Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

部門資料_CSU

3b3a68e08a6fac7721def5f7e0b9284d?s=47 ARI
August 05, 2022

 部門資料_CSU

3b3a68e08a6fac7721def5f7e0b9284d?s=128

ARI

August 05, 2022
Tweet

More Decks by ARI

Other Decks in Business

Transcript

  1. 1 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. クラウドソリューションユニット

  2. 2 © AR advanced technology, Inc. クラウドソリューションユニットとは DCU DBU DMU

    SSU R&D ビジネス ・ITコンサル 自社プロダクト /新規事業開発 マネージド サービス 営業部門 AI研究開発・プロダクト開発 デジタル コンサルティング ユニット デジタルビジネス ユニット デジタル マネージド ユニット ソリューション セールス ユニット R&Dサービス 事業室 DXU アプリ開発 ・UI/UX DX ソリューション ユニット ATS プロフェッショナル リソースサービス 株式会社 エーティーエス CSU クラウド インフラ クラウド ソリューション ユニット USU コンタクト センタ技術 ・ITSM ユニファイド ソリューション ユニット SBU 業務自動化 ・RPA ソリューション ビジネス ユニット 事業担当 役員 ARI代表 取締役社長 ATS代表 取締役社長 WEST 関西・中部 エリア ウエスト ソリューション ユニット
  3. 3 © AR advanced technology, Inc. クラウドソリューションユニットとは • AWS •

    Azure • システム運用自動化 • 富士通グループ • 東芝グループ • NTTデータグループ • 伊藤忠グループ • NECグループ • 電通グループ • 日立製作所グループ お取引先 注力技術 ユニット概要 AWSおよびAzureを活用したシステム基盤のアーキテ クチャ策定・設計・構築支援をメイン事業としていま す。 コンテナ、サーバレス、IaC、CI/CDなどモダンアー キテクチャを採用したいお客様の要望に寄り添ったご 提案が可能です。 また、サーバ自動払い出しやパッチ適用など様々なク ラウド運用作業について、Ansible×各種OSSによる自 動・自律化のご支援を行っております。 https://ari-jp.com/company/teams/csu • 日本製鐵グループ • KDDIグループ • Dell EMC • 国立情報学研究所 • ライフネット • 朝日新聞 • トリドールHD • モチベーションワークス
  4. 4 © AR advanced technology, Inc. 年齢 人数 21~25 14

    26~30 16 31~35 4 36~40 1 41~45 1 45~50 3 51~ 1 合計 40 年齢層 男女比 4:1 クラウドソリューションユニットとは ・若手が多い ・技術志向が高い ・穏やかな雰囲気 ・AWS、Azureの資格保有者が多い ・ダンディクラブ 特徴
  5. 5 © AR advanced technology, Inc. Into the Cloud クラウド技術の先端へ

    あたりまえじゃないをあ たりまえに エンドからヤバイと 言われるすごいSierに Based on SPEED&GRIT スローガン
  6. 6 © AR advanced technology, Inc. ①コンサルティングサービス ビジネスの課題に応じたコンサルティングサービスをご提案いたします。 クラウド最適化支援 コンサルティングメニュー

    ご支援内容 こんなお客様にマッチします Well-Architected Frameworkレビュー(次項参照) クラウド活用アーキテクチャの見直し AWS料金最適化アドバイス ⚫ AWS利用後のサービスを見直し たい ⚫ AWS利用料を減らしたい クラウド移行支援 既存システムのアセスメント クラウド移行計画策定 ⚫ クラウド移行を検討したい ⚫ クラウド移行を計画したい コンタクトセンター 最適化支援 クラウドコンタクトセンターアセスメント Amazon Connect移行策定 Amazon Connect PoC ⚫ Amazon Connectを利用してみた い ⚫ クラウド移行を検討したい AI・データ活用支援 課題解決に向けたAI・データ活用検討 ビジネスゴール達成に向けた データドリブンな仕組みの検討 ⚫ データを活用したい ⚫ 溜まっているデータを活用して ビジネス課題を解決したい 共通:RFP/RFI作成支援 RFP/RFI作成 ベンダー選定 上程資料作成 ⚫ クラウド移行のベンダー選定を 行いたい ⚫ 上層部に上程したい
  7. 7 © AR advanced technology, Inc. AWS基盤構築、クラウドコンタクトセンター移行など、AWSを利用した構築、運用設計などが可能です。 内容 サーバ→コンテナ移行支援 効果

    サーバ管理からの解放/アプリのモダン化 サーバレスアーキテクチャ移行 ②AWS構築サービス 内容 ETL処理基盤の導入、BIによる可視化 効果 データの集約化/容易なデータ連携・活用 データ分析/BI基盤導入 内容 AWSアカウント・ユーザーの一元管理 効果 請求・予算一括管理/一括権限制御 マルチアカウント管理 内容 クラウドコンタクトセンタ移行・導入 効果 オンプレミスからのクラウド移行と付加価値提供 Amazon Connect移行 内容 CI/CD、IaC環境の導入 効果 リリースの品質・速度向上/構築工数の低減 DevOps/IaC環境の構築 内容 セキュリティ脅威への防御・検知・対応 効果 データ漏えい防止/アタック時の迅速な初動対応 セキュリティ対策
  8. 8 © AR advanced technology, Inc. ③AWS内製化支援サービス お客様のご希望・ご利用状況に合わせて、以下3つの内製支援サービスをご提供致します。 AWSへの移行だけではなく、移行後のアーキテクチャーレビュー・改善など、様々な場面でご利用いただけます。 内製化立ち上げ支援

    支援メニュー アドバイザリー リソース支援 支援概要 こんなお客様にマッチします AWSへの移行は、弊社主導で実施いたします。構 築後、内製化に向けてのトレーニングなど、内製 化の立ち上げ支援を実施させていただきます。 クラウド移行を急ぎたい 移行後に徐々に内製化を進めたい 直近で内製化できる体制がない AWSへの移行は、お客様側主導で実施いただきま す。アーキテクチャーのご相談、他社実績などの ご支援を行います。 内製化するが技術的な知見が不安 他社事例が詳しく知りたい アーキテクチャーのレビューが必要 AWSへの移行は、お客様側主導で実施いただきま す。構築や、テストなど、リソースが不足するタ イミングをご支援いたします。 内製化するがリソースが不足している 利用するAWSサービスで一部知見が不足している ※アドバイザーサービス、リソース支援サービスは、AWS移行後の運用フェーズでもご利用可能です。
  9. 9 ©AR Advanced Technology All Right Reserved ビジネス アプリケーションプラットフォーム フロント

    エンド サーバ サイド クラウド プラットフォーム ビッグデータ プラットフォーム DevOps 技術領域 特権ID管理 ビッグデータ クラウドセキュリティ AIソリューション 課題特化型ソリューション AIヒューマンエージェント(自社) ファイルサーバ分析/ データ移行(自社) BI/分析プラットフォーム クラウドコンタクトセンタ Unified Communication コンタクトセンタ分析/ 可視化(自社) 自然言語処理AIエンジン(自社) クラウド監視/可観測性 プラットフォーム 業務自動化 RPA・AI-OCR クラウドアプリケーション開発&ソリューション <DX戦略・デジタル化企画支援> ビジネスのデジタル化構想策定支援 デジタルBPR・業務自動化・RPA導入支援 <AI化支援・データ活用技術支援> データ活用/可視化/BI導入支援 AI導入支援 <音声・クラウドコンタクトセンタ技術支援> コンタクトセンタクラウド化・可視化支援 デジタル化/DX化支援 コンサルティング&ソリューション クラウドネイティブ化/運用自動化/リリースの高速化を推進する テクノロジ&ソリューション <AWS/クラウド基盤技術支援> ・AWSを中心とするパブリッククラウドにおける ・アーキテクチャ策定/設計/構築支援 ・オンプレ2クラウド移行及びクラウドネイティブ化支援 ・アプリおよびインフラのCI/CD導入支援 ・運用自動化の方式策定/設計/構築支援 ・データレイク/DWH基盤の設計/構築支援 <UI/UXデザイン先行開発支援> ・ビジネスモデルデザインおよび情報設計 ・業務系システムに特化したUI/UXの最適化 ・上流工程におけるUIプロトタイプ駆動による高速開発
  10. 10 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. 事例紹介

  11. 11 ©AR Advanced Technology All Right Reserved. AWS導入事例のご紹介 1. クラウドネイティブ化支援

    2. アプリケーションモダナイズ支援 3. データレイク導入支援 4. セキュリティ・運用事例 5. CI/CD環境導入支援
  12. 12 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 事例:AWSアーキテクチャの最適化

    学校法人:Webサービス基盤のアーキテクチャ最適化 ⮚顧客側でのAWSナレッジが不足したまま構築とサービスインを優先したため、 ベストプラクティスに沿わない構成となっており、セキュリティ、性能面に懸念が生じていた。 ⮚現行システムのアセスメント・新構成検討・更改までをスピーディーに実施、 サービス影響が大きいセキュリティ面の強化、性能改善を優先的に実現した。 ✔Web/AP基盤の見直し(システム分離、EC2のASG登録、等) ✔セキュリティ面の強化(サブネット分割、WAF、脆弱性診断、証跡管理の導入等) ✔CI/CDパイプラインの整備 Before After
  13. 13 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 事例:AWS/クラウド基盤技術支援・IaC

    メディア: マイクロサービスアーキテクチャ導入コンサル ⮚会員制の記事閲覧Webシステム ⮚CDN及びAPIを利用したマイクロサービスアーキテクチャの組み合わせにより高速レスポンスを実現 ⮚フルマネージドな構成により、バックエンド側でキャッシュ更新処理の完全自動化を実現 ⮚インフラリソースをソースコードで抽象化、自動払い出しを実現 ✔CloudFront+Lambda@Edgeにより、 既存の認証APIと連携しつつ、 ユーザーへの高速レスポンスを実現 ✔ALB+Fargate+DynamoDBにより、 サーバレスなスケーリング環境を構築 ✔AWS CDKを利用し、 ソースコードでインフラリリースを定義 構築、運用工数の低減を実現
  14. 14 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 事例:AWS/クラウド基盤技術支援・データレイク

    官公庁: 大規模データのデジタル基盤策定・導入 ⮚データレイク環境とETL処理基盤の構築 ⮚イベントドリブン駆動によるETL処理実行とDBへのデータ登録の実行 ⮚AWSのクラウドネイティブなサービスを利用することによるセキュリティ等の担保 ✔セキュリティ/ログ/権限などさまざまなAWSサ ービスを連携させることで可能な限り工数を掛 けずに管理機能を実装 ✔GlueのETL処理により整形されたファイルがS3 に置かれ、S3イベントハンドラによって Lambdaが起動、DynamoDBへデータを登録 ✔S3をデータレイク基盤として構築し外部からフ ァイルを置くとS3のイベントハンドラがイベン トを検知しGlueを起動しETLを自動的に実行
  15. 15 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 事例:AWS/クラウド基盤技術支援・データレイク・データウェアハウス

    購買データの分析基盤の設計・構築 ⮚ETL処理基盤およびデータレイク・データウェアハウスの構築 ⮚異なるデータ形式に対応する柔軟なETL処理の実施 ⮚AWSのクラウドネイティブなサービスを利用することによるセキュリティ等の担保 ✔AWSマネージドサービスを用いることにより 結合度の低いシステムを実現 ✔クレジットカードなどの個人情報を削除したデ ータを標準化しS3に格納 ✔Glueを用いてRedshiftのデータを分 析し、データマートのRDSへロード ✔その他AWSサービスを用いて セキュリティ/ログ管理/ジョブ管理/ システム監視/監査などのシステムを 効率的に構築
  16. 16 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 事例:AWS/クラウド基盤技術支援・データレイク・データ提供

    POSデータ連携のデータレイク、API基盤 ⮚マネージド・サーバレスなジョブ実行基盤 ⮚連携先拡大を見据えたREST APIの実装、ページネーション処理の実装 ⮚AWSのクラウドネイティブなサービスを利用することによるセキュリティ等の担保 Point 1 Point 2 Point 3
  17. 17 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 ⮚数千万ユーザのアクセスに耐えられるクラウドネイティブなアーキテクチャ

    ⮚一般サービスアクセス/社内システム連携/外部システム連携をセキュアにネットワーク制御 ⮚AWSマネージドサービスをフル活用した効率的な運用環境 ✔機能単位のコンテナをそれぞれク ラスタリングし、autoスケーリン グにて高負荷対策の実現 ✔AWSマネージドサービスを活用 したセキュリティ・運用、パッチ 適用、ジョブ管理などの運用機能 の実現 ✔接続先の種別毎のSubnet作成/ ルーティングおよびSecurity Groupによるアクセス制御により セキュアネットワークの実現 事例:AWS/クラウド基盤技術支援・セキュリティ 官公庁: クラウドネイティブアーキテクチャの策定・導入 他システム 他システム 他システム 他システム
  18. 18 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 事例:統合監視基盤

    官公庁:統合監視基盤の導入 ⮚4システムの統合監視基盤の導入(対象ホストは100台程度) ⮚死活監視、リソース監視、プロセス監視、AWSサービス監視、ログ監視を Zabbix+CloudWatchで実現
  19. 19 ©AR Advanced Technology All Right Reserved 概要 プロジェクト内容 事例:AWS/クラウド基盤技術支援・CI/CD

    自動車メーカー: アプリおよびインフラのCI/CD方式策定・導入 ⮚日次数件の本番環境への新規・変更リリース ⮚アプリ開発者または運用者によるインフラ追加・構成変更のデプロイ ⮚AWSマネージドサービスをフル活用したCI/CD環境 ✔ユースケースより定義されたStackについてインフラを コード化を実施。 CodePipelineによる制御の元、 CloudFormationによるプロビジョニングを実現 ✔CodeBuildによる静的解析、ビルド及びテスト自動実行 の結果をインプットとしたSNSを活用した承認フローを 実現 ✔S3にアップするデプロイ情報ファイルを起点として、 CodePipelineによるCI/CDフローの全体制御を実現 ✔CodeBuild/CodeDeployを活用し、コンテナイメージ からのコンテナデプロイを実現
  20. 20 ©AR Advanced Technology All Right Reserved ARアドバンストテクノロジ株式会社【略称:ARI】 URL:https://ari-jp.com 渋谷本社

    〒 150-0002 東京都渋谷区渋谷1-14-16 渋谷野村證券ビル8F TEL : 03-6450-6080 FAX : 03-6450-6088 関西支社 〒 530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-5-17 堂島グランドビル8F TEL : 06-6136-4900 FAX : 06-6136-4901 名古屋支社 〒 450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-23-13 名古屋大同生命ビル3F TEL : 052-446-8070 FAX : 052-446-8071 note 社員インタビューや オフィス環境などを記事にして紹介しております。 https://note.com/ari_hr Facebook インタビュー記事やイベント情報や日常の風景を紹介しております。 https://www.facebook.com/ARadvancedtechnologyInc/ Qiita 社員が技術情報や学びの記録を発信しております。 https://qiita.com/organizations/ari-group