Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

WindowsコンテナDojo:準備編

 WindowsコンテナDojo:準備編

Windows コンテナ Dojoで利用する、
・コンテナアプリ開発環境
・コンテナアプリ実行環境
についてWindows PCをお持ちの方を前提に環境の整え方を紹介します。

マシンスペックが高いPCやMac環境において、開発環境並びに実行環境を、それぞれ仮想マシンとしてインストールすることもできます。その場合は、Hyper-Vのインストールはスキップし、既存のハードウェア仮想化環境を活用して仮想マシンを作成し、マシンAとしてWindows 10/11、マシンBとしてWindows Server 2019をインストールしてください。

E5eb221d34d4ffbe973f8542b4c3a00e?s=128

Akira Onishi (IBM)
PRO

April 25, 2022
Tweet

More Decks by Akira Onishi (IBM)

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ೔ຊΞΠɾϏʔɾΤϜגࣜձࣾ ςΫϊϩδʔࣄۀຊ෦ ΧελϚʔɾαΫηε ϓϦϯγύϧɾϚωʔδϟʔ ݉ 8JOEPXT$POUBJOFS1PSUJOH1SPHSBNਪਐϦʔμʔ େ੢ জ "LJSB0OJTIJ!JCNDPN 5XJUUFS!POJBL

     IUUQTXXXGBDFCPPLDPNBLJSBPOJTIJ IUUQTXXXMJOLFEJODPNJOPOJBL Windows コンテナ %PKP ४උฤ
  2. ࣗݾ঺հ 1SPQFSUZ 7BMVF ࢯ໊ େ੢ জ 5XJUUFS-JOLFE*O POJBL *5ۀքྺ ೥໨

    ௚ۙͷ৬ྺ Microsoft ೥ *#.೥໨ )BTI5BH ͍͍Ͷ͐੩Ԭੜ׆ ࠲ӈͷ໏ ౿·Εͯ΋ͳ্ཱ͓͕ͪΔಓͷ૲ Α͘࢖͏ٕ ೴಺ม׵Ͱࣗ෼ΛϙδςΟϒʹ IUUQTXXXGBDFCPPLDPNBLJSBPOJTIJ 'BDFCPPLʮ͓ʹ͋͘ʯͰݕࡧ
  3. "HFOEB Windowsίϯςφͷ։ൃ͔Β࣮ߦɺશମ૾ ඞཁͱͳΔ։ൃ؀ڥɺ࣮ߦ؀ڥͷηοτΞοϓ 準備編セッションのフィードバックを反映しました。 途中、2台のマシンを操作するため、 Windows OS、Hyper-Vホスト環境、コンテナアプリ開発環境 Hyper-V上の仮想マシン、Windows Server 2019の実⾏、コンテナの実⾏環境

    と表記します。 マシンA マシンB 仮想マシンの実⾏環境は、Hyper-V以外の環境(Oracle VM VirtualBox, VMware Workstationなど)を すでにお持ちの場合は、そちらをお使いください。 準備編では、Windows PC上に全ての環境を整えることを想定しています。 Mac OS上にWindows 10/11、Windows Server 2019を揃えて環境を整えられますが、 ホストするデバイスの空きリソース (CPUコア、メモリ、SSDの空き状況)にご注意ください。
  4. Windows ίϯςφ http://aka.ms/windowscontainers ೥݄ʹൃද ϗετ04 Windows Server 2016 Windows Server

    2019 Windows Server 2022 Windows 10 Windows 11
  5. コンテナレジストリ (第2回Dojo) docker hub 開発/テスト環境 (第1回/第3回Dojo) Docker Desktop for Windows

    Visual Studio 2022 ίϯςφͷ։ൃ͔Β࣮ߦ·Ͱͷશମ૾ コンテナ実⾏環境 (第2回Dojo) Windows Server 2019 マシンA: Windows 10 Pro (Enterprise) / Windows 11 Pro (Enterprise) Hyper-V イメージの公開 イメージから 展開 マシンB (仮想マシン)
  6. WindowsίϯςφΛࢼͨ͢Ίͷ४උ %PDLFS*%࡞੒ %PDLFS)VC ಈ࡞؀ڥ %PDLFS%FTLUPQGPS8JOEPXT )ZQFS7PO8JOEPXT 8JOEPXT4FSWFS ΞϓϦ։ൃ؀ڥ 7JTVBM4UVEJP システム要件

    OS: Windows 10 Pro/Windows 11 Pro RAM: 8GB以上(できれば16GB以上) CPU: SLAT(Second Level Address Translation)対応 https://docs.microsoft.com/ja-jp/virtualization/hyper- v-on-windows/reference/hyper-v-requirements
  7. %PDLFS*%ͷ࡞੒ IUUQTEPDTEPDLFSDPNEPDLFSJE https://hub.docker.com/signup へアクセス Docker ID: 4⽂字から30⽂字の半⾓英数字(記号は使えません) Email: 普段お使いのメールアドレス 他のDocker

    IDで使われていないこと Password: 最低9⽂字 I agree to … にチェック reCAPTCHAにチェック [Sign up]をクリック マシンA
  8. %PDLFS%FTLUPQͷΠϯετʔϧ IUUQTEPDTNJDSPTPGUDPNKBKQWJSUVBMJ[BUJPOXJOEPXTDPOUBJOFSTRVJDLTUBSUTFUVQFOWJSPONFOU UBCT8JOEPXTBOE https://docs.docker.com/desktop/windows/install/ へアクセス ⻘⾊の[Docker Desktop for Windows]ボタンをクリック インストーラーをダウンロードする

    WSL 2 backend のタブにある⽂書を参照しながらインストール (2022/4/24時点の情報) Visual Studioを利⽤して、 Windowsコンテナ対応アプリをデバッグ実⾏するためには Docker Desktop for Windows が必須です マシンA
  9. Windows ίϯςφΛࢼ͢ %PDLFS)VCͰASP.NETΛ୳͢ IUUQTIVCEPDLFSDPN@NJDSPTPGUEPUOFUGSBNFXPSLBTQOFU ίϚϯυϓϩϯϓτPowerShell͔Β࣮ߦ 14EPDLFSSVOOBNFBTQOFU@TBNQMF SNJUEQ NDSNJDSPTPGUDPNEPUOFUGSBNFXPSLTBNQMFTBTQOFUBQQ 14TUBSUIUUQMPDBMIPTU 初回はコンテナイメージのダウンロードと展開に

    時間がかかることに注意しましょう。 2回⽬以降は展開済みイメージを利⽤してすぐに 起動することを確認しましょう マシンA
  10. Hyper-VͷΠϯετʔϧ Windows PowerShellを開いて、コマンド実⾏が簡単です。 操作には管理者特権が必要です。ご注意ください。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/virtualization/hyper-v-on- windows/quick-start/enable-hyper-v マシンA

  11. Windows Server 2019ධՁ൛ͷऔಘ https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-server-2019 ISOを選択して次へ マシンA

  12. Hyper-V ্ʹ Windows Server ߏங IUUQTEPDTNJDSPTPGUDPNKB KQWJSUVBMJ[BUJPOIZQFSWPO XJOEPXTRVJDLTUBSUDSFBUFWJSUVBM NBDIJOFDSFBUFBWJSUVBMNBDIJOFXJUI IZQFSWNBOBHFS

    マシンB
  13. Windows Server ίϯςφػೳͷ༗ޮԽ IUUQTEPDTNJDSPTPGUDPNKB KQWJSUVBMJ[BUJPOXJOEPXTDPOUBJOFSTRVJDLTUBSUTFU VQFOWJSPONFOU UBCT8JOEPXT4FSWFS 14*OTUBMM.PEVMF/BNF%PDLFS.TGU1SPWJEFS 3FQPTJUPSZ14(BMMFSZ 'PSDF

    14*OTUBMM1BDLBHF/BNFEPDLFSr1SPWJEFS/BNF %PDLFS.TGU1SPWJEFS 143FTUBSU$PNQVUFSr'PSDF ࠶ىಈޙʹ8JOEPXTίϯςφΛಡΈࠐΈɺ࣮ߦ͠·͠ΐ͏ 14EPDLFSSVOOBNFBTQOFU@TBNQMF SNJUEQ NDSNJDSPTPGUDPNEPUOFUGSBNFXPSLTBNQMFTBTQOFUBQQ 初回はコンテナイメージのダウンロードと展開に 時間がかかることに注意しましょう。 2回⽬以降は展開済みイメージを利⽤してすぐに 起動することを確認しましょう マシンB
  14. Visual Studio 2022 ͷΠϯετʔϧ  https://visualstudio.microsoft.com/ja/ 所属企業でProfessional/Enterprise版のライセンスをお持ちの場合 利⽤可能なVisual StudioのEditionをインストールしてください 所属企業でProfessional/Enterprise版の契約がない場合

    学習⽬的に限定した形でVisual Studio Community 2022を インストールしてください お持ちのアプリをコンテナに移植(業務⽤途の利⽤)する場合は、 Professional/Enterprise Editionのライセンスを取得してください マシンA
  15. Visual Studio 2022 ͷΠϯετʔϧ  ワークロードタブで[ASP.NETとWeb開発]をチェックし、 インストールの詳細で次の3つの項⽬にチェックを⼊れて、[インストール]を実⾏してください ✅ NET Frameworkのプロジェクトと項⽬テンプレート

    ✅ .NET Framework 4.6.2-4.7.1開発ツール ✅ 追加のプロジェクトテンプレート(以前のバージョン) WindowsコンテナDojoは ASP.NETアプリのコンテナ化 までの⼊⼝を体験します マシンA
  16. コンテナレジストリ (第2回Dojo) docker hub 開発/テスト環境 (第1回/第3回Dojo) Docker Desktop for Windows

    Visual Studio 2022 ·ͱΊ コンテナ実⾏環境 (第2回Dojo) Windows Server 2019 Hyper-V イメージから 展開 イメージの公開 マシンB (仮想マシン) マシンA: Windows 10 Pro (Enterprise) / Windows 11 Pro (Enterprise)
  17. ワークショップ、セッション、および資料は、IBMまたはセッション発表者によって準備され、それぞれ独⾃の⾒解を反映したものです。それらは情報 提供の⽬的のみで提供されており、いかなる参加者に対しても法律的またはその他の指導や助⾔を意図したものではなく、またそのような結果を⽣むも のでもありません。本講演資料に含まれている情報については、完全性と正確性を期するよう努⼒しましたが、「現状のまま」提供され、明⽰または暗 ⽰にかかわらずいかなる保証も伴わないものとします。本講演資料またはその他の資料の使⽤によって、あるいはその他の関連によって、いかなる損害 が⽣じた場合も、IBMは責任を負わないものとします。 本講演資料に含まれている内容は、IBMまたはそのサプライヤーやライセンス交付者からいかな る保証または表明を引きだすことを意図したものでも、IBMソフトウェアの使⽤を規定する適⽤ライセンス契約の条項を変更することを意図したもので もなく、またそのような結果を⽣むものでもありません。 本講演資料でIBM製品、プログラム、またはサービスに⾔及していても、IBMが営業活動を⾏っているすべての国でそれらが使⽤可能であることを暗⽰ するものではありません。本講演資料で⾔及している製品リリース⽇付や製品機能は、市場機会またはその他の要因に基づいてIBM独⾃の決定権をもっ

    ていつでも変更できるものとし、いかなる⽅法においても将来の製品または機能が使⽤可能になると確約することを意図したものではありません。本講 演資料に含まれている内容は、参加者が開始する活動によって特定の販売、売上⾼の向上、またはその他の結果が⽣じると述べる、または暗⽰すること を意図したものでも、またそのような結果を⽣むものでもありません。 パフォーマンスは、管理された環境において標準的なIBMベンチマークを使⽤し た測定と予測に基づいています。ユーザーが経験する実際のスループットやパフォーマンスは、ユーザーのジョブ・ストリームにおけるマルチプログラ ミングの量、⼊出⼒構成、ストレージ構成、および処理されるワークロードなどの考慮事項を含む、数多くの要因に応じて変化します。したがって、 個々のユーザーがここで述べられているものと同様の結果を得られると確約するものではありません。 記述されているすべてのお客様事例は、それらのお客様がどのようにIBM製品を使⽤したか、またそれらのお客様が達成した結果の実例として⽰された ものです。実際の環境コストおよびパフォーマンス特性は、お客様ごとに異なる場合があります。 IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Cloud Paksは、 世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他 の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、 www.ibm.com/legal/copytrade.shtmlをご覧ください。 Microsoft, Windows, Windows Server, .NET Framework, .NET, .NET Coreは、Microsoft Corporationの商標または登録商標です。