Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【Agile Japan 2021】(ミニセミナー)-チームと共感-、グローバルと日本のチームの違い

【Agile Japan 2021】(ミニセミナー)-チームと共感-、グローバルと日本のチームの違い

Agile Japan 2021のミニセミナーの資料です。

Cc87daece866c4362b554863a797a38c?s=128

大内 孝明 Takaaki Ouchi

November 16, 2021
Tweet

Transcript

  1. © NEC Corporation 2021 (前半)セッションの続き ~チームと共感~ (後半)グローバルと日本の チームの違い NEC 林

    瑶、大内 孝明 Agile Japan 2021 Day 2 11/17 11:50~13:00(ランチタイム ミニセミナー)
  2. None
  3. © NEC Corporation 2021 3 コメント&質問をテキストチャネルにお書きください  NECのセッション(Day 2 11/17

    11:00~11:20)「営業出身プロダクトオーナーが 挑むグローバル社会価値創造型ビジネスへのアジャイル適用」でご紹介しきれな かった『③ビジネスの成功を共に夢見てチームと共感』 このミニセミナーでは2つのテーマでお話します。  アジャイルコーチが感じた『グローバルチームと日本チームの違い』
  4. © NEC Corporation 2021 4 スピーカー紹介:林 瑶(Lin Yao)  所属

    NEC グローバル戦略本部 新規事業開発グループ  経歴 14年間の海外ベンターとのアライアンス営業を経て、 2年前から社会課題起点の新規事業開発に従事。 今はProject leader/ Product ownerとして、NECシン ガポール研究所、NECベトナム開発チームと一緒にタ イの高齢化課題に取り組み中。  連絡先 linyao@nec.com
  5. © NEC Corporation 2021 5  所属 NEC ソフトウェアエンジニアリング本部 アジャイル推進グループ

     担当業務 アジャイルコーチ、セミナー講師、ガイドライン執筆 等  連絡先 t-ohuchi@nec.com  その他の活動 PMI日本支部 アジャイル研究会 副代表 国際標準化機構(ISO)「Agile and DevOps」検討委員 スピーカー[デブサミ2021, スクフェス大阪2021 等] スピーカー紹介:大内 孝明(Takaaki Ouchi)
  6. プロジェクト紹介

  7. © NEC Corporation 2021 7  AI技術を用いて3世代旅行を支援す る仕組みを既設旅行サイトに搭載 します。 <主な機能>

     渋滞や悪天候によるスケジュールの遅れを 予測  家族のスケジュールと予算に基づいて時間 とコストをスマートに最適化  土壇場での旅行やアクティビティの変更に 対応 3世代旅行支援サービス  NECでは旅行事業は行っていなかったため既設の旅行アプリはなく、旅行事業の ビジネスパートナーの獲得が必須条件となります。  グローバル社会価値創造のプロジェクトです。
  8. © NEC Corporation 2021 8  本セッションでご紹介する範囲は新規事業開発の初期です。 スケジュール Main activity

    FY21 FY22 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Event/Milestone 1 Customer development 2 Product development 3 Operation / implement 4 Marketing/PR 5 Release preparation Proposal to Early Adopters PoC Service launch in Bangkok ▼Dev-In ▼Press release to start collaboration Hi-Fi MVP Additional development Product development Operation design Operation development Release preparation (test) Release preparation (Official) Operation Start ▼Launch ▼ Collaboration with Early adapter Business Validation Product release ▼Service launch press release
  9. © NEC Corporation 2021 9 プロジェクト体制 Lin Yao Global Strategy

    Division Global Business Unit  10+ years in global sales for several Deep knowhow of business alliance with partners Albert & team NEC Laboratories Singapore (NLS)  Considerable expertise in software design and operating systems Product Owner Scrum Master Tuan & team NEC Vietnam  Considerable expertise in software development Agile Coach Development Team Takaaki Ouchi Software Engineering Division Agile Promotion Group  3+ years in Agile coaching and standardization  Deep knowledge of Agile and Scrum Supporter Kumiko Yoshitomi Corporate Business Development Division Global Innovation Unit  4+ years in biz-dev for several industries  Deep knowledge of lean startup method Isara, Jongkon & team BD Team / NEC Thailand  Know the market well  Has connection with customers
  10. 3.ビジネスの成功を共に夢見てチームと共感

  11. © NEC Corporation 2021 11  POからプロダクトバックログをチームに示すだけでは、チームからビジネスや ユーザーの価値に繋がりづらい実装や提供がされてしまいます。 ビジネス戦略や顧客の反応をチームに話し共に一喜一憂することで、 チーム全員が自分事としてビジネスを捉え一丸となれました。

    3.ビジネスの成功を共に夢見てチームと共感 チーム ビジネス戦略 カスタマージャーニーマップ ビジネス戦略や顧客との調整状況、 顧客の反応もタイムリーに共有 共感!
  12. © NEC Corporation 2021 12  POがチームにユーザーストーリーを伝えるとき、文字の記述だけでは正確に伝わ らないときがありチームに負担をかけてしまいます。英語が母国語でない国同士 のやり取りではその傾向が強く出てしまう可能性がありました。 チームとの共感を得る工夫‐イメージで分かりやすく共有

     ユーザーストーリー毎に画面遷移イメージを描いて説明しました。  ユーザーストーリーの理解漏れがなくなりベロシティは1.5倍に、Slackでタイム リーな確認ができるようになりベロシティは更に2倍になりました。
  13. © NEC Corporation 2021 13  POが熱意を一方的にチームに伝えるだけでは十分に伝わらないことがあります。 チームとの共感を得る工夫‐互いを理解する  スタート時にチームビルディングのワークショップを行い、価値観の違いの共有、

    チームやアジャイルに対する目的意識を共有しました。  各メンバーの個性や考え、国の文化を互いに理解し接することで信頼関係を築け 協力して活動を進められました。 38の価値観 Why Team Why Agile
  14. © NEC Corporation 2021 14  アジャイルを始めるチーム向けのトレーニングプログラム (参考)NECのAgile Startup Program

     簡単なゲームでスクラムを体験後、チームビルディング、デザイン思考からのプ ロダクトバックログ作成までを1~2週間で行います。  オンラインホワイトボード(miro)を使ってフルリモートで参加。 初心者でもアジャイルコーチがサポートし、安心してスクラムを始められます。 38の価値観 Why Team Why Agile スクラム体験ゲーム 自己組織化ワーク カスタマージャーニー マップ ユーザーストーリー マッピング インセプションデッキ プロジェクト計画 プロダクトバックログ スキルマップ
  15. グローバルチームと日本のチームとの違い ※あくまでアジャイルコーチの経験で見えてきた傾向です。

  16. © NEC Corporation 2021 16  提案を求めていることを明確にチームへ伝え理解してもらうことが大切です。  ビジネス面の情報共有はタイムリーに行い、提案が出てくるようにします。 日本のチームはPOへの接し方が控えめなように感じています。

    グローバルチームは積極的にPOへ提案や要望を伝えていました。 グローバルチームと日本のチームの違い‐フラットな関係構築 日本では発注関係や役職を強く 意識しがち グローバルではオープンマイン ドな文化でフラットな関係にな りやすい そう思う そうは思わない そう思う そうは思わない
  17. © NEC Corporation 2021 17  チームが自分事として考え行動することで、力を入れて仕事に取り組み、顧客の フィードバックが良かった時のモチベーションの上がり方がとても大きくなります。 日本のチームは納得いかないことも仕事だからと頑張るように感じています。 グローバルチームは納得いくまで質問し、自分事にして頑張っていました。

    グローバルチームと日本のチームの違い‐納得感へのこだわり 日本では納得いかないことも仕 事として割り切りがち グローバルでは納得するまで質 問するので自分事になりやすい そう思う そうは思わない そう思う そうは思わない
  18. © NEC Corporation 2021 18  ふりかえりでは理想的なチーム像を描き、そこを目指して何ができるか、何をして いけるかを考えるようにします。 日本のチームは問題共有をふりかえりまで待つことが多いように感じています。 グローバルチームはすぐに問題を共有し対策していました。

    グローバルチームと日本のチームの違い‐問題共有タイミング 日本ではKPTで短期的な問題へ の対策検討が行われがち グローバルではSailboatなどで 中長期的な成長への対策検討に なりやすい そう思う そうは思わない そう思う そうは思わない
  19. © NEC Corporation 2021 19  SMが技術面で優れていることでチームへの技術的な提案も可能になります。 日本のチームのSMは技術面が弱いことが多いように感じています。 グローバルチームのSMは開発経験があり技術面でも優れていました。 グローバルチームと日本のチームの違い‐SMの技術面

    日本では開発環境の改善はSM は関与しなくなりがち グローバルではSMの働きで開 発環境や補助ツールが整いやす い そう思う そうは思わない そう思う そうは思わない
  20. © NEC Corporation 2021 20  Agile Japanでの事例発表がチームの士気を最大限に高めていました。 日本のチームは事例発表への意欲が低いように感じています。 グローバルチームは事例発表の機会を心から喜んでいました。

    グローバルチームと日本のチームの違い‐事例発表への意欲 日本では事例発表によるネガ ティブなリスク(悪いところを 見られる恥)に慎重になりがち グローバルでは事例発表が称賛 を得る機会となり昇給や良い条 件の転職につながりやすい そう思う そうは思わない そう思う そうは思わない
  21. まとめ

  22. © NEC Corporation 2021 22  午前のセッションから続きミニセミナーでは3つの共感の3番目をご紹介しました。  1.社会課題を自分事としてとらえ顧客と共感 

    2.事業戦略を描き自組織と共感  3.ビジネスの成功を共に夢見てチームと共感 ※本ミニセミナーでお話ししました。  後半ではアジャイルコーチが感じたグローバルチームと日本のチームの違いを ご紹介しました。 皆さんのアジャイルの成功の一助になれば幸いです。 いかがでしたでしょうか
  23. さいごにちょっと宣伝

  24. © NEC Corporation 2021 24  ミニセミナー(Day2 11/17)  Webサイト『NECのアジャイル』

    で検索  NECのアジャイルにおける取り組み、事例、活動実績、技術コラムをご紹介させていただいて います。ぜひご覧ください。 NECのスポンサーブースにお越しください! 11:50~13:00 14:20~15:00 16:30~17:30 グローバル戦略本部 林 瑶 ソフトウェアエンジニアリング本部 大内 孝明 前半はDay2 11:00~11:20のNECセッ ションでお話ししきれなかった「チームと 共感」について、 後半はグローバルと日本のチームの違いを アジャイルコーチからご紹介します。 (前編)セッションの続き ~ チームと共感 ~ (後編)グローバルと日本のチームの違い ソフトウェアエンジニアリング本部 水野 浩三 日本でアジャイルが浸透しない理由の 一つとして偽装請負に対する懸念があげ られますが、実際どう考えればよいので しょうか。厚生労働省から公開された37 号告示に関する疑義応答集(第三集)につ いてベンダーの立場、公開に携わった メンバーとして解説します。 偽装請負なんて怖くない!? 【日本通運×NEC】ボクらのスクラム 物流企業とICTベンダによるスクラム チームの1年以上に渡るAgile Journeyを ご紹介します。 日本通運株式会社 梅山 様 NEC トランスポートサービス業システム本部 平塚 優 NECのアジャイル
  25. None