Speaker Deck

レスポンシブ・イメージのWordPressへの実装と4.4

by Toru

Published October 31, 2015 in Technology

Slide for my presentation at WordCamp Tokyo 2015 (2015/10/31 - 11/1)

WordCamp Tokyo 2015(2015/10/31-11/1)のスライド
--------
概要

Ethan Marcotte 氏がレスポンシブ・ウェブデザインを提唱して5年以上経ちますが、未だ完全な解決策が無い問題として「レスポンシブ・ウェブデザインにおける画像(レスポンシブ・イメージ)の問題」があります。

画像がページサイズの大きな割合を占めることが多い事や、昨今のデバイスの多様化、パフォーマンスの重要性を鑑みると、この問題の解決はウェブ全体にとってとても重要な事柄です。

しかし、ようやく、最近になって解決への道しるべが作られてきています。picture 要素や srcset 属性などのレスポンシブ・イメージを実現する仕様が含まれるHTML 5.1が草案(Working Draft)となり、多くのブラウザでも対応が進んでいます。

このセッションでは、RICG Responsive Images プラグインと、このプラグインの 4.4 へのマージについてお話し、srcset 属性と sizes 属性の WordPress へのネイティブ実装をどのように実現するかご紹介します。

注:時間の都合上、レスポンシブ・イメージの詳細な仕様は紹介しません。srcset 属性と sizes 属性についておさらいしておくことをオススメします。