Firebase for Web

Firebase for Web

GCPUG KOBE #6 ~GoogleファミリーのFirebaseで遊び倒す!~

52f95e52a6d71b67361ac179fb8405f4?s=128

chimame

June 19, 2019
Tweet

Transcript

  1. Firebase for Web 2019/06/19 GCPUG Kobe #6 rito

  2. Agenda ❏ 自己紹介 ❏ Webアプリケーションに必要なインフラ達 ❏ Firebaseの特徴 ❏ Webアプリケーションを支えるFirebaseの機能 ❏

    Authentication ❏ Cloud Firestore ❏ Cloud Storage ❏ Hosting ❏ Cloud Messaging ❏ まとめ 2
  3. 自己紹介 名前: rito 職業: Webエンジニア (アプリケーションエンジニア) 分野: Ruby on Rails,

    Nodejs, React, Docker, AWS, GCP 所属: Ateam Finergy Inc. CTO コミュニティ: Rails follow-up Osaka Osaka Web Developers Meetup twitter: @chimame_rt GitHub: chimame 3
  4. Webアプリケーションに 必要なインフラ達

  5. ベーシック構成 5 Cloud Load Balancing Cloud Storage Cloud DNS Compute

    Engine Cloud Datastore Cloud SQL Cloud Memorystore Cloud Functions Web http Cloud CDN
  6. 1から全て構築した経験がある人は❓ 6

  7. 7 経験者でもそこそこ 面倒 時間がかかる

  8. Webアプリケーションインフラ構築の課題 ❏ Webアプリケーション全体としてはフロントだけで はなく、バックエンドやインフラも必要 ❏ フロントからバックエンドまで全部管理するにはな かなか大変 ❏ 仮にWebアプリケーションをオンプレで構築する と…

    8
  9. 9 主要PaaS

  10. フロントからバックエンドまで 全部構築するのはなかなかしんどい 10

  11. 11

  12. Firebaseの特徴

  13. “ 13 Firebaseとは ◂ 2014年にGoogleが買収し、Google Cloud Platformの仲間入り ◂ FirebaseはmBaaS(mobile backend

    as a service)であり、名の通りモバイルアプリ ケーション向けのバックエンドサービス ◂ バックエンドサービスが高機能かつ多種存在
  14. 14 Cloud Load Balancing Cloud Storage Cloud DNS Compute Engine

    Cloud Datastore Cloud SQL Cloud Memorystore Cloud Functions Web http ベーシック構成 基本的な構成での カバー範囲はというと…
  15. 15 Cloud SQL Cloud Memorystore Web http ベーシック構成 Cloud Load

    Balancing Cloud Storage Cloud DNS Compute Engine Cloud Datastore Cloud Functions Cloud CDN
  16. 16 Cloud SQL Cloud Memorystore Web http ベーシック構成 Cloud Load

    Balancing Cloud Storage Cloud DNS Compute Engine Cloud Datastore Cloud Functions Cloud CDN Fireabaseが提供するバックエンド サービスでカバーできる範囲
  17. 17 Cloud SQL Cloud Memorystore Web http ベーシック構成 Cloud Load

    Balancing Cloud Storage Cloud DNS Compute Engine Cloud Datastore Cloud Functions Cloud CDN Google Cloud Next ‘19で発表されたCloud Runと連携することでカバー可能
  18. Webアプリケーションを 支えるFirebaseの機能

  19. 19 Authentication

  20. 概要 ◂ その名の通り認証(ログイン)機能を提供 ◂ SNS認証はもちろんメール、電話番号とこのサー ビス1つで 様々な認証 に対応 ◂ この機能を使うだけでもFirebaseを使用するとい

    う価値有 20
  21. 21 Cloud Load Balancing Cloud Storage Cloud DNS Cloud Datastore

    Cloud SQL Cloud Memorystore Cloud Functions Web http Cloud CDN ベーシック構成 Compute Engine 各種SNS この部分を提供しているイメージ
  22. 実装例 22

  23. クライアント 23 Hosting Firebase Authentication 各種SNS APIサーバ SNSログインボタン ID、パスワード入力 301

    redirect ユーザおよびtoken作成 ログイン画面 token付きリクエスト token 検証 処理の流れ ユーザ(token)返却
  24. クライアント 24 Hosting Firebase Authentication 各種SNS APIサーバ SNSログインボタン ID、パスワード入力 301

    redirect ユーザおよびtoken作成 ユーザ(token)返却 ログイン画面 token付きリクエスト token 検証 処理の流れ
  25. // GitHubアカウントでログイン const provider = new firebase.auth.GithubAuthProvider() const handleSignIn =

    async () => { try { await firebase.auth().signInWithPopup(provider) } catch (e) { console.log(e.message) } } <button onClick={handleSignIn}>SignIn</button> 25
  26. クライアント 26 Hosting Firebase Authentication 各種SNS APIサーバ SNSログインボタン ID、パスワード入力 301

    redirect ユーザおよびtoken作成 ユーザ(token)返却 ログイン画面 token付きリクエスト token 検証 処理の流れ
  27. let loginUser = null firebase.auth().onAuthStateChanged(user => { if (user) {

    // ログインされたユーザを保存 loginUser = user // token取得は以下 // loginUser.getIdTokenResult() } else { loginUser = null } }) 27
  28. ログインだけならこれでOK 28

  29. APIサーバも認証をかけたい 29

  30. クライアント 30 Hosting Firebase Authentication 各種SNS APIサーバ SNSログインボタン ID、パスワード入力 301

    redirect ユーザおよびtoken作成 ユーザ(token)返却 ログイン画面 token付きリクエスト token 検証 処理の流れ
  31. // リクエストする毎にgetIdTokenResultする // なぜならtokenの有効期限はデフォルトで1時間のため、1時間毎に変わる fetch('https://example.com', { headers: { 'Authorization': `Bearer

    ${loginUser.getIdTokenResult()}` } }).then(function(response) { return response.json() }).then(function(json) { ... }) 31
  32. クライアント 32 Hosting Firebase Authentication 各種SNS APIサーバ SNSログインボタン ID、パスワード入力 301

    redirect ユーザおよびtoken作成 ユーザ(token)返却 ログイン画面 token付きリクエスト token 検証 処理の流れ
  33. import * as admin from 'firebase-admin' // クライアントから送られてきた tokenを検証 admin.auth().verifyIdToken(token)

    .then(function(decodedToken) { var uid = decodedToken.uid; // ... }).catch(function(error) { // Handle error }) 33
  34. Nodejs、Java、Python、Go、C#なら Firebase-adminのライブラリが提供されている それ以外の言語は自分で検証ロジックを 実装すれば可能で、仕様は以下を参照 https://firebase.google.com/docs/auth/ad min/verify-id-tokens?hl=ja#verify_id_tok ens_using_a_third-party_jwt_library 34

  35. 35 Cloud Firestore

  36. 概要 ◂ NoSQLデータベースを提供 ◂ クライアントのデータベースに書き込みを行うこと で、オンライン時に同期 (なのでオフラインでも動作可能) ◂ Webに対応しているのはCloud Firestoreのみ

    (Realtime Databaseは非対応) 36
  37. 37 Cloud Load Balancing Cloud Storage Cloud DNS Cloud SQL

    Cloud Memorystore Cloud Functions Web http Cloud CDN Compute Engine ベーシック構成 この部分を提供しているイメージ Cloud Datastore
  38. 38 Server Client

  39. 39 Server Client ローカルに書き込む要領で データを保存

  40. 40 Server Client オンライン時に自動的に サーバに保存

  41. 41 Server Client オンライン時に自動的に サーバからデータを取得

  42. DEMO 42

  43. const db = firebase.firestore() let writing = false const handleMouseMoveWriting

    = (e) => { if (!writing) { writing = true setTimeout(() => { db.collection("lines").add({ x: e.clientX, y: e.clientY }) }, 100) } } 43
  44. // onSnapshotでデータの変更を監視 db.collection('lines').onSnapshot(doc => { doc.docs.forEach(d => { const div

    = document.createElement('div') const { x, y } = d.data() div.style.left = x div.style.top = y element.appendChild(div) }) }) 44
  45. 45 Cloud Storage

  46. 概要 ◂ その名の通りファイル保存サービス ◂ Authenticationと連携し、read(ダウンロード) とwrite(アップロード)を制御することが可能 46

  47. 47 Cloud Load Balancing Cloud SQL Cloud Memorystore Cloud Functions

    Web http Compute Engine Cloud Datastore Cloud DNS Cloud CDN ベーシック構成 この部分を提供しているイメージ Cloud Storage
  48. 48 Hosting

  49. 概要 ◂ 静的なWebサイトを公開することが可能 (SPA向き) ◂ 配信にはグローバルなCDNのエッジサーバから SSLにて配信 ◂ APIが必要な場合もCloud Runを用いて容易に

    構築が可能 new 49
  50. 50 Cloud Load Balancing Cloud SQL Cloud Memorystore Cloud Functions

    Web http Compute Engine Cloud Datastore ベーシック構成 この部分を提供しているイメージ Cloud DNS Cloud CDN Cloud Storage
  51. deploy方法 51

  52. $ npm install -g firebase-tool $ firebase login $ firebase

    init $ firebase deploy 52
  53. $ npm install -g firebase-tool $ firebase login $ firebase

    init $ firebase deploy 53 これで作成される firebase.json が大事
  54. // firebase.json { "hosting": { "public": "build", "ignore": [ "firebase.json",

    "**/.*", "**/node_modules/**" ], "rewrites": [ { "source": "**", "destination": "/index.html" } ] } } 54 create-react-appでの使用例
  55. // firebase.json { "hosting": { "public": "build", "ignore": [ "firebase.json",

    "**/.*", "**/node_modules/**" ], "rewrites": [ { "source": "**", "destination": "/index.html" } ] } } 55 どのディレクトリを対象とするか
  56. // firebase.json { "hosting": { "public": "build", "ignore": [ "firebase.json",

    "**/.*", "**/node_modules/**" ], "rewrites": [ { "source": "**", "destination": "/index.html" } ] } } 56 アップロード対象外とするファイル
  57. // firebase.json { "hosting": { "public": "build", "ignore": [ "firebase.json",

    "**/.*", "**/node_modules/**" ], "rewrites": [ { "source": "**", "destination": "/index.html" } ] } } 57 特定ルーティング時の挙動 例はすべてのルーティングをindex.htmlへ react-router を使用していれば
  58. rewrite定義を こんな感じに変更すると… 58

  59. // firebase.json { "hosting": { ..., "rewrites": [ { "source":

    "/api/**", "run": { "serviceId": "cloud-run-name", "region": "us-central1" } }, { "source": "**", "destination": "/index.html" } ] } } 59 /apiのルーティングはCloud RunというGoogle Cloud PlatformにデプロイされたDockerコンテ ナにリクエストされる
  60. 60 Cloud SQL Cloud Memorystore Cloud Functions Cloud Datastore ベーシック構成

    /apiはこっちのルートへ Cloud DNS Cloud CDN Cloud Storage Cloud Load Balancing Compute Engine Web http
  61. 61 Cloud SQL Cloud Memorystore Cloud Functions Cloud Datastore ベーシック構成

    /api以外はこっちのルートへ Cloud DNS Cloud CDN Cloud Storage Cloud Load Balancing Compute Engine Web http
  62. Cloud Runとの連携メリット ◂ 同一ドメインでのアクセスなのでAPIをクロスドメイ ンで受ける必要はなくなる ◂ 設定次第ではあるが /(ルート) 以外はCloud Runに流して、Nextjs/Nuxtjs等のSSR実施のた

    めのリクエストとするということも可能 62
  63. Cloud Runとの連携デメリット ◂ GCP側のCloud Runを有効にするとFirebase のSparkプランからBlazeプランに自動的に変更 される 63

  64. 64 Cloud Messaging

  65. 概要 ◂ サーバからクライアントへデータを発信(PUSH通 知)するサービス ◂ PWAを用いて通知処理を実施 ◂ 発信(サーバ)と受信(クライント)には多少の実装 が必要 65

  66. 66 Cloud Load Balancing Cloud SQL Cloud Functions Web http

    Cloud Datastore Cloud DNS Cloud CDN Cloud Storage ベーシック構成 この部分を提供しているイメージ (RedisをPub/Subで使用) Cloud Memorystore Compute Engine
  67. 実装例 67

  68. クライアント 68 Firebase Authentication APIサーバ token要求 tokenの通知 push通知 通知受信 処理の流れ

    push通知の許可 tokenの保存
  69. クライアント 69 Firebase Authentication APIサーバ token要求 tokenの通知 push通知 通知受信 処理の流れ

    tokenの保存 push通知の許可
  70. // ここはアプリケーション内の JavaScript const messaging = firebase.messaging() // push通知許可 await

    messaging.requestPermission() // ここは /firebase-messaging-sw.js を用意して記述しておく importScripts('https://www.gstatic.com/firebasejs/5.7.3/firebas e-app.js') importScripts('https://www.gstatic.com/firebasejs/5.7.3/firebas e-messaging.js') firebase.initializeApp({ 'messagingSenderId': 'your project messaging send id' }) const messaging = firebase.messaging() 70
  71. クライアント 71 Firebase Authentication APIサーバ token要求 tokenの通知 push通知 通知受信 処理の流れ

    tokenの保存 push通知の許可
  72. const messaging = firebase.messaging() // tokenを取得する const defaultToken = await

    messaging.getToken() // tokenは定期的に更新される messaging.onTokenRefresh(() => { messaging.getToken() .then((token) => { // サーバにtokenの変更を知らせる // fetch(‘http://example.com/answer’) }) .catch((err) => { console.error(err) }) }) 72
  73. クライアント 73 Firebase Authentication APIサーバ token要求 tokenの通知 push通知 通知受信 処理の流れ

    tokenの保存 push通知の許可
  74. 74

  75. クライアント 75 Firebase Authentication APIサーバ token要求 tokenの通知 push通知 通知受信 処理の流れ

    tokenの保存 push通知の許可
  76. const messaging = firebase.messaging() // アプリケーションのJavaScriptにonMessageを書くパターン // これが呼ばれる条件は「該当の Webアプリ(のページ)がアクティブであるこ と」

    messaging.onMessage((payload) => { console.log(payload) }) 76
  77. // /firebase-messaging-sw.js にsetBackgroundMessageHandler を書くパ ターン // これが呼ばれる条件「該当の Webアプリ(のページ)がアクティブでないこと and サーバPUSHのデータに`notification`が存在しないこと」

    messaging.setBackgroundMessageHandler ((payload) => { const notificationTitle = 'Background Message Title' const notificationOptions = { title: 'push-test-web', body: 'push-test-web: Background Message body' , icon: '/favicon.ico', } return self.registration.showNotification(notificationTitle, notificationOptions) }) 77
  78. DEMO 78

  79. ただ、こいつは若干クセがあります 79

  80. 【その1】 通知するためのサーバエンドポイントが 2種類ある 80

  81. レガシーAPI: https://fcm.googleapis.com/fcm/send HTTP v1 API: https://fcm.googleapis.com/v1/projects/ <your sender id>/messages:send 81

  82. 【その2】 通知を受け取るパターンが 3パターンあり、1つは表示がプログラムで変 更できない 82

  83. 83 呼ばれるハンドラー条件 画面アクティブ notification有無 onMessage ◦ - setBackgroundMessageHandler ☓ ☓

    非プログラミング ☓ ◦
  84. まとめ

  85. まとめ ◂ Firebaseを使用することでバックエンド、特にイン フラ構築コストを削減することが可能 ◂ ネイティブアプリだけでなく、Webでも活用するこ とが可能 ◂ Google Cloud

    Platformと連携すれば更に便 利になる ◂ デモで使用したコードはこちら https://github.com/chimame/firebase-sample 85
  86. 86

  87. 87

  88. 88 Thanks! ご清聴ありがとうございました。 ◂ rito ◂ @chimame_rt