目標設定とその方向性

 目標設定とその方向性

498f6601d173cdfb69af3ce57964cdf0?s=128

Keiji Komatsu

January 25, 2019
Tweet

Transcript

  1. 目標設定とその方向性 目標設定の技術を勉強する会 #1

  2. 自己紹介 小松 計之 株式会社 Rosso ITエンジニア(専門領域:インフラ、クラウド) 現在は・・・クラウド案件担当

  3. この登壇の内容は、これまでの経験を 基に記載している内容で、所属する組織 とは一切関係ありません。

  4. コンフォートゾーン

  5. 自分が心地よい リラックスした状態 なにかに縛られていない 少し背伸びした緊張状態 軽度の負荷がかかっている 自己成⾧ 慌てふためいる状態 何をしてよいかわからなくなってしまう コンフォートゾーン ストレッチゾーン

    パニックゾーン
  6. コンフォートゾーン ストレッチゾーン パニックゾーン パニックゾーンに陥ったら、一度コンフォートゾーンへ戻りましょう

  7. これを踏まえて 目標設定するには

  8. 目標設定するには 少しハードルが高いが自分で手が出せる 漠然とせず具体的にどうしたいのか いつまでに何ができていればよいか

  9. 目標設定するには 少しハードルが高いけども自分で手が出せる ゴールが果てしなくならないように。 自分のペースで。 他人と競争しない。

  10. 目標設定するには 漠然とせずに具体的にどうしたいのか 資格であれば、参考書や教材。 分からなければ知っている人に聞く。 具体化しにくければ、箇条書きにして後から肉付け。

  11. 目標設定するには いつまでに何ができていればよいか 期限を決める。 期限内にできなくても自分を責めない。 少し余裕を持った時間配分をする。

  12. まとめ 少し背伸びした目標設定 目標に対する具体化 期限を決める コンフォートゾーン

  13. ご清聴ありがとうございました。