Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

自動車サプライヤーにおける UXデザイン導入

3256ba9ce1e999ba1d724d49ff8227b2?s=47 akitumn
June 15, 2021

自動車サプライヤーにおける UXデザイン導入

2021年6月15日 UX名古屋 登壇スライド

私は自動車サプライヤー(自動車部品メーカー)でUXデザインを啓蒙する活動を行なっております。

車載システム開発を行う組織において、UXの認知度がない状態からUXデザインの実務導入まで行った際の私の取り組みをUX名古屋というコミュニティで登壇した時の発表スライドです。
UXデザインの理解を組織に広げるためのヒントになれば幸いです。

3256ba9ce1e999ba1d724d49ff8227b2?s=128

akitumn

June 15, 2021
Tweet

Transcript

  1. 自動車サプライヤーにおける UX デザイン導入 #UX 名古屋 ����.�.��(Tue)

  2. About Me @akytumn 自動車サプライヤー(大企業)にて勤務 車載システムのフロントエンド開発や UI デザインに携わる 社内の UX デザイン啓蒙も行う

  3. 自動車サプライヤーとは? 完成車メーカーに自動車部品を提供する会社

  4. 自動車部品で何を思い浮かべますか?

  5. 自動車部品で何を思い浮かべますか?

  6. 自動車部品で何を思い浮かべますか?

  7. なぜ自動車サプライヤーに UX デザインを広める必要があるか ❶ サプライヤーとして提案力を高めるため ❷ 組織の中でユーザーに関する共通認識を定めるため ❸ 自動車業界において UX デザインの重要性が伝わっていない、   もしくは正しく理解されていないと考えているため

  8. 私の部署における UX デザインの導入状況 ◉ UX 認知度ゼロの環境から、UX デザインが正式な業務へ ◉ リサーチチームを発足し、現在活動中 ◉  「二人目」の UX

    デザイナーを育成中
  9. ここまでの道のりを振り返る

  10. ���� 年度 中途入社したてで、ドメイン知識がリセット。 社内向けの資料作成が主な業務。UX デザインを行うことは考えられなかった。 UX デザインが重要とわかっているが、 そこまで理解もできておらずうまく伝えられない。

  11. ���� 年度 HCD-Net UX デザイン連続セミナー参加。 各種セミナーや UX 系のコミュニティに積極参加。 関連書籍を読み漁る日々(今も) 部署異動を希望

    →結局異動しなかったが、組織再編で少し状況が改善される
  12. ���� 年度 社内で UX デザイン導入を提案、失敗。 業務の合間を縫い、アンダーで実践したり説明資料を強化。 あらゆるマネジメント層に説明の時間を設ける。 UX デザインに興味を持ってくれる人が周囲に少しずつ増える。

  13. ���� 年度 現在に至る 上司の説得に成功し、正式な業務に。トップダウンの活動となる。 複数のリサーチプロジェクト立ち上げ。 他部署のメンバを巻き込んだ活動へ。 「二人目」の UX デザイナーが見つかる。

  14. 私の職場で UX デザインを推進する難しさ ❶ 導入開始時点で UX の認知度ゼロであること ❷ 車載システムが対象であり、参考事例が少ないこと ❸ サプライヤーであること(完成品を販売するメーカーではない)

  15. なぜサプライヤーだと大変? ❶ エンドユーザーが遠い ❷ 完成車メーカーの仕様通りに作ることが優先。 ❸ デザインは完成車メーカーが決めるケースがほとんどのため、 サプライヤーが UX デザインする動機に直接繋がらない

  16. 実際に言われたこと マネージャ A ・前例のないことだから進められないなあ。 ・それより与えられた業務をやってください。 マネージャ B ・得意先から特に言われていないので優先的に進められない。 ・あなたが UX

    デザインやりたいだけでしょ?  それが目的になっていないですか?
  17. マネージャ C ・手法にばっか頼っても結果でませんよ。 ・会社は大学じゃないんだから、まず結果を見せて欲しい。 マネージャ D ・ユーザーを絞るのは怖い。 ・多くの人に製品を使って欲しい。 実際に言われたこと

  18. エンジニア E ・体験っていわれても曖昧すぎてピンとこない。 デザイナー F ・私は自身をユーザー化することに長けているから わざわざ UX リサーチなんてしなくてもいい。 実際に言われたこと

  19. UX デザイン啓蒙のためのヒント

  20. 社内で意識すると良いコト 準備する 信頼される 嫌われない 勧めすぎない “弱い紐帯” を持つ

  21. 説明する時に意識すると良いコト 重要性を正しく伝える 会社の関心ごとに結びつける 小さくても成果を示す

  22. 仲間を増やす 気持ちを継続させるために 啓蒙する人が諦めたら、飽きたら、そこで終了。 ひとりで悩むより、 社外のコミュニティや SNS で仲間を見つけると良いかも。

  23. 知識を増やす より正しく伝えるために UX 関連の参考書籍は、アプリデザインが対象に書かれたものが多い。 担当製品が非アプリデザインの場合は、 Web やアプリの知識も学ぶと自分の担当製品に置き換えやすくなります。

  24. 組織をデザインする意識を持つ 組織を変えるために 本当の意味で組織や業界を変えられるのは「中の人」 。 文化や仕組みまでデザインする意識が大切だと思います。

  25. UX デザインの実務経験をすぐ積みたいなら、可能であれば転職すべきだと思います。 ただ、認知度ゼロの状態から UX デザインを組織に導入した経験は 自身の経験や自信になりますし、ポートフォリオにもなると考えます。 当然運は大事ですが、機会を逃さないように準備しておきましょう。 最後に

  26. END 引用:https://maidonanews.jp/article/��������?p=�������� dokonjoo!