Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

Dynamic Feature Modules 入門

Dynamic Feature Modules 入門

umeda.apk #4 で発表した、Dynamic Feature Modulesについての資料です

4f31137c606d3d1c06d0d86fc7fd4bdd?s=128

punchdrunker

June 07, 2018
Tweet

Transcript

  1. Dynamic Feature Module を使ってみた @punchdrunker

  2. 自己紹介 • @punchdrunker / 七尾 貴史 • 普段は、Android > iOS

    > Rails • 株式会社ミクシィで、 みてねというアプリを作っています • DroidKaigiでも働いてます • shibuya.apkではライブ配信係
  3. 今日話すこと Android App Bundleの中の目玉機能の1つである、Dynamic Feature Modulesを 使ったアプリを実際にリリースして、どのような使い心地になるかを体験してみようという お話しです。 aabの作り方とか、その他の詳しい話は割愛します。 前回の里山さんの資料に色々まとまっています。

    https://www.slideshare.net/nsface/app-bundle
  4. Android App Bundle概要 アプリをいままでよりスマートに配信する事が出来る機能群の総称 • Multiple APKの代替(何らかの理由で端末別にapkを用意できる仕組み) • APKサイズの最適化(aab) •

    必要になった時に追加でモジュールをインストールできる ◦ Dynamic Feature Moduleとしてベータ公開中 • アプリをインストールしていなくてもモジュール単位で利用可能になる ◦ instant enableとして近日公開予定 (AndroidStudio 3.2 RC14以降でしか使えない)
  5. aabの構造

  6. 今日のテーマ

  7. Dynamic Feature Module? アプリのインストール後に、必要になった時に機能やリソースを事後的にインストール (Dynamic Delivery)する事ができる仕組みのこと。 一部の端末やユーザー向けのものはアプリインストール後に必要になったときにインス トールできるようにする事で、その機能が必要の無いユーザーに対してはストレージ使 用量を抑えられる。 また回線速度に依存するが、モジュールのインストールには数秒以上かかると思った方

    がよい。 必要なくなったらuninstallすることも出来る。
  8. Dynamic Feature Moduleの使い道 - 有料コンテンツやプレミアム機能 - 有料登録時にインストールできれば良い - ゲームのステージ情報 -

    ステージが進んだ時にインストールすれば良い - とにかく大きな画像などのリソースをたまに使う - 必要だとわかったらインストールすれば良い - 利用者が少なく、ある程度分離された機能 - 他サービスとの連携する機能など (あくまで自分の妄想です)
  9. どんな対応が必要か • play coreライブラリを利用 ◦ com.google.android.play.core.splitinstall.* • SplitInstallManager を使って、利用可能なモジュールの確認やインストールを行う ◦

    確認: SplitInstallManager.getInstalledModules() ◦ 追加: SplitInstallManager.startInstall(module) ◦ 削除: SplitInstallManager.deferredUninstall(modules) • インストール完了したら(SplitInstallStateUpdatedListener)、使うだけ ◦ パッケージ名を指定して、startActivity()やcreatePackageContext()するだけ
  10. デモ 1. 設定アプリでhochoアプリのストレージ使用量を確認 2. hochoアプリを起動 3. メニューからDynamic Feature Moduleを選択 4.

    写真一覧が表示されるまで待機 5. 写真一覧が表示されたら再度設定アプリでhochoのストレージ使用量を確認 サンプルアプリ インストールURL →
  11. aab的にはどうなるのか(時間があれば) bundletoolでどんなapkが生成されるか手元で確認できます https://github.com/google/bundletool/releases 具体的な手順はcodelabがわかりやすいです https://codelabs.developers.google.com/codelabs/your-first-dynamic-app/index.ht ml?index=..%2F..%2Fio2018#4

  12. ハマりどころ(1) Modules 'base' and 'gallery' contain entry 'res/layout/activity_main.xml' with different

    content. → 別モジュールでも同じリソース名は不可 オンデマンド モジュールのタイトルのリソース ID には、ベース モジュールで定義された文字列を指 定する必要があります。無効なモジュールは「 gallery」です →ベースとなるアプリ側でリソースIDを定義しておく必要がある(feature_names.xml) implementationで利用するライブラリを定義すると、 dynamic feature module側から使えない → apiでロードするようにしたら使えた
  13. ハマりどころ(2) ベータ機能なので、申請フォームに記入が必要 →半日くらい待つと使えるようになっていた aabでリリースしたらminSdkVersion21なのに、hdpi端末でベクターがぼやけた(伝聞) →VectorDrawableCompatのissueが上がっているので、その内直りそう

  14. 参考資料 • codelab ◦ https://goo.gl/h17V6Y • sample app ◦ https://github.com/googlesamples/android-dynamic-features

    • hochoでの実装 ◦ https://github.com/punchdrunker/hocho/pull/33/files