$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

軽率に2021年度を振り返る/what i did in this year

にー兄さん
March 27, 2022
37

軽率に2021年度を振り返る/what i did in this year

Iwaken Lab振り返りLT会2021年度版のLT資料です

にー兄さん

March 27, 2022
Tweet

More Decks by にー兄さん

Transcript

  1. 軽率に2021年度の個人活動を
    数字で振り返る
    にー兄さん(ninisan_drumath)
    Iwaken Lab.2021年度振り返りLT会

    View Slide

  2. にー兄さん(@ninisan_drumath)
    - 筑波大学 情報科学類(coins18)
    - HoloLab inc.アルバイト
    - Microsoft Learn Student Ambassadors
    - Iwaken Lab.
    趣味はUnity、ギター、コーヒー、VTuberオタ活
    唐突な愛猫自慢→

    View Slide

  3. agenda 個人活動の総決算
    おわりに

    View Slide

  4. 個人活動の総決算!
    2021年度版

    View Slide

  5. 個人活動、主に何してた?
    - LT登壇
    - 記事・同人誌の執筆
    - GitHubでのOSS活動(?)
    2021/4~2022/3/27の活動を振り返ってみる

    View Slide

  6. LT登壇:計8本
    1. Edge on HoloLens2で軽率にWebXRするときが来た
    (WebXR Tech Tokyo #6)
    2. HoloLens2のWebARで軽率にImmersalによる位置合わせを行う
    (Tokyo HoloLens ミートアップ vol.26)
    3. VFX Graphの気になるアップデートを軽率に紹介したい
    (Gotanda.unity #20)
    4. MicrosoftのMixed Reality関連技術を軽率にサクッと紹介する
    (MS Tech Camp1周年記念イベント)
    5. ARクラウドがもたらす 未来のAR体験について 軽率に語ろう
    (Piyogrammer Conference 2021)
    6. 軽率にUnityで OAK-D Liteが使えるらしい
    (全国学生エンジニア交流会)
    7. ARマイクラで使った技術を 軽率に解説する
    (MS Tech Camp #13)
    8. 本日のLT

    View Slide

  7. LT登壇:計8本 (軽率ブランディングにも拍車がかかる )
    1. Edge on HoloLens2で軽率にWebXRするときが来た
    (WebXR Tech Tokyo #6)
    2. HoloLens2のWebARで軽率にImmersalによる位置合わせを行う
    (Tokyo HoloLens ミートアップ vol.26)
    3. VFX Graphの気になるアップデートを軽率に紹介したい
    (Gotanda.unity #20)
    4. MicrosoftのMixed Reality関連技術を軽率にサクッと紹介する
    (MS Tech Camp1周年記念イベント)
    5. ARクラウドがもたらす 未来のAR体験について 軽率に語ろう
    (Piyogrammer Conference 2021)
    6. 軽率にUnityで OAK-D Liteが使えるらしい
    (全国学生エンジニア交流会)
    7. ARマイクラで使った技術を 軽率に解説する
    (MS Tech Camp #13)
    8. 本日のLT

    View Slide

  8. 記事の執筆:計7本
    1. Discord Slash CommandのInteractionをAzure Functionsにデプロイしてみる
    2. Unity ARCore開発における実機デバッグことはじめ
    3. Immersal REST APIを使ったサーバーサイド位置合わせの考え方
    4. WebARでカメラ情報を取得できるRaw Camera Accessについての調査録
    5. Vite(vanilla-ts)環境のBabylon.jsで静的なglbをロードするtips
    6. 技術書典12で用いた同人誌の執筆環境とGitHub Oriented Writingの紹介
    7. UPM経由でNuGetパッケージを扱えるUnityNuGetについて

    View Slide

  9. 同人誌の執筆:計2冊
    - 愚者と技術 vol.1(合同本)
    - Vite + TypeScript + Babylon.jsで
    WebARをはじめる本
    それぞれ書典11,12で頒布

    View Slide

  10. GitHubに公開したプロジェクト
    1. babylon-lowpoly-showcase
    2. babylon-webar-sandbox
    3. immersal-playback-debug-sandbox
    4. SDF-Baker-VFX-Sandbox
    5. Graphics-Buffer-VFX-Sample
    6. Immersal-Server-Localizer
    7. immersal-rest-map-constructor
    8. raytrace-rs
    9. signalr-swa-functions-chat
    10. PubSub-Android-Test
    11. AKDK-Unity-NuGet
    12. unity-nuget-signalr-sandbox
    13. PretiaMap2PLY

    View Slide

  11. GitHubに公開したプロジェクト
    1. babylon-lowpoly-showcase
    2. babylon-webar-sandbox
    3. immersal-playback-debug-sandbox
    4. SDF-Baker-VFX-Sandbox
    5. Graphics-Buffer-VFX-Sample
    6. Immersal-Server-Localizer
    7. immersal-rest-map-constructor
    8. raytrace-rs
    9. signalr-swa-functions-chat
    10. PubSub-Android-Test
    11. AKDK-Unity-NuGet
    12. unity-nuget-signalr-sandbox
    13. PretiaMap2PLY
    ライブラリ
    ツール

    View Slide

  12. 草の統計

    View Slide

  13. findyのGitHub偏差値が爆上がりして:嬉しい:

    View Slide

  14. Zenn スクラップにある作業ログ①
    1. Pretiaのマップをplyに変換するエディタ拡張を作りたい
    2. pipenvでプロジェクト作って
    opencvで遊ぶ
    3. Visual Positioning Systemについて調査と試作
    4. OAK-D Liteでhand trackerのサンプルを動かす作業ログ
    5. Virtual MachinesでマイクラSpigot鯖ホストしてAzure Functinosで起動/停止制御をしたい
    6. SignalR+Azure Functions+Static Web Appsでサーバーレスなチャットアプリを作る
    MS Tech Campメモ
    7. Azure WebPubSub Service+Azure FunctionsとUnityで通信したい
    8. TsuCube SignalRパケ突然の死 対応ログ
    9. vite vanilla-ts環境のbabylonjsでglTFモデルをロードする記事の執筆メモ
    10. Unity AndroidでSignalRを導入してソケット通信する
    11. CosmosDB+Azure Functions+SignalRでサーバーレスなリアルタイム通信してみる
    12. WebXR Raw Camera Access APIのbabylon.jsでの利用について考える
    13. ARCore Record & Playback APIについて調べる
    14. Immersalでキャプチャ画像から後でまとめて
    Map作成をした
    15. MRTK Figma ToolKit と Figma Bridge for Unityを使ってみる
    16. Unity 2021.2.0bでMRTK環境構築できるのか問題
    17. VFX GraphのSDF Bake Toolを触ってみる
    18. ARCore Playback APIでImmersalのデバッグを行う(再挑戦)
    19. Rustでレイトレしてみる
    20. VFX GraphにGraphicsBufferを渡す
    21. ARCoreのDepthLabを改造して点群をplyで保存する

    View Slide

  15. Zenn スクラップにある作業ログ②
    1. Immersalを使ってAzure Kinectを位置合わせ
    2. 自力でImmersal REST APIによる位置合わせをする in Unity
    3. Quest2でPassthrough APIを使ってImmersalによる位置合わせを行う
    4. VFX Graph追加されたSkinned Mesh Sampleブロックを使ってみる
    5. Immersal ARアプリでARCore Record & Playback APIを使ってみる(失敗)
    6. Unity でWebXRプロジェクトのビルドからデプロイまでを
    CIで自動化したい
    7. Dsicord SlashコマンドをAzure Functionsにデプロイする記事の準備
    8. Azureにデプロイしたマイクラ鯖コンテナを
    discordから起動・停止制御をする試行
    9. 2021.2から導入されたらしい
    Mesh.GetVertexBuffer APIを試す
    10. Azure Kinect Sensor SDK + Unity 2020.3 LTSでできるだけきれいな環境構築を目指す
    11. HoloLens2のEdgeからImmersalによる位置合わせのテスト(できるのか?)

    View Slide

  16. おわりに

    View Slide

  17. まとめ
    - 2021年度、”走り切った感”がある
    - 個々の活動の規模をアップグレードしてみたい
    - 招待登壇とか執筆依頼とかも憧れる......

    View Slide

  18. リンク
    GitHub:https://github.com/drumath2237
    Zenn: https://zenn.dev/drumath2237
    SpeakerDeck: https://speakerdeck.com/drumath2237
    Twitter: https://twitter.com/ninisan_drumath
    Wantedly: https://wantedly.com/id/drumath2237

    View Slide