Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

部門紹介_DCU

ARI
June 21, 2022
170

 部門紹介_DCU

ARI

June 21, 2022
Tweet

Transcript

  1. 1 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. デジタルコンサルティングユニット

  2. 2 © AR advanced technology, Inc. サービス提供組織のご案内 DCU DBU DMU

    SSU R&D ビジネス ・ITコンサル 自社プロダクト /新規事業開発 マネージド サービス 営業部門 AI研究開発・プロダクト開発 デジタル コンサルティング ユニット デジタルビジネス ユニット デジタル マネージド ユニット ソリューション セールス ユニット R&Dサービス 事業室 DXU アプリ開発 ・UI/UX DX ソリューション ユニット ATS プロフェッショナル リソースサービス 株式会社 エーティーエス CSU クラウド インフラ クラウド ソリューション ユニット USU コンタクト センタ技術 ・ITSM ユニファイド ソリューション ユニット SBU 業務自動化 ・RPA ソリューション ビジネス ユニット 事業担当 役員 ARI代表 取締役社長 ATS代表 取締役社長 WEST 関西・中部 エリア ウエスト ソリューション ユニット
  3. 3 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. デジタルコンサルティングユニット • IT企画、構想策定、PMO支援

    • 業務の標準化/改革/改善支援 • データ活用コンサル • BI導入支援 • 特権ID管理 • アパレル業 • 小売業 • 卸売業(商社) • サービス業(IT含) • 製造業(機械) • 製造業(化学・医薬) • 学校法人 • 官公庁 • 大手Sier経由 • コンサル会社経由 お取引先 注力技術 概要 エンドユーザ様中心にIT企画、構想策定フェーズのコ ンサルティングを中心に、お客様のDX推進を支援して います。 特にデータ活用領域には注力しており、社内外のデー タ活用のコンサルティングからBI導入による経営・事 業情報の見える化までを支援しています。 https://ari-jp.com/company/teams/dxu-dcs1 https://ari-jp.com/company/teams/dxu-dcs2
  4. 4 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. Business × IT

    Solution IT Solution Business Design × ✓ 将来を考えた新ビジネス企画をお客様と一 緒に検討 ✓ 業務の高度化・標準化の視点で業務プロセ スを見直し、新業務プロセス定義~定着化 までの支援を実施 ✓ お客様の抱える問題の構造化、To-Be実現 に向けた課題整理、具体的な施策策定~実 行計画作成支援を実施 ✓ BusinessとITの側面から、お客様ビジネス の成功につながるIT企画、ITソリューショ ンマッチング、ロードマップ作成、提案書 作成~ベンダー選定評価支援を実施 ✓ 実際のITプロジェクトがスムーズに推進す るためのPMO支援を実施 ✓ お客様のビジネスの成功に向けたIT Solutionの構築・導入支援を実施
  5. 5 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. お客様に寄り添ったコンサルティング どのようなビジネスモデル/プロセスを作り、どのようなテクノロジを駆使して実現するのか、 お客様に寄り添い、お客様と一緒にお客様ビジネスの成功に繋がるコンサルティングサービスを提供

    ➢ コミュニケーション ➢ ファシリテーション ➢ 論理的思考 ➢ 業務とIT知識 課題・要望ヒアリング 何が問題になっている? どんな要望があるの? 方向性の導出 課題解決するための施策は? 優先順位はどうする? 実行計画の策定 大きなロードマップは? 直近の計画は?費用対効果は? 実行に必要なものは? ビジネス変革 ・IT構築へ
  6. 6 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. 主なコンサルティングサービス ◼ テクノロジコンサルティング

    ◼ マネジメント(オペレーションズ)コンサルティング ◼ リスクマネジメントコンサルティング ➢ 全社的リスクマネジメント(ERM)支援 ➢ 事業継続マネジメント(BCP / BCM)支援 ➢ システム監査 ➢ IT化構想策定支援(システム導入時の企画・構想策定支援) ➢ ITプロジェクトマネジメント支援(PMO支援) ➢ データ活用支援(データコンサル、BI導入) ➢ 提案依頼書(RFP)作成 ➢ ソリューション選定支援 ➢ 業務改革(BPR)推進支援 ➢ 販売/物流オペレーションの高度化・標準化・効率化支援 ➢ サプライチェーン最適化に向けた課題抽出~施策検討支援 ◼ トレーニングコンサルティング ➢ ロジカルシンキングトレーニング支援
  7. 7 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. IT化構想策定支援サービス 業務/IT 戦略の作成

    IT化 構想策定 システム 構築支援 評価・定着化 支援 現行分析支援、ビジネスが 成功するために必要な業 務・IT戦略、ならびにロー ドマップの作成支援 ロードマップを具体化する 業務プロセス改革、IT化基 本構想やプロジェクト実行 計画書の作成支援 プロジェクト計画に沿った システム構築の支援、お客 様立場でのプロジェクト運 営の支援 システム稼働後の評価、業 務・IT定着化の支援 課題解決からIT構築、評価・定着化支援まで一貫した体制で支援 コンサルテ ィング プロセス コンサルテ ィング の役割 業務/IT 現行分析 業務プロセス/IT 戦略策定 業務/IT ロードマップ作成 業務改革構想 ・施策立案 IT化 基本構想立案 プロジェクト 実行計画書作成 ソリューション選定 プロジェクト 全体管理・実行支援 業務施策実施支援 (Quick-win) プロジェクト 実施評価 業務/IT 定着化支援 残課題整理
  8. 8 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. データ活用支援サービス 企業のデータ価値を最大限に引き出すために、戦略・システムの両面から支援します。 データ

    コンサルティング 1 2 3 データ 分析基盤構築 BI導入支援 今あるデータをより活用するために、 何を目的に・どこから・どうやるか 具体的なデータ活用の構想策定と推 進を支援します。 データを1か所で収集・蓄積するデ ータ基盤の構築を支援します。 Redshift, BigQuery, Snowflakeな どでDWHを構築し、データ活用に繋 げます。 データを視覚化するためのBI導入を 支援します。Tableau, PowerBIなど セルフサービスBIの導入・定着を通 じてデータ分析の内製化を図ります。 • 保有データをもとに、収益を生む アクションを検討したい • 業績低下の原因を突き止めたい こんな課題を解決します プロジェクト例 • データの管理や抽出にエンジニアの 工数が費やされる • より効果的な分析のため、データを 組み合わせたい こんな課題を解決します プロジェクト例 こんな課題を解決します プロジェクト例 • データ活用戦略の方針策定 • 統計分析を用いた営業施策の評価 • 売上予測モデルの作成 • 社外システム・購買システム・営業 システムのデータ一元管理 • クラウド基盤上にDWHを構築し、加 工データをBIに連携 • レポ―ト作成に時間がかかり、古い 情報で議論している • データをモニタリングし、異常があ ればアラートを出したい • 最新の業績評価指標を会議の実施時 期に合せてレポート化 • コールセンターの受電状況を可視化 してモニタリング
  9. 9 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. データ活用支援サービス ~ ①

    データコンサルティング ~ データ分析によって解決したいビジネス課題を明確にして、手戻りなく、データを有効に活用します。 インタビュー /行動観察 施策の 立案 効果の 検証 ABテスト 施策の 選択 ビジネスで 達成したい 目標・ 解決したい 課題 探索的 データ分析 仮説 の 構築 データ・コンサルティング アプローチ例 ⚫ データ活用事例について紹介し、自社におけるビジネス課題に照らして、データをいかに活用できそ うか仮説を立案します。 ⚫ 主要な実データを分析することで、データ分析によって解く問題を明らかにし、データ活用を通じた 問題解決について実現可能性を推定します。 ⚫ データ分析基盤やBIの導入に関する概要レベルの要件と導入計画を得ることができます。 併せて、ビジネス的観点でのKPIを設定し、継続的な取り組みを促します。
  10. 10 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. データ活用支援サービス ~ ②

    データ分析基盤構築 ~ さまざまな形式の大量データを、収集、処理、蓄積するデータ基盤を、できるだけシンプルな構成で構築し、導 入企業の運用負荷を抑えつつ、データの有効活用を図ります。 ⚫ クラウド上にデータウェアハウス(DWH)を構築し、BIツールでデータを可視化します。DWHツール としては、Snowflake、Redshift、BigQueryの導入実績に基づき、最適なツールを提案します。 ⚫ 継続的に、運用部門の負荷を抑え、高いデータ品質を維持し、セキュリティを確保するために、必要 十分なデータ・マネジメントの仕組みを構築し、無理のないIT内製化を図ります。
  11. 11 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. データ活用支援サービス ~ ③

    BI導入支援 ~ 「見えないものは管理できない」すなわち、管理したいものは可視化する必要があります。 ダッシュボードとして経営的意思決定に必要なデータを集約し、さまざまな切り口から分析できる環境を提供し ます。 ダッシュボード表示例 BI導入により、例えば以下のメリットを享受できます。 ⚫ 効率化 ⚫ 可視化 ⚫ セキュリティ ⚫ 分析力向上 ✓ ダッシュボードやレポートの作成を特定の部署・担当に 一元化することにより、利用者が独自のレポートを作成 する属人化と作業重複による無駄を排除できる。 ✓ ダッシュボード上で作成したレポートを見ながら会議を 実施し、その場でデータを深堀りして分析できる。 ✓ 柔軟に分析の切り口を変更できるため、目的に応じたレ ポートを即座に参照できる。 ✓ アカウントやアカウントグループによって、ダッシュボ ードの編集・参照などのアクセス権限を制御できる。 ✓ データの世代管理を容易に実施できるため、過去のデー タを比較対象として分析できる。
  12. 12 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. 事例紹介

  13. 13 © AR advanced technology, Inc. 概要 プロジェクト内容 小売: サプライチェーン最適化に向けた倉庫管理システム(WMS)導入施策の推進

    ⮚サプライチェーンの課題解決に向けた施策の検討・整理 ⮚優先順位の高い施策としてWMS導入に関して、RFP作成、導入ベンダー選定支援を実施 ⮚早期導入に向け、プロジェクトの初期段階でスムーズな立上げと推進支援を実施 事例:IT化構想策定支援 現行サプライチェーン分析 提案依頼書(RFP)の作成 ソリューション選定評価 ✔ お客様側の迅速な意思決定もあり、RFP作成、 RFP説明会実施、提案プレゼン、ソリューショ ン評価・決定~ベンダー契約までをわずか2ヵ 月半程度実施 ✔ 現行業務の商物流、 情報等の流れを整理 ✔ サプライチェーンで 発生している課題を マッピング ✔ RFPをWMSベンダーに 説明 ✔ ベンダーからの提案内容 を各評価軸に沿って評価 し、お客様と最終的なソ リューションを決定 ✔ プロジェクトの背景、 解決すべき課題と対 応策、提案に必要な 基本情報整理を実施 し、WMSに関する RFPを作成
  14. 14 © AR advanced technology, Inc. 概要 プロジェクト内容 食料品: RPA導入の効果検証

    ⮚生産性の向上や労働力の確保が急務となっており、RPA(ロボットによる業務の自動化)に注目 ⮚業務効率の改善、品質・精度の向上、人的資源の最適化(高付加価値業務へのシフト)を目的に、RPA導入 による効果検証の取り組みを支援 事例:IT化構想策定支援(RPA) プロジェクト実施方針 RPA導入の目的・評価基準の設定 ✔ RPA導入目的を定義し、効果検証の指標として達成目標(評価基 準)を設定 ✔ 担当者の負担が大きな特定業務(給与計算業務)を対象に、ヒア リングなどを通じて現行業務の調査・分析を行い、業務実施上の 課題を抽出 ✔ BPR実施やRPA導入を含む課題改善策について検討し、その改善 効果の定量的な評価を実施 現行業務の調査・分析、課題改善策の検討
  15. 15 © AR advanced technology, Inc. 概要 プロジェクト内容 事例:プロジェクト推進支援・PMO 食料品:

    PC展開プロジェクト推進 ⮚Win10展開の経験値+一般的なプロジェクト推進の方法論を元にプロジェクト全体を統括 ⮚完全に中立的な立場であらゆる関係者視点での問題解決と今後起こりうるリスクの摘み取り ⮚各種作業テンプレートやフレームワークを駆使した成果物イメージの提供 プロジェクト管理のしくみづくり 成果物イメージの提供 課題検討と合意形成のファシリテーション 課題検討資料の作成etc マニュアルイメージの作成etc 管理基準の策定etc ✔ お客様のマネジメント層の視点で実行推進・管理と日々発 生する問題の整理と解決アクションの導出までをご支援 ✔ プロジェクトからお客様の利用部門へのコミュニケーショ ンミスが起こらないよう効果的なドキュメントの作成支援 も実施
  16. 16 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概 要 プ

    ロ ジ ェ ク ト 内 容 化粧品: 経営情報の可視化コンサルティング プロジェクト推進/方針策定 要件定義・各種グラフテンプレート ✓ 現状レポート・EXCEL帳票を整理して新たなBI基盤へ移管する のではなく、業績・業務改善アクションに繋がるデータは何か をお客様と共に検討し、今後のデータ活用方針や見える化イメ ージの定義と実行計画を作成 経営層ヒアリング・課題整理 ➢ 経営情報の活用をテーマに、プロジェクトの立上げと実行計画の策定から要件定義までを支援 ➢ 経営層に対し、現状および情報活用に対する要望をヒアリング・整理 ➢ 全業務(営業/マーケ/生産/品質保証/経理/全社)の経営層向けダッシュボードイメージを作成 事例:データ活用/可視化支援(実行計画策定)
  17. 17 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概 要 プ

    ロ ジ ェ ク ト 内 容 機械: 経営情報のデータ活用・ BI導入コンサルティング・導入支援 経営管理帳票に関する課題分析 BI導入時のシステムイメージ 可視化イメージ ✓ 現状分析によりお客様要望に応じたBIソリューションをお客様の財務 部門、IT部門と一緒に検討し、実装までを実施 ✓ 経営管理帳票の課題を解決後は、販売、在庫、生産等、情報の見える 化範囲を拡大することで、様々な意思決定に活用できる情報基盤の実 現し、会議体自体の改革も実現 ➢ 経営管理帳票作成に関する業務負荷やデータ転記ミスなどの課題を明確にし、課題解決に向けた見える化の 仕組みを提案 ➢ 要件定義、BIソリューション導入から定着化までを支援 ➢ 継続施策として情報の見える化の範囲拡大に向けた対応支援を実施 事例:データ活用/可視化支援(BI導入支援)
  18. 18 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概 要 プ

    ロ ジ ェ ク ト 内 容 事例:データ活用/可視化支援(BI導入支援) 音楽・放送: データ活用・ BI導入コンサルティング・導入支援 課題 DOMO導入効果 ➢ 環境変化により増え続けている新しい事業に自社業務が追い付いておらず、事業分析をする上で必要な業務 はマンパワーで対応しており、タイムリーな情報の可視化ができていなかった ➢ DOMO導入により、事業分析の効率化や意思決定支援のデータ基盤の構築を実現 事 業 担 当 者 事 業 DOMO 全 社 員 ✓ 事業毎のレポートを全て集めて並べ てみないと全体が掴めない ✓ タイムリーに数字が見れない 管理者のみならず、多くの社員 がタイムリーに見るべき情報に アクセスし、業務に必要な意思 決定を実現 各種配信 サービス ダウンロード データ 販売・出荷 データ etc... 各種配信 サービス ダウン ロード 販売・出荷 データ etc... データ取得 データ取得 データ取得 データ取得 可視化 可視化 可視化 可視化 加工 加工 加工 加工 管 理 者 ✓ データ取得・加工 ✓ データ管理 ✓ 可視化 ✓ コラボレーション
  19. 19 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概 要 プ

    ロ ジ ェ ク ト 内 容 学校法人: データ活用・ BI導入コンサルティング・導入支援 ダッシュボード作成イメージ BI構築のロードマップ ダッシュボード 事例:データ活用/可視化支援(BI導入支援) ✓ データ元のCSVファイルからダッシュボード作成し、KPIの見えるか と全体の状況を素早く判断できる環境を作り ✓ 全体の状況を素早く判断できるようになることで、アナログ作業で 使っていた時間が削減 ✓ 現状担当者レベルでの可視化だが、様々な施策決定につながってお り、今後、全社展開を検討中 ➢ 経営上のKPIはいくつかあるが、ダッシュボードが存在しないため、施策レビューが難しく、迅速な判断に 繋がっていなかった ➢ BI導入に関する要件定義~導入、定着化までを支援。初回BI導入だけではなく、施策の見える化範囲の拡 大やダッシュボードの改修を実施し、より使い易いBI環境を実現
  20. 20 © AR advanced technology, Inc. ARアドバンストテクノロジ株式会社【略称:ARI】 URL:https://ari-jp.com 渋谷本社 〒

    150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-16 渋谷野村證券ビル8F TEL : 03-6450-6080 FAX : 03-6450-6088 関西支社 〒 530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-5-17 堂島グランドビル8F TEL : 06-6136-4900 FAX : 06-6136-4901 名古屋支社 〒 450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-23-13 名古屋大同生命ビル3F TEL : 052-446-8070 FAX : 052-446-8071 note 社員インタビューや オフィス環境などを記事にして紹介しております。 https://note.com/ari_hr Facebook インタビュー記事やイベント情報や日常の風景を紹介しております。 https://www.facebook.com/ARadvancedtechnologyInc Qiita 社員が技術情報や学びの記録を発信しております。 https://qiita.com/organizations/ari-group