Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

組織のパフォーマンスを高めるために 第1話 学習と文化

組織のパフォーマンスを高めるために 第1話 学習と文化

社内のLTで利用した資料です。

DORA' research Programを最近眺めていて、視点を変えて整理してみています。
https://www.devops-research.com/research.html
今回は学習と文化にフォーカスしてみました。

--

このドキュメントは "Chatwork Tech Tips" の一環です。
その他の Tips も含めて [@Chatwork_dev](https://twitter.com/Chatwork_dev) にて確認することができます 👨‍🏫

Tomohiko Himura

September 22, 2022
Tweet

More Decks by Tomohiko Himura

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 組織のパフォーマンスを高めるために 2022-09-22 LLTTT #04

  2. 自己紹介 ひむら ともひこ 最近、学習に時間が使えてない

  3. 本内容はDORA's Research Program 眺めた上での個人の見解です。 所属組織やチームを代表するものではありません。 注意事項

  4. 組織のパフォーマンスを高めたい

  5. ( 個人的には) 暇になって重要なことをのんびりやりたい やりたいことを自由にやりたい なぜ?

  6. 組織のパフォーマンスが高いならば 少し仕事すれば高い成果がでるはず 組織の目的やユーザ価値に直接効果がある 無駄が少ない 緊急の仕事より重要な仕事が多いはず 事前に緊急度が高いものがつぶせるはず

  7. 組織のパフォーマンスとは 組織が目標を達成する能力 投資収益率と強い相関があるらしい 収益性 生産性 市場シェア 顧客数 製品・サービスの数量 営業効率 提供する製品・サービスの品質

    組織またはミッションの目標達成 組織が達成しようとする目標
  8. 投資収益率とは 収益 費用 ※ 収益を増やすか費用を減らす

  9. 開発チームが 組織パフォーマンスに寄与するには

  10. DORA Research Diagram

  11. 組織パフォーマンス 文化と仕事環境 ソフトウェアデリバリーと 運用パフォーマンス リーンプロダクト開発 4 keys metrics 投資収益率 信頼性

    software delivery and operational (SDO) Peformance
  12. 文化と仕事環境

  13. 文化と仕事環境 学習の文化 Westrum の組織類型 仕事の満足度 組織へのIdentity 心理的安全性 ソフトウェアデリバリーと 運用パフォーマンス 組織パフォーマンス

    4 keys metrics 信頼性 投資収益率 高める
  14. 文化と仕事環境 学習の文化 学習は成長に必要な投資 投資収益率 デプロイ頻度の向上 リードタイム減少 サービスの復旧時間短縮 エラー率低下 信頼性 影響

    学習文化の改善 ランチミーティング/ プレゼンテーション 新しいテクノロジ/ アイデアを広げる プレゼンテーションの発表者の称賛 認定を受けたりや外部トレーニング
  15. 文化と仕事環境 学習の文化 費用 収益 デプロイ頻度 リードタイム サービスの復旧時間 エラー率低下 信頼性 ▲

    増加 短期的には低下。長期的には向上 ▲ 未知数 ▲ 未知数 ▲ 未知数 ▲ 未知数 ▲ 未知数 未知数であり、挑戦することで短期的には低下する恐れ
  16. 他の能力と協調して引き上がる 組織パフォーマンス 文化と仕事環境 ソフトウェアデリバリーと 運用パフォーマンス リーンプロダクト開発 変革リーダーシップ 変更承認の効率化 継続的デリバリ ー

    技術プラクティス リーン管理 自律・信頼・発言 クラウド インフラストラクチャー 機能アウトソーシング をへらす 障害復旧テスト ふりかえり
  17. 学習 時間 パフォーマンス パフォーマンスが上がる 時間ができる 空いた時間を使う 学習の正のループ

  18. まとめ

  19. 組織のパフォーマンスを高めるために

  20. 文化と仕事環境を改善しよう

  21. 学習をしよう ライトニングトークをしよう 発表者を称賛しよう 学習文化の向上しよう 文化と仕事環境を改善するために

  22. 学習文化によるパフォーマンス向上は未知数 4key metrics の変化は未知数 運用能力の変化未知数 投資収益率落ちる 短期的には低下するが、 長期的には向上が期待される 学習文化向上によるアウトカム

  23. 学習は成長に必要な投資 はっきりした成果は期待しづらいが

  24. 目的のために 4 keys metrics や投資収益率が落ちることもある

  25. 次回

  26. 組織のパフォーマンスを高めるために... 第2 話 タイトル未定

  27. www.devops-research.com DORA research program DORA's State of DevOps research program

    represents seven years of research and data from over 32,000 professionals worldwide. It is the longest running academically rigorous research investigation of its kind, providing an independent view into the prac…