今学生に伝えたい, 監視の話 / okinawa_ac_lt

5e1d0f7877241ad4447c6611d9a51fd7?s=47 cohalz
July 06, 2019

今学生に伝えたい, 監視の話 / okinawa_ac_lt

沖縄学生×企業エンジニア 7月大LT大会!!! #okinawa_ac_lt
https://connpass.com/event/132178/
の発表資料です

5e1d0f7877241ad4447c6611d9a51fd7?s=128

cohalz

July 06, 2019
Tweet

Transcript

  1. 今学生に伝えたい, 監視の話 沖縄学生×企業エンジニア 7月大LT大会!!! id:cohalz

  2. 自己紹介 ・id:cohalz / @cohalz ・はてなインターン2017 Mackerelチーム ・株式会社はてな SRE (2018 ~)

  3. 監視って? ・サーバ上の様々なメトリックを元にアラート通知を飛ばす  ・ CPU使用率や残り容量など

  4. 監視って? ・そのメトリックを保存して,グラフにして見る

  5. なぜ監視の話?

  6. 今監視が大ブーム!

  7. 覚えて帰ってほしいこと ・監視ってそんなに難しくない ・開発者も監視をしてみよう

  8. 何を監視すればいいか?

  9. 何を監視すればいいか? ・「起きてほしくないこと」 ・例: Webアプリケーション  ・500エラーを返す  ・レスポンス時間の悪化  ・証明書の期限切れ

  10. まずはサービスに近いところから ・大事なのはサービスが動いているか ・個別のサーバのCPUやメモリでアラートを設定しない  ・アラートが飛びがちになる  ・代わりにグラフで傾向を見よう

  11. なんでもアラートを飛ばせばいいものでもない ・たくさんのアラートが飛んでくると?  ・「アラート疲れ」  ・「オオカミ少年アラート」 ・サービス品質をよく考えて設計する

  12. アラートが役立つ他の例 ・バッチの実行  ・失敗内容をアラートに含める ・システムのマイグレーション  ・古いホストに接続してたらアラート  ・安全にホストを落とせる

  13. アラート設計の話

  14. 昔のアラート対応 ・インフラエンジニアもしくはSREがアラートを設計  ・対応するのも同じ人 ・同じ言語・フレームワークなので対応方法が決まっていた

  15. 最近のアラート対応 ・サービスが複雑になってきた  ・言語やフレームワークもバラバラ  ・一次対応だけでは済まないことも ・サービス開発者が対応しないといけない  ・原因はアプリケーション自体にあることが多い

  16. 例: Webアプリケーションが見れなくなった ・MySQLのコネクション数が跳ね上がっていた  ・接続数上限のため調査のために繋ぐこともできない!!  ・一次対応として再起動をした

  17. 例: Webアプリケーションが見れなくなった ・MySQLのコネクション数が跳ね上がっていた  ・接続数上限のため調査のために繋ぐこともできない!!  ・一次対応として再起動をした ・実はアプリケーション側から接続を切っていなかった!!  ・開発者にアプリケーションのコードを直してもらった

  18. 開発者も監視に関わるべき ・サービスの実装を一番良くわかっている  ・実装時に懸念点があればそこを監視すればいい ・開発者がアラートを受け取る  ・根本的解決が早くなるかも

  19. コンテナ化と言語と監視 ・どの言語・フレームワークを使ってるか把握しにくくなる  ・サービスから見た最小単位がコンテナになる ・とはいえ特有の監視をしなくていい理由にはならない  ・開発者が関わるべき

  20. 監視の目的

  21. 起きてほしくないことが, 起こっていないを保証する

  22. テストに似てる

  23. テストは皆さん書いてますよね?

  24. 対象が違うだけで目的は同じ ・テストはソフトウェアだが,監視はシステムを見る http://developer.cybozu.co.jp/archives/kazuho/2010/01/cronlog-52f2.html

  25. 監視プラグイン ・プログラムを書いて対象の数字を出力するだけ  ・ヘルパプラグインがあるので意外と簡単 ・既にいろんな人が作っていて,コードの参考にもなる

  26. 監視プラグイン ・欲しいプラグインはすでに誰かが作っているかも? ・欲しい機能がなかったらOSSのPR作成チャンス!

  27. 監視以外のいろいろ

  28. 監視も万能ではない 苦手なもの ・数値にならないもの ・統計・解析 ・1リクエストの詳細

  29. 監視以外のあれこれ ・ログ ・APM (Application Performance Management)  ・分散トレーシング

  30. 監視以外のあれこれ ・ログ ・APM (Application Performance Management)  ・分散トレーシング => サービスの見える化

  31. 「推測するな,計測せよ」

  32. まとめ ・不安を安心に変えるために監視をする  ・テストと同じ  ・でもアラートはよく考えよう ・開発者も監視をしてみよう  ・サービスに一番詳しいのは開発者

  33. あわせて読みたい ・入門 監視  ・監視についてのアンチパターンなど詳しく載っている本 ・監視 入門 ~ マイクロサービス時代の監視設計  ・https://junkyard.song.mu/slides/rancher-meetup-tokyo-18  ・マイクロサービスに限らない,開発者に向けた現在の監視の話