Introduction to software development methods for infrastructure engineer

6ed12627fec46a135f1bce5d56f3568e?s=47 nwiizo
July 06, 2019
3.7k

Introduction to software development methods for infrastructure engineer

「Battle Conference Under30」 登壇資料
https://bcu30.jp/2019/

インフラエンジニアの為のソフトウェア開発手法入門
https://bcu30.jp/2019/talk/motouchi-shuya/
ソフトウェア開発手法はインフラエンジニアには関係がないと思っている方も多いようです。しかし、ミドルウェア開発やソフトウェアによる自動化によってインフラエンジニアもコードを書く機会が増えました。本発表では、世のいくつかの開発手法やアーキテクチャに言及し、インフラエンジニアの開発がどのように変移してくのか発表します

6ed12627fec46a135f1bce5d56f3568e?s=128

nwiizo

July 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. None
  2. ⚫ ⚫ ⚫

  3. None
  4. None
  5. None
  6. ⚫ サーバーA よき管理者A XX Y分

  7. ⚫ よき管理者A サーバーA XX Y ×{台数}分 サーバーZ ・ ・ ・

  8. ⚫ よき管理者A サーバーA XX Y×{Overhead}分 O(n)ではない サーバーZ ・ ・ ・

    Infrastructure as Code Managing Servers in the Cloud
  9. ⚫ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    ・ ・ ・ ・ ・ ・
  10. ⚫ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    ・ ・ ・ ・ ・ ・
  11. ⚫ 技芸を持った職人

  12. ⚫ 技芸を持った職人軍団 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

  13. 技芸を持った職人軍団 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

  14. ⚫ 自動化したい人 SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ‐Googleの信頼性を支える エンジニアリングチーム

  15. ⚫ 自動化したい人 SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ‐Googleの信頼性を支える エンジニアリングチーム https://coreos.com/blog/introducing-operators.html

  16. ⚫ 技芸を持った職人 SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ‐Googleの信頼性を支える エンジニアリングチーム

  17. ⚫ ⚫ 技芸を持った職人 SRE サイトリライアビリティエンジニアリング ‐Googleの信頼性を支える エンジニアリングチーム

  18. None
  19. ⚫ ⚫

  20. ⚫ ⚫ ⚫ Clean Code Book by Robert Cecil Martin

  21. None
  22. None
  23. None
  24. ⚫ 口伝をするにはやはり人 挙動が変わった 引数の取り方が 変わった その機能がなくなった

  25. ⚫ 挙動が変わった 引数の取り方が 変わった その機能がなくなった

  26. ⚫ 挙動が変わった 引数の取り方が 変わった その機能がなくなった

  27. None
  28. None
  29. ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ ⚫

    ⚫ ⚫ ⚫ ⚫ https://blog.cleancoder.com/uncle-bob/2012/08/13/the-clean-architecture.html
  30. ⚫ ⚫

  31. ⚫ ⚫

  32. ⚫ 挙動が変わった 引数の取り方が 変わった その機能がなくなった 一部の変更で良い

  33. None