20180713_RPA勉強&LT会!RPALT vol3_LT

20180713_RPA勉強&LT会!RPALT vol3_LT

De165c9936ec730da04c6348c4d1df5c?s=128

0819kevin

July 14, 2018
Tweet

Transcript

  1. RPA勉強&LT会!RPALT vol3 @ウイングアーク1st 2018/07/13 Takuto.Ide

  2. <本ロボット格納場所> https://drive.google.com/drive/folders/1vedbdzWX6PuZ84nd- LuL_ENnqpPGdQFT?usp=sharing

  3. からの…

  4. None
  5. <お詫び> ごめんないさい、出来心でした… ※このネタ知っている人は後で名刺交換しま しょう!!

  6. ▪プロファイル紹介 名前:井手 拓人(Takuto Ide) 年齢:33歳 経歴:2007/4~ 某大手SIメーカーの子会社SIer 2017/6~ 某コンサルティングファームにJOIN →RPA(UiPath)歴

    13ヶ月 趣味:現代視覚研究会 勉強会・セミナー Twitter:@kevin_hhsh020
  7. ▪あなたもRPAフレンズになりませんか? https://www.facebook.com/groups/129896620983650 困ったこと、教えてほしいこと…等々、こちらでご相談下さい。

  8. …お気付きかと、思いますが、

  9. 只今、ロボットがLTして います!! ※RPA史上、初じゃねぇ…?

  10. ▪どうやってるの? Speechなる部品が…

  11. この「SPEECH」の出し方 をしゃべります!! ※ロボットが…

  12. ▪前提条件 ・ UiPath Studio 2017.1.6435 Enterprise Editionをベースに喋ります。 ・ UiPath Community

    エディションでも問題ありません。 (寧ろその方が楽かも…理由は後で説明します。) ⇒ UiPath Community エディションは個人及び小規 模事業者は無償で提供されていますので、是非試してみ てください。 https://www.uipath.com/ja/community
  13. ① UiPathを開く ② Manage Packageを開く ▪手順 ここを押す

  14. ③ Manage Package画面の左欄で「右クリック」する ←ここ重要 ④ Configure Sourcesをクリックする ▪手順 これをクリック

  15. ⑤ 「+」ボタンを押下する ⑥ Nameに「Communitiy」(何でも良い)、Sourceに 「https://gallery.uipath.com/api/v2」を入力する ⑦ 「Apply」⇒「OK」とする ▪手順

  16. ⑧ UiPathを再起動する

  17. ⑨ 入力した名前の場所を選択する ⑩ 検索に「Speech」を入力しパッケージを表示する ⑪ VVaidya.TextToSpeechActivitiesをインストールする ▪手順 インストールが完了すると チェックに変わる

  18. ⑫ UiPathを起動して「Speech」が表示されていることを確認する ▪手順

  19. ▪しゃべらせ方 Excelの行数分繰り返す Excel(DataTable)から文章を取得 してしゃべる Send hotkeyでスライドを 移動する

  20. ▪Speech Activitiesの使い所 特になし!!! ・ 面白LTが出来るくらい? ・ ロボットの開始、終了時にしゃべらすと分かりやすいし面白いかも…。 あと異常終了時とか? ・ ロボット使用説明書とかしゃべらせるのもアリだけど、意外と文章打つの

    めんどくさいし時間が掛かる…。
  21. ▪とは言え… 今回の手順でUiPath2017.1でも色々 な便利アクテビティが入手できます。 ⇒Excelアクテビティの進化版…だと…

  22. ▪最後に… 2018.2では何もしなく ても出てきます!! ⇒ 最新にアップデートして気付いた…。なので、これから 始める人はこの手順は不要です。

  23. <終わり>