SwiftUIでカメラから画像を取得する

 SwiftUIでカメラから画像を取得する

try! Swift Tokyo 2020 Meetup!!
https://tryswifttokyo.connpass.com/event/160481/

の登壇資料です

53e2d354b3299d64a54af680865516d5?s=128

Sato Takeshi

January 21, 2020
Tweet

Transcript

  1. 2.

    Who am I
 • Name
 • 佐藤剛士(さとうたけし)
 • Company
 •

    Merpay, Inc.(2019/01 ~)
 • Role
 • Software Engineer (iOS)
 • Account
 • Twitter: @hatakenokakashi
 • Facebook: 佐藤剛士
 • GitHub: SatoTakeshiX

  2. 5.

    デモアプリの仕様 • 画像がない場合は「画像がありません」のラ ベルを表示 • 「画像登録」ボタンタップでアクションシートを 表示 • 端末がカメラ利用可能なら「 写真を撮る」ボタ

    ン、フォトライブラリー利用可能なら「アルバム から選択」ボタンを表示 • ImagePickerViewController で画像を取得す る • 取得した画像を真ん中に表示する
  3. 17.

    デモアプリの仕様 • 画像がない場合は「画像がありません」のラ ベルを表示 • 「画像登録」ボタンタップでアクションシートを 表示 • 端末がカメラ利用可能なら「 写真を撮る」ボタ

    ン、フォトライブラリー利用可能なら「アルバム から選択」ボタンを表示 • ImagePickerViewController で画像を取得す る • 取得した画像を真ん中に表示する
  4. 23.

    PassthroughSubject • Combine フレームワークの概念 ◦ Publisher ▪ 時間経過によって一連の値を配信するプロトコル ◦ Subject

    ▪ Publisher の一つ ▪ send メソッドで外部から値を配信するプロトコル • PassthroughSubject は Subject の一種 • subscriber に値を配信する • subscribe する前に配信された値は捨てられる • RxSwift でいう PublishSubject
  5. 28.

    UIViewControllerRepresentable • View Controller を SwiftUI と連携するためのプロトコル • func makeUIViewController(context:)

    ◦ View Controllerを作成するメソッド • func updateUIViewController(_ :, context) ◦ ステートが変更されたら呼ばれるメソッド(今回は @Bindingプロパティが更新されたら呼ばれる) • func makeCoordinator() ◦ このメソッド実装して任意のインスタンスを返すと、 makeUIViewController、 updateUIViewControllerのcontextからこのインスタンスが取得できる ◦ Delegate先のインスタンスを返すことで DelegateのあるUIKitクラスでもSwiftUIと連携できる
  6. 30.

    まとめ • SwiftUI で UIImagePickerController との連携方法を解説 • コンポーネントを組み合わせて配置するときは ZStack が便利

    • PassthroughSubjectでイベントの発火とステータスの更新をバインド • UIViewControllerRepresentableのmakeCoordinatorはDelegateがあるUIKitクラ スとSwiftUIをつなげる存在
  7. 32.

    参考文献 • PassthroughSubject ◦ https://developer.apple.com/documentation/combine/passthroughsubject • Learn & Master ⚔

    the Basics of Combine in 5 Minutes ◦ https://medium.com/ios-os-x-development/learn-master-%EF%B8%8F-th e-basics-of-combine-in-5-minutes-639421268219