terminal-api について

terminal-api について

A232c8c1162873c06145ecb41ed2662b?s=128

tennashi

May 15, 2019
Tweet

Transcript

  1. 4.

    terminal mode Vim 8.0 から追加された Vim から terminal を使える mode

    VS Code とかでもターミナルが使えますが同じようなことが vim でも できると思っていただければ Neovim でも使える(実装されたのは neovim が先)が使い勝手が微妙に 異なるので注意が必要 参考: reply.vim
  2. 7.

    vim-in-vim 問題 これは vim の場合以下のように回避できる +clientserver で build された vim

    で vim --remote を使う 今日の本題である terminal-api を利用する また、neovim の場合は --remote が無いので以下を利用し回避できる mhinz/neovim-remote を使用して vim --remote を再現する Vim の clientserver 機能、neovim-remote を使った回避方法は Vim/Neovim の terminal mode の中で Vim/Neovim を実行するときに 便利そうなやつを作った で紹介しています
  3. 8.

    Tapi(terminal-api) について 特殊なエスケープシーケンスを使用して :terminal で動いているジョブ (プロセス)から Vim へ JSON を送信することができる機能(Vim

    のみ) たとえば <Esc>]51;["drop", "README.md"]<07> という形で ["drop", "README.md"] という JSON を送信できる 注) <Esc> , <07> はそのままの文字列のことではなく文字コード 0x1b , 0x07 のこと 現在、命令は drop と call の 2つだけしかない
  4. 10.

    drop :drop コマンドと同じように指定したファイルを開く命令 先の例では echo -e "\x1b]51;[\"drop\", \"hoge\"]\x07" で hoge

    というファイルを親の vim 側で開かせた 挙動としては、同名のファイルがすでに開かれている場合はそのウィン ドウを開き、そうでない場合は新しいウィンドウを開く
  5. 11.

    call ユーザ定義関数を呼び出すことができる命令 ["call", "Tapi_Impression", ["play", 14]] という JSON を送信すると、 Vim

    側で Tapi_Impression() という関数を呼び出してくれる 当然 Tapi_Impression() も定義されている必要があるので例えば以下の ように定義しておく function! Tapi_Impression(bufnum, arglist) if len(a:arglist) == 2 echomsg "impression " . a:arglist[0] echomsg "count " . a:arglist[1] endif endfunction
  6. 13.

    terminal-api を使って vim-in-vim 問題 を回避する 単純に vim-in-vim 問題を回避するためには drop を用いれば回避できる

    しかし、ファイルの開き方にはそれぞれ好みがあると思われる :vsplit :split :edit :tabnew これらに対応した Tapi_ 関数を書く