Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Rocro Loadroid Hands On

4cf8c4446f444298004034227f1d1870?s=47 Kenji Hanakawa
October 25, 2017
150

Rocro Loadroid Hands On

4cf8c4446f444298004034227f1d1870?s=128

Kenji Hanakawa

October 25, 2017
Tweet

Transcript

  1. ROCRO LOADROID Hands on 資料 https://github.com/your-org/loadroid-hands-on Click “release” Click “loadroid-hands-on_jp.pdf”

  2. 全体の流れ 1. 準備 1. your-org organization にユーザ登録 2. your-org organization

    で、新規レポジトリ作成 2. 負荷試験実施 1. シンプルなシナリオ 2. JavaScript を使ったシナリオ 3. rocro.yml を編集する 3. 使いこなすための設定 1. メール通知を有効にする 2. rocro.yml の値を、secrets に格納する
  3. 準備

  4. Hands on ⽤レポジトリ作成

  5. github.com/your-org で、新規レポジトリ作成 2. Click “New” 1. your-org であることを確認

  6. レポジトリ名⼊⼒ 3. Click “New” 2. public であることを確認 1. 任意の名前を⼊⼒

  7. “Import code” を選択 任意のrepository 名を⼊⼒ Click “Import code”

  8. https://github.com/your-org/loadroid-hands-on をImport Click “Begin Import” https://github.com/your-org/loadroid-hands-on を⼊⼒

  9. import したレポジトリを選択 Click

  10. loadroid へ登録

  11. loadroid.rocro.com にログイン Click Github

  12. Authorize Click “Authorize rocro”

  13. Repositories ページに移動 Click “Repositories”

  14. 作成したレポジトリを登録 1. Select “your-org” 2. Click “Register” of your repository

    3. Click “Load Test” to back previous page
  15. Settings ページに移動 Click “Settings”

  16. Target host を登録 を⼊⼒ ハンズオンレポジトリのrocro.yml にも記載してあります。 https://github.com/your-org/loadroid-hands-on/blob/master/rocro.yml#L6 Click “Verify” https://demo-dot-impressive-kite-93206.appspot.com/debug-verify-host-{{verification-token}}

  17. Target host の登録を確認し、”Branches” へ移動 Verified Hostsにホスト名が表⽰されれば成功 Click “Branches”

  18. “master” と “javascript” を watch 2つ選択

  19. watch されたことを確認して、Tests ページに移動 2つ選択 Click “Load Test” to back previous

    page
  20. 負荷試験実施

  21. シンプルなシナリオ

  22. master ブランチを “Run” Click “Run”

  23. 負荷試験が実⾏され結果のサマリーが表⽰される Click “status” scenario

  24. 詳細ページ(Response Time) Click “Throughput”

  25. 詳細ページ(Throughput) Click “Request Counts”

  26. 詳細ページ(Request Counts) #1 をクリックしてサマリーページに戻る

  27. rocro.yml の内容を確認する-1 コミットをクリック

  28. rocro.yml の内容を確認する-2

  29. period 1 シナリオの⻑さ(秒) num-users シナリオ内で、発⽣させる virtual client の総数。 virtual client

    は、は、シナリオ内で、時間的に均等に発⽣する。 例えば、 period: 60, num-users: 600 の場合、1秒に 10 client づつ virtual client が⽣成される。 period の設定で、virtual client の⽣成期間を指定できる。 https://loadroid.rocro.com/help/configuration/scenarios.html#num-users-required period シナリオの実⾏時間 サブ設定の entry , overall を指定することで、virtual client の⽣成時間を指定できる。 例えば、entry: 20, overall: 60, num-users: 600 の場合、最初の20秒の間に均等に、600 clientが、すべ て出現する。このとき、1秒間に30 client づつ virtual client が⽣成されることになる。 https://loadroid.rocro.com/help/configuration/scenarios.html#period--required loop 発⽣した virtual client が、シナリオ内で定義された1リクエストセットを実⾏した後に、再度、リクエス トセットを繰り返すかどうかの設定。 loop: true の場合は、発⽣した virtual client がリクエストを投げ続けるので、 次ページ図1のように、target server にかかる負荷は、右肩上がりになる。 loop: false の場合は、均等に発⽣した virtual client が、1リクエストセット終了後に、削除されるため、 次ページ図2のように、 target server にかかる負荷は、シナリオ全体を通して、⼀定になる。 https://loadroid.rocro.com/help/configuration/scenarios.html#loop
  30. 図1:loop == true 図2:loop == false

  31. rocro.yml の内容を確認する-3 ブラウザの戻るボタンで、loadroid に戻る

  32. rocro.yml の内容を確認する-4 “Load Test” タブをクリックして、”Tests Page“ に戻る

  33. JavaScript を使ったシナリオ

  34. JavaScript を使ったシナリオを実⾏ Click “Run”

  35. JavaScript を使ったシナリオを確認する-1 コミットをクリック

  36. JavaScript を使ったシナリオを確認する-2 Click “View”

  37. JavaScript を使ったシナリオを確認する-3

  38. シナリオの編集

  39. JavaScript を使ったシナリオを編集する-1 “javascript” ブランチを選択

  40. JavaScript を使ったシナリオを編集する-2 2. Click “Edit” mark 1. “javascript” ブランチであることを確認

  41. JavaScript を使ったシナリオを編集する-3 2. Click “Commit changes” 1. num-users, period 等を変更してみる

    (変更例は、”javascript-modified” ブランチ参照) https://github.com/your-org/loadroid-hands- on/commit/5db6b1dab47a5209b06f4538f2f7af95c2427545
  42. 編集したシナリオを実⾏する-1 “Load Test” タブをクリックして、”Tests Page“ に戻る

  43. 編集したシナリオを実⾏する-2 Click “Run” of javascript

  44. 使いこなすための設定

  45. メール通知を有効にする

  46. Settings ページに移動 Click “Settings”

  47. Notifications タブに移動 Click “Notifications”

  48. Mail 設定をOn にして、テストメールを送信する 1. Click on/off switch 2. Click ”Test”

    2. Click ”Save”
  49. rocro.yml の値を secrets に格納する

  50. rocro.yml を編集する-1 Click “javascript” scenario

  51. Basic Auth パスワードを secrets から取得する-2 コミットをクリック

  52. rocro.yml を編集する-3 Click “View”

  53. L9 の pass-1 を に置き換え に置き換える (変更例は、”replace-to-secrets” ブランチ参照) << $('secrets')['password']

    << $('secrets')['password']
  54. 編集内容を commit Click “Commit changes”

  55. Settings ページに移動 Click “Settings”

  56. Secrets タブに移動 Click “Secrets”

  57. Secrets タブに移動し、変数名と値を⼊⼒ 1. “password” と⼊⼒ 2. “pass-1” と⼊⼒ 3. Click

    “Add”
  58. Tests ページに戻る “Load Test” タブをクリックして、Tests ページに戻る

  59. 編集したシナリオを実⾏する Click “Run” of javascript