Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

リモートでエンジニア組織を支えたチームマネジメントTips

428a01206a4fc4073b2cd6a0cc4edaef?s=47 arihh
April 27, 2021

 リモートでエンジニア組織を支えたチームマネジメントTips

コロナ禍でも事業成長を加速させたマネジメントのウラ側
https://medpeer.connpass.com/event/209474/

428a01206a4fc4073b2cd6a0cc4edaef?s=128

arihh

April 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. MedPeer, Inc. リモート環境下で エンジニア組織を支えた チームマネジメントのTips メドピア株式会社 エンジニアリーダー 平川弘通(arihh) 2021 /

    4 / 27
  2. None
  3. None
  4. None
  5. 自己紹介 ▪平川 弘通 ▪ID: arihh ありひー ▪スキル ➢Ruby, マネジメント ▪メドピア入社してから2年半

    入社してほぼ半分がリモート環境下
  6. agenda 1.リモート環境下での オンボーディング 2.リモート環境下での エンジニア組織の コミュニケーション 3.まとめ

  7. 7 ⼊社はじめ

  8. リモート環境 8 ▪「隣の⼈に聞く」ができない ▪⽂字に表すハードル ➢雑談まじりのどうでもいい質問はハードルが⾼い

  9. 質問の窓⼝を明確に 9 ▪メンターをつける ➢「誰に聞けば良いか分からない」から 相談できる先輩社員をアサイン ▪コミュニケーションを密にとる ▪⽂化・思想を伝える

  10. ⼊社したての1on1 10 ▪最初は毎⽇でもやる ➢最初は業務以外のことでのつまづきも多い ➢毎⽇やらないときには すぐに会話できる環境は作る ▪話すと何かしらの悩みは持っている ➢こちらが当たり前と思っていることでも 悩んでいることがある。 その場合、すぐに解決できることもある。

  11. 「何を相談してもいいチャンネル」を作る 11 ▪悩み・相談があったら書くチャット ➢誰でもなんでも気軽に相談していい空気 ➢技術・プロジェクトの事以外でもここで質問 ➢先輩もここで質問する ▪早くリアクションする ➢わからない質問でもわからないリアクションをする

  12. 歓迎ランチ 12 ▪チームメンバーを知ってもらう ▪とりあえずランチの予定を抑えれば なんとかなる ▪「マンガ好き」という⼈が⼊場したので ⾃⼰紹介をマンガ縛りにしたら 思ったより盛り上がった。

  13. agenda 1.リモート環境下での オンボーディング 2.リモート環境下での エンジニア組織の コミュニケーション 3.まとめ

  14. 14 リモート前から やってきたことの変化

  15. 開発定例 15 ▪⽉に1回社内の全エンジニアが集まる場 ▪各プロジェクトの進捗の報告 ➢どんなエンジニアがなにをしているのか知れる ▪その⽉に⼊社してきた⼈の⾃⼰紹介

  16. 開発定例 リモートでの変化 16 👍よくなった ▪会議室も抑えなくていい︕何⼈でもOK︕ 🥺つらくなった ▪反⾯、⼊社してきた⼈を知るハードルは上がる ▪⼀体感の難易度が上がる

  17. 17 ▪週1回、同じ本を読んで感想や解釈を会話する ▪書かれた技術に共通の理解を持つ機会に ▪本ではなくRailsイベント動画や スライドについて共通の理解を持つこともあり 輪読会

  18. 輪読会 リモートでの変化 18 👍よくなった ▪こちらでも会議室による制約がなくなる ▪会議室への移動時間が減った ▪参加⼈数制限もなくなった 🥺つらくなった ▪継続して参加する意欲は減少

  19. 19 ▪週に1回社内のPull Requestを振り返る会 ➢コードの書き⽅・規約の話題 ➢ライブラリのアップデート ➢この⽅針でいくけど、どう︖ プルリクエスト振り返り会

  20. 20 👍よくなった ▪メンバーの⼤部分が参加してくれる 🥺つらくなった ▪発⾔する⼈は固定化されつつある プルリクエスト振り返り会 リモートでの変化

  21. 21 ▪リモート環境下で重要性はより増した ▪雑談重要。覚悟を決めて雑談をやる ➢拒否されない限りはやる ▪雑談させる ➢最近体調がわるいです とか ➢実は結婚を考えているみたいな話が ポンとでてくる 1on1

    リモートでの変化
  22. 22 リモート環境下でやったこと

  23. リモートでのツラミ 23 ▪チームメンバー外との会話が減った ▪新しく⼊社した⼈の⼈物がわからない

  24. 考えたこと 24 ▪チーム外の⼈と会話できる場を作る ▪飲み会などで愚痴を⾔える空気 ▪⼈を知ってもらう

  25. リモートシャッフルランチ 25 ▪エンジニアで横のつながりをもたせたい ▪チーム構成 ➢同じチームの⼈をさけたいとか 話せるひとをいれるとか いろいろ考えてしまうがランダムでいい ▪8名で構成して7割参加でちょうどよい⼈数

  26. リモートシャッフルランチ 26 ▪評判良い ➢新規メンバーからはつながり持てると ➢「シャッフルランチで話したことがある」 というつながりもみれた ▪新規メンバーのキャラクターがわかる ➢家で爬⾍類をたくさん育てている ➢ゲーム・ボードゲーム好き

  27. リモートゆる飲み会 27 ▪業務後にゆるく集まって飲む ➢参加したくなったら飲んでいる⼈がいる温度感 ➢運営コストもあげたくない ▪業務後なので参加は任意。強制⾊は出さない ▪隔週で毎週やる ➢最初は⽔曜⽇開催だったが、 曜⽇固定だと参加しにくいとの声で 曜⽇は適当に変えるようにした

  28. リモートゆる飲み会 28 ▪参加⼈数は固定化されつつある ➢リモート前からのメンバーの参加率のほうが⾼い ➢話がしたいから参加したいという⼈もいる ➢話ができる場を提供できた ▪エンジニア以外の⼈からも参加したいとの声

  29. リモートエンジニア雑談会 29 ▪隔週⾦曜⽇に実施 ▪こちらは既存あるslackチャンネルの エンジニア雑談⽤のチャンネルの対⾯版 ▪気分転換・他のメンバーとの絡みが⽬的 ▪会社のこと・プロジェクトのこと、 最近の技術のニュースなどを雑に会話する

  30. リモートワークの感想 30 ▪雑談のハードル⾼い ➢アイスブレイクの共感ネタは使えないものが増えた 「これおいしいから⾷べてみてよ」 ▪⼤⼈数には強い半⾯、6⼈以上の雑談は弱い ➢発⾔しない⼈がでてくる ➢適度に⼈数が増えてきたら部屋を分ける⼯夫

  31. agenda 1.リモート環境下での オンボーディング 2.リモート環境下での エンジニア組織の コミュニケーション 3.まとめ

  32. まとめ 32 ▪コミュニケーションの仕組みを作るの⼤事 ➢チーム外の⼈との繋がることができたと メンバーからも声がもらえた ▪強いこころで雑談する ➢隣の席にいないからこそ、相⼿を知るには雑談

  33. リモートワークの感想おまけ 33 ▪社内のボードゲーム部の活動が⽌まった ➢オンラインゲームはやってる。Amoug Usはやった。 ▪メンバー同⼠をどんな名前で 呼んでいるのかわからない ➢実は下の名前で呼ばれているのに 名字での呼称になる ➢「平川さん」と呼ばれることが増えた

  34. リモートワークの感想おまけ 34 ▪家庭とのバランスも重要 ➢⾃宅のなかで仕事しているのは家族も意識する ▪⼈の雰囲気はつかみにくい ➢実際に会ってみて背が⾼いことに気づく ➢PCに貼ってあるステッカーとか ➢会議室から出るときの消灯とか椅⼦をしまうとか ▪差し⼊れを持っていくことができない ▪完全⾷ユーザーが増えた

  35. 35 質問たいむ︕