Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

3 libraries you want to keep in mind for realm

Bafd8906400c91fe440115dfb824a670?s=47 daimarom
December 19, 2017

3 libraries you want to keep in mind for realm

Realmを導入するなら覚えておきたいライブラリ三選
potatotips#46
https://potatotips.connpass.com/event/73328/

Bafd8906400c91fe440115dfb824a670?s=128

daimarom

December 19, 2017
Tweet

Transcript

  1. Realmを導入するなら 覚えておきたい ライブラリ三選 potatotips#46 2017.12.18

  2. 自己紹介 面白法人カヤック / ゲームコミュニティ事業部(Lobi、Lobiトーナメント) 室山大輔 Lobi(※) アプリエンジニア(Android) ※ スマホゲームに特化したSNS

  3. Realm The perfect backend for the next generation of reactive

    mobile apps 次世代のリアクティブなモバイルアプリのための完璧なバックエンド APIがシンプルなので、実装がとても楽 とにかく速い(特にquery) 中の人に直接質問できる公式のslackチャンネルがある しかし Realm Java にはちょっと面倒な手続きが…
  4. Realmにおけるモデルクラスの制約 • 引数なしのコンストラクタが必要 • getter, setterが必要だった • 差分アップデートをしたければ、ビルダーを 用意するなりして、自分で何とかする 大抵は

    Android Studio が自動生成してくれる 本質的ではないコードを用意するのは少し面倒 モデルクラスが増えれば、更に面倒に public class TestEntity extends RealmObject { @PrimaryKey public String id; public String getId() { return id; } public void setId(String id) { this.id = id; } public TestEntity() { } public TestEntity(String id) { this.id = id; } }
  5. lombok Project Lombok getter/setter, equals/hashCode, toString など ボイラープレートコードをコンパイル時に自動生成 コードがだいぶシンプルになる フィールド名の変更などにも、自動で追従

    便利なアノテーションが他にもある(@Builder, @Value など) Javaのプロダクトであれば使える @NoArgsConstructor @AllArgsConstructor @Getter @Setter public class TestEntity extends RealmObject { @PrimaryKey public String id; }
  6. フィールドの指定 Realmは、モデルクラスからスキーマを自動生成する 様々なタイミングでフィールド名(文字列)が必要 マジックストリングを毎度書くのは面倒だし、ミスしそうで怖い そもそも避けたい # クエリ RealmResults<TestEntity> results =

    realm.where(TestEntity.class) .equalTo("name", "hoge") .equalTo("child.name", "fuga") .findAll(); # マイグレーション schema.create(TestEntity.class.getSimpleName()) .addField("name", String.class, FieldAttribute.INDEXED) .addField("description", String.class, FieldAttribute.INDEXED) .addRealmObjectField("child", childSchema);
  7. Realm Field Names Helper cmelchior/realmfieldnameshelper フィールド名(文字列)の定数を自動生成 ちょっと面倒なリンククエリ用の定数も生成してくれる # マイグレーション schema.create(TestEntity.class.getSimpleName())

    .addField(TestEntityFields.NAME, String.class, FieldAttribute.INDEXED) .addField(TestEntityFields.CHILD.NAME, String.class, FieldAttribute.INDEXED) .addRealmObjectField(TestEntityFields.CHILD.$, childSchema); # クエリ RealmResults<TestEntity> results = realm.where(TestEntity.class) .equalTo(TestEntityFields.NAME, "hoge") .equalTo(TestEntityFields.CHILD.NAME, "fuga") .findAll();
  8. デバッグログ 動作ログ、パフォーマンス計測、ボトルネックの特定、引数・返り値の確認など さまざまな用途でデバッグログの出力が必要 毎回自分で書くのは面倒 ビルドタイプに応じて、ログ出力の有無を 制御しないと、パフォーマンスに影響 public RealmResult<TestEntity> getTest() {

    TimingLogger logger = new TimingLogger(TAG, "getTest"); Realm realm = getRealm(); logger.addSplit("get realm"); RealmResults<TestEntity> results = realm.where(TestEntity.class) .equalTo(TestEntityFields.NAME, "hoge") .equalTo(TestEntityFields.CHILD.NAME, "fuga") .findAll(); logger.addSplit("get test"); logger.dumpToLog(); return result; }
  9. Hugo JakeWharton/hugo メソッドの引数・返り値、実行時間を自動出力 デバッグビルドの場合のみ出力 @DebugLog public RealmResult<TestEntity> getTest() { Realm

    realm = getRealm(); RealmResults<TestEntity> results = realm.where(TestEntity.class) .equalTo(TestEntityFields.NAME, "hoge") .equalTo(TestEntityFields.CHILD.NAME, "fuga") .findAll(); return result; } # logcat V/TestProviderImpl: ⇢ getTest() V/TestProviderImpl: ⇠ getTest [2ms] = []
  10. まとめ Realmはすごくいい感じ 今回紹介したようなライブラリを使うと、もっといい感じ 面倒事は極力なくして、本質的なロジックの実装に注力したいですね

  11. ありがとうございました