GitHub Actionsが他のCIサービスと比較してできることできないこと

9bcd328daf60fe29dc9970f6cfc26730?s=47 Kenta Kase
October 16, 2019

GitHub Actionsが他のCIサービスと比較してできることできないこと

GitHub Actions Meetup Tokyo β
https://gaugt.connpass.com/event/147220/

9bcd328daf60fe29dc9970f6cfc26730?s=128

Kenta Kase

October 16, 2019
Tweet

Transcript

  1. 6.

    6 6

  2. 7.

    CircleCIの機能との対応表 CircleCI GitHub Actions save_cache - restore_cache - store_artifact actions/upload-artifact

    persist_to_workspace actions/upload-artifact attach_workspace actions/download-artifact 7 7
  3. 17.

    VMとコンテナ 今どきのCIサービスはVMとコンテナが混在している CircleCI 基本はコンテナ。 machine: true やmacの場合はVM TravisCI 基本はVM Cloud

    Build 全部コンテナ(ちょっと特殊) GitHub Actions 基本はVM。Linuxの場合は設定次第でコンテナにもできる 17 17
  4. 19.

    GitHub Actionsの実⾏環境 jobs: job: runs-on: ubuntu-latest steps: # VM 上で実⾏される

    - run: env # VM かコンテナかは外部のaction の種類に依存する - uses: actions/checkout@v1 # コンテナ上で実⾏される # with.args で任意のコマンドを実⾏できる - uses: docker://node:10 with: args: echo "foo bar"
  5. 24.

    試してみた jobs: job: strategy: matrix: container: ["ruby:2.4", "ruby:2.5", "ruby:2.6"] runs-on:

    ubuntu-latest container: image: ${{ matrix.container }} steps: - uses: actions/checkout@v1 - name: "ruby version" run: ruby --version
  6. 25.
  7. 27.

    その他細かいこと1 Slack通知 サポート無し。⾃⼒でやる push, pull-req以外のwebhookトリガー 可能。GitHub Actionsならでは 新たなpushで溜まったキューのキャンセル CircleCIだとAuto-cancel redundant

    builds ない。正式版になって課⾦されるようになると困るかも rerunがworkflow単位 TravisCIのようにマトリックスの⼀部だけrerunできない 27 27
  8. 28.

    その他細かいこと2 Docker in Docker CircleCIのような特殊なことをせずとも可能 job.container.imageで docker を指定して、 docker build

    などはそのまま動く docker buildのキャッシュ CircleCIのlayer cache、Cloud BuildのKanikoのような 便利な仕組みはない 同じくβのGitHub Package Resistoryと --cache-from を組み合わせるぐらい? 28 28