DBRE Night Opening

9513a9cc8ee9b5f2a8b4a5a914da8411?s=47 _awache
July 10, 2019

DBRE Night Opening

そーだいなるDBRE Night のオープニング資料です。

9513a9cc8ee9b5f2a8b4a5a914da8411?s=128

_awache

July 10, 2019
Tweet

Transcript

  1. そーだいなる DBRE Night ~ オープニング ~

  2. Hello!!
 *********** 1. row ********** name: 粟田 啓介 nickname: あわっち

    title: DBRE twitter: @_awache 1 rows in set (0.00 sec) mysql > SELECT * FROM me \G
  3. DBRE Night vol.1

  4. DBRE Night?
 ◦ そーだいさんのTweetに乗っかる形で


  5. ◦ 記念すべき第一回目は
 
 
 
 
 という豪華メンバーでお送りさせていただきます!
 雑なお願いを聞いてくれた3名のみなさん、ありがとうございますmmmm 
 飛び込みLTも受け付けていますのでお気軽に!

    
 「失敗から学ぶRDBの正しい歩き方」などでお馴染み @soudai1025 さん MySQL 界最強 の API @yoku0825 さん 今年の 流行語大賞ノミネート 「主キー 大主キー」の@lhfukamachi さん 祝!開催! 

  6. DBRE ?

  7. DBRE の概念
 ◦ DBREとは
 ➢ Database に於けるモノゴトを ` Reliability Engineering

    ` という側面 から解決していく
 ▪ Databaseに対する専門知識 
 ▪ Database Professional としての判断 
 を用いて再帰性のあるプロセスや戦略決定に落とし込むこと 
 
 ➢ DBRE の概念を実行するヒト、役割は DBREs 

  8. DBRE の活動
 ◦ アプローチ
 ➢ 基本的な部分は今までと変わらない 
 ▪ 環境分離、Backup/Restore、Security、構成管理 ,

    etc.
 
 ➢ 変わっているのはそれを取り巻く環境 
 ▪ DevOps思想の醸成、Cloud・コンテナ技術の爆発的な発展
 ▪ Application に求められるスピード
 ▪ ほとんどを自動化し Engineering によって解決できる土壌が揃ってきてい る

  9. DBRE の活動
 ◦ 常に変化する環境に適応し続ける必要性
 ➢ ゲートキーパーとして存在するべきではない 
 ➢ チームがデータストアを正しく扱えるように導く存在 


    ▪ データストアに関わる作業の自立化、自動化 
 ▪ 再帰性のあるプラットフォーム化を推進 
 
 開発チーム全体の生産性を向上させながらデータの信頼性も向上させる 

  10. DBRE本に書かれていること
 ◦ Chapterだけ並べてみた
 ➢ Introducing Database Reliability Engineering
 ➢ Service-Level

    Management
 ➢ Risk Management
 ➢ Operational Visibility
 ➢ Infrastructure Engineering
 ➢ Infrastructure Management
 ➢ Backup and Recovery
 ➢ Release Management
 ➢ Security
 ➢ Data Storage, Indexing, and Replication
 ➢ Datastore Field Guide
 ➢ A Data Architecture Sampler
 ➢ Making the Case For DBRE

  11. 守備範囲広くね?!
 ◦ とらわれすぎる必要はない
 ➢ 正直僕は全然理解できてないことがたくさんある 
 ➢ 自分がどうやって開発チームに貢献できるかを考え 
 ➢

    自分だけでできないことは積極的に周りと協力していく 
 ➢ 試行錯誤しながら `自分たちなりの` DBRE を作れればいい 
 
 という気持ちでこの会を開催しました! 

  12. Enjoy!! #dbre_night Hash Tag