取れる金額(令和2年度) 障害等級1級 障害等級2級 障害基礎年金 年額977,125円 (月額81,427円) 年額781,700円 (月額65,141円) 月額6,288円 月額5,030円

    年金生活者支援給付金※ ※年金生活者支援給付金の詳細はコチラ!
  10. 目的 ✓ 障害年金制度を理解する ✓ 申請方法を理解する ✓ 受給決定後の流れを確認する

  11. 請求の3STEP STEP1 STEP2 STEP3 医師に相談! 成長の記録を整理! 必要書類を確認!

  12. 医師に相談 まずはお医者さんに相談しましょう。 障害基礎年金の請求には、医師の診断書が必要です。 かかりつけのお医者さんに障害基礎年金を請求する ことについて相談してみてください。 かかりつけのお医者さんがいない場合は、障害年金 の診断書を書いてくれるお医者さんを探すことから 始めましょう。

  13. 診断書を依頼する時期 診断書を書いてもらう日に注意! 障害年金の診断書は、誕生日前後3か月以内の日付 (これを「現症日」といいます。)で作成したものを 提出することになっています。 例)平成13年5月21日生。令和3年5月21日で20歳の場合 診断書の現症日は、令和3年2月21日から令9和3年8月 19日のものが必要です。この日付の範囲で、診断書を 書いてもらうようお医者さんに依頼してください。

  14. 必要書類を確認 障害基礎年金の請求に必要な書類は、お住まいの市 区町村役場、年金事務所または街角の年金相談セン ター※の窓口で受け取ることができます。また、日 本年金機構のHPからダウンロードすることも可能で す。 各様式のダウンロードはコチラから! ※年金事務所または街角の年金相談センターでのご 相談は、ぜひ、予約相談をご利用ください。

  15. 成長の記録を整理 特に大きな変化が生じた場合を中心に、出生時から 現在までの状況を「病歴・就労状況等申立書」にま とめます。 ※病歴・就労状況等申立書は5つの欄に分かれてい ますが、1つの欄の中に、まとめて記入することも できます。

  16. 表面の記入のしかた 以下のエピソードなどを思い出しながら記入してください。 ✓知的障害と診断されたときや療育手帳の取得など ✓日常的に家族から援助を受けている内容(食事、身だしなみ、 危機対応など) ✓学校での状況(通学時の様子、不適応行動や学習の遅れな ど) 記載する内容やどれくらい細かく書けばよいのかは迷うところ だと思います。 日本年金機構が発行しているかけはし第52号に記載例が掲載

    されていますので参考にしてみてください。 一つの欄にまとめても、 複数の欄を使ってもOK です!
  17. 裏面の記入のしかた ① 障害認定日 誕生日の1日前の日付を記入し ます。(令和3年5月21日が誕生 日なら令和3年5月20日) ② 就労状況 「就労していた場合」または 「就労していなかった場合」の

    いずれかに記入します。 ③ 日常生活状況 日常生活の各項目について4段 階で丸を付けます。 ② ① ③
  18. 裏面の記入のしかた ① 記入しなくて大丈夫です! ② 療育手帳の取得状況を記入しま す。 ③ お父さんかお母さんのお名前・ 続柄を記入します。 ④

    お子様の住所・お名前・電話番 号を記入します。 ※電話番号は、お父さん、お母 さんの携帯電話でもOKです。 ① ② ③ ④
  19. 持参する書類チェックリスト 以下の書類を忘れずに持参しましょう。 ✓診断書 ✓病歴・就労状況等申立書(記入したもの) ✓本人名義の金融機関の通帳 ✓マイナンバーカード (通知カード、マイナンバー入りの住民票) ✓年金手帳(届いている場合) ✓療育手帳

  20. 請求書の提出場所 障害基礎年金の請求書の提出先は、お住まいの市区 町村役場、年金事務所または街角の年金相談セン ターです。 お近くの年金事務所等の検索は、コチラから! ※年金請求書などの様式は、窓口に備え付けてあり、 担当の職員さんに書き方を聞きながら記入すること もできます!

  21. 目的 ✓ 障害年金制度を理解する ✓ 申請方法を理解する ✓ 受給決定後の流れを確認する

  22. 請求書提出から決定まで 年金請求書の受付日からおよそ3か月後に 「年金証書・年金決定通知書」がご自宅に 郵送されます。 審査が長引いて3か月を超えてしまう場合は、 審査が遅れていることについて連絡があり ます。

  23. 年金証書・年金決定通知書 ① 氏名、生年月日を確認してください。 ② 受給権が発生した年月です。 ※誕生日の前日が属する月です。 ③ 受給権発生の翌月分から年金が支給され ます。 ④

    年金額 年間(12ヶ月分)の金額です。 偶数月15日に前月分と前々月分の2か月分 が振り込まれます。 例)6月分・7月分は、8月15日振込。 ① ② ③ ④
  24. 年金証書・年金決定通知書 • 該当する障害等級(1級または2級)が記載 されています。 • 障害年金を受給している方は、1~5年ごと に更新の手続きがあります。 更新が必要な方には、誕生月の3か月前の月 末頃に日本年金機構から診断書(障害状態 確認届)が送られてきます。

    提出期限は、誕生月の月末です。 ※提出年月日が「 * * 年* *月」となっ ている方は、永久認定といい、更新手続き が不要です。
  25. その他 20歳になったとき

  26. 国民年金の加入 20歳になると、国民年金に加入することになり、 日本年金機構から以下のお知らせが届きます。 • 国民年金加入のお知らせ • 国民年金保険料納付書 • 国民年金の加入と保険料のご案内(パンフレット) •

    保険料の免除・納付猶予制度と学生納付特例制度の申請書 • 返信用封筒
  27. 保険料について 日本国内に居住している方が20歳になると、国民年金に加入し、 保険料を納付する義務があります。 国民年金保険料納付書(領収(納付受託)済通知書」)を使用し、 「納付期限」までに銀行などの金融機関、郵便局、コンビニエン スストアで納付できます。 ※口座振替やクレジットカードによるお支払いも可能です。

  28. 保険料の免除 • 申請免除 経済的な理由等で保険料が納められないときは、世帯の所得に応 じて保険料の全額または一部が免除されます。 • 法定免除 障害基礎年金が決定した方は、受給権を取得したときに遡って国 民年金の保険料が免除となり、すでに納付した保険料を還付して もらうことができます。

    ※保険料の免除については、お住まいの市区町村役場または年金 事務所にご相談ください。
  29. おわりに この手引きに記載されていない項目については、 お住まいの市区町村役場、年金事務所または街角 の年金相談センターにご確認ください。 多くの方が、無事、年金を受給できることを願っ ています。