Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

Unicorns run on AWS

F89f6a80305746253d4bedb128b2f445?s=47 mats
July 14, 2021

Unicorns run on AWS

F89f6a80305746253d4bedb128b2f445?s=128

mats

July 14, 2021
Tweet

Transcript

  1. © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All

    rights reserved. UNICORNS RUN ON AWS Kazuki Matsuda @mats16k Startup Solutions Architect Amazon Web Services Japan
  2. 松⽥ 和樹(まつだ かずき) スタートアップ ソリューションアーキテクト アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 創業期のスタートアップに2⼈⽬のエンジニア

    として⼊社し、幅広い業務( SRE、データエンジニア、 アプリ開発、情シス、採⽤)に従事。 現在は、スタートアップのお客様の⽀援をしながら 次のキャリアを模索中。 好きなサービスは AWS Amplify と AWS Fargate
  3. • 世界中のスタートアップが AWS を利⽤している • Amazon / AWS について •

    なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか? • スタートアップが技術選定の際に考えるべきこと アジェンダ
  4. 世界中のスタートアップが AWS を利⽤している

  5. AWS をお使いのスタートアップのお客様 (Global)

  6. AWS をお使いのスタートアップのお客様

  7. なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか? → その前に Amazon / AWS について軽くおさらいを

  8. Amazon について

  9. Our Vision 地球上でもっともお客様を ⼤切にする企業であること

  10. Amazon のビジネスモデル 顧客体験 顧客数 出品者 低コスト体質・構造 成⻑ 品揃え 低価格

  11. Amazon が⽣み出す⾰新的サービス Amazon Robotics Amazon Dash button Amazon PrimeAir Amazon

    Echo Amazon Go
  12. Working Backwards ① プレスリリースを書く ② FAQをつくる ③ お客様体験の定義と マニュアル作成 そして、実際の開発に着⼿

    全てお客様を起点に考え、お客様体験を徹底的に固める
  13. AWS とは

  14. クラウドとは新しい IT リソース利⽤のカタチ 必要な時に、必要なだけ、低価格で IT リソース を提供

  15. AWS クラウド活⽤の真価 = お客様が 価値提供に集中 できること サービスとして提供される セキュリティ機能の実装や 厳格なコンプライアンス 要件への対応

    マネージド型 サービスの活⽤で 新たな技術⾰新を 迅速に適⽤可能 必要なときに 必要なだけ調達可能な ⾼い柔軟性と可⽤性を 併せ持つITリソース
  16. 幅広い機能:200 以上のサービスを提供 ネットワーク アナリティクス コンピュート ストレージ & 配信 開発ツール 管理ツール

    セキュリティ アプリケーションインテグレーション モバイルサービス データベース IoT 機械学習 ゲーム Amazon EMR Amazon Kinesis Amazon Athena AWS Glue Amazon Elasticsearch Amazon Redshift Amazon QuickSight AWS Data Pipeline Amazon SNS Amazon SQS Amazon MQ AWS AppSync AWS Step Functions ELB AWS Elastic Beanstalk AWS Lambda Amazon EC2 Amazon ECS Amazon Aurora Amazon DynamoDB Amazon ElastiCache Amazon Redshift AWS DMS Amazon Neptune Amazon RDS AWS CodeBuild AWS CodeCommit AWS CodeDeploy AWS CodePipeline Amazon GameLift Amazon FreeRTOS AWS IoT Analytics AWS IoT Core AWS IoT Device Defender AWS IoT Greengrass Amazon Forecast Amazon Polly Amazon Rekognition Amazon SageMaker Amazon Translate Amazon CloudWatch AWS Auto Scaling AWS CloudFormation AWS CloudTrail AWS Config AWS Managed Services Amazon API Gateway AWS Amplify AWS AppSync AWS Device Farm Amazon Route 53 Amazon VPC AWS Direct Connect Amazon GuardDuty Amazon Inspector Amazon Cognito AWS Organizations AWS KMS AWS IAM Amazon EFS Amazon S3 AWS Snowball AWS Storage Gateway Amazon FSx Amazon EBS
  17. Sāo Paulo GovCloud (US-West) Montréal N. Virginia GovCloud (US-East) Ireland

    London Paris Stockholm Bahrain Cape Town Mumbai Ningxia Beijing Singapore Hong Kong Seoul Tokyo Sydney Frankfurt Oregon N. California Milan Ohio 1 4 6 7 3 2 5 Region Jakarta Osaka AWS のグローバルインフラストラクチャー 190以上の国と地域でサービスを提供 25 リージョン ∕ 81アベイラビリティゾーン 230+ エッジロケーション 13都市 AWS Wavelength Zone 2021-06-15 時点
  18. 耐障害性と⾼可⽤性を実現する AWS インフラストラクチャー https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/ AZ AZ AZ AZ Transit Transit

    Data Center Data Center Data Center AWS Region AWS Availability Zone • 物理的に離れた場所に設置 • 洪⽔を考慮、地盤が安定している場所に設置 • 無停⽌電源(UPS)、バックアップ電源、異なる電源供給元 • 冗⻑化された Tier-1 ネットワーク • リージョンは複数のアベイラビリティゾーン (AZ) で構成されています • AZ は1つ以上のデータセンターで構成され、互いに⾼速な専⽤線で接続 • 複数 AZ でシステムを構成する事で、⾼い耐障害性 を実現できます
  19. • セキュリティは AWS における 最優先事項 • セキュリティに対する継続的な投資 • セキュリティ専⾨部隊の設置 •

    セキュリティ関連 ホワイトペーパー の公開 • AWS セキュリティセンター • https://aws.amazon.com/jp/security/ • 複数の第三者認証を取得 • AWS コンプライアンス • https://aws.amazon.com/jp/compliance/ AWS のセキュリティ⽅針
  20. なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか?

  21. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  22. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  23. 多種多様なサービスを利⽤できるということは 多種多様なビジネスの 要件 を満たせるということ

  24. ビジネス要件に対して、最適なサービスを選ぶことが出来る • 例えばアプリケーションをコンテナで動かす場合 Amazon EKS (Kubernetes) Amazon ECS AWS Fargate

    Amazon EC2 Amazon Aurora (MySQL / PostgreSQL) Amazon DocumentDB (MongoDB) OR OR OR オーケストレーション コンテナ実⾏環境 データベース ジュブキュー Amazon SQS Amazon MQ (ActiveMQ / RabbitMQ) OR AWS App Runner マネージドで 楽したい 使いたい OSS がある Graviton2 や GPU 使いたい 楽したい セキュリティ を強化したい 使い慣れた MySQL と ⾼いパフォーマンス MongoDB を使いたい 楽もしたい クラウドネイティブで 運⽤が不要 ミドルウェアの 要件で必要 とにかく楽したい
  25. • 全⽂検索エンジン • リアルタイムコミュニケーション(WebRTC) • ライブ動画配信 • ロボットシミュレーション • モバイル

    / Web アプリ ビジネス要件に対して、最適なサービスを選ぶことが出来る Amazon Elasticsearch Service Amazon Chime SDK Amazon Interactive Video Service AWS RoboMaker AWS Amplify 今必要な機能だけでなく、ピボットや将来の機能拡張にも対応することが出来る
  26. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  27. • スタートアップであってもセキュリティは最重要(1つの問題で⼤きな損失を被ることも) • 全てのスタートアップは 将来のエンタープライズ スタートアップであってもエンタープライズレベルのセキュリティを クラウドセキュリティのためのサービス AWS の提供するセキュリティ、ID、コンプライアンスのための 包括的なサービスと機能を活⽤いただくことでセキュリティと

    コンプライアンスの要件を満たす能⼒を向上させることができます アイデンティティ & アクセス管理 脅威の検出と継続的なモニタリング インフラストラクチャとデータの保護 インシデントへの対応 コンプライアンス AWS コンプライアンスプログラム セキュリティとコンプライアインスのために AWS に導⼊されている 堅牢な管理は、独⽴した監査⼈によって評価されています。これにより、 AWS はお客様のコンプライアンス要件への準拠をサポートします コンプライアンスプログラムの例 AWS コンプライアンスプログラム https://aws.amazon.com/jp/compliance/programs/
  28. AWSにおける責任共有モデル お客様 クラウドのセキュリティ に対する責任 クラウド内のセキュリティ に対する責任 お客様のデータ プラットフォーム、アプリケーション、IDとアクセス管理 オペレーティングシステム、ネットワーク、ファイアウォール構成 クライアント側のデータ

    暗号化とデータ整合性、認証 サーバー側の暗号化 (ファイルシステムやデータ) ネットワークトラフィック保護 (暗号化、整合性、ID) コンピュート ストレージ データベース ネットワーク POP リージョン アベイラビリティゾーン AWS グローバル インフラストラクチャ AWS ソフトウェア
  29. Voice of customers : freee株式会社 https://ascii.jp/elem/000/001/172/1172372/3/

  30. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  31. • 24時間365⽇対応 * • ⽇本語対応可 • 経験豊富な 技術者 が対応 •

    本番稼働にはビジネスプラン 以上を推奨 • AWS Activate より提供 されるクレジットにより、 ビジネスプランが利⽤可能 AWS のテクニカルサポート SA によるテクニカルメンタリング AWS ビジネスサポート(有償) Online Ask an Expert • スタートアップ専任の技術者 に相談可能(無償) • 内容は何でも可能 • Architecture Review • 技術選定 • OSS に関する相談 • オンデマンドに AWS の技術 者に対⾯で相談可能(無償) awsloft.tokyo サポートを制するものが AWS 利⽤を制する・・・?
  32. Voice of customers : クイッキン株式会社 https://aws.amazon.com/jp/blogs/startup/cuicin-aws-case-study1/

  33. Appendix : AWS Hands-on for Beginners https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/aws-jp-webinar-hands-on/

  34. Appendix : セルフペースラボ (Qwiklabs) https://amazon.qwiklabs.com/ https://aws.amazon.com/jp/training/self-paced-labs/ AWS Activate には Qwiklabs

    で利⽤できるクレジットが付いています(⼀部有償のトレーニングで利⽤可)
  35. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  36. 活発なコミュニティ AWS は世界中で何百万ものアクティブなお客様によって⽀えられています JAWS-UG は AWS が提供するクラウドコンピューティングを 利⽤する⼈々の集まり(コミュニティ)です ⼀⼈ではできない学びや交流を⽬的として ボランティアによる勉強会の開催や交流イベントなどが⾏われています

    AWS User Group – Japan (JAWS-UG) AWS を利⽤している スタートアップのためのコミュニティで、 スタートアップ同⼠の交流や経験の共有を⽬的としています。 ⽇本のスタートアップから素晴らしいプロダクトや技術が 世の中に出て⾏くことを応援しており、技術系・⾮技術系問わず あらゆるテーマを取り扱います。 AWS Startup Community 近年、スタートアップのみならず採⽤が増えている AWS Amplify を利⽤しているデベロッパーのコミュニティです。 Amplify Japan User Group
  37. AWS Startup Community

  38. AWS Startup Community ▪Discord サーバーへの参加 リンクより参加可能です http://bit.ly/aws-startup-discord ▪Meetup への参加 Connpass

    にてイベントページを公開 https://aws-startup-community.connpass.com/ ▪Meetup への登壇(スピーカー) フォームにて通年で公募しています! http://bit.ly/aws-startup-community-speaker
  39. クラウドプラットフォームとして AWS を活⽤することを決めました。 理由は⼤きく3つあります。1つ⽬の理由はエンジニア⼈⼝です。 組織を拡⼤していくうえでは、よりシェアが⼤きく、扱える⼈が多い クラウドプラットフォームのほうが、エンジニアの採⽤がしやすい。 普段お世話になっている転職エージェントにご相談した際にも 「他のクラウドベンダーよりも AWS のほうが、エンジニア⼈⼝は

    圧倒的に多いです」とのお声をいただきました。 2つ⽬の理由は、⽇本語のドキュメントや⽇本語のサポートが 充実していること。ドキュメントの充実性は開発効率に直結しますし、 トラブルが発⽣したときすぐに⽇本語で相談できるのは⼼強いと 感じました。また、システムアーキテクチャや AWS の各サービスの 活⽤⽅法などについて、ソリューションアーキテクトの⽅々に 適宜ご相談できるのも⼤きいです。 3つ⽬の理由として決め⼿になったのは、⽇本の⼤⼿製造企業における AWS の導⼊事例が多いこと。今後、当社のお客さまになっていただく 企業のなかには、データをクラウド上で扱うことにセキュリティ⾯で の不安を感じられるところもあるはずです。そんな場合に、他の⼤⼿ 企業での導⼊実績がある AWS ならば、クラウドベンダーとしての 信⽤度が格段に⼤きくなります。これらの点から AWS を⽤いることに しました。 Voice of customers : 株式会社アダコテック https://aws.amazon.com/jp/blogs/startup/aws-startup-case-study-adacotech01/
  40. 多種多様なサービス セキュリティ ⼿厚いテクニカルサポート 活発なコミュニティ なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか

  41. おまけ !「なんでAWS選んだんですか?」 野村総合研究所 新井 雅也 まとめ 多様な サービス 活発な コミュニティ

    豊富な アップデート 多くのビジネス 要件に対して 柔軟に対応できる。 変化を受け入れることで システムの最適化を 維持できる。 多様なユースケースに触れ、 ビジネスにマッチした 組み合わせを知る場がある。 !「AWSを選んだ理由、それはね、、」 https://speakerdeck.com/iselegant/why-aws
  42. スタートアップが 技術選定の際に考えるべきこと

  43. スタートアップがビジネスにフォーカスし、成功確率を⾼めるための考え⽅ •Undifferentiated heavy lifting •One-way and Two-way Door Decisions

  44. Undifferentiated heavy lifting アイデアの実現の過程には 「差別化に繋がらない重労働」 が多く存在し、それらを減らすことができれ ば成功確率を上げることが出来る(意訳) Web 2.0 Summit

    での Tim O’Reilly と Jeff Bezos との対談 https://www.flickr.com/photos/farber/292880154 Amazon CTO の Werner Vogels も メディア取材の際に 「Stop spending money on “undifferentiated heavy lifting”」 とコメント
  45. Undifferentiated heavy lifting の例 • データベースの運⽤、バックアップ、レプリケーション設定 • 認証基盤の保守、管理、運⽤ • リアルタイム通信を⾏うサーバーの保守、管理、運⽤

    • セキュリティパッチの管理、適⽤ • etc...
  46. 参考:Bias for Action (One-way and Two-way Door Decisions) “ •

    Amazon のカルチャーを⽀える Our Leadership Principles の⼀つ • ビジネスでは スピード が重要です。 • 多くの意思決定や⾏動はやり直すこともできるため、⼤がかりな分析や検討を 必要としません。計算されたリスク をとることも⼤切です。 Some decisions are consequential and irreversible or nearly irreversible – one-way doors – and these decisions must be made methodically, carefully, slowly, with great deliberation and consultation. If you walk through and don’t like what you see on the other side, you can’t get back to where you were before. We can call these Type 1 decisions. But most decisions aren’t like that – they are changeable, reversible – they’re two- way doors. If you’ve made a suboptimal Type 2 decision, you don’t have to live with the consequences for that long. You can reopen the door and go back through. Type 2 decisions can and should be made quickly by high judgment individuals or small groups.
  47. 技術選定や設計における One-way Door Decisions • もちろんスピードは重要だが、その中でも全体に⼤きな影響を与えるもの、 後から変更することが難しいものはちゃんと考えて決めるべし。 「本当にそれで⼤丈夫か?」 • データの置き場、将来的な活⽤⽅法

    • データベース設計 • クラウドプラットフォーム • etc... • 逆に、「それ試しにやってから後で変えることもできるよね」という 要素(=Two-way Door)では時間を使いすぎずに意思決定する • 「どうしたら Two-way Door になるか?」という思考も重要 • 「試しにやる」ハードルを下げる
  48. スタートアップがビジネスにフォーカスし、成功確率を⾼めるための考え⽅(再 •Undifferentiated heavy lifting •One-way and Two-way Door Decisions

  49. なぜこの様な話をするのか

  50. S-Curve で⾒るフェーズごとの技術要件、特性の⼀例

  51. S-Curve で⾒るフェーズごとの技術要件、特性の⼀例 スピード コスト効率 AI/ML (API) カスタマーサポート バックオフィス スケーラビリティ、安定性、可⽤性 ログ分析

    セキュリティ カスタマーエンゲージメント AI/ML (Custom) コンプライアンス
  52. S-Curve で⾒るフェーズごとの技術要件、特性の⼀例 スピード コスト効率 AI/ML (API) カスタマーサポート バックオフィス スケーラビリティ、安定性、可⽤性 ログ分析

    セキュリティ カスタマーエンゲージメント AI/ML (Custom) コンプライアンス
  53. 参考:なぜ AWS Amplify は簡単でありながらスケールするか AWS Amplify AWS AppSync 実績豊富な AWS

    のサービス
  54. スタートアップがビジネスにフォーカスする為に • Undifferentiated heavy lifting • ビジネスモデルによって何が「差別化に繋がらない重労働」であるかは異なる • スタートアップのフェーズごとの「差別化に繋がらない重労働」 •

    クラウドサービスによる解消のみならず、事例の多さも重要 • Two-Way Door と One-Way Door • 「試しにやってみる」ハードルをいかに下げるか • 異なる選択肢(=Two-Way Door)を容易に選べるようになっているか • 異なる選択肢(=Two-Way Door)を提案してくれる存在がいるか
  55. スタートアップがビジネスにフォーカスする為に • 経験 や 知識 が必要となることも多い • (そもそも AWS のサービスが多すぎて分からない)

    • 何が Undifferentiated heavy lifting であるのかの判断 • 差別化につながると思っていたことが、実はコモディティ化していた • スタートアップの成⻑において何が求められるのか分かっていない • 将来的に何が One-way Door となり得るのか • 純粋な技術の観点からだけでなく、ビジネスモデルや スタートアップの成⻑曲線をふまえて⽀援を受けたくないですか?
  56. まとめ

  57. • 世界中のスタートアップが AWS を利⽤している • なぜ世界中のスタートアップが AWS を使うのか? • 多種多様なサービス

    • セキュリティ • ⼿厚いテクニカルサポート • 活発なコミュニティ • スタートアップが技術選定の際に考えるべきこと • Undifferentiated heavy lifting • One-way and Two-way Door Decisions まとめ
  58. まとめ • スタートアップは「ビジネスにフォーカス」することが重要 • Undifferentiated heavy lifting を減らす • One-way

    or Two-way Door かの適切な判断 • Two-way Door な状況を作る • 「ビジネスにフォーカスするために何が必要か」はビジネスモデルや スタートアップのステージにも依存する • 判断が難しい場合は、VC, Accelerator そして AWS に相談
  59. Q&A

  60. Thank you © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its

    affiliates. All rights reserved.