CallForCade2020 in Japanese

9ea422a61c1a69c888786830eee3dbe6?s=47 osonoi
April 17, 2020
120

CallForCade2020 in Japanese

9ea422a61c1a69c888786830eee3dbe6?s=128

osonoi

April 17, 2020
Tweet

Transcript

  1. Call for Code 2020 IBM Developer Advocacy Developer Advocate ⼩薗井

    康志 (Yasushi Osonoi) @osonoi オープンソーステクノロジーを活⽤した 「気候変動」と「COVID-19」対策 〜アプリ開発コンテスト〜 2020年4月17日版
  2. Call for Codeグローバル・チャレンジ2020 さらなるモメンタムの増⼤ • 210,000+ デベロッパー、データサイエンティスト • 165+ 参加国

    • 8,000+ 以上のIBM Cloud基盤のアプリケーション構築 Call for Code Founding Partner Call for Code Creator Call for Code Affiliate Call for Code Charitable Partner 2020年は、国連75周年記念 グローバルテーマに沿った [気候変動] ・⽔の持続性 ・エネルギーの持続性 ・災害復興 および、 [COVID-19] に重点 参加メリット • グローバル最優秀賞 $200,000 USD 賞⾦ • The Linux Foundationによるオープソースサポート • IBM Code and Response によるソリューションの実装 • メンターや投資家の紹介 https://www.unenvironment.org/news-and-stories/story/un75-un-environment-programmes-leader-shares-three-actions-save-world
  3. なぜ 今、Call for Code に参加する必要があるのか • テクノロジーを使った世界を変⾰する活動への貢献 • 社会の最も差し迫った問題への備えと取り組み •

    技術者が最先端の技術について学ぶことを⽀援 #CallforCode
  4. Call for Code への取り組み 2018年 IBMは3,000万ドル投資し、パートナー団体とともに5年に渡る⽀援をコミット アプリ開発者、ITエンジニア、誰でも参加可能 AI、データ、ブロックチェーンなど、IBM Cloud を活⽤

    オープンソースのテクノロジーを活⽤ #CallforCode
  5. 全世界での実績 参加数 18万⼈+ 参加国 165 応募作品数 5,000+ CALL FOR CODE

    2019 2019年 ⽇本でも 各地でイベント開催や 技術⽀援を実施
  6. Call for Code 2019 最優秀賞ソリューション Prometeo (Europe) 煙と有害物質から消防⼠の健康状態を守るためのIoTソリューション 採⽤した技術: Node-RED,

    Watson Machine Learning, Kubernetes Cluster #CallforCode https://developer.ibm.com/callforcode/blogs/call-for-code-2019-finalist-prometeo/
  7. クラウド、データ、⼈⼯知能、およびブロックチェーンを通じた世界的な広がり AsTeR ヨーロッパ 緊急コール・センターのコール急増時、⾳ 声録⾳に基づいて⾃動的に緊急レベルの優 先順位を判定 採⽤した技術: Foundry Python, Natural

    Language Understanding, Speech to Text Sparrow Platform アジア 災害時および災害後の医学的な健康と 精神的な健康の状態をAIで解決 採用した技術: Cloud Foundry, Cloud Functions Healios アメリカ ⼼に傷を負った⽣存者にとケース ワーカーを引き合わせ、メンタルヘ ルスケアを提供 採⽤した技術: Watson Assistant, Natural Language Understanding, Watson Speech to Text Rove アメリカ 被災者が⾃分の状況、健康状態など をチャットボットで報告し救助隊員 の活動と連携 採用した技術: Cloud Foundry, Watson Studio, Natural Language Understanding グローバルトップソリューション #CallforCode https://developer.ibm.com/jp/callforcode/projects/
  8. Call for Code 2019 Japan Top Solution ⽇本からの応募作品から選出された3チーム • KOUDOU

    flow 慶應義塾⼤学リーディングプログラム • Prevent the Outbreak of Infection • Blooming - Everybody Smiles More Code for AICHI #CallforCode https://developer.ibm.com/jp/callforcode/projects/
  9. Call for Code グローバル・チャレンジ 2020 テーマは「気候変動」 および「COVID-19」

  10. 10 Dr. Tedros Adhanom Ghebreyesus WHO Director-General COVID-19 は、⼈々の健康、⽣活、そして存在 そのものを危うくする存在です。

    2020年の Call for Code グローバル・チャレンジ では、気候変動に加えてCOVID-19との闘いにも 取り組んでいます。 私たちの時代の最も差し迫った社会問題に取り組む
  11. 2020 Call for Code グローバル・チャレンジ 今回のテーマは「気候変動」と「COVID-19」 • グローバル規模のアプリ開発コンペティション • 「⼀般向け*」と「IBMer向け」に開催

    5/5 (⽕) IBM Think COVID-19 Top3発表 4/27 (⽉) 審査期間 8〜9⽉ 10⽉ 最優秀賞 チーム発表 6/30 (⽕) IBMer 応募受付 締切 7/31 (⾦) ⼀般 応募受付 締切 * IBM Corporationとその法⼈、それらが所有する⼦会社の51%以上および、 Red Hat Inc.とそのすべての⼦会社は「⼀般向け」Call for Code 2020には 参加できませんのでご注意ください。 ⼀般 COVID-19 早期締切 #CallforCode
  12. #CallforCode 【参加条件】 Ø参加者について • 18歳以上のデベロッパー、デザイナー、起業家、どなたでも • 参加チームは1名から最⼤5名まで • 個⼈の複数チームへの参加は不可 Ø応募作品について

    • IBM CloudまたはIBM Systems を活⽤し、動作していること -使⽤されるプログラミング⾔語、オープンソースライブラリーに制限はありません -受賞チームは作品提出後にコードレビューの対象となります ▪ Call for Code Global Challenge 2020 PARTICIPATION AGREEMENT (参加契約) https://callforcode.org/wp-content/uploads/2020/03/2020-Call-for-Code-Participation-Agreement-v1.0.pdf
  13. #CallforCode 【審査基準】 作品は以下4つの観点から評価・採点されます Ø Completeness and transferability アイディアはどの程度実装されているか︖実際に現場で使えるものか︖ 別の場所に移すことはできるか︖ Ø

    Effectiveness and efficiency 優先度の⾼い領域に対応しているか︖効果的かつ効率的に⽬的を達成 しているか︖スケールするか︖ Ø Design and usability ソリューションのデザイン、ユーザー体験、使いやすさは優れているか︖ すぐに使⽤できるものか︖ Ø Creativity and innovation ⻑年の、扱いにくい問題を、独創性のあるアプローチで解決しているか︖
  14. #CallforCode 【賞品】(1) グローバル最優秀賞チームには以下のAwardが贈られます Ø USD200,000(約2,100万円相当)の賞⾦ Ø Call for Code Global

    Prizeイベントへのご招待 Ø ベンチャーキャピタリストを紹介し、アイデアへの投資と起業の機会を提供 Ø Code and Response イニシアティブによるサポート IBM Corporate Services Corpsチームと共にソリューションを展開する機会 The Linux Foundationからの⻑期的なオープン・ソース・プロジェクトのサポート
  15. #CallforCode 【賞品】(2) 優秀賞、準優秀賞チームには以下のAwardが贈られます Ø $25,000(275万円相当)の賞⾦ Ø Call for Code Global

    Prizeイベントへのご招待 Ø Code and Response イニシアティブによるサポート IBM Corporate Services Corpsチームと共にソリューションを展開する機会 The Linux Foundationからの⻑期的なオープン・ソース・プロジェクトのサポート 4位、5位には以下のAwardが贈られます Ø $10,000(110万円相当)の賞⾦ Ø Code and Response イニシアティブによるサポート IBM Corporate Services Corpsチームと共にソリューションを展開する機会 The Linux Foundationからの⻑期的なオープン・ソース・プロジェクトのサポート
  16. リモート教育 (Remote education) テクノロジー例: • Virtual classrooms • Digital courses

    インタラクティブな オンライン教育の実現化 コミュニケーション (Crisis Communication) テクノロジー例: • Chatbots • SMS コミュニティのパニックを 緩和し、適切なガイダンスの 提供を⽀援 コミュニティ (Community cooperation) テクノロジー例: • Weather data • Supply chain data コミュニティ連携しながら リソース管理などを⽀援 COVID-19 すぐに始められる サンプルコード ▪ COVID-19 Starter kits (Apache-2.0) https://developer.ibm.com/callforcode/getstarted/covid-19/
  17. ⽔の継続性 (Water sustainability) 技術が対処できるもの • ⽔の量 • ⽔の質 個⼈および世界規模で ⽀援するためのデータ

    サイエンスおよびオープン ソースプラットフォームの 活⽤ エネルギーの継続性 (Energy sustainability) 活⽤できるテクノロジー例 • AI • IoT データを活⽤し、 エネルギー消費を特定 することで軽減 災害からの回復機能 (Disaster resiliency) 技術で改善できるもの • 有毒の軽減 • 事前対策の改善 機械学習機能を備えた ハードウェアおよびソフト ウェアのソリューションの 開発 気候変動 (Climate Change) すぐに始められる サンプルコード ▪ 気候変動 Starter kits (Apache-2.0) https://developer.ibm.com/callforcode/getstarted/climate-change/
  18. Call for Code は、 未来に繋がる糧となる

  19. Code and Response - IBMの取り組み Projects that are improving FR

    and NFR • Provide hardware, software, branding, user experience expertise to ensure that technology solutions are robust and powerful • Connect developers with end users, such as public and private beneficiaries and subject matter experts to ensure their innovation matters • Example exit criteria: • Key functional and non-functional requirements are met. • A test plan for how it can be deployed is created. • Funding is officially provided in order to carry out late-stage tests. • It's common to iterate between the Fortify and Test phases as the solution is hardened and ready to leave the Test phase. ソリューション強化 Projects that are engaged with partners • Validate the solutions in areas of need to ensure that the technology solution meets the requirements of a communities of greatest need • Provide input to guide the improvement of the solutions based on our cloud, data, AI, blockchain and additional expertise • Example exit criteria: • Solution has been validated by a CAR partner or independent third-party to be effective. • Or, there can be a business agreement signed with a beneficiary organization. 検証試験 Early stage projects, fresh off event wins • Establish competition frameworks that inspire developers and students to develop solutions to the world’s greatest challenges • Provide open source code, community, and culture to ensure that participants have success with our products and services • Example exit criteria: • Idea has won a competition such as Call for Code or a CGIU event and scores fairly well against the 4 judging criteria. • The solution may vary in its degree of completeness but should be feasible in the short term. ソリューション構築 Projects that are nearing “graduation” • Drive solutions to their first commercial success through connection with mentorship, funding, and sustainable sources of revenue • Establish meaningful milestones, ensure that intellectual property is created and protected, and that IBM, its employees, and customers benefit • Example exit criteria: • The solution has been put to work in a real situation for the beneficiary organization. • A second validation executed or customer is acquired. • Joint patent applications are filed. • IBM funding is no longer required. Either a business is self-sufficient or other investments are sustaining the project. 社会実装準備 Call for Code アイディア創造 Code and Response インキュベーション ベンチャー資⾦ 市場開拓 社会実装に向けた準備を⽀援
  20. callforcode.org ⽇本語情報 https://ibm.biz/c4cjapan ⽇本語 English #CallforCode

  21. Slackで最新情報発信中 https://speakerdeck.com/ayatokura/call-for-code-slack 日本語チャンネルあります

  22. 本イベントのアンケートご協⼒のお願い https://app.sli.do/event/lfnxdiv5

  23. Q & A

  24. callforcode.org ⽇本語情報 https://ibm.biz/c4cjapan ⽇本語 English #CallforCode