$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

primeNumber 会社説明資料/primeNumber-introduction

primeNumber広報
September 27, 2021
13k

primeNumber 会社説明資料/primeNumber-introduction

求職者の方に向けた、primeNumberの会社説明資料です。
応募は下記ページから
https://primenumber.co.jp/recruit/

最終更新日:2022/11/11

primeNumber広報

September 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. 会社説明資料 株式会社primeNumber 2022年11月

  2. 会社概要 01. 組織 02. 事業説明 03. 働き方 04. AGENDA 目次

    採用 05.
  3. 会社概要

  4. ©primeNumber Inc. primeNumberの定義・創業背景 4 プロフェッショナルで個性的な素数のようなメンバーと共に、 未知を恐れず新しい価値を生み出そうという想いのもと、 創業しました。 = 素数

  5. ©primeNumber Inc. 私たちのビジョン あらゆるデータを、 ビジネスの力に変える。 5 primeNumberは、データテクノロジーカンパニー。 あらゆるデータが爆発的に増えていく時代に、 誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、 データ活用までのプロセスを最適化。

    高度なテクノロジーと独自のアイデアで、世界中のビジネスを支援します。
  6. ©primeNumber Inc. 8 Elements primeNumberの基盤となる価値観を言語化したものが「8 Elements」です。 6 Coprime 私たちは、一人ひとりが異なる存在。 圧倒的な個の力を強く融合させながら、

    まだどこにもない、新しい価値を創る。 価値を返す ユーザーに対して、チームに対して、 その仕事は価値を返せているか。相手の想像を超えているか。 方法論に囚われず、価値を生み出すことが最低条件。 合理志向 つねに合理的で、創造的。すばやく決めて、まずやってみる。 最新のテクノロジーとエンジニアスピリットを核に、 世界中のエンジニアを惹きつける組織であり続ける。 課題を起点に 私たちは、製品の開発者であると同時に、 つねに一人のユーザーであり続ける。 自らユーザーとなって課題を探りながら、 開発者として信じる価値を世の中に提示する。 対話を力に オープンに多様な視点を求め、 建設的な思考を積み上げていく。 議論は、酸素。 そこに上下の壁はなく、あるのはお互いへのリスペクトのみ。 プロダクトを信じる 自分たちが熱中できるものをつくる。 変化を恐れずに、改良と拡張を続けることで、 人々の想像を超えていく。 挑戦を楽しむ つねに楽しむ気持ちを忘れない。 働いているようで、そう感じない 挑戦を楽しめる環境を、自ら作り出す。 良心に問いかける 原理。合理。倫理。私たちは、理で動く。 私欲に走ることなく、誰に対してもフェアな行いを。 ビジネスの成長は、価値と信用を積み重ねた先にある。 8 Elements
  7. 会社名 株式会社primeNumber 代表取締役CEO 田邊 雄樹 メンバー 47名 創業 2015年11月 資本金

    14.2億円(資本準備金含む) ※2019年7月シリーズAラウンド資金調達 ※2021年12月シリーズBラウンド資金調達 Office 東京都品川区上大崎三丁目1番1号 JR東急目黒ビル5F
  8. ©primeNumber Inc. データテクノロジー市場の成長性 世界中でデータが増え続けると共に、データテクノロジー市場も拡大することが見込まれます。 8 ※Data Age 2025, Sponsored by

    Seagate with data from IDC Global Datasphere, Nov 2018 https://www.i-scoop.eu/big-data-action-value-context/data-age-2025-datasphere/
  9. ©primeNumber Inc. 会社の沿革 9 メンバーも大幅に増えており、オフィス移転や新サービスリリース、資金調達、Forbes選出、 海外展開スタートなどを経て、順調に事業も拡大しています。 メンバー FY 2016 2017

    2018 2019 2020 2021 2024 2023 2022 横浜で創業 systemNリリース trocco®リリース シリーズAラウンドと して総額約1.3億円の 資金調達を実施 Forbes 30 Under 30 Asia 2020に現CIOが 選出 ソリューションサービ ス開始 中目黒にオフィス開設 目黒にオフィス移転 目黒オフィス増床 3名 5名 6名 9名 16名 21名 データエンジニア向け コミュニティ立ち上げ シリーズBラウンドと して総額約13億円の資 金調達を実施 trocco®海外展開ス タート Mizuho Innovation Award 受賞 46名 47名 オフィス移転
  10. ©primeNumber Inc. 今後の事業戦略 10 メンバーは2024年度には130名近くまで増員し、8 Elementsな組織を拡大していきたいと考えております。 また、2024年度以降の新規事業立ち上げやIPOなどに向けて、現在準備を進めています。 新規事業 / IPO

    メンバー FY 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2024 2023 2022 3名 5名 6名 9名 16名 21名 国内約130名までに増員し 8Elementsな組織の拡大を図る 46名 47名 2025
  11. ©primeNumber Inc. テクノロジーパートナーシップ例 11 Google・AWS・Salesforce等から、 テクノロジーパートナーとして 認証を受けています。

  12. ©primeNumber Inc. メディア露出例 12 日経新聞やZDNet Japan等、ビジネス・IT系メディアでの露出もあります。

  13. ©primeNumber Inc. Data Engineering Studyという国内最大級のデータエンジニア向けコミュニティを運営しています。 13 2020年7月に立ち上がった、国内最大級の データエンジニア向けコミュニティ 2022年10月16日開催の#16までに、のべ1万人以上が参加 実務能力の高い界隈の有識者をお招きし、

    各回テーマについて発表・議論 Twitterハッシュタグ「#DataEngineeringStudy」 運営コミュニティ
  14. ©primeNumber Inc. 14 産学連携の取り組み 「データサイエンス分野の発展」と「『あらゆるデータを、ビジネスの力に』という世界観の実現」を目指し 大学との連携も行っております。 株式会社primeNumber 代表取締役CEO 田邊 雄樹

    株式会社primeNumberと横浜市立大学が データサイエンス分野の人材育成や共同研究で連携協定を締結 公立大学法人横浜市立大学 理事長 小山内 いづ美様 横浜国立大学とprimeNumber社、データサイエンス 教育プログラム開発を開始、共同研究の契約を締結 右:横浜国立大学 学長補佐・国際社会科学研究院 教授 田名部元成様
  15. 組織

  16. ©primeNumber Inc. 経営陣 16 取締役執行役員 CPO 小林 寛和 元(株)リブセンス エンジニア

    取締役執行役員 CIO 山本 健太 元(株)プラットフォーム・ワン DSP開発 リーダー 代表取締役 CEO 田邊 雄樹 元(株)日本総合研究所、元(株)プラット フォーム・ワン 常務執行役員CPO 執行役員 新井 崇志 元(株)日本総合研究所、元日本オラクル (株)、 (株) セールスフォース・ドットコ ム 取締役執行役員CTO 鈴木 健太 元(株)リブセンス エンジニア 社外取締役 小島 英揮 Still Day One代表・元AWSマーケティン グ本部長 経営企画顧問 長越 誠 世界銀行 投融資担当官、元Goldman Sachs Group, Inc., 米国公認会計士 社外監査役/公認会計士 岡田 雅史 合同会社 WIZM(ウィズエム)代表社員 CEO 常勤監査役 丸山 洋子 元監査法人トーマツ、元外務省、 公認会計士・中小企業診断士 執行役員 吉村 典子 元イーソリューションズ(株)執行役員CFO 管理部長
  17. ©primeNumber Inc. 数字で見るprimeNumber 17 エンジニアやカスタマーサクセスが多く、平均年齢は30代前半です。 19% 26% 6% 9% 9%

    6% 4% エンジニアリング本部 カスタマーサクセス 本部※ ソリューション本部 プロダクト本部 マーケティング 本部 CEO office 30% 20代 57% 30代 11% 40代 年代 職種 平均32.9歳 その他 ※いわゆる営業メンバーも含みます。創業来、営業という言葉の使用を控えているためです。 11% コーポレート オペレーション 本部 2% 50代 11% ビジネス開発 本部※
  18. ©primeNumber Inc. 会社の雰囲気 18 全体MTGの様子 コロナ禍では、オンラインで開発合宿を行いまし た リモートワークにも慣れており、猫も仕事に参加

  19. 事業説明

  20. ©primeNumber Inc. 提供サービス primeNumberは、 データエンジニアリングにフォーカスを当てた サービスを提供しています。 20

  21. ©primeNumber Inc. データエンジニアリング・データ分析基盤とは 21 データをビジネスに活用するまでに必要となるステップの内、データの統合・蓄積・可視化を行うための技術が「データエン ジニアリング」、それを行うためのインフラが「データ分析基盤」です。 この3ステップを… 行う技術 = データエンジニアリング

    行うためのインフラ = データ分析基盤
  22. ©primeNumber Inc. たとえば: 22 チャネルごとのコストと ビジネス効果を正確に把握する マーケティング ダッシュボード データ分析基盤を構築すると、下記のようなダッシュボードでデータを見ることができるようになります。

  23. ©primeNumber Inc. たとえば: 23 活動に伴う成果や ボトルネックをモニタリングする セールス活動分析 ダッシュボード データ分析基盤を構築すると、下記のようなダッシュボードでデータを見ることができるようになります。

  24. ©primeNumber Inc. trocco®概要 24 trocco®とは、データ統合を自動化し、データエンジニアリングにかかる工数を削減するSaaSです。 「データ統合」を自動化し、データエンジニアリングにかかる工数を削減

  25. ©primeNumber Inc. 25 trocco®統合イメージ 例えば転送元にあるデータを、trocco®でDWHやBIツールに統合することで、データを蓄積したり、可視化したりすることが できます。

  26. ©primeNumber Inc. 26 trocco®が自動化するデータ統合工程 データ統合は工程が多く手間のかかる作業ですが、その大半を自動化するため、trocco®は様々な機能・サポートを提供します。 業務・サービス 要件確認 データソース仕様 調査・学習 データソース選定

    (入力テーブル・ファイル・API等) 各カラム内容・ 仕様確認 サンプルチェック 認証情報取得 セキュリティ・ パフォーマンス要件確認 出力結果・エラーなど 通知監視 ETLシステム 設計・開発・検証 サーバーなど環境構築 実行 ジョブ実装・ スケジューリング 分析データマート生成 サーバーメンテナンス 出力データ確認 (異常検知) BIなどのデータ更新 ETLメンテナンス (APIバージョンアップ・列追加など) 統合後データ活用 オリジナルワークフロー機能を提供 セキュアでスケーラブルな 環境を標準提供 CSによる エラーハンドリングサポート 高水準のSLAを提供 自動更新・自動スキーマ追従 Googleアカウントなどによる 簡単・セキュアな認証 データ統合の工程詳細 trocco®が自動化できる工程
  27. ©primeNumber Inc. 27 trocco®の効果 trocco®は、データ統合にかかる時間のうち 90%以上を削減することができます。 運用保守 960h 初期開発 480h

    自前開発時 trocco®ご利用時 運用保守 60h 初期開発 5h 90%以上カット
  28. ©primeNumber Inc. 28 trocco®利用企業例 規模や業界を問わず200社以上の企業にご利用いただいております。

  29. ©primeNumber Inc. trocco®事例(1/3) 29 タクシーアプリ「GO」を運営する株式会社Mobility Technologiesでは、trocco®を使用し、データ分析基盤の運用コストや転送 時間の半減、開発や教育にかかるコストの削減に成功しました。 株式会社Mobility Technologies 導入企業

    国内最大のタクシー配車アプリ「GO」を運営 導入前 大手ツールベンダーのデータ分析基盤を導入・利用していた 課題①:データ量の増加に伴い、利用料金も増加していた 課題②:分析作業に時間を割きたいと思いつつも、数少ないメンバーで構成される分析チー ムは運用(トラブル対応やデータ管理など)で常に手一杯な状態 導入後 trocco®導入後、データ分析基盤の運用コストが半分に 本番運用開始後は、データ統合に関連したエラーは発生せず 加えて、データ転送の時間が半減、開発や教育のコストも下げられた お客様の声 ・好きなサービスと組み合わせられる自由度の高さは、trocco®一番の恩恵 ・運用サポートも迅速かつ手厚い ・まるでデータエンジニアが同じ部署に加わったかのよう この事例は以下の記事で読むことができます。 https://blog.trocco.io/interviews/japantaxi
  30. ©primeNumber Inc. trocco®事例(2/3) 30 株式会社メルカリでは、trocco®導入後、メルペイ営業のインセンティブ設計を見直すことで、営業効率を30%アップさせるこ とに成功しました。 株式会社メルカリ フリマアプリ「メルカリ」やスマホ決済サービス「メルペイ」を 提供・運営 導入前

    課題①:決済サービス(メルペイ)の営業活動では、営業担当ごとの成約店舗数が活動の基 準となっており、実際に企業売上に寄与する決済額が営業成績やKPIに反映されていなかった 課題②:課題①解決のためには、顧客情報と決済情報などのデータを紐づけた可視化が必要 だったが、異なるシステム上に各データが格納されていたため、システム部門を巻き込んだ 開発作業が必須。エンジニアの人手不足から、対応に手が回っていなかった 導入後 trocco®導入後、インセンティブ設計見直しにより営業効率30%UP trocco®導入後は、システム部門やエンジニアを経由せずに業務部門側のみで必要データの紐 づけや見える化が可能に メルペイ導入後の各店舗決済額を見える化したことで、営業担当は成約店舗数ではなく導入 後の決済額最大化を意識するようになり、営業活動の考え方や行動が変化した この事例は以下の記事で読むことができます。 https://blog.trocco.io/interviews/mercari 導入企業
  31. ©primeNumber Inc. trocco®事例(3/3) 31 ソフトウェアの品質保証とテストを専門にする株式会社SHIFTでは、trocco®導入後、課題を解決し集計速度の向上・リピート 率20%UPを実現しました。 株式会社SHIFT ソフトウェアの品質保証とテストを専門に、5年間で 連結売上高を約9倍に伸ばす 導入前

    各部署やプロジェクト単位でエクセルに入力された収支見込みを元に会社全体の 粗利を管理 経営陣が日次ベースで粗利を把握するために、現場では毎日のデータ入力が必要となってい たが、企業規模の拡大に伴うプロジェクト件数の増加でエクセルによる集計は限界を迎えて いた 導入後 trocco®導入後、課題を解決し集計速度の向上・リピート率20%UPを実現 米セールスフォース・ドットコムが提供する営業支援ツール Salesforce などの業務システム から必要なデータをtrocco®で抽出して変換することで現場は毎日のエクセル入力作業から開 放 経営陣や現場従業員が情報システム部へデータ抽出依頼をしなくとも Google BigQuery から BI ツール に表示されるデータを自ら閲覧できるようになり、売上増減の原因を迅速に把握可能 に お客様の声 ・必要なデータが見やすくなった ・自分でデータを入力する手間が省け、その分を顧客対応に割けるように なった この事例は以下の記事で読むことができます。 https://blog.trocco.io/interviews/shift 導入企業
  32. ©primeNumber Inc. 32 Solution概要 ソリューションサービスでは、データをビジネスに活用するまでの全てのステップ、 および必要に応じて周辺領域のアプリケーション開発まで、フルサポートします。

  33. ©primeNumber Inc. 33 データ活用ワークショップ概要 ソリューションサービスの一環として、非ITエンジニアのデータ活用能力を育成する「データ活用ワークショップ」を 提供しています 対象者 営業やマーケティング 、事業企画など、各種データ活用を行う部門の担当者様で非ITエンジニアの方 データを活用するまでの以下6ステップを受講者自身が理解し、実行できるように育成

    目的
  34. ©primeNumber Inc. 34 データ活用ワークショップ スケジュール例 企業や受講者の状況・ 使用ツールに合わせて 講義の内容をカスタマイズ

  35. 働き方

  36. ©primeNumber Inc. 36 オフィスの雰囲気 目黒駅直結のビル。全体の延べ床面積のうち半分がコミュニケーションスペースになっています バーカウンターを設置

  37. ©primeNumber Inc. 37 メンバーのスケジュール例 フレックス制(コアタイム11:00 – 16:00)を利用し、それぞれのスタイルに合わせて出勤時間を決めています。 09:00 出社、読書、メールチェック 09:30

    出社・オフィスファシリティ関係の対応 09:30 セミナー準備、登壇資料の最終チェック 10:00 メールチェック 10:30 HR関係の対応 11:00 Webinar登壇 13:00 社内打ち合わせ 13:00 お客様、社内エンジニア、パートナー企業様 とのWeb会議 14:00 PR関係の対応 15:00 総務関係の対応 16:00 事務作業 18:00 HR関係の対応 18:30 業務終了 17:00 提案/契約書類作成、メールチェック 18:00 翌日の準備などが終わり次第業務終了 カスタマーサクセス本部 エンジニアリング本部 コーポレートコミュニケーションチーム 10:00 10:15 13:00 15:00 16:00 19:00 出社、今日の作業予定の整理 開発 開発 週次定例や設計などに関するミーティング 開発 業務終了 フレックス制を利用して自由に出勤時間を設定 残業時間は少なめ
  38. ©primeNumber Inc. 38 primeNumberの制度 コアタイム制度(11:00-16:00) 8時に出勤、17時に退社して、子供のお迎えに行く子育てメンバーもいま す。 リモートワーク制度(週中2日まで) 全メンバーが実際にリモートワークを行なっています。 入社当日に有給休暇を付与

    15日間と多めに付与されます。 業務関連書籍・スポーツジム費用全額負担 メンバーの健康を考えて、スポーツジム費用も全額負担。 毎月末金曜日、懇親会開催 コロナ禍では開催を控えています。 水・お菓子・ビールが無料 ポテトチップスやグミ等、様々なお菓子があります。 基本的な福利厚生のほか、エンジニアが働きやすいよう環境整備をしています。 各種社会保険完備 / 交通費全額支給 / エンジニアリング従事者への希望のノートPC貸与 / 服装自由 / デュアルディスプレイ希望者貸与
  39. 採用

  40. ©primeNumber Inc. 40 primeNumberに入社するメリット 会社の成長性 魅力的なメンバー 裁量権の大きさ 独自性の高い自社開発プロダクト データテクノロジー市場の拡大とともに、primeNumberも大きく成長しています。 primeNumberは2015年に設立しましたが、2021年にはシリーズBラウンドとして総額約13億円の資金調達を実施していま

    す。過去2年間で人員は2倍以上、顧客数は10倍以上に拡大。 海外進出やIPOも見据えており、今後一層スケールアップしていきます。 米誌フォーブスの「30 Under 30」にも選出されたCIOをはじめとし、個性的かつ能力の高いメンバーが揃っています。 開発パートナーとして働き始め、メンバーの魅力を実感したため、正社員になったという声も多くあがっています。 メンバーそれぞれが異なる得意領域を持っているため、自身の考えで仕事を進めることができます。 また、メンバー数が少ないため、一人ひとりが会社の経営に与えるインパクトが大きいです。 trocco®のようにデータ統合を自動化し、データエンジニアの工数を創出するSaaSは国内で数少なく、独自性の高いプ ロダクトです。今後データ転送量が拡大し、市場も拡大していく中で、他企業もデータ統合サービスの提供に注力して くる可能性もありますが、trocco®はリーディングカンパニーとして強みを発揮することが可能です。
  41. ©primeNumber Inc. どのような人と働きたいか 8 Elements に共感し、目指す世界を一緒に創る仲間を募集しています。 41 Coprime 私たちは、一人ひとりが異なる存在。 圧倒的な個の力を強く融合させながら、

    まだどこにもない、新しい価値を創る。 価値を返す ユーザーに対して、チームに対して、 その仕事は価値を返せているか。相手の想像を超えているか。 方法論に囚われず、価値を生み出すことが最低条件。 合理志向 つねに合理的で、創造的。すばやく決めて、まずやってみる。 最新のテクノロジーとエンジニアスピリットを核に、 世界中のエンジニアを惹きつける組織であり続ける。 課題を起点に 私たちは、製品の開発者であると同時に、 つねに一人のユーザーであり続ける。 自らユーザーとなって課題を探りながら、 開発者として信じる価値を世の中に提示する。 対話を力に オープンに多様な視点を求め、 建設的な思考を積み上げていく。 議論は、酸素。 そこに上下の壁はなく、あるのはお互いへのリスペクトのみ。 プロダクトを信じる 自分たちが熱中できるものをつくる。 変化を恐れずに、改良と拡張を続けることで、 人々の想像を超えていく。 挑戦を楽しむ つねに楽しむ気持ちを忘れない。 働いているようで、そう感じない 挑戦を楽しめる環境を、自ら作り出す。 良心に問いかける 原理。合理。倫理。私たちは、理で動く。 私欲に走ることなく、誰に対してもフェアな行いを。 ビジネスの成長は、価値と信用を積み重ねた先にある。 8 Elements
  42. None