Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

フロントエンジニアでも GKEの開発環境を作りたいっ!!

フロントエンジニアでも GKEの開発環境を作りたいっ!!

69aca783fc2efde4f97c21bbf5f9c635?s=128

Yasushi Asahi

February 14, 2019
Tweet

Transcript

  1. フロントエンジニアでも GKEの開発環境を作りたいっ!!

  2. 自己紹介 名前 zero  本名:旭康史(あさひやすし) 所属 カラビナテクノロジー 仕事 フロントエンド 経歴 エンジニアとしは半年足らずのペーペーです(元々は広告の営業) 技術 React好き。Docker好き。Golang好き。TypeScript好き。 趣味 テレビアニメ鑑賞(今期の覇権は「わたてん」)

  3. まずは作ったものをご紹介

  4. Karabiner Members http://35.244.227.203/ 人の名前を覚えるのが苦手なので、入社したての 頃にメンバーの顔と名前を一致させるために作り ました。 こいつをGKE上で走らせています。 使用しているGCPのサービス ・Kubernates Engine(GCP上のkubernates環境) ・Container

    Registry(Docker image置き場) ・Source Repositories(gitのレポジトリ) ・Cloud Build(自動ビルド、自動デプロイ)
  5. Golang Ingress kubernetesクラスター httpリクエストの受け口 apiと静的ファイルの ルーティング 静的ファイルを返す apiサーバー 永続Volume pod

    pod pod 構成図 Persistent Volumes DBサーバー pod
  6. 本日はこれの 開発&デプロイ環境のお話です

  7. 開発環境

  8. Docker for Desktop(ローカルkubernates環境) ・おおむねGKEと同じように動かせる ・Docker for Mac(Docker for Windows)に付属さ れているので楽ちん

    ・Minikubeという方法もあるが別途インストールが 必要 ここから有効化できます。
  9. ・クラスタ内のコンテナのフォルダとローカ ルのフォルダをバインドする。 ・ここではローカルでwebpackから出力さ れたhtmlとjsをクラスタ内のnginxコンテ ナからも見れるようにしている。 本番用のyaml(一部抜粋) 開発用のyaml(一部抜粋) nginxコンテナ内の /usr/share/nginx/html と

    ローカルのディレクトリ( webpackが生成するdistフォルダ) をバインドする。 使用するdocker imageを変更 プロセスが停止してもコンテナを維持 開発用の yamlを作る フロント編
  10. 開発用の yamlを作る サーバー編 ・フロントと同じ要領でコンテナとローカル のフォルダをバインド。 ・この場合はGolangの開発フォルダまる まるバインド。 ・ローカルでコードを変更するとクラスタ内 のGolangコンテナが検知して、再ビルド、 サーバー起動を行ってくれるように設定

    する。 grm.sh Dockerfile_dev コンテナ起動時に この コマンドが実行される
  11. demo①

  12. 思ったこと ・考え方は普通のDockerの開発環境と同じ(ディレクトリのバインド、ポートフォワード)。 ・本番用、開発用でyamlファイルが分かれてしまうので、管理方法を検討する必要がある。 helm、 kustomizeなど。 ・ローカルのパス指定はルートからの絶対パスしか受け付けてくれないので、 PCを変える時に書き換えが 必要

  13. デプロイ環境

  14. Cloud Build ・GCPが用意しているCI/CDサービス ・Container RegistryとSource Repositoriesを使っていれば認証関連を一切気にする必要がない。

  15. トリガーを設定 ・コンソールからポチポチと設定すればト リガーを作れます。

  16. ビルドステップを yamlで定義 ・yaml or Dockerfileでビルドステップを定 義します。 ・ここでは、 → docker imageをビルド

    → imageをRepositoryにpush → GKEのコンテナを更新 ということをしています。
  17. demo②

  18. 思ったこと ・CI/CDを設定するのは初めてでしたが簡単でした。 ・やはり認証が必要ないことが大きい。

  19. まとめ ・kubernatesは慣れると簡単 ・GCP内で物事を完結させると楽ち ん ・フロントエンドエンジニアでも構築 出来ました!!

  20. ありがとうございました 旭康史 zero.asahi@karabiner.tech (株)カラビナテクノジー 801-0001 福岡市中央区天神1-2-4 農業共済ビル2F