Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

再考 Fourkeys メトリクス

再考 Fourkeys メトリクス

Fourkeysメトリクスって改めてなんのためなんだっけ、というのを考えてもらいたくて適当につくったスライドです。State of DevOPS 2023に組織のパフォーマンスについて書かれてたのを言及したくて作ったという説もあります。

Tomohiko Himura

October 12, 2023
Tweet

More Decks by Tomohiko Himura

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 再考 Four keysメトリクス
    2023-10-12

    View full-size slide

  2. 自己紹介
    ひむら ともひこ
    最近悩んでること
    ● YAPC::Hiroshima 2024にプロポーザルを出すかどうか
    ● ネタはあるけど準備するエナジーがない

    View full-size slide

  3. なぜ Four keysメトリクスが重要か

    View full-size slide

  4. Four keys メトリクスが低いと
    組織のパフォーマンスが低い可能性が高く
    収益を得られず
    Visionを実現できない可能性が高まるから

    View full-size slide

  5. 高いことが重要なのではなく
    低いと問題がある可能性が高い

    View full-size slide

  6. Four keysメトリクスとはなにか

    View full-size slide

  7. DevOps能力のメトリクス

    View full-size slide

  8. https://cloud.google.com/architecture/devops?hl=ja

    View full-size slide

  9. DevOps能力が高いとFour keysは高く
    DevOps能力が低いとFour keysは低い傾向がある

    View full-size slide

  10. DORA(DevOps Research Association)の調査結果
    パフォーマンス高い組織は
    DevOps能力が高い傾向がある

    View full-size slide

  11. 言い換えると
    パフォーマンス高い組織は
    Four keysメトリクスが高い傾向がある

    View full-size slide

  12. Four keysが高ければ
    パフォーマンスが高いのか?

    View full-size slide

  13. 例 デプロイ回数を無理やり増やす
    変更後ユーザにプロダクトを提供する際に念のため二度デプロイするよ
    うにした。結果デプロイ頻度が2倍になった。デプロイ回数が増えたため
    変更失敗率も半分になった。
    問 DevOps能力が高いといえるだろうか

    View full-size slide

  14. 例 変更のリードタイムの短縮
    変更のリードタイムはmainブランチにマージしてから、リリースされる
    までの時間を計測している。リリースは週に1度しかしていないため、
    mainブランチへのマージをリリース直前に行うようにした。結果、変更
    のリードタイムが短縮された。
    問 DevOps能力が高いといえるだろうか

    View full-size slide

  15. DevOps能力が高いならば、Four keysは高い
    (Four keysが高いからといってDevOps能力が高いとは限らない)
    DevOps能力は低いならば、 Fourkeysは低い
    (Four keysが低いからといってDevOps能力は低いとは限らないけど高いなら問題ない)

    View full-size slide

  16. 上げる必要があるのはDevOps能力であり
    Four keysではない

    View full-size slide

  17. なぜ 組織のパフォーマンスが重要か

    View full-size slide

  18. Visionを実現するため

    View full-size slide

  19. Visionを実現するためには労働力が必要
    労働力を得るにはお金が必要
    効率よくお金を得られている状態が
    組織のパフォーマンスが高い状態

    View full-size slide

  20. 問 DevOps能力が高ければ、
    パフォーマンスが高いのか

    View full-size slide

  21. 利益が得られてパフォーマンスが高いといえる

    View full-size slide

  22. 問 利益があればいいのか

    View full-size slide

  23. Organizational performance
    The organization should produce not only
    revenue, but value for customers, as well
    as for the extended community.
    State of DevOps 2024 より引用

    View full-size slide

  24. 顧客にとって価値あるものを作る必要がある

    View full-size slide

  25. 問 顧客にとって価値があると売れるのか

    View full-size slide

  26. 価値があることに気づいてもらうことで
    売上につながる

    View full-size slide

  27. 売れているのは今パフォーマンスが高いわけではない
    過去にパフォーマンスが高かった可能性が高い

    View full-size slide

  28. Four keysが高いことに越したことはない
    それよりDevOps能力が高いことが大切

    View full-size slide

  29. DevOps能力が高いことに越したことはない
    それより組織のパフォーマンスが高いことが大切

    View full-size slide

  30. 売れているとパフォーマンスは高いといえるが過去の話
    顧客に価値があるもの作ることが大切

    View full-size slide

  31. DevOps能力が高いと
    仮説検証のサイクルが早い
    (説明してない)

    View full-size slide

  32. 価値があるものが作れる可能性が高まる
    (説明してない)

    View full-size slide

  33. Four keysメトリクスが低いと
    DevOps能力が低い可能性が高く
    組織のパフォーマンス低い可能性が高い

    View full-size slide

  34. 顧客に価値を届けることを意識して
    DevOps能力を高めることが大切
    DevOps能力が低いことに気づく手段として
    Four keysメトリクスがある

    View full-size slide

  35. 結果、高い利益を得られ
    よりVisionに近づくことができる

    View full-size slide