Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【超入門】対談前に知っておこう! 新時代の常識「Web3」のきほん

【超入門】対談前に知っておこう! 新時代の常識「Web3」のきほん

7/16(土) 慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンターが主催する「身近なテーマで妄想してみる!Web3の世界」セミナーの午前で講演した発表資料です。

Institution for a Global Society株式会社 上席研究員
阿部 一也

セミナーのURL
https://www.star-project.org/web3seminar

More Decks by フィンテック養成コミュニティ

Other Decks in Technology

Transcript

  1. ʲ௒ೖ໳ʳରஊલʹ஌͓ͬͯ͜͏ʂ ৽࣌୅ͷৗࣝʮ8FCʯͷ͖΄Μ Institution for a Global Society株式会社(IGS) 上席研究員 阿部⼀也 主催︓慶應義塾⼤学

    経済学部附属 経済研究所 FinTEKセンター 2022.07.16(SAT) ⾝近なテーマで妄想してみる #Web3の世界
  2. 2013年1⽉に札幌から東京に移住。 現在は教育&HR企業でブロックチェーンを活⽤した Webプロジェクトのテックリードを担当。 北海道(苫⼩牧)⽣まれで、13歳と25歳の娘、3歳の 孫がいる。趣味は旅⾏と神社巡り。 Pythonや機械学習、ブロックチェーン、クラウド、⾦ 融、ソフトウェア開発に関するITコミュニティのスタッ フ(主にコンテンツ企画担当)や、先端技術、ビジネス や組織改⾰のイベント企画、執筆などの個⼈活動を⾏う。 コミュニティ運営スタッフ

    Start Python Club、フィンテック養成コミュニティほか多数 監修、執筆、翻訳、査読 ・Sparkによる実践データ解析 ―⼤規模データのための機械学習事例集 ・マンガと図解でスッキリわかる プログラミングのしくみ ・実践 ⾦融データサイエンス 隠れた構造をあぶり出す6つのアプローチ ・テスト駆動Python ・あたらしいPythonによるデータ分析の教科書 ・みんなのブロックチェーン ・フィンテックエンジニア養成読本 ・Python 3スキルアップ教科書 ・After GAFA 分散化する世界の未来地図 ・実践シナリオ・プランニング 阿部 ⼀也 (あべんべん) Institution for a Global Society株式会社 上席研究員 Profile
  3. 2017.3.12 ̑೥લʹ8*3&%ͷҰ೔ूதϒϩοΫνΣʔϯηϛφʔΛاըʢҰ෦ొஃʣ

  4. ໔੹ࣄ߲ ຊ಺༰͸ݸਓͷݟղͰ͋Δɻ ॴଐ૊৫Λ୅ද͢Δ΋ͷͰ͸͋Γ·ͤΜɻ

  5. νΣοΫΠϯ

  6. νΣοΫΠϯ ࠷ॳʹਂݺٵΛ͢Δͱྫྷ੩͕͞૿ͯ͠஫ҙྗ΋ߴ·Δͦ͏Ͱ͢ɻ ଉΛٵͬͯు͘Λ̏ɼ̐ճ܁Γฦͯ͠Έ·͠ΐ͏ɻ ⼦どもの社会的能⼒とEQを伸ばす3つの焦点 「⾃分にフォーカスする⼒を強化する」より

  7. લఏࣄ߲ ͜ͷߨԋ͸ϏΪφʔ޲͚ͷͨΊɺ 8FCͷৄࡉ͸આ໌ͤͣɺ Ұ෦ͷಛ௃΍ϝϦοτΛத৺ʹղઆͯ͠ ͬ͘͟Γͨ͠ΠϝʔδΛ͚ͭΔ͍ͯͨͩ͘͜ͱΛ ໨ࢦ͓ͯ͠Γ·͢ɻ

  8. ूதͱ෼ࢄ 8

  9. ੈͷதͰ͸ɺूதͱ෼ࢄ͕܁Γฦ͞Ε͍ͯΔʁ • ษڧʢ༧शʢ৽ͨͳΠϯϓοτʣˠ෮शʢ੔ཧʣΛ܁Γฦ͢ʣ • اըͳͲͷձٞʢʮൃࢄʯ͔ͯ͠ΒʮऩଋʯΛԿ౓͔܁Γฦ͢ʣ • اۀʢݸਓܦӦˠגࣜձࣾˠίϯάϩϚϦοτˠ෼ࣾԽʢεϐϯΦϑʣˠϗʔϧσΟϯάεʣ • ૊৫ʢ܉ୂߏ଄ˠ֊૚ʹ෼͚ͨߏ଄ͷ૊৫ˠ֊૚͸ϑϥοτͰ΋Ո଒ͷΑ͏ʹஆ͔͍ؔ܎ͷ૊৫ ˠ໨త͚ܾͩ·ͬͯΔςΟʔϧ૊৫ʣ

    • ίϯϐϡʔλʔʢϗετˠΫϥΠΞϯταʔόʔˠΫϥ΢υˠϒϩοΫνΣʔϯʣ
  10. 何故、繰り返していると思うか? • Ͳ͔ͬͪยํʹ͚ͩਐΈଓ͚Δͱɺ ߦ͖٧·Γ΍͘͢ • େ͖ͳมԽʹΑͬͯɺ৽ͨͳػձ͕ੜ·Ε΍͘͢ɺ ܦࡁͳͲ΋ൃల͢Δ • Կऀ͔ͷࢧ഑ʹΑͬͯҙਤతʹ पظతͳϦζϜΛى͜͞Ε͍ͯΔՄೳੑ΋ɻɻɻ

    ʢԱଌɾɾɾʣ
  11. 中央集権型と 非中央集権型

  12. ۜߦऔҾ͸தԝूݖܕ ߴίετ ۜߦ 4FDVSJUZ ୆ா ୆ா ਖ਼֬ੑ Մ༻ੑ ҆શੑ ೋॏԽ

    ηΩϡϦςΟ ৼࠐख਺ྉ ̏̏̌ԁ
  13. ǬȃǙDžǗƽ✣ȉ ٳ೛෻≷ ƒ٤ᇏနࠢ㜶྘ 透明性 安全性 永続性 参加者全員が同じ取引記録を持っている 台帳が分散されているため、全てを同時に書き 換えるのは事実上不可能 分散されたP2Pネットワークにより、無停止で取

    引を継続 データブロックの繋がり =ブロックチェーン 低コスト 巨大な設備投資が不要(参加者がリソースを提 供し、コスト負担を分散) 4UFMMBSͷ ख਺ྉ ԁ
  14. 改ざん(=不正)できない理由 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ ブロックB 前ブロックの

    ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ 前ブロックの ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ 前ブロックの ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ ブロックC ブロックD ブロックE 前ブロックの ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ ブロックA 前ブロックの ハッシュ値 l ある取引を改竄しようとすると膨⼤な計算が必要となり実際上は不可能=改竄できない。 Ø 特定の取引を改竄する。 Ø その取引を含むブロック以降の全てのブロックのハッシュ値を計算し直す必要がある。 Ø ⼀連のブロックの繋がりを全ノードで同時に改竄しなければならない。 前ブロックの ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ 前ブロックの ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ 前ブロックの ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ 前ブロックの ハッシュ値 取引 a 取引 b 取引 c ・・・ ブロックB ブロックC ブロックD ブロックE 改竄 改竄された取引以降の全ブロックのハッシュ値を計算し直し、改めて以降の全ブロックを全てのノードに追加し直す必要がある。 l 前ブロックをハッシュ値に変換し次ブロックの中に組み⼊れ。これを繋げてゆく。 Ø ハッシュ値とはハッシュ関数によって⽣成される固定⻑の数字 Ø 同じデータからは必ず同じ⽂字列が⽣成される。 Ø ハッシュ値から元のデータを復元できない。
  15. 中央集権と⾮中央集権 通貨・代⾦決済・送⾦・本⼈証明・個⼈認証 不動産取引・株式取引など 価値の取引 信頼・権限を持つ 機関や組織 政府・⾏政機関・中央銀⾏・銀⾏・信⾦ 認証機関・カード会社・債券取引所など 正当性 評価

    信⽤ 価値 台帳 保 証 従来の⽅法(集中台帳) 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 価値の取引 正当性 評価 信⽤ 価値 取引を全ての台帳に記録し、暗号化・匿名化された データとして公開する。 保 証 数が多すぎること、変更に⼿間がかかりすぎること で、結果として改竄できない。 インターネット ブロックチェーン(分散台帳)
  16. 中⽥敦彦のYouTube⼤学がわかりやすい 出典 https://www.youtube.com/watch?v=HfIqAQUPrjA

  17. Web3とは? 17

  18. 仕事について⼈々が気になること !"#$% &'()$% *+,$%

  19. !"#$%&'()*+,-. /0123"#$%-45677-1,.

  20. DAO トークン ⾶び交う謎のキーワード群 Blockchain NFT DeFi メタバース Web3 スマートコントラクト ERC721

    セキュリティトークン ユーティリティトークン STO ガバナンストークン IEO トークンエコノミー FLOW Truted Web
  21. Web x.0 の違い

  22. Web3.0 ूதܕ͔ΒݸਓΛओମͱ͢Δࢥ૝΁ 2000年 2010年 2020年 8FC 8FC 8FC APPS DAPPS

    • ߴ଎ΠϯλʔωοτεϚϑΥ • ΠϯλϥΫςΟϒͳ৘ใަ׵ • ৘ใͷूத • ಠ઎తͳωοτϫʔΫ • ϒϩοΫνΣʔϯ • ΠϯλϥΫςΟϒͳՁ஋ަ׵ • ৘ใΛݸਓͷखʹ • ΦʔϓϯͳωοτϫʔΫ
  23. 出典 https://twitter.com/TakUmezawa/status/1510266224152047621

  24. 楽しいか? https://www.coindeskjapan.com/146033/ 8FCʹ͸௅ઓͷػձ͕ଟ͍ɻઈରʹָͦ͠͏ʂ

  25. 役に⽴つのか?

  26. 日々成長する学生になってほしい

  27. レコメンドすらできない データプラットフォーマーであれ。

  28. None
  29. None
  30. None
  31. ࣮ূ࣮ݧ͸ ೥݄·Ͱɻ

  32. (仕事として)稼げるか? ブロックチェーン・暗号資産業界特化の求人メディア | withB ϒϩοΫνΣʔϯٻਓαΠτΛ ݟΔͱɻɻɻ ͍ΖΜͳ࢓ࣄ͕͋Δɻ ਓ଍Γͯͳͦ͞͏ʢҾ͘ख͋·ͨʣɻ ΤϯδχΞͷ୯Ձߴͦ͏ɻ

  33. ◦ ◦して稼ぐ(xxx to Earn) า͍ͯՔ͙

  34. None
  35. Web3の提唱者 ギャビン・ウッド イーサリアムの共同創設者。 ポルカドットとクサマの創設者。 スマートコントラクトを記述するための プログラミング⾔語「Solidity」の提案、開発。 ⾮営利組織である「Web3Foundation」を設⽴。 「マスタリングビットコイン」の著者であるアンドレアス・アントノプロ スと、ギャビン・ウッド(ヴィタリック・ブリテンとイーサリアムを共同 で作成した)の2名で執筆されたあまりにも豪華な本です。

    特にギャビン・ウッドはスマートコントラクトのSolidity⾔語の開 発者でもあり、本書の中でスマートコントラクトについて解説さ れている箇所は、国内では知られていない情報もあるので参 考になります。 著者の⼀⼈であるギャビン・ウッドは、今はイーサリアムのCTO ではなく、Web3.0という思想を提唱しWeb3 Foundation 財団を設⽴して運営しています。彼は、毎年ベルリンでWeb3 Summitのカンファレンスも主催しています。
  36. 暗号資産以外でも、分散型の⼒は使える

  37. デジタルアイデンティティ

  38. Web3を知るための100のキーワード

  39. Web3を知るための100のキーワード 出典: https://wired.jp/article/web3-glossary/

  40. Web3を国家戦略に! 出典 : https://www.meti.go.jp/press/2022/07/20220715003/20220715003.html

  41. 中⽥敦彦のYouTube⼤学がわかりやすい 出典 https://www.youtube.com/watch?v=-pog3InFfGY

  42. で、Web3の仕事をすればいいのでしょうか? ͜Ε͚ͩͰ͸ɺ ·ͩ൑அͰ͖·ͤΜ💦 ʢ࣍ͷςʔϚ΁ଓ͘ʣ

  43. トークンとは? 43

  44. トークンエコノミー 出典︓あたらしい経済 デジタル通貨による新しい経済圏。 取引トランザクションが低コストだと(爆安手数料)でさまざまな価値を交換することができる。 いままで価値だと思われなかったモノやコトを価値として可視化する。 双方向(または三方よし)に価値が交換されるインセンティブモデルを設計し、循環のよい経済圏が作れる。

  45. 電⼦書籍 マイクロペイメント‧レビュー ࡞Ո ϚΠΫϩϖΠϝϯτܕిࢠॻ੶ ϖʔδ จࣈʣ ԁ ΋ϞʔυͰಡΉɻ ిࢠॻ੶ൢച ࡭ߪೖ

    ԁ ిࢠॻ੶ ϨϏϡʔ ࡭ߪೖ ԁ ϨϏϡʔΛݟͯ ߪೖͨ͠ਓ ϨϏϡʔͷ͓ྱτʔΫϯ ϨϏϡʔͷ͓ྱτʔΫϯʢධՁऀ͔Βʣ ॻ੶ͷϨϏϡΞʔ • ページ毎の決済をマイクロペイメントで実現 • レビュアーの価値をトークンで可視化する。 トークンエコノミー。レビュアーは更にレビュー をしたくなる。
  46. IGS 学⽣ 慶應技術⼤学 学⽣ボランティア PJ参画企業・学校(プライバシー情報の活⽤が⽬的) コミュニティ(ゼミ、サークル、部活、アルバイト) ゼミナール委員会 (慶應のみ) コンテンツ提供企業など(学⽣へ向けてのビジネスやマーケティングが⽬的) 社内部⾨

    ⼈事部 英会話 サロン ライブ配信 ゼミ サークル 部活 アルバイト コアメンバー 学⽣ボランティアメンバー 他にもあ蓄積すべき ファクトがあれば追加 ⼊ゼミの運営 各ゼミのPR (将来的にはユーザーに なってもらうなど) (学⽣⾃⾝がコンテンツを 提供してもよい) 運⽤会社(発⾏体) ⼤学 A⼤学 教授 ⼤学 シラバスからカレンダーへ展開して 授業出⽋のファクトも保存 その他 UT UT パーソナルデータ提供 ←その他取り組み 授業への参加・発⾔、成績など→ 各種⾏事→ UT 学び、体験、娯楽→ トークン発⾏ トークン取得 トークンを使って取得 プライバシーデータの裏付けとなる アクティビティ情報で、シナジーができるように設計する。 企業は学⽣のプライバシーデータを使って何かの⽬的をしたい。 発⾏体(IGS)からトークンを⼊⼿する。 トークンと引き換えにプライバシーデータを⼊⼿する。 プライバシーデータを使って⽬的を達成(採⽤など)させる。 BCへ記録 企業B⽤に抽出 企業A⽤に抽出 魅⼒的なコンテンツを体験したい。 トークンを集まる(IGSが発⾏)。 ・プライバシーデータを蓄積する。 ・蓄積したプライバシーデータを 企業に提供する。 トークンと引き換えにコンテンツを⼊⼿。 企業はトークンを集める 良いコンテンツを準備する。 コンテンツと引き換えに学⽣からトークンを⼊⼿。 は learn & ean(学んで稼ぐ) にすべきか?
  47. IGS 学⽣ 慶應技術⼤学 学⽣ボランティア PJ参画企業・学校(プライバシー情報の活⽤が⽬的) コミュニティ(ゼミ、サークル、部活、アルバイト) ゼミナール委員会 (慶應のみ) コンテンツ提供企業など(学⽣へ向けてのビジネスやマーケティングが⽬的) 社内部⾨

    ⼈事部 英会話 サロン ライブ配信 ゼミ サークル 部活 アルバイト コアメンバー 学⽣ボランティアメンバー 他にもあ蓄積すべき ファクトがあれば追加 ⼊ゼミの運営 各ゼミのPR (将来的にはユーザーに なってもらうなど) (学⽣⾃⾝がコンテンツを 提供してもよい) 運⽤会社(発⾏体) ⼤学 IGS 運⽤会社 A⼤学 教授 ⼤学 シラバスからカレンダーへ展開して 授業出⽋のファクトも保存 IGS 発⾏隊 その他 UT UT UT UT UT UT UT UT パーソナルデータ提供 ←その他取り組み 授業への参加・発⾔、成績など→ 各種⾏事→ 活 動 ログ → ← 活 動 ログ ←活動ログ UT 学び、体験、娯楽→ トークン発⾏ トークン取得 トークンを使って取得 トークン取得 トークン取得 トークン取得 UT プライバシーデータの裏付けとなる アクティビティ情報で、シナジーができるように設計する。 企業は学⽣のプライバシーデータを使って何かの⽬的をしたい。 発⾏体(IGS)からトークンを⼊⼿する。 トークンと引き換えにプライバシーデータを⼊⼿する。 プライバシーデータを使って⽬的を達成(採⽤など)させる。 BCへ記録 企業B⽤に抽出 企業A⽤に抽出 魅⼒的なコンテンツを体験したい。 トークンを集まる(IGSが発⾏)。 ・プライバシーデータを蓄積する。 ・蓄積したプライバシーデータを 企業に提供する。 トークンと引き換えにコンテンツを⼊⼿。 企業はトークンを集める 良いコンテンツを準備する。 コンテンツと引き換えに学⽣からトークンを⼊⼿。 配るだけだと発⾏体が破綻するので、資⾦を獲得する仕組みが必要(ポンジスキームは⼊れない)
  48. NFTとは? 48

  49. NFT Non Fungible Token ノン ファンジブル トークン 不可能 代替・交換 貨幣・クーポン

    それぞれが固有のIDを 持つことで実現 唯一無二であることを証明するための技術 【これもポイント!】 2次売買時に著作者への報酬が可能 交換可能 価値的に 交換不可 同じ価値 (量産品) 価値がことなる (1点ものなど) 鈴木さんの 3万円 田中さんの 3万円 市販の Tシャル ブルズ ジョーダンサイン入り Tシャツ
  50. 出典 : https://r25.jp/article/1090820329898357907

  51. ファンダムエコノミー ファンダムエコノミーは、 伝統的な経済システム であると同時にモラルエコノミー、ソーシャルエ コノミーでもあるのです。 純粋なギフトエコノ ミー(贈与経済)のような状態も存在します。 背 後にある欲望は単なる消費欲ではありません。欲 望の対象は対象へのアクセスなのです。

    ー ヘンリー・ジェンキンズ ファンが求める本格的な価値と効果を提供し、よ り的確にマネタイズを行うことができるようにな ることで、クリエイターはより少ないファンに よって生計を立てることができるようになる。 これは、クリエイターのためにユーザがお金を払 う従来の「寄付モデル」から、 ユーザが自分のた めになるものに喜んでお金の払う「価値モデル」 への移行を意味している。 ー リ・ジン ʮϑΝϯμϜΤίϊϛʔೖ໳ #54͔ΒɺΫϦΤΠλʔΤίϊϛʔɺϝλόʔε·Ͱʯ ʢίΫϤ໺֎ֶशηϯλʔʣ
  52. お⾦に換算できない価値 ਓͷࢥ͍΍৘೤ ৴ڼ৺ʢ͠Μ͜͏͠Μʣ ͞Βʹ೔ʑͷળߦ ֶҐ ʢඇۚમతͳՁ஋͕ՄࢹԽ͞ΕΔʣ

  53. NFT NYC、NFT Tokyo NFT NYC 2022 出典: https://www.nft.nyc/art

  54. 古本をビンテージ書籍へ ग़൛ ߪೖ ങऔ ߪೖ సച͞Εͯ΋ɺஶऀʹ͸̍ԁ΋རӹ͕ͳ͍ ࡞Ո ຊ԰ ݹຊ԰ ग़൛

    ೖࡳ ߪೖ ങऔ ೖࡳ ߪೖ ࡞Ո ॻళΦʔΫγϣϯ ॻళΦʔΫγϣϯ ݶఆൢച਺ ఺ɺ̨̛খઆʢ̛̣̩ʣ͸ɺΦʔΫγϣϯͰམࡳ͢Δ͝ͱʹͲΜͲΜՁ஋্͕͕Δɻ ೋ࣍ྲྀ௨࣌ɺஶऀʹ΋ؐݩ͞ΕΔɻ ച্ͷΛ࡞Ոʹؐݩ ೤ڰϑΝϯͷॴ࣋඼͸ ϓϨϛΞ͕෇͖΍͍͢
  55. •ֶߍͷܦྺΛূ໌͢Δ •Πϕϯτ΁ͷࢀՃূ໌ॻ •ΞʔςΟετͷϑΝϯͰ͋Δ͜ͱΛূ໌ SBT Soulbound Token ソールバウンド トークン 譲渡不可能 貨幣・クーポン

    唯一無二で譲渡すらできないことを証明するための技術 個人のアイデンティティを証明するためなどに利用
  56. 中⽥敦彦のYouTube⼤学がわかりやすい 出典 https://www.youtube.com/watch?v=4WaOfTkOh3U

  57. DAOとは? 57

  58. גࣜձࣾͱ%"0͸ҧ͏ͷʁ %"0ʹೖΕ͹ɺܙ·Εͨ؀ڥͰಇ͚Δͷ͔ʁ

  59. ǬȃǙDžǗƽ✣ȉƋ⊾⊉ DAC(分散型⾃動化企業)︓Decentralized Autonomous Company DAO 株式会社 ロボットを扱う企業 AIによる⾃動企業 いる いない

    いる いない 労働者 DAC DAOとは組織の経営⾃体をブロックチェーンを⽤いて⾃動で⾏うこと ※Decentralized Autonomous Organization 経 営 者
  60. プログラム (ルール/ 契約) ⼈間 (経営者) ⼈間 (従業員) ⼈間 (ユーザー) ⼈間

    (採掘者) 従来型組織 DAO(例︓ビットコイン) ⼈間 (ユーザー) DAO(分散型⾃律組織)とは DAO(分散型自律組織) 分散 11 協調 ߹ҙܗ੒ΞϧΰϦζϜ 自律 εϚʔτίϯτϥΫτ ֊૚૊৫ʢैདྷܕ૊৫ʣ 階層・集中 ໾৬ߏ଄ʢ্͔࢘Βͷࢧ࣋ɾ໋ྩʣ Ϋϥ΢υαʔόʔ 統制 τοϓͷҙࢥܾఆɾ߹ҙܗ੒ 規律 बۀنଇɺܖ໿ॻ DAOとは組織の経営⾃体をブロックチェーンを⽤いて⾃動で⾏うこと ※Decentralized Autonomous Organization
  61. DAOは誰にでも作れる(3⼈いれば)

  62. 何DAOを作りたいか?または、⼊りたいか? ொ಺ձ̙̖̤ Ϛϯγϣϯ؅ཧ૊߹%"0 15"̙̖̤ 地⽅創⽣DAO ·͓ͪ͜͠%"0 9:;ϑΝογϣϯϒϥϯυ %"0˒ xxxアイドル推し活DAO YYYϒϩοΫνΣʔϯ։ൃ

    YYY։ൃϓϩδΣΫτ ϏοτίΠϯϚΠχϯά גࣜձ͕ࣾҰൠతͱ͍͏ ߟ͑ࣗମΛΞϯϥʔϯ͢Δ ෳ਺ͷ%"0ʹࢀՃ ʢ෭ۀͬΆ͍ʣ ϚεϚʔέςΟϯάͷΑ͏ͳ ϊΠζͩΒ͚ʹ͸޲͔ͳ͍ ʢ໨ඪ͸ಉ͚ͩ͡Ͳଟ༷ੑͷ ͋Δू·Γ޲͖ʣ *5ίϛϡχςΟ̙̖̤
  63. MakerDAO https://makerdao.com/ja/whitepaper/

  64. 中⽥敦彦のYouTube⼤学がわかりやすい 出典 https://www.youtube.com/watch?v=-pog3InFfGY

  65. で、私はDAOに⼊ればいいですか? • ·ͩ·ͩɺൃలஈ֊ɻ • גࣜձࣾͷΑ͏ͳ҆ఆੑ͸ٻΊΒΕͳ͍ɻ • 8FCͰ΋ྲྀߦΓ෺͸͙͢ʹഇΕ·͢ɻ • एखىۀՈͷνϟϨϯδʹ͸ઈ޷ͷػձɻ •

    ෳ਺ͷϓϩδΣΫτ%"0ʹॴଐ͢Δͱ ௗᛌྗ͕͖ͭɺૣظʹܦݧ͕๛͔ʹͳΕΔɻ
  66. 予測可能な テクノロジー進化

  67. VUCA 社会環境 複雑性 増 将来 予測 困難 状況 現状 理解

    結 果 予 測 困 難 困難 進化 社会常識 変化 、価値観 社会 仕組 猛烈 変化 、先 ⾒ 通 ⽴ 困難。変化 度合 割合 ⼤ 、変動性 予想 難 Uncertainty(不確実性) Volatility(変動性) EU離脱、⽶中貿易戦、⺠族間紛争 、現 代 取 巻 情勢 、予断 許 状況 、 対応 状況 置 。 Complexity(複雑性) ⼀ 企業、⼀ 国 解決 問題 極端 少 。地球規模 複雑 絡 合 、問題解決 単純 、 ⼀ 層困難 。 変動性、不確実性、複雑性 、因果関係 不明、 前例 出来事 増 、過去 実績 成功例 基 ⽅法 通⽤ 時代 。 Ambiguity(曖昧性) VUCA( ): 2016年 会議(世界経済 ) 使 、注⽬ 。昨 今 、 ⼀般的 使⽤ 、 禍 我々 ⾝ 体験 。働 ⽅ 組織 ⽅、経営 ⽅針 関 考 ⽅ 前提 。 変化 直 捉 現時点 最適 選択 改善 ⾼速 回 続
  68. Gartnerのハイプ‧サイクルが有名 黎明期 発表やイベントなどの報道で関心が高まる時期。 流行期 ピーク期。世間の注目が大きくなり、過度の興奮と非現 実的な期待が生じる時期。失敗も多い。 幻滅期 技術は過度な期待に応えられず急速に関心が失われる時 期。メディアでも取り上げなくなる。 回復期

    いくつかの事業が利点や適用方法が理解されるようにな る時期。 安定期 技術が安定し、第二世代、第三世代へと進化する時期。
  69. 69 ੈքΛม͑Δͷٕज़

  70. 70

  71. None
  72. 本⽇午後のパネルディスカッション

  73. バックキャスティング 過去 実績 現状 課題 未来 考 ( ) 、

    「 姿/ 姿」 描 、 逆算 “ 何 ” 考 思考法 。 、DX推進 組織改⾰ 不確実性 ⾼ 、正解 存在 課題 対 、 未来 描 、 実現 具体策 考 ⼿ 法 注⽬ 。 中⻑期的 将来 「起 得 未来」 可能性 複数描 、 結果 様々 検討 材料 活⽤ ⼿法 。
  74. 究極の 非中央集権化 74

  75. ウクライナでStarlinkのサービスを開始 ΢ΟΩϖσΟΞΑΓʢελʔϦϯΫʣ

  76. 宇宙レベルでプライバシーを守る(妄想です) ෼ࢄܕ ϞόΠϧઐ༻ ௨৴ΩϟϦΞӴ੕ ૚ ෼ࢄܕ ໊લղܾӴ੕ɺ ΩϟογϡӴ੕ ૚ ෼ࢄܕϓϩτίϧ

    Ӵ੕ʢϚΠχϯάͳͲʣ ૚ ηΧϯυϨΠϠʔӴ੕ɺ ෼ࢄܕσδλϧΞΠσϯςΟςΟΛ *1'4ͷΑ͏ͳͷετϨʔδͰ ؅ཧΛ͢ΔӴ੕૚ ϙΠϯτ ΩϟϦΞӴ੕ͱ ϞόΠϧ͕௚઀௨৴͢Δ ϙΠϯτ ஍্ͷ֤૚ͱ͸Ұ੾ؔΘΓΛ΋ͨͣʹ Ӊ஦ಉ͚࢜ͩͰ࿈ܞ͢Δؔ܎ ϙΠϯτ ֤Ӵ੕ͷࢿۚ͸ɺ%"0ܕϓϩδΣΫτϑΝΠφϯε͔ *&0ͱͯ͠ӡӦ͢Δɻ ഑౰ϧʔϧ΋εϚʔτίϯτϥΫτԽ͢Δɻ ˞ଠཅΤωϧΪʔͰϚΠχϯά΋ՄೳͳӴ੕ͳͲ ϓϥΠόγʔσʔλΛ ࠃ΍("'"ʹґଘ͞Εͣʹɺ ݸਓʹؼଐͤ͞Δɻ ϙΠϯτ Ϣʔβʔͷ%*%΍ɺ ࠷௿ݶͷϓϥΠόγʔ σʔλ͸Ӊ஦Ͱ؅ཧ͢Δɻ ʢݸਓͷൿີ伴Ͱ҉߸Խʣ FOT FOT Ωϟογϡ ΠʔαϦΞϜܥ ΠʔαϦΞϜܥ ϏοτίΠϯܥ ελʔϦϯΫͷ ϞόΠϧ൛ ελʔϦϯΫͷ ϞόΠϧ൛ ελʔϦϯΫͷ ϞόΠϧ൛ *1'4 %*% %*%
  77. まとめ

  78. この講演のまとめ 🎯 8FCͰɺ͜Ε·Ͱ͸࣮ݱͰ͖ͳ͔ͬͨτʔΫϯܦࡁݍΛ࡞Δ͜ ͱ͕Ͱ͖Δɻ 🎯 /'5ʹΑΔূ໌΍อূ͸ɺ༷ʑͳՁ஋΍ίϛϡχςΟΛݟ͍ग़ ͨ͠Γɺً͔ͤଓ͚ΔՄೳੑΛ͍࣋ͬͯΔɻ 🎯 %"0ʹΑΓɺձࣾͷ࿮Λ௒͑ͯಉ͡໨తΛ࣋ͭ΋ͷಉ࢜ʹΑͬ ͯɺҙࢥܾఆ͠΍͍͢ू·ΓΛ࡞Δ͜ͱ͕Ͱ͖Δɻ

    🎯 ࠓ͸ूதΑΓ෼ࢄ͕ϒʔϜͳ࣌୅ɻྫ͑͹৽͍͠ࢿຊओٛͳͲΛ ໛ࡧ͢ΔͨΊʹɺ࠷৽ςΫϊϩδʔΛ૊Έ͋ΘͤͨඇதԝूݖԽ ͳͲ͕ൃల͢ΔͷͰɺ͜͏͍ͬͨ೾ʹ৐Δͷ΋͓નΊɻ