Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

新生銀行の「バーチャルSFC構想」とデジタル技術の活用/SORACOM Discovery 2021 day3_7

SORACOM
June 24, 2021
250

新生銀行の「バーチャルSFC構想」とデジタル技術の活用/SORACOM Discovery 2021 day3_7

2021年6月24日(木)SORACOM Discovery 2021 ONLINE セッション資料です。

新生銀行の「バーチャルSFC構想」とデジタル技術の活用

これまでの店舗のあり方やお取引の方法を見直し、お客さまとスタッフが時間や場所に縛られない新しい接客サービスを構築を「バーチャルSFC構想」のもと推進される新生銀行様のデジタル技術活用やプロジェクトの狙いを伺います。

株式会社新生銀行 リテールオペレーション部・部長代理 山中 隆史
株式会社ソラコム ソリューションアーキテクト 松本 悠輔

SORACOM

June 24, 2021
Tweet

More Decks by SORACOM

Transcript

  1. 自己紹介 松本悠輔(Yusuke Matsumoto) ソリューションアーキテクト 経歴: • インフラエンジニア • Webエンジニア •

    IoTエンジニア 好きなサービス:SORACOM Junction SORACOM本の一部執筆を 担当しています!
  2. 新たな個人のお客様向けのサービスチャネル 8 リモート相談窓口 在宅 新生銀行 オフィス 来店不要 住宅ローン業務における電子契約 導入。ウェブサイト上でご相談から 契約締結まで完結可能。

    非接触型  事務手続きサービス 顧客もスタッフも自宅からアクセスして手 続き完了までを実施。 新生銀行 オフィス 在宅 在宅 非接触
  3.   2016年 ①ペン入力タブレットの導入   2019年   ②目論見書の電子交付導入   2020年 ③非接触型の事務手続き導入   2021年

    ④SORACOMのSIMを使った在宅勤務トライアル    ⑤サテライトラウンジの展開 店舗におけるデジタル化の経緯 10
  4. タブレットアプリ開発における成功ポイント  16 ✔ 銀行員による主体的なプロジェクト推進と管理 人員配置 • 個人ビジネス内にプロジェクトチーム設置 • 社内人材の有効活用と継続的な育成 開発

    •アジャイル開発による開発期間短縮 •BPD作成やユーザインターフェース設計を行員が担当、開発に参 画 導入・保守 •トライアル店の選定及び段階的な全国展開 •定期的な保守リリースによる現場の声のタイムリーな反映
  5. Q&A

  6. サポートメニューの強化 プラン名 Basic Priority Enterprise 対応時間 営業日10:00-18:00 24時間/365日 優先対応 なし

    あり あり 応答時間 保証なし 保証あり • 重要度 1:4時間以内(営業時間内) • 重要度 2:8時間以内(営業時間内) • 重要度 3:設定なし 個別設定 ご利用料金 無料 ご利用料金 9,800円 or 月次請求総額の5% のいずれか高い方 個別見積 追加メニュー なし 個別に追加可能 • 電話一次対応 • 専任技術担当者 • 障害報告書(RCA)ご提供 追加 追加
  7. Priorityプランの重要度 • 重要度1 ビジネスへの重大な影響 • 本番環境での過半数以上の回線で接続が失われる、もしく は重要な機能が完全に利用できない状態 • 重要度2 サービスレベルの低下

    • 本番環境での断続的な接続の問題、サービスレベルの低下 による影響 • 重要度3 一般的な問題 • サービスの仕様や開発環境について