Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

受託で「楽しい開発」を突き詰めて価値を再定義してみた

 受託で「楽しい開発」を突き詰めて価値を再定義してみた

受託・技術支援が中心の会社が、これから先の共創の時代にも価値を出していくために「楽しい開発」の価値を再定義してみました。
今までの楽しかった開発を振り返ると、「お客様と私たちが共に作る」という関係が構築できたことにあったと思います。それを偶然のものではなく再現可能なものにするために必要なことを突き詰めて行ったら、一つのコンセプトとして形になり、サービスとして展開することになりました。 その過程で考えてきたこと、悩んだことを振り返ってみます。

A101f74d588593108432afc2dec834f2?s=128

阿部 信介

July 30, 2021
Tweet

Transcript

  1. 受託で「楽しい開発」を突き詰めて
 価値を再定義してみた
 クラスメソッド株式会社 阿部信介
 Developers Summit 2021 Summer
 1

  2. 2 ご挨拶 短い時間ですが、何か一つでも みなさんの心に残るお話が できると嬉しいです。 本日はよろしくお願いします。

  3. 3 今日お話ししたいこと

  4. 4 これが

  5. 5 こうなって

  6. 6 ムネアツ台詞をいただくまでの話 「文化を作る仕事なんですね」

  7. 7 エピソードとして触れるだけのもの • 個人のキャリアパス(チャンスの掴み方とか) • 新規事業の立ち上げ方(ツールセットとか) • 受託の未来がどうあるべきか(正解はたくさんある)

  8. 8 注意事項 • 「その時に考えていたこと」を重視 • 今日のお話は今のサービスの姿とは違うかも • 同じ事業を推奨するわけではない

  9. 9 自己紹介

  10. 10 自己紹介 阿部 信介(Shinsuke Abe) • クラスメソッド株式会社 ◦ CX事業本部 内製化支援チーム

    • マネージャ(事業担当) • 開発マネージャの経験長い • 好きなAWSサービス ◦ Lambda https://dev.classmethod.jp/author/abe-shinsuke/
  11. 11 略歴 • パチンコ店向け設備データ管理プログラム開発 • 中小SIerにてSESでのシステム開発 • 教育系事業会社のシステム子会社にてアプリケーション 開発および開発リーダー •

    ショッピングセンター管理システムの開発マネージャ • クラスメソッド入社(2018年7月) ◦ サーバーレス開発部マネージャ ◦ CX事業本部で採用や評価プロセスの策定、メンテナンス ◦ 現在、内製化支援チームのマネージャ
  12. 12 クラスメソッドについて

  13. 13 ブログとAWSの会社? 大体あってる

  14. 14 受託開発やってたの? 事業領域は意外と広い

  15. 15 受託開発やってたの? 所属部門はモロ受託開発事業

  16. 16 内製化支援について

  17. 17

  18. 18 内製化実現サービスはじめました • 組織づくりを支援します • ナレッジの定着を支援します • もちろん技術面も支援します

  19. 19 自走支援のためのプロフェッショナルサービス • ロードマップとアクション 作り • ハンドリングが目標 • 支援内容はヒアリングで

  20. 20 具体的にどういう支援をしているか(一部抜粋) • スキルが属人化しているチームでナレッジ定着のための ロードマップ、仕組み作り • 採用基準や募集要項の作成支援 • 保守・運用体制構築支援(技術支援含む)

  21. 21 前提知識おしまい

  22. 22 プロローグ

  23. 23 2020年10月、 長野県の会議室にて

  24. 24 全てはここから始まった とあるミーティング後のホワイトボード

  25. 25 部門マネージャミーティング • テーマ「競争優位性をこ れからも維持できる か?」 • 我々が求められているこ とを捉え直す

  26. 26 クライアントが期待してることは? • 顧客の課題を解決し • ビジネスの成果をあげた い • 専門家との共創 •

    なるべく早く
  27. 27 つまりどういうことか? この流れをとにかく早くしたい

  28. 速く柔軟に市場投入する 28 求められるのは速さと柔軟性 VUCA Un- controllable Adaptation

  29. 29 ビジネス環境を考えると 本当は内製できるのが一番いい

  30. 30 でも 内製できる事業会社は多くない

  31. 31 なぜ内製が難しいのか? 「IT人材白書2020」より 出典元:https://www.ipa.go.jp/files/000085256.pdf

  32. 32 クライアントが期待してることは?(再掲) • 顧客の課題を解決し • ビジネスの成果をあげた い • 専門家との共創 •

    なるべく早く
  33. 33 価格競争になっていない案件 できていた仕事はあった

  34. 34 どういう案件だったか • 技術力メインのはずがどんどん要望が出てきた • それに答えていく過程で信頼関係が築かれた • 事業に向かって一緒に伴走できる会社を求めていた • クライアントの内製チームのような関係性

  35. 35 楽しい開発でもあった(はず) • チームのモチベーションは高い • チャレンジングな課題がある • 信頼されているのがわかる

  36. 36 新しい取り組みの方向性(イメージ先行) よし、再現しよう

  37. 37 思いつきで終わらせないために で、誰が担当するの?

  38. 38 時を同じくして一人の男のジョインが決定 • 高柳 謙(gaoryu) • ファシリテーションを重視した組織開発を支 援 • そのまま開発プロジェクトに入ってもらうの

    はもったいない • 個々のプロジェクトだけでなく横断的にパ フォーマンス出して欲しい • この人と一緒ならこのコンセプト実現できる と思った
  39. 39 手をあげた

  40. 40 サービス立ち上げまでのストーリー

  41. 41 詳しいお話はブログにも 細かくどのようなことに取り 組んだかは、 ブログに書いています

  42. コンセプト決め 2021年1月〜2021年3月 ヒアリング プレスリリース 42 サービス立ち上げまでの流れ

  43. 43 サービスコンセプトを決める

  44. 44 使ったツール・フレームワーク類 リーンキャンバス 繰り返し作った チラシ作成

  45. 45 ヒアリングや壁打ちを通じて ブラッシュアップ

  46. 46 ヒアリング(事業部内) • 部内の各チームに • 「内製化」の印象 • 現場での課題感 • コンセプトへの期待感

  47. 47 壁打ち(他部門) • 部門長に特攻 • 内製や自走への思い • チラシの感想

  48. 48 ヒアリングや壁打ちで見えたクライアントのこと • やりたいことや進め方が わからない • 技術がわかる人がいない /評価できない • やってくれることのイメー

    ジがわからない
  49. 49 どういう関係だったか • 「もっと踏み込んで欲し い」 • 「もっと活用してほしい」 • できるかどうかは担当者 次第

  50. 関連する話になるように準備 50 他部門への壁打ちをどう準備したか? オープンな 議論の場 他部門の キーワード キーワードを 説明の導入に

  51. 51 この活動中に考えていたこと • オープンにフィードバック をもらう • 自分たちで決める • 理想から入る

  52. 52 活動の痕跡

  53. 53 価値の核心に据えたこと

  54. 54 ヒアリングや壁打ちで見えたクライアントのこと • やりたいことや進め方が わからない • 技術がわかる人がいない /評価できない • やってくれることのイメー

    ジがわからない
  55. 55 やりたいことや進め方がわからない • 予測ができない • 正解がたくさんある • 探索的な進め方を知らな い •

    スピード感が出ない
  56. 56 戦略例:OODAループ

  57. 57 やりたいことや進め方がわからない • 予測ができない • 正解がたくさんある • 探索的な進め方を知らな い •

    スピード感が出ない
  58. 58 技術がわかる人がいない・評価できない • 今やってることが最適な のかわからない • 仕事の違いがわからない • 採用・評価の基準がない

  59. 59 やってくれることのイメージがわからない • 自走支援に期待してる • どこまでできればいいか わからない • 何をお願いすればいいか わからない

    ?
  60. 60 どういう関係だったか(再掲) • 「もっと踏み込んで欲し い」 • 「もっと活用してほしい」 • できるかどうかは担当者 次第

  61. 61 ぶっちゃけ・・・ • 今でもお金はもらえる • 我々の社会的価値は高 まらない • それでいい?嫌だ!

  62. 62 どういう関係でいたいのか • 目的を共有している • それぞれがリーダー • お互いを信頼している • そして事業が成長する

  63. 63 これはきっと楽しい

  64. 「楽しさ」の要素 64 内発的動機付け 自主性 成長 目的 https://www.ted.com/talks/dan_pink_the_puzzle_of_motivation/up-next?language=ja

  65. 65 自社の事例を読む 双方が評価している事例

  66. 66 自社の事例を読む • 「らしくできた」事例 • 何が評価されているか • 技術だけではなかった • 一緒に作る姿勢

    受発注者が積極的に連携して いっしょに作ってほしい 一緒に考え、時には進め方を相 談できる
  67. 67 ここで見えてくる「らしさ」は何か?

  68. 68 Classmethod Leadership Principle 我々の価値観の中核 リーダーシッ プ パートナー シップ ダイバー

    シティ プロフェッ ショナル 感謝 顧客視点 フィードバッ ク 情報発信 やってみる 楽しむ
  69. 69 「らしさ」の言語化 • 「らしく」成果を出す人の 特徴 • 内部からも外部からも評 価されてる • トップダウンの押し付けで

    はない
  70. この三つが色濃く出ていた 70 「らしくできた」事例には リーダー シップ プロフェッショ ナル 顧客視点

  71. 71 サービスのあり方 クラスメソッド「らしく」 クライアントと楽しく仕事をする

  72. 技術サービスの届け方を変える 72 クライアントと楽しく仕事をするためには? ボトルネックを 学ぶ 技術を活かす ためのプラン ワンチームを 目指す

  73. 73 社内向けキャッチコピー 事業にクラメソをインストール

  74. 74 価値の核心 • 我々の文化 ◦ Classmethod Leadership Principle • 経営理念

    ◦ オープンな発想と高い技術力により、すべての人々の創造活 動に貢献し続ける • 積み重ねてきた技術力 ◦ 「それ試してます」と言える技術力
  75. 75 やっていて辛かったこと それでもやれた理由

  76. 76 この章でお話しすること この章で話すことは ブログに書いています

  77. 77 リーンキャンバス(1回目) 何か気分が上がらない

  78. 理想から物事を考えることに対する恐れ 78 なぜ気分が上がらなかったのか? 考えが 小さくなった 巻き込む人を 少なくしたい できなかった 時どうする?

  79. 79 簡単に言うと これ、俺らがやる意味は? ってなった

  80. 80 リーンキャンバス(1回目) 教科書的でありきたりな内容 掘り下げが 足りてない課題 どこかで聞いたよ うな提案 本当に 独自性ある?

  81. 81 コンフォートゾーンを出る • 自分たちは技術、 ビジネスは事業 • 変えることへの恐怖 • まだ大丈夫

  82. 82 コンフォートゾーンを出る • 自分たちは技術、 ビジネスは事業 • 変えることへの恐怖 • まだ大丈夫 •

    実際にクライアントは求 めている • 誰かがいつかやる • 後からで追いつけるか
  83. 83 というわけで リーンキャンバスを 作り直すことにした

  84. 84 リーンキャンバス(2回目) 気分が上がってきた 自分たちと クライアント双方の 課題が見えた 自分たちの 今までの積み上げ を分析できた 自分たちと

    クライアントの 理想の姿
  85. 85 未知の領域ではあるが 気分が上がったことで 「やれる」という気になった

  86. 最初の一歩を踏み出しやすい環境 86 チャレンジする決断ができた理由 「今日のご飯」 「明日のご飯」 「明後日のご飯」 経営方針 失敗を詰めるより は、その失敗を糧 にしてその後どうす

    るか 情報をオープンにし てフィードバックを 歓迎する文化 未来志向 フィードバック
  87. 87 環境に助けられた 私に特別チャレンジ精神が あったわけではありません

  88. この環境を整備してください 88 今日この場にお越しのマネージャの方へ 「今日のご飯」 「明日のご飯」 「明後日のご飯」 経営方針 失敗を詰めるより は、その失敗を糧 にしてその後どうす

    るか 情報をオープンにし てフィードバックを 歓迎する文化 未来志向 フィードバック
  89. 89 そしてできたもの

  90. 90 内製化達成のためのステップ 何ができるようなればいいか、というモデル

  91. 91 自分たちが何をしていくべきか • 現状とゴールの可視化 • クライアントに合わせた 支援内容 • 進め方がわからない、に 併走する

  92. 92 プレスリリース

  93. 93 出しちゃったので腹を括る これで利益が出るように諸々考える

  94. 94 得られたもの

  95. 95 得られたもの • 我々が提供する価値と向き合う時間 • クライアントとの新しい関係 • 事業を立ち上げるという経験

  96. 96 これからの覚悟 • クライアントへの説明責任 • 時間をかけて取り組む • 多くのことができるようにチームで学ぶ

  97. 97 「文化を作る仕事なんですね」

  98. 98 「文化を作る仕事なんですね」 • ある商談でのムネアツ台 詞 • お客様からのお言葉 • 伝わった(嬉しい)

  99. 99 これから

  100. 100 スケールするビジネスモデルを作る • チームとやり方に投資する • 一緒にやる人たちを増やす • チームで学び続ける

  101. 101 次の目標 クライアントと一緒に この取り組みの話をしたい

  102. 102 以上です お時間いただき ありがとうございました。 皆さんにとって参考になる話が 一つでもあれば幸いです。

  103. 103

  104. 104

  105. 105 本スライドのイラストについて • 自作のもの以外は、Loose Drowingのイラストを利用して います • 説明のイメージを補足しやすくなりました • 感謝いたします