Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

wacateに参加すると・・・?.pdf

2ed10543458f14aab948840eb3b89ac7?s=47 e-vaporeon
January 23, 2020

 wacateに参加すると・・・?.pdf

2ed10543458f14aab948840eb3b89ac7?s=128

e-vaporeon

January 23, 2020
Tweet

Transcript

  1. wacateに参加すると・・・? 金杉 恵里佳

  2. 自己紹介 • なまえ : かな • Twitter : Kana@QAE •

    しごと : 株式会社Hacobu • 最近ハマっていること : 奇抜なネイルをすること • 派閥 : 猫派、モモンガ派(猫派犬派はwacateあるある)
  3. 私のwacate参加履歴 • WACATE 2018年冬 〜C’mon baby ジドウカ〜 • WACATE 2019年夏

    〜納期半端ないって〜 • WACATE 2019年冬 〜あなたの番です〜
  4. WACATEに参加して得たもの • WACATE 2018年冬 〜C’mon baby ジドウカ〜 – 色々なコンテキストの人の話を聞く事ができた –

    テストに対して真剣に向き合うきっかけになった – アウトプットをしていくきっかけになった • WACATE 2019年夏 〜納期半端ないって〜 – 社内の「テスト」について考える事ができるようになった • WACATE 2019年冬 〜あなたの番です〜 – 自分自身のソフトスキルへの気づきと、改善を考えるよう になった – 自分の弱い所を素直に相談できる人ができた
  5. 2018年冬のワーク

  6. 1回目に参加する前の私 目的なく、なんとなくテストケース を書いて、なんとなく実施する人

  7. セッションってどうなってるの? • スライドを使って、ワークの内容解説 • 問題が配られ、個人でワークをする • 班内でワークした内容を情報共有する • ワークの解説 セッションの流れ

  8. セッションってどうなってるの? • スライドを使って、ワークの内容解説 • 問題が配られ、個人でワークをする • 班内でワークした内容を情報共 有する • ワークの解説

  9. こんなことができたよ!! • 言語化大事と気づけた – ワークの班内共有で、「なぜ」こういう事をしたのかを説 明できなかった – 社内でテストをする時も、「なぜ」このテストをするのかを 考えていなかったし説明できなかった –

    説明するためには「なぜ」を考えないといけないことに気 づいた – 「なぜ」を常に考えるようにした – 言語化の訓練で社外でLTした • 社外の人に相談する人ができた – 社内では1人QAだった – 困った事があってもテストについて相談できる人がいな かった – Twitterでも実際に顔あわせても相談できた!!!!
  10. 2019年夏のワーク • テスト計画 〜 実施まで – リリースまであと1日!!どうやってテストする? – 班内でテスト計画、戦略を立てて実施までワーク –

    成果を発表する
  11. 2回目に参加する前の私 テスト計画?予算とか日程とかを書くもので しょ? 自社開発だし、日程も人員も決まっているし 日程に追われているし、書いたことない!!

  12. こんなことができたよ!! • 社内でのプロダクトの特性を考え必要なテストって なに?を考えて、outputした – 必要なテストレベル/テストタイプを考えた – 実際は使う暇がなかったけど「目的」共有に役立った – 今振り返ると、今のプロダクトにハマりそう!!

  13. ワークは上手くいかなかった・・・ • ワークをする班の人と考えのすり合わせができな かった – ワークしてその時は、得たものないなー(´・ω・`)となって た • プロダクトの特性を考えるというのを考えないまま いつもの通りテスト設計をしてしまった

  14. ワークは上手くいかなかった・・・ • ワークをする班の人と考えのすり合わせができな かった – ワークしてその時は、得たものないなー(´・ω・`)となって た • プロダクトの特性を考えるというのを考えないまま いつもの通りテスト設計をしてしまった

    wacateのいいところの1つは、業務ではないので 失敗ができること
  15. 失敗を元に加速する!! • wacate有志の振り返り会に参加した – 班の人とのすり合わせを重視して、再ワークした – プロダクトの特性、大切な事ってなんだろう?と再度考え ながらワークをした • 振り返り会を元に、自分自身のプロダクトで大切な

    ことってなんだろう?を改めて考えて共有した – 時間がないなかでどこまでやるの?を考えられるように – 「やらないこと」を決められるようになった – 社内の同じチーム内の人に考えを話せるようになった
  16. 2019年冬のワーク

  17. 3回目 班の中では参加回数最多 失敗したなとおもったこと • 初参加の人をフォローしないとという焦り – ワークで中で、考えを引き出すということができなかった (一回目参加した時のベテランさんみたいにできない) – コミュニケーションに対しての苦手意識

    自分の考えを話したくなっちゃう系人間 よかったとこと • 知ってる「つもり」なことを復習して、言語化した • 1年間の成長を実感できた!!! (テスト設計?? → テスト計画までやった!)
  18. 夜の分科会 • 参加者自らが、話題を決めてオーナーとなり、ワイ ワイする会 – テーマが複数あり、自分が興味ある所に参加 – お悩み相談 – 今日のワークをさらに掘り下げる

    – モブプロ – モブテスト – テスト観点共有会
  19. 分科会での気づき 某ペン氏 ワークをする雰囲気がすごくいい 初対面のハズなのに、意見がめちゃでる ・否定をしない ・「いいね!!」という → 安心して意見を言える

  20. wacate終了後 • Twitterで相談した ・自分の弱い部分まで安心して相談することができた ・◯◯すればいいんじゃない?とアドバイスもらえた →普段の業務で心がけができるようになった!

  21. wacateは加速装置 まとめ 何をしていいのかわからない。 むしろ、わからない事自体がわかっていなかった。 そんな私にテストについて考え、その後の学びや行動を後 押ししてくれた そして超加速できた。 テストについて熱く語る仲間ができる! 超オススメしたい!!!!ワークショップです

  22. ご清聴ありがとうございました

  23. 番外編 参加してみたいけど・・・ちょっと敷居が・・・・の方に送る

  24. かな@QAE的アンケート 53% 26% 0% 21% 0% 10% 20% 30% 40%

    50% 60% ロケーションと時間 ポジペ 知り合いがいない その他 wacate参加で敷居がたかかったことは?
  25. ロケーションと時間が、、、

  26. 私のきっかけ

  27. wacateのHP確認した私

  28. ロケーションと時間が、、、

  29. 宣言した勢いで申し込む →申し込み駆動参加

  30. ポジペ

  31. ポジペとは ポジションペーパーの事 決意表明書とも言ったりする 参加申込時添付する必要があり 私の中では最難関だった(何書けば。。。?) はじめのワークは必ずポジペを使用した 自己紹介タイム!! これで、班の人と仲良くなるきっかけに

  32. 初参加の時の私

  33. 何書けばわからず 半分猫の話 + 猫の写真 猫の話で自己紹介タイムを 乗り切る

  34. ポジペ

  35. 宣言した勢いで書く →宣言駆動 ポジペ提出

  36. ご清聴ありがとうございました