忘年キー 2019 LT 構造主義的キーボード史観

191e95d4b1db10818fa15181dad4ddd2?s=47 Biacco42
December 30, 2019

忘年キー 2019 LT 構造主義的キーボード史観

自作キーボードというものがなぜ拡大し、市場に受け入れられつつあるのでしょうか?それは偶然なのでしょうか、それとも必然?近年の自作キーボード流行の背景を、観測的な歴史からではなく構造主義的な必然性で解釈し、自動車や時計、万年筆など他の同様の構造を持つ製品とのアナロジーを用いて、自作キーボードの将来を少しだけ予想しました。

191e95d4b1db10818fa15181dad4ddd2?s=128

Biacco42

December 30, 2019
Tweet

Transcript

  1. None
  2. 構造主義的キーボード史観 2019 → 2020 Biacco42

  3. 構造主義とは? おもにフランスにおいて,現代科学の多く の分野に共通する思想運動の一般的傾 向。人文現象を全体的,有機的な構造と の関連でとらえ,かつ模型 (モデル) を援 用してこの構造の解明を目指し,歴史的 ,時間的な経過を記述するよりも,それら の生起を可能ならしめる構造もしくはシス

    テムの分析を重んじた。 ― ブリタニカ国際大百科事典 クロード・レヴィ=ストロース (仏 1908-2009)
  4. 自作キーボードを支 える構造 中国等の高度で高効率な生産シ ステムの拡充・少量多品種製造の 一般化による生産の民主化 インターネットによるオンラインコ ミュニティの一般化 キーボード誕生から 50 年を経て

    嗜好品としての対象に 生産技術 (コスト減・高度化) コミュニティ (探求の支援) 嗜好品化
  5. 類似の構造を 見出す ・腕時計 ・万年筆 ・自動車 ・革製品 嗜好品化 生産技術 (コスト減・高度化) コミュニティ

    (探求の支援)
  6. 時計のたどった 歴史 時間を知るという機能性がもたら す合理的な利益のための装置 (農業 → 社会の効率化) から、 生産技術の発展によりコモディティ 化が進行、スマホ等のデバイスに

    より必然性が失われる中 嗜好品と して高級化・芸術作品化 する方向 と、ガジェットとして新規性を求める ・カジュアルファッション としての方 向に分化した。 高級化・芸術化 機能性 新規性・低価格化
  7. アナロジーによる分 析 時計で見られたとおり、もともとは 機能性を求めて生産され (大規模 ・高価)、後にコモディティ化しメンブ レンキーボードがすべてを駆逐し たと思われたが、スマホの台頭に より必然性が低減し、近年に見ら れる

    Custom Keyboard などの高 級化・芸術作品化と、分割・列 Staggered などの新規性・(相対的 に)低価格路線・キーキャップ等の カジュアルファッション に分化した。 高級化・芸術化 機能性 新規性・低価格化 https://keycult.io/collections/june-2019-release/products/no-1-rev-1
  8. 若者のキーボード離 れ? 自動車は「若者の車離れ」と言わ れるように、現代では所有のアイコ ンとしての存在感を失いつつある。 キーボードも同じだろうか?

  9. アナロジーからの生 存戦略 すでにキーボードは 実用製品とし てのニーズのフェーズは超えてし まったかもしれない。 時計や自動車がたどった、今たど りつつある歴史を、キーボードも急 速に追い上げつつある。 モータースポーツにおける自動車

    やステータスとしての腕時計のよう に、プロの道具・嗜好品や記号 とし て、個人化こそが価値の中心に なってくる? 多機能化 プラットフォーム化 ウェアラブル 高級路線多様化 パーツチューン 痛車 競技スポーツの道具 (それを個人が入手) シェアリング エコノミー
  10. アジアで私を怖れさせたものは、アジアが先行して示している、われ われの未来の姿であった。 ― 悲しき熱帯 (レヴィ・ストロース)

  11. 2019 もありがとうございました。 2020 もよいキーボードを!