Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CircleCI もくもく会 #12 春、Orbを作ってみよう

CircleCI もくもく会 #12 春、Orbを作ってみよう

2022/04/15開催のCircleCI もくもく会 #12 「春、Orbを作ってみよう」での使用スライドです。

More Decks by Masahiko Funaki(舟木 将彦)

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 1
    CircleCI もくもく会 #12
    春、Orbを作ってみよう
    2022年4月15日 12:00~12:50
    感想・質問ハッシュタグ -> #CircleCIJp

    View full-size slide

  2. 2
    アジェンダ
    時間 内容
    11:50- 開場(オンライン)
    12:00-12:05 オープニング
    12:05-12:35
    春、Orbを作ってみよう
    (Twitter #CircleCIJp でツイート または Zoom Chatにて)
    12:35-12:45
    質疑応答
    (Twitter #CircleCIJp でツイート または Zoom Chatにて)
    12:45-12:50 クロージング
    ※時間配分は予定なく変更の可能性があります。
    ※途中参加、途中退席も大歓迎! ゆるーく集まりましょう。チャットに入りました/出ますメッセージを残して
     いただけるとありがたいですが、必須ではないです(無理なさらずに)。
    ※昼食の時間です。飲食物の持ち込み・食べながらの参加は自由です。ただし、食べる音が大きい場合は、
     音声を一時的にミュートにしてください。

    View full-size slide

  3. 3
    CircleCIもくもく会とは
    ゆる~く集まって CircleCI をネタに
    「もくもく」する会です。
    食事や途中入退室自由、
    顔出し・お話・チャットできない
    状況ありの前提で進めましょう。

    View full-size slide

  4. 4
    舟木将彦 (@mfunaki)
    CircleCI Senior Developer Advocate。
    #CircleCIJp 中の人として、
    - Twitter (https://twitter.com/CircleCIJapan)
    Facebook (https://www.facebook.com/groups/CircleCIJP)
    - Blog (https://circleci.com/ja/blog/author/masahiko-funaki/)
    - discuss
    (https://discuss.circleci.com/tag/ja-%E6%97%A5%E6%9C%A
    C%E8%AA%9E)
    やイベント等で発言を続ける。
    Dejima(Siriの前身)でのプロダクト開発や、Sybaseでのサービス開発、
    SAPやMicrosoftでのコンサルティングを経て、
    CircleCIでは、
    「やりたいことをソフトウェアとして早く+品質高く実現する」ことをご支援さ
    せていただいております。
    Today’s MC

    View full-size slide

  5. 5
    ということで...

    View full-size slide

  6. 6
    春、Orbを作ってみよう

    View full-size slide

  7. 7
    https://qiita.com/karak/items/6f91ef0a2f69273261df https://discuss.circleci.com/t/orb/43670

    View full-size slide

  8. CI/CDで自動化って言うけれど、自分でやった方が早くね?

    View full-size slide

  9. 開発メンバーを跨いでみんなの再利用性を高める
    CI/CDの設定(コンフィグ, config.yml)を書くのは結構大変
    (CircleCI = コンピュータは人間ほど融通が効かない、つまり、人が読むための
    作業手順書よりは「ちゃんと」書かないといけない)
    → とはいえ、同じ言語や同じプラットフォームでは使い回しがきく箇所が多い
    → プロジェクトに関わる期間が長いほど、過去のノウハウが手元に蓄積されて、
     割と「サクっと」設定できる
    過去のノウハウ(うまくいった実績、ベストプラクティス
    )を、
    ● 個人の手元にではなく、みんな(社内、社外)で共有
    ● コンフィグ全体ではなく、部品として再利用可能な形で共有
    すれば、ソフトウェア開発の質と速度を今よりもう一段、アップできるのでは?

    View full-size slide

  10. 10
    Orb - 効率化+品質/セキュリティ/コンプライアンスツールとの連携
    効率化
    セキュリティ/
    コンプライアンス
    効率化
    品質
    品質/
    コンプライアンス
    効率化

    View full-size slide

  11. 今回は作ることで、
    ノウハウをほかの人と共有しよう!

    View full-size slide

  12. https://youtu.be/T9mr3LudDdQ
    https://github.com/mayoct/CCI-Hello-Orb

    View full-size slide

  13. 13
    Orbsパブリッシュに必要なCLIコマンド
    circleci namespace create ネームスペースを取得。
    vcs-typeはgithub,
    org-nameはGitHub上の組織名を指定。
    circleci orb create / --private Orbの名前を予約(*.yml不要)。
    circleci orb validate Orb定義ファイルの構文チェック。
    circleci orb publish Orbのパブリッシュ。には
    @バージョンまで指定。
    circleci orb list --private ネームスペースに属する Orbs一覧。
    circleci orb add-to-category /
    “”
    指定したOrbへのカテゴリ割り当て。

    View full-size slide

  14. 14
    今どきのOrbプロジェクト構成
    hello_generic_cmd.yml
    hello_executor.yml
    hello_tokyo.yml,
    hello_osaka.yml

    View full-size slide

  15. 15
    https://circleci.com/ja/signup/
    https://support.circleci.com/hc/ja

    View full-size slide

  16. 活用いただいているお客様+事例
    https://discuss.circleci.com/t/advent-calendar-2021-circleci/42147

    View full-size slide

  17. 17
    時は金なり
    効率は生命なり
    ハードウェアのシリコンバレー
    中国深圳では

    View full-size slide

  18. CircleCIをもっと知りたい!人に...
    最新の情報なら
    @CircleCIJapan をフォロー!
    #CircleCIJp タグつけて情報共有!
    イベント、セミナー、勉強会の情報なら
    connpassのCircleCIグループから!
    https://circleci.connpass.com/
    動画でCircleCIについて学ぶなら
    CircleCIチャンネルを登録!
    (日本語プレイリストもあり )

    View full-size slide

  19. 19
    質疑応答

    View full-size slide

  20. 20
    Thank you!
    今後のイベント情報通知を登録して自動化しよう!→
    https://circleci.connpass.com/

    View full-size slide