Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

次世代ヘッドレス開発室が提供するヘッドレスEC

 次世代ヘッドレス開発室が提供するヘッドレスEC

次世代ヘッドレス開発室のチャレンジであるヘッドレスECについてのスライドです

E5ab6eb9fc8de68bf1610c7ad0c86155?s=128

texdeath

October 16, 2021
Tweet

Transcript

  1. 次世代ヘッドレス開発室が提供する ヘッドレスEC

  2. 自己紹介
 森田 勝駿(@texdeath) AI事業本部 DX本部 次世代ヘッドレス開発室 フロントエンドエンジニア • 中途入社でまだ2ヶ月くらい • Reactが好きで記事書いたり書籍に寄稿したりしてます

  3. はじめに • PWAの話というよりも事業として今やっていることの 説明です • 実装に関してのお話ではないです ◦ 今後の展望としてPWAも視野に入っているので、 そのお気持ち表明的な話をします

  4. Agenda • 次世代ヘッドレス開発室について • ヘッドレスECとは? • ヘッドレスECがもたらす効果 • PWAとの関係性 •

    現実の壁/今後の課題 • さらにやっていきたいこと
  5. 「次世代ヘッドレス開発室」🤔

  6. 今年の4月に設立された新しい組織

  7. None
  8. None
  9. 今回はDX推進の一環として 行っている事業施策の紹介です

  10. 次世代ヘッドレス開発室がやっていること • ECシステム・販売データ基盤の『ヘッドレス化』 ◦ 基幹システムとフロントエンド環境を切り離し →より柔軟な開発を可能に • サイト・アプリの改善提案・開発・運用支援 ◦ 小売企業に対しての設計・運用サポート

    ◦ ECサイトのUI/UX改善など
  11. 『ECのヘッドレス化』

  12. 従来のECサイトは... • サービスリリースからかなりの年月が経過しているものも 珍しくない • 基幹システムは頻繁な変更を想定した設計でないことが多い ◦ 商品仕入/在庫管理/実店舗連動/売上管理etc… • 「最適な顧客体験」を生み出すためには頻繁な改善が必要

  13. ASPを使えば? • ASPカートシステムは手軽に始められるが、カスタマイズが難 しく独自性を持たせにくい ◦ デザイン・分析のためのDB連携などに制約がある • 凝ったことをしたければ別の構築手法が必要

  14. 基幹システムを分離 • ECシステムをフロントエンドとバックエンドで分離 フロントエンド アプリ/Webサイト • APIと通信し情報を取得 • ユーザー体験を提供 バックエンド

    基幹システム • 業務ロジックを担当 • APIを提供
  15. None
  16. フロントエンド環境の自由化 • ECの基幹システムとフロントが一体化している環境からの脱却 ◦ 既存のアーキテクチャに縛られない自由でモダンな技術選定が可能 ◦ フロントのみの改修が可能→スピーディなUX改善へ

  17. • それぞれの責任範囲が明確になり、シンプルな設計に • 改修の影響範囲を最小限に留められる ◦ デザイン刷新やUX向上の改修であればフロント側だけリリース • 既存に縛られないモダンな技術選定は開発効率の向上につながる ◦ 対応が後手後手にならず、常にUXを追求し続けられる

    基幹とフロントの分離がもたらす効果
  18. 現実的な構成 • 理想的にはUI⇄APIの構成にしたいが、部分的にSSRしたいユースケー スもある • BFF用のサーバを挟み、クライアント⇄BFFで解決する場合もある クライアント 基幹システム BFFサーバ

  19. None
  20. PWAも選択肢に入りうる • 既存のアーキテクチャだと構造上実現できなかったPWAも実現 可能→DX最大化のひとつとしてPWAは重要な要素になる ◦ コンテンツの読み込み時間短縮 ◦ ストアからのインストール不要で使える手軽さ manifest

  21. ネイティブアプリとの比較 • PWAはネイティブアプリよりも初期費用を抑えた開発ができる ◦ iOS/Android両方をサポートできるのがWebアプリのメリット ◦ 顧客の参入障壁も低くなる ◦ まずは自社ECサイトをヘッドレス化/PWA対応するなど

  22. 現実の壁 • ヘッドレスコマースやPWAという概念の顧客理解 ◦ 現行システムに手を入れることに拒否反応示されると厳しい ◦ 理解が得られなければ導入は難しい...

  23. 今後の課題 • 既存のシステムを開発している人たちとの調整 ◦ 利害関係者が増えると調整が難しい ◦ バックエンドとフロントエンドの運用する事業者が違うと苦 労するかも ◦ 責任分界点の整理などしっかりしたほうがいい

    • パフォーマンスのモニタリング ◦ 効果が上がっているかどうかを計測する方法をどうするか
  24. さらにやっていきたいこと • Jamstack x PWA ◦ 部分的にSSGで静的ファイル化し、コンテンツのさらなる高 速化を目指す ◦ ユニバーサルフレームワークを使い倒す

    ◦ ECサイトの特性上すべてというわけにはいかないが...
  25. EOF