Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure(ExaDB-D) UI スクリーン・キャプチャ集

Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure(ExaDB-D) UI スクリーン・キャプチャ集

oracle4engineer

February 02, 2024
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Exadata Database Service on
    Dedicated Infrastructure(ExaDB-D)
    UI スクリーン・キャプチャ集
    ⽇本オラクル株式会社
    2024 年 2⽉ 2 ⽇
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    1

    View full-size slide

  2. Safe harbor statement
    以下の事項は、弊社の⼀般的な製品の⽅向性に関する概要を説明するものです。また、
    情報提供を唯⼀の⽬的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以
    下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買
    決定を⾏う際の判断材料になさらないで下さい。
    オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊
    社の裁量により決定され、変更される可能性があります。
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    2

    View full-size slide

  3. 1. Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure
    2. Exadata Infrastructure
    3. VM クラスタ
    4. Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    5. データベース・ホーム
    6. データベース
    7. バックアップとリカバリ (Object Storage)
    8. Data Guard アソシエーション
    9. Exadata Infrastructure メンテナンス
    10.パッチ適⽤
    参考情報
    アジェンダ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    3
    本資料は、特に記載が無い限り 2023 年 11 ⽉時点の UI 操作に対するスクリーン・キャプチャを、その当時のマニュアル
    (Oracle Cloud Infrastructure Documentation ) の記載に沿ってまとめています。

    View full-size slide

  4. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    4
    1. Exadata Database Service on
    Dedicated Infrastructure
    • コンソール画⾯へのアクセス

    View full-size slide

  5. コンソール画⾯へのアクセス
    • Chrome や Firefox などの Web ブラウザから cloud.oracle.com へアクセス
    Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    5
    アクセスするテナント名を⼊⼒
    して Next をクリック

    View full-size slide

  6. Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    6
    IAM (OCI Identity and Access
    Management) によるアカウントでロ
    グインする場合は、このアイコンをクリック
    してユーザ名とパスワードの⼊⼒フィール
    ドを表⽰させて、⼊⼒後、「Sign In」
    をクリックしてログイン
    IDCS (Oracle Identity Cloud
    Service) による認証を⾏う場合は
    「Continue」をクリック
    ユーザ名とパスワードの⼊⼒フィールドが
    表⽰される場合には、⼊⼒して、「サイ
    ン・イン」をクリックしてログイン
    コンソール画⾯へのアクセス

    View full-size slide

  7. コンソール画⾯へのアクセス
    Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    7
    「Oracle Public Cloud上のExadata」をクリック
    メニュー・アイコンをクリック
    して、メニューを表⽰
    メニューから、「Oracle
    Database」をクリック
    本⾴更新⽇(2022 年 5 ⽉ 11 ⽇)

    View full-size slide

  8. Exadata Database Service on Dedicated Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    8
    コンパートメントが正しく
    選択されているか確認
    リージョンが正しく選択さ
    れているか確認
    コンソール画⾯へのアクセス
    本⾴更新⽇(2022 年 5 ⽉ 11 ⽇)

    View full-size slide

  9. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    9
    2. Exadata Infrastructure
    • Exadata Infrastructure の作成
    • Exadata Infrastructure の編集
    • Exadata Infrastructure の確認
    • Exadata Infrastructure の移動
    • Exadata Infrastructure のスケーリング
    • Exadata Infrastructure の削除
    • インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理

    View full-size slide

  10. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    10
    Exadata Infrastructure
    • Exadata Infrastructure の作成
    • Exadata Infrastructure の確認
    • Exadata Infrastructure の移動
    • Exadata Infrastructureのスケーリング
    • Exadata Infrastructure の削除
    • インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理

    View full-size slide

  11. Exadata Infrastructure の作成
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    11
    「Oracle Public Cloud上のExadata」を選択
    左上のハンバーガーボタ
    ンを選択
    「Oracle Database」を選択
    本⾴更新⽇(2022 年 5 ⽉ 11 ⽇)
    適切なリージョンに
    なっているか確認

    View full-size slide

  12. Exadata Infrastructure の作成
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    12
    「Exadata
    Infrastructure」
    を選択
    「Exadata Infrastructure の作成」
    を選択
    作成するコンパート
    メントを確認
    適切なリージョンに
    なっているか確認

    View full-size slide

  13. Exadata Infrastructure の作成: システム・モデルやシェイプの選択
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    13
    コンパートメントの選択: 適切なコン
    パートメントを選択
    表⽰名の指定: 作成する Exadata
    Infrastructure の名前を⼊⼒
    Exadata システム・モデルの選択:
    Exadata Infrastructure のシステ
    ム・モデルを選択

    Exadataコンピュートおよびストレージ
    構成を⼊⼒:DBサーバーの台数とスト
    レージサーバーの台数を選択(最⼩構
    成はDBサーバー2台、Storageサー
    バー3台)

    View full-size slide

  14. Exadata Infrastructure の作成: システム・モデルやシェイプの選択
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    14

    Exadataコンピュートおよびスト
    レージ構成を⼊⼒:DBサーバーの
    台数とストレージサーバーの台数を
    選択(最⼩構成はDBサーバー2
    台、Storageサーバー3台)
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  15. Exadata Infrastructure の作成: システム・モデルやシェイプの選択
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    15
    コンパートメントの選択: 適切なコン
    パートメントを選択
    表⽰名の指定: 作成する Exadata
    Infrastructure の名前を⼊⼒
    Exadata システム・モデルの選択:
    Exadata Infrastructure のシステ
    ム・モデルを選択

    システム構成を選択︓ Quarter, Half,
    Fullラックから選択

    View full-size slide

  16. Exadata Infrastructure の作成: システム・モデルやシェイプの選択
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    16
    コンパートメントの選択: 適切なコン
    パートメントを選択
    表⽰名の指定: 作成する Exadata
    Infrastructure の名前を⼊⼒
    Exadata システム・モデルの選択:
    Exadata Infrastructure のシステ
    ム・モデルを選択

    システム構成を選択︓ Quarter, Half,
    Fullラックから選択

    View full-size slide

  17. Exadata Infrastructure の作成: システム・モデルやシェイプの選択
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    17
    コンパートメントの選択: 適切なコン
    パートメントを選択
    表⽰名の指定: 作成する Exadata
    Infrastructure の名前を⼊⼒
    Exadata システム・モデルの選択:
    Exadata Infrastructure のシステ
    ム・モデルを選択

    システム構成を選択︓ Quarter, Half,
    Fullラックから選択

    View full-size slide

  18. Exadata Infrastructure の作成: システム・モデルやシェイプの選択
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    18
    コンパートメントの選択: 適切なコン
    パートメントを選択
    表⽰名の指定: 作成する Exadata
    Infrastructure の名前を⼊⼒
    Exadata システム・モデルの選択:
    Exadata Infrastructure のシステ
    ム・モデルを選択
    ※Base Systemの場合、構成の選択
    はありません。

    View full-size slide

  19. Exadata Infrastructure の作成: メンテナンス詳細の指定
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    19
    ⾃動メンテナンスの詳細 :
    四半期ごとのメンテナンス・スケジュールを
    設定する場合には「メンテナンスの変更」
    を選択して設定可能。(詳細は本資
    料の「Exadata Infrastructure メン
    テナンス」セクションに記載)
    メンテナンス連絡先の指定 :
    メンテナンス時の連絡先を指定する場合
    は選択
    追加の副メンテナンス連絡先の指定 :
    副連絡先を設定する場合に選択して、
    電⼦メールを⼊⼒(「連絡先の追加」で
    最⼤9つ設定可能)

    View full-size slide

  20. Exadata Infrastructure の作成: メンテナンス詳細の指定
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    20
    ⾃動メンテナンスの
    詳細 :
    四半期ごとのメンテナ
    ンス・スケジュール、メ
    ンテナンスメソッドを設
    定する場合には
    「Edit
    Maintenance
    Preferences」を選
    択して設定可能。
    ※2023年3⽉更新

    View full-size slide

  21. Exadata Infrastructure の作成: メンテナンス詳細の指定
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    21
    Edit Maintenance
    Preferences
    Rolling
    Non-Rolling
    ※2023年3⽉更新

    View full-size slide

  22. Exadata Infrastructure の作成: メンテナンス詳細の指定
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    22
    Edit Maintenance
    Preferences
    Enable custom
    action before
    performing
    maintenance on
    DB servers
    ※2023年3⽉更新

    View full-size slide

  23. Exadata Infrastructure の作成: メンテナンス詳細の指定
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    23
    Specify a schedule
    選択時
    Infrastructure
    Maintenance のプリ
    ファレンス指定可能
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  24. Exadata Infrastructure の作成: メンテナンス詳細の指定
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    24
    Add contact
    Infrastructure
    Maintenance 時の通
    知先を設定可能
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  25. Exadata Infrastructure の作成: タグの指定(任意)
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    25
    拡張オプションの表⽰(任意) :
    拡張オプションの表⽰を選択すると、「タ
    グ」タブが表⽰される
    タグの指定(任意) :
    テナンシ内のリソース整理のためのタグ機
    能を利⽤する場合、値を⼊⼒する。
    「Exadata Infrastructure の作成」
    を選択して完了

    View full-size slide

  26. Exadata Infrastructure の作成: タグの指定(任意)
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    26
    標準タグの指定(任意) :
    テナンシ内のリソース整理のた
    めのタグ機能を利⽤する場合、
    値を⼊⼒する。
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  27. Exadata Infrastructure の作成: 作成完了画⾯
    <参考>Exadata Infrastructureの作成中画⾯
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    27
    状態:
    使⽤可能となれば完了。
    Exadata Infrastructure
    の⼀覧:
    作成ボタン押下後、Exadata
    Infrastructureの⼀覧に戻る。
    表⽰名:
    作成したExadata
    Infrastructureの表⽰名を選
    択すると詳細画⾯に遷移する。

    View full-size slide

  28. Exadata Infrastructure の作成: 作成中画⾯
    <参考>Exadata Infrastructureの作成中画⾯
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    28
    Infrastructure の作成中:
    オレンジ⾊の背景となり、「プロビ
    ジョニング中」と表⽰される。
    完了すると緑⾊となり、「成功」
    と表⽰される。
    進⾏状況の確認:
    作業リクエストを選択する。

    View full-size slide

  29. Exadata Infrastructure の作成: 進捗状況の詳細確認
    <参考>Exadata Infrastructureの作成中画⾯
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    29
    Infrastructure の作成中:
    作成中はオレンジ⾊の背景とな
    り、「プロビジョニング中」と表⽰さ
    れる。
    完了すると緑⾊となり、「成功」
    と表⽰される。
    進⾏状況の確認:
    進捗状況を確認する。
    (通常、3〜10分程度で完了
    する)

    View full-size slide

  30. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    30
    Exadata Infrastructure
    • Exadata Infrastructure の作成
    • Exadata Infrastructure の確認
    • Exadata Infrastructure の移動
    • Exadata Infrastructureのスケーリング
    • Exadata Infrastructure の削除
    • インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理

    View full-size slide

  31. Exadata Infrastructure の確認
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    31
    Exadata Infrastructure
    の⼀覧:
    Exadata Infrastructureを
    選択すると、⼀覧が表⽰される。
    表⽰名:
    作成したExadata
    Infrastructureの表⽰名を選
    択すると詳細画⾯に遷移する。
    コンパートメント:
    Exadata Infrastructureを
    作成したコンパートメントを選択
    する。
    適切なリージョン
    になっているか確

    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  32. Exadata Infrastructure の確認
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    32
    作成中(⻩⾊) :
    Exadata Infrastructure の
    作成中
    アクティブ化が必要(⻩⾊) :
    Exadata Infrastructure は
    定義済みだが、プロビジョンしてア
    クティブ化が必要
    アクティブ(緑⾊)︓
    Exadata Infrastructure はプ
    ロビジョニングされアクティブ化の状

    終了中(灰⾊)︓
    Exadata Infrastructure が
    終了中
    終了済(灰⾊)︓
    Exadata Infrastructure が
    終了済
    アクティブ化に失敗(⾚⾊)︓
    Exadata Infrastructure のア
    クティブ化に失敗
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  33. Exadata Infrastructure の確認
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    33
    表⽰名の更新︓
    表⽰名を変更する場合
    に選択する。
    Maintenance Method
    Preferences:
    Rolling/Non-Rolling
    Quarterly Maintenance
    Schedule︓
    現在のインフラストラクチャメンテナンスの設
    定状況
    Next Quarterly Maintenance︓
    次の四半期メンテナンスのスケジュール
    Next Security Maintenance:
    次の⽉次メンテナンスのスケジュール
    顧客の連絡先︓
    メンテナンスについての通知先の設定
    Exadataリソース︓
    DBサーバーの数
    ストレージサーバーの数
    OCPU
    メモリ
    ローカルストレージ
    Exadata Storage
    ※2023年11⽉更新
    DB Server Version: KVM Host の
    ESS バージョン
    Storage Server Version: Storage
    Server の ESS バージョン

    View full-size slide

  34. Exadata Infrastructure の確認
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    34
    Edit Maintenance
    Preferences:
    ※2023年3⽉更新

    View full-size slide

  35. Exadata Infrastructure の確認
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    35
    直前だと Configure
    maintenance しても
    変更の影響が出ない
    (例は11/25予定で
    11/21に試した例
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  36. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    36
    Exadata Infrastructure
    • Exadata Infrastructure の作成
    • Exadata Infrastructure の確認
    • Exadata Infrastructure の移動
    • Exadata Infrastructureのスケーリング
    • Exadata Infrastructure の削除
    • インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理

    View full-size slide

  37. Exadata Infrastructure の移動
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    37
    Exadata
    Infrastructure︓
    Exadata Infrastructureを
    選択し、⼀覧が表⽰する。
    表⽰名:
    移動したいExadata
    Infrastructureの表⽰名を選
    択する。
    コンパートメント:
    移動元となるExadata
    Infrastructureのコンパートメ
    ントを選択する。
    適切なリージョン
    になっているか確

    View full-size slide

  38. Exadata Infrastructure の移動
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    38
    「リソースの移動」を選択
    移動先のコンパート
    メントを選択
    「リソースの移動」 を選択して完了

    View full-size slide

  39. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    39
    Exadata Infrastructure
    • Exadata Infrastructure の作成
    • Exadata Infrastructure の確認
    • Exadata Infrastructure の移動
    • Exadata Infrastructureのスケーリング
    • Exadata Infrastructure の削除
    • インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理

    View full-size slide

  40. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    40
    Exadata
    Infrastructure :
    Exadata Infrastructureを
    選択すると、⼀覧が表⽰される。
    表⽰名:
    スケールするExadata
    Infrastructureの表⽰名を選択する。
    コンパートメント:
    スケールしたいExadata
    Infrastructureのあるコンパー
    トメントを選択する。
    適切なリージョン
    になっているか確

    View full-size slide

  41. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    41
    インフラストラクチャのスケーリン
    グを選択する。
    Exadataリソース︓
    現在のDBサーバーの数およ
    び、ストレージサーバーの数
    適切なリージョンになって
    いるか確認

    View full-size slide

  42. DBサーバー
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    42

    View full-size slide

  43. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    43
    Scale Infrastructure
    現在のリソース
    2ノード
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  44. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    44
    Compute
    現在2ノード
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  45. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    45
    Compute
    Additional 1 ノード
    Total 3ノード
    Scale Infrastructure
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  46. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    46
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  47. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    47
    成功
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  48. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    48
    3ノードに
    OCPU、Memory、Local
    Storage、Exadata
    storge も増えている
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  49. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    49
    Scale Infrastructure した
    けではまだVMは作成されてい
    ないので、Virtual Machine

    Add Virtual Machines
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  50. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    50
    グレーアウト
    すでにVM作成済みのノード
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  51. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    51
    新規でVM追加するノードを選

    VMごとに確保されるリソース
    トータルのリソース
    が表⽰される
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  52. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    52
    Add Virtual Machines に
    失敗
    Scale compute nodes operation
    failed because required TCP
    ingress ports are not all open.
    スケーリング時のネットワーク要件
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  53. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    53
    VCN
    > Security Lists
    > Default Security List for testVCN
    > Ingress Rules
    > Add Ingress Rules
    Add Ingress Rules
    Source CIDR : 10.0.0.0/16
    IP Protocol : TCP
    Source Port Range : All
    Destination Port Range : ALL
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  54. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    54
    追加された Ingress Rules
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  55. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    55
    再び Add Virtual
    Machines
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  56. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    56
    Provisioning
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  57. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    57
    Add VM : 3+50 で完了
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  58. Exadata Infrastructure のスケーリング node3のリソースを確認
    [root@wasabi-zk36j1 ~]# /u01/app/19.0.0.0/grid/bin/crsctl stat res -t
    --------------------------------------------------------------------------------
    Name Target State Server State details
    --------------------------------------------------------------------------------
    Local Resources
    --------------------------------------------------------------------------------
    ora.DATAC1.ACFSVOL01.advm
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.LISTENER.lsnr
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.chad
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.datac1.acfsvol01.acfs
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 mounted on /acfs01,S
    TABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 mounted on /acfs01,S
    TABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 mounted on /acfs01,S
    TABLE
    ora.net1.network
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.ons
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.proxy_advm
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    --------------------------------------------------------------------------------
    Cluster Resources
    --------------------------------------------------------------------------------
    ora.ASMNET1LSNR_ASM.lsnr(ora.asmgroup)
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    2 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    3 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.DATAC1.dg(ora.asmgroup)
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    2 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    3 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.LISTENER_SCAN1.lsnr
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.LISTENER_SCAN2.lsnr
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    ora.LISTENER_SCAN3.lsnr
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ora.RECOC1.dg(ora.asmgroup)
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    2 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    3 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.asm(ora.asmgroup)
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 Started,STABLE
    2 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 Started,STABLE
    3 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 Started,STABLE
    ora.asmnet1.asmnetwork(ora.asmgroup)
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 STABLE
    2 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    3 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 STABLE
    ora.cvu
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 STABLE
    ora.db0105_n74_kix.db
    1 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j1 Open,HOME=/u02/app/o
    racle/product/19.0.0
    .0/dbhome_1,STABLE
    2 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j2 Open,HOME=/u02/app/o
    racle/product/19.0.0
    .0/dbhome_1,STABLE
    3 ONLINE ONLINE wasabi-zk36j3 Open,HOME=/u02/app/o
    racle/product/19.0.0
    .0/dbhome_1,STABLE
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    58
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  59. Exadata Infrastructure のスケーリング
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    59
    VM追加すると available の
    リソースが減っていることが分
    かる(スクショはAVMも作成
    しているのでさらに減っていま
    す。)
    参考 AVMは Exadata
    Infrastructures の
    Exadata VM Clusters の
    画⾯に出てこないので、
    Exadata Infrastructure
    から直接は⾒えない
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  60. 参考 Autonomous Exadata VM Clusters
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    60
    Autonomous Database
    > Dedicated Infrastructure
    > Autonomous Exadata VM Cluster
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  61. 参考 Autonomous Exadata VM Clusters
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    61
    Infrastructure は同じ
    ※2023年1⽉更新

    View full-size slide

  62. ストレージサーバー
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    69

    View full-size slide

  63. Exadata Infrastructure のスケーリング ストレージサーバー
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    70
    スケール後のサーバー数
    を⼊⼒する。
    下部にグレーで現在の
    サーバー数が表⽰される。
    スケール後のリソースが表⽰される。
    スケールする対象を選択
    する。(データベースサー
    バーとStorageサーバー
    の同時スケールは不可)
    スケールを選択する。

    View full-size slide

  64. Exadata Infrastructure のスケーリング ストレージサーバー
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    72
    ③Scale Cloud Exadata
    Infrastructureを選択する。
    ①スケールするExadata
    Infrastructureの詳細
    画⾯に戻る。
    ②作業リクエストを選択する。

    View full-size slide

  65. Exadata Infrastructure のスケーリング ストレージサーバー
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    73
    スケールの進捗状況が表
    ⽰される。
    「ログ・メッセージ」や「エ
    ラー・メッセージ」を選択し、
    内容を確認する。

    View full-size slide

  66. Exadata Infrastructure のスケーリング ストレージサーバー
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    74
    インフラストラクチャのスケー
    リング完了後、VMクラスタ
    をスケーリングする。

    View full-size slide

  67. Exadata Infrastructure のスケーリング ストレージサーバー
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    75
    追加可能なExadata
    Infrastructureが表⽰さ
    れる。
    「容量を追加」にチェックが
    されていることを確認する。
    現在のリソースとスケーリン
    グ後のリソースを確認する。
    更新を選択する。

    View full-size slide

  68. Exadata Infrastructure のスケーリング ストレージサーバー
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    76
    ③Update Cloud VM
    Clusterを選択する。
    ①スケールするExadata
    VMクラスタの詳細画⾯に
    戻る。
    ②作業リクエストを選択する。

    View full-size slide

  69. Exadata Infrastructure のスケーリング ストレージサーバー
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    77
    スケールの進捗状況が表
    ⽰される。
    「ログ・メッセージ」や「エ
    ラー・メッセージ」を選択し、
    内容を確認する。

    View full-size slide

  70. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    78
    Exadata Infrastructure
    • Exadata Infrastructure の作成
    • Exadata Infrastructure の確認
    • Exadata Infrastructure の移動
    • Exadata Infrastructureのスケーリング
    • Exadata Infrastructure の削除
    • インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理

    View full-size slide

  71. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    79
    Exadata
    Infrastructure︓
    Exadata Infrastructureを
    選択し、⼀覧が表⽰する。
    表⽰名:
    削除したいExadata
    Infrastructureの表⽰名を選
    択する。
    コンパートメント:
    削除したいExadata
    Infrastructureのコンパートメ
    ントを選択する。
    適切なリージョン
    になっているか確

    View full-size slide

  72. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    80
    「終了」を選択
    「Exadata Infrastructure の削除」
    を選択して完了
    Exadata Infrastructure 名を⼊⼒

    View full-size slide

  73. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    81
    ※2023年1⽉更新
    Multi-VM の際の
    Infrastructure の削除
    それぞれのVMCluster が削
    除されることが表⽰される
    Terminate すると複数VMを
    削除しに⾏く

    View full-size slide

  74. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    82
    ※2023年1⽉更新
    AVMが⼀緒にある場合、
    Infrastructure から直接削
    除できない。
    ADB, ACDB, AVMを削除し
    てからInfrastructure を削
    除できる

    View full-size slide

  75. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    83
    ※2023年1⽉更新
    ADBの削除

    View full-size slide

  76. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    84
    ※2023年1⽉更新
    ACDBの削除

    View full-size slide

  77. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    85
    ※2023年1⽉更新
    AVMの削除

    View full-size slide

  78. Exadata Infrastructure の削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    86
    ※2023年1⽉更新
    これでInfrastructureの削除
    が可能に

    View full-size slide

  79. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    87
    Exadata Infrastructure
    • Exadata Infrastructure の作成
    • Exadata Infrastructure の確認
    • Exadata Infrastructure の移動
    • Exadata Infrastructureのスケーリング
    • Exadata Infrastructure の削除
    • インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理

    View full-size slide

  80. インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    88
    Exadata
    Infrastructure︓
    Exadata Infrastructureを
    選択し、⼀覧が表⽰する。
    表⽰名:
    連絡先を管理するExadata
    Infrastructureの表⽰名を選
    択する。
    コンパートメント:
    連絡先を管理するExadata
    Infrastructureのコンパートメ
    ントを選択する。
    適切なリージョン
    になっているか確

    View full-size slide

  81. インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理 連絡先の確認
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    89
    「メンテナンス」下に連絡先を確認できる
    (表⽰の場合は連絡先がない)

    View full-size slide

  82. インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理 連絡先の追加
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    90
    「管理」を選択する。
    「連絡先の追加」を選択

    View full-size slide

  83. インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理 連絡先の追加
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    91
    電⼦メールアドレスを⼊⼒する。
    ⼊⼒後、「連絡先の追加」 を
    選択して完了
    2件以上を同時に登録する場
    合、連絡先の追加を選択する。

    View full-size slide

  84. インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理 連絡先の追加
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    92
    追加したメールアドレスが⼀覧に
    追加されていることを確認する。
    「閉じる」 を選択して完了

    View full-size slide

  85. インフラストラクチャ・メンテナンスの連絡先管理 連絡先の編集・削除
    Exadata Infrastructure
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    93
    連絡先を変更・削除する場合は
    対象のメールアドレスにチェックをつ
    ける。
    メールアドレスを変更する場合、
    「編集」 を選択する。
    ⼀番上をチェックすると「全件(すべ
    てのメールアドレス)選択」となる。
    メールアドレスを削除する場合、
    「削除」 を選択する。

    View full-size slide

  86. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    94
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  87. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    95
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  88. Exadata VMクラスタ画⾯への移動⽅法(全⾏程共通)
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    96
    ③「Oracle Public Cloud上のExadata」を選択
    ①左上のハンバーガーボ
    タンを選択
    ②「Oracle Database」を選択
    本⾴更新⽇(2022 年 5 ⽉ 11 ⽇)
    適切なリージョンに
    なっているか確認

    View full-size slide

  89. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    97
    「Exadata VMクラスタの作成」をクリック

    View full-size slide

  90. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    98
    コンパートメントの選択: 使⽤可能なコンパートメ
    ントのリストから、VM クラスタを含めるコンパートメ
    ントを選択
    表⽰名: 表⽰名は、VM クラスタを識別するため
    に使⽤できるユーザーフレンドリな名前を⼊⼒。
    Oracle Cloud 識別⼦(OCID)が VM クラスタ
    を⼀意に識別するため、名前は⼀意である必要
    はない
    Cluster Name:クラスタ名。
    crsctl get cluster name で⾒える
    Grid Infrastructure version:
    ※2023年3⽉更新

    View full-size slide

  91. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    99
    Configure the VM
    cluster
    Resource
    allocation per VM
    OCPU 数
    2 OCPU 〜126 OCPU
    VM毎のMemory
    30 GB 〜1390 GB
    VM毎のLocal Storage
    60 GB 〜 2320 GB
    を指定
    Change DB
    servers
    Cluster Node
    Subsetting する際
    に利⽤
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  92. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    100
    Change DB
    servers
    Exadata
    Infrastructure で
    DBサーバーを3台以
    上選択しているときに
    そのうちのどのDBサー
    バーを使ってVMを作
    成するかを選択
    (例では2ノード)
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  93. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    101
    Configure
    Exadata storage
    Storage Server の
    データ容量を指定
    2 TB 〜 192 TB
    Usable storage
    allocation
    sparse無し
    ローカルバックアップ無

    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  94. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    102
    Usable storage
    allocation
    sparseあり
    ローカルバックアップ無

    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  95. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    103
    Usable storage
    allocation
    sparse無し
    ローカルバックアップあ

    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  96. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    104
    ※2022年12⽉更新
    Usable storage
    allocation
    sparseあり
    ローカルバックアップあ

    View full-size slide

  97. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    105
    SSH キーの追加: VM クラスタのコンピュート・ノードへの
    アクセスに使⽤する SSH キー・ペアの公開キー部分を指
    定。キーを含むファイルをアップロードするか、SSH キー⽂
    字列を貼り付けることができる
    仮想クラウド・ネットワークの選択: VMクラスタを作成
    するVCN。 「コンパートメントの変更」をクリックして、別の
    コンパートメントのVCNを選択します。
    ホスト名接頭辞:接頭辞は、DBシステム・
    ホスト名の最初の部分になります。推奨さ
    れる最⼤⻑: 16⽂字。
    バックアップ・サブネット:バックアップ⽤サブネット
    ホスト・ドメイン名、ホストおよびドメインURL:VMクラ
    スタのドメイン名。読み取り専⽤で、この欄はホスト名接
    頭辞を⼊⼒すると⾃動的に決定されます
    クライアントのサブネットの選択: VMクラスタがアタッチす
    る必要のあるサブネット。 「コンパートメントの変更」をクリッ
    クして、別のコンパートメントのサブネットを選択します。

    View full-size slide

  98. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    106
    Configure the network Settings:
    Use private DNS service:
    ※2023年3⽉更新

    View full-size slide

  99. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    107
    ライセンス・タイプの選択:ライセンス・タイプを選択
    (作成後も変更可能)
    設定後「VMクラスタの作成」をクリック
    拡張オプション:管理、ネットワーク、タグの選択が
    可能
    拡張オプション:ネットワーク
    リスナーポート番号の指定が可能
    拡張オプション:タグ
    タグ付けが可能

    View full-size slide

  100. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    108
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  101. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    109
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  102. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    110
    Diagnostics collection
    ヘルスメトリックをオラクルに送
    信、ログ収集を許可
    デフォルト 選択
    標準タグ
    タグ付けが可能
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  103. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    111
    VMクラスタの作成が完了すると、
    ⻩⾊のプロビジョニング画⾯から緑
    ⾊の使⽤可能画⾯に切り替わる
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  104. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    112
    VMクラスタの作成が完了すると、
    ⻩⾊のプロビジョニング画⾯から緑
    ⾊の使⽤可能画⾯に切り替わる
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  105. VM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    113
    以前は緑⾊の画⾯が VM
    でしたが、AVM
    (Autonomous VM) が導
    ⼊されたので VMC (VM
    Cluster)に表⽰が変更に
    なりました
    ※2023年6⽉更新

    View full-size slide

  106. 参考 AVM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    114
    ※2023年1⽉更新
    同じ
    Infrastructure を
    使っていても AVM
    は Infrastructure
    からは⾒えない
    リソース

    View full-size slide

  107. 参考 AVM クラスタの作成画⾯
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    115
    ※2023年1⽉更新
    Infrastructureを
    選択すると

    View full-size slide

  108. 参考 AVM クラスタの作成
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    116
    ※2023年1⽉更新
    選択できるリソースが
    出てくる
    作成後、
    Infrastrucutreから
    リソースが減っている
    ことは確認できる
    Total Resources Requested for
    Autonomous VM Cluster
    OCPU count:
    15
    OCPU count per node x node count
    Memory:
    270 GB
    [OCPU count per node x Database
    memory per OCPU + Internal
    Database Service Memory: (40GB)]
    x node count
    Local Storage:
    1002 GB
    Internal Local Service Storage:
    ([Autonomous VM Cluster storage:
    184GB] + [Autonomous Container
    Database storage: 100GB + 50GB x
    ACD Count]) x Node Count
    Exadata Storage:
    2.92724609375 TB
    [User Data Storage + Internal
    Database Service Storage: ( 200GB
    + 50GB x ACD Count x node
    count )] x 1.25

    View full-size slide

  109. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    117
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  110. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    121
    Scale VM cluster
    現在のリソース
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  111. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    122
    現在のリソース
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  112. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    123
    メモリとLocal file
    system をスケール
    アップしてみる
    メモリ、ファイルシステムのスケーリングは
    再起動が必要(実際はファイルシステム
    は拡張時は再起動無し、縮⼩時は
    GI/DBは再起動、ノードはそのまま)
    Memory or Local file system
    scaling rolling reboot When you
    scale up or down the memory
    or local file system size, the
    associated compute nodes are
    rebooted in a rolling manner
    one compute node at a time to
    minimize the impact on the VM
    cluster.
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  113. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    124
    メモリサイズ変更時は
    最⼩メモリサイズ(現
    在使⽤しているメモリ
    サイズ)をシステムが
    確認する
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  114. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    125
    メモリとLocal file
    system のスケールを
    両⽅投げると、メモリの
    スケーリング実施後、
    local file system
    のスケーリングを実施す

    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  115. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    126
    Local Storage :
    200 GB(2ノード)
    Memory : 120 GB
    (2ノード)
    完了
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  116. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    127
    Resource
    allocation per VM
    でリソースが変更された
    ことをVM毎にも確認
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  117. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    128
    メモリ変更時のメッセー

    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  118. VM クラスタのリソースのスケール
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    129
    Local Storage 変
    更時のメッセージ
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  119. VM クラスタのリソースのスケール Exadata Storage
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    130
    Exadata Storage
    をスケールしてみる
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  120. VM クラスタのリソースのスケール Exadata Storage
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    131
    Exadata Storage
    のスケーリング時のメッ
    セージ
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  121. VM クラスタのリソースのスケール Exadata Storage
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    132
    スケーリング完了
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  122. VM クラスタのリソースのスケールダウン
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    133
    メモリとLocal file
    system をスケールア
    ダウンしてみる
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  123. VM クラスタのリソースのスケールダウン
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    134
    スケールダウン完了
    ※2022年12⽉更新

    View full-size slide

  124. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    135
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  125. VM クラスタへのSSHキーの追加
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    136
    「SSHキーの追加」をクリック

    View full-size slide

  126. VM クラスタへのSSHキーの追加
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    137
    「SSHキーの追加」⽅法を選択
    設定後「変更の保存」をクリック

    View full-size slide

  127. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    138
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  128. VM クラスタのIORMの有効化
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    139
    「IROMの有効化」をクリック

    View full-size slide

  129. VM クラスタのIORMの有効化
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    140
    ディレクティブは、リソース管理に対して設定した全体的な最適化⽬標と連
    携して動作します。
    選択可能な⽬標:
    「Low Latency」
    • クリティカルなOLTPワークロードの場合。 この設定により、ディスク
    使⽤率が⼤幅に制限されてレイテンシは可能最短となります。
    「High Throughput」
    • ⾼スループットを必要とするクリティカルなDSSワークロードの場合。
    「Balanced」
    • クリティカルなOLTPおよびDSSワークロードの場合。この設定によ
    り、短いディスク・レイテンシと⾼いスループットが均等になります。
    「Auto」推奨
    • IORMは最適化の⽬標を判別し、検出されたワークロードおよび
    有効化されたリソース・プランに基づいて最適な設定を継続的お
    よび動的に判別します。
    リソース・プランのデフォルト・ディレクティブ:各
    データベースにデフォルトで割り当てる共有数の指
    定。特定のディレクティブへの関連付けがある場
    合はこの設定は適⽤されない。
    (次スライドにて詳細画⾯)
    共有の数を選択
    可能

    View full-size slide

  130. VM クラスタのIORMの有効化
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    141
    「追加のディレクティブ」を選択すると、新たに指定画⾯が
    現れ、下記のようにデータベースで共有するIOリソースの
    数を変更可能
    共有数(割合)をDBごと
    にそれぞれ指定可能
    パーセンテージは現在の
    割合と、変更前と⽐べた
    増減のパーセントが
    (〇%)と表⽰されます
    更新、もしくは「IROMの無効化」も
    選択可能

    View full-size slide

  131. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    142
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  132. VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    143
    VMクラスタを選択し「リソース」から「仮想
    マシン」をクリック

    View full-size slide

  133. VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    144
    ※VMクラスタのocpuが0の場合、
    起動、停⽌、再起動ボタンは選択不可
    クリック
    VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動

    View full-size slide

  134. VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    145
    起動をクリック
    起動中と状態が変更される
    ノードの起動をクリック

    View full-size slide

  135. VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    146
    停⽌する場合は「停⽌」をクリック

    View full-size slide

  136. VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    147
    ノードの停⽌をクリック
    停⽌中と状態が変更される

    View full-size slide

  137. VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    148
    再起動する場合は「再起動」をクリック

    View full-size slide

  138. VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    149
    ノードの再起動をクリック
    停⽌中と状態が変更される

    View full-size slide

  139. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    150
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  140. VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    151
    • 使⽤可能:緑のアイコン。ノードは操作可能。
    • 起動中:⻩⾊のアイコン。コンソールまたはAPIによるの起動
    または再起動の操作中のため、ノードが起動されている。
    • 停⽌中:⻩⾊のアイコン。コンソールまたはAPIによる停⽌ま
    たは再起動の操作中のため、ノードが停⽌されている。
    • 停⽌済:⻩⾊のアイコン。ノードが停⽌している。
    • 失敗:⾚いアイコン。エラーにより、コンピュート・ノードの継続
    操作が妨げられている。

    View full-size slide

  141. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    152
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了

    View full-size slide

  142. VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    153
    「ライセンス・タイプの更新」をクリック

    View full-size slide

  143. VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    154
    ライセンス・タイプの選択:ライセンス・タイプを選択。ライセン
    ス・タイプを更新しても、VMクラスタの機能は変更されず、操作
    が中断されることはない
    設定後「変更の保存」をクリック

    View full-size slide

  144. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    155
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  145. VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    156
    「リソースの移動」をクリック

    View full-size slide

  146. VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    157
    設定後「リソースの移動」をクリック
    VMクラスタの新しいコンパートメントを選択

    View full-size slide

  147. VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    158
    設定後更新中の画⾯になり、準備が完了すると使⽤可能となる

    View full-size slide

  148. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    159
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  149. VM クラスタの終了
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    160
    ③「Oracle CloudのExadata」をクリック
    ①メニュー・アイコンをク
    リックして、メニューを表

    ②メニューから、
    「Oracle Database」
    をクリック

    View full-size slide

  150. VM クラスタの終了
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    161
    コンパートメントが正しく
    選択されているか確認
    リージョンが正しく選択さ
    れているか確認
    リージョンとコンパートメントを確認後、
    削除したいVMクラスタをクリック

    View full-size slide

  151. VM クラスタの終了
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    162
    ①他のアクションをクリック
    ②終了をクリック

    View full-size slide

  152. VM クラスタの終了
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    163
    ②VMクラスタの終了をクリック
    ①終了したVMクラスタの名前
    を⼊⼒する

    View full-size slide

  153. VM クラスタの終了(エラーになるケース)
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    164
    ②VMクラスタの終了をクリック
    した後、Data Guard構成が
    ある場合、エラーになります。
    事前に削除してから、VMクラ
    スタを削除してください

    View full-size slide

  154. VM クラスタの終了
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    165

    View full-size slide

  155. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    166
    3. VM クラスタ
    • VM クラスタの作成
    • VM クラスタのリソースのスケール
    • VM クラスタへのSSHキーの追加
    • VM クラスタのIORMの有効化
    • VM クラスタ コンピュートノードの起動・停⽌・再起動
    • VM クラスタ コンピュートノードのステータスのチェック
    • VM クラスタのライセンス・タイプの更新
    • VM クラスタの別のコンパートメントへの移動
    • VM クラスタの終了
    • Application VIP

    View full-size slide

  156. Application VIP
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    167
    Virtual IP address
    Attach virtual IP
    address
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  157. Application VIP
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    168
    Virtual IP address
    hostname
    Virtual Machine
    (オプションだが強制的に選
    択させられる)
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  158. Application VIP
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    169
    Create Application VIP
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  159. Application VIP
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    170
    Create Application Vip
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  160. Application VIP
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    171
    Virtual IP Address
    作成された Application
    Vip
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  161. Application VIP
    自動登録はされないので、このあと手動登録が必要
    [grid@kara-vpvao1 ~]$ crsctl stat res -t | grep -i vip
    ora.kara-vpvao1.vip
    ora.kara-vpvao2.vip
    ora.scan1.vip
    ora.scan2.vip
    ora.scan3.vip
    [grid@kara-vpvao1 ~]$
    登録
    [root@kara-vpvao1 ~]# /u02/app/19.0.0.0/grid_1/bin/appvipcfg create -network=1 -ip=10.0.0.153 -vipname=applicationvip -user=oracle -group=oinstall
    Using configuration parameter file: /u02/app/19.0.0.0/grid_1/crs/install/crsconfig_params
    The log of current session can be found at:
    /u01/app/grid/crsdata/kara-vpvao1/scripts/appvipcfg.log
    [root@kara-vpvao1 ~]#
    [root@kara-vpvao1 ~]#
    [root@kara-vpvao1 ~]# ls -al /u01/app/grid/crsdata/kara-vpvao1/scripts/appvipcfg.log
    -rw-r----- 1 grid oinstall 28236 Dec 7 07:06 /u01/app/grid/crsdata/kara-vpvao1/scripts/appvipcfg.log
    [root@kara-vpvao1 ~]# less /u01/app/grid/crsdata/kara-vpvao1/scripts/appvipcfg.log
    [root@kara-vpvao1 ~]# date
    Thu Dec 7 07:07:01 UTC 2023
    [root@kara-vpvao1 ~]# less /u01/app/grid/crsdata/kara-vpvao1/scripts/appvipcfg.log
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    172
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  162. Application VIP
    [root@kara-vpvao1 ~]# /u02/app/19.0.0.0/grid_1/bin/crsctl stat res -t
    --------------------------------------------------------------------------------
    Name Target State Server State details
    --------------------------------------------------------------------------------
    Local Resources
    --------------------------------------------------------------------------------
    ora.DATAC1.ACFSVOL01.advm
    ONLINE ONLINE kara-vpvao1 STABLE
    ONLINE ONLINE kara-vpvao2 STABLE
    ora.LISTENER.lsnr
    ONLINE ONLINE kara-vpvao1 STABLE
    ONLINE ONLINE kara-vpvao2 STABLE
    ora.chad
    ONLINE ONLINE kara-vpvao1 STABLE
    ONLINE ONLINE kara-vpvao2 STABLE
    ora.datac1.acfsvol01.acfs
    ONLINE ONLINE kara-vpvao1 mounted on /acfs01,S
    TABLE
    ONLINE ONLINE kara-vpvao2 mounted on /acfs01,S
    TABLE
    ora.net1.network
    ONLINE ONLINE kara-vpvao1 STABLE
    ONLINE ONLINE kara-vpvao2 STABLE
    ora.ons
    ONLINE ONLINE kara-vpvao1 STABLE
    ONLINE ONLINE kara-vpvao2 STABLE
    ora.proxy_advm
    ONLINE ONLINE kara-vpvao1 STABLE
    ONLINE ONLINE kara-vpvao2 STABLE
    --------------------------------------------------------------------------------
    Cluster Resources
    --------------------------------------------------------------------------------
    applicationvip
    1 OFFLINE OFFLINE STABLE
    VM クラスタ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    173
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  163. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    174
    4. Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージのパッチ情報の表⽰
    • コンソールを使⽤した別のコンパートメントへのデータベース・ソフトウェア・イメージの移動

    View full-size slide

  164. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    175
    4. Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージのパッチ情報の表⽰
    • コンソールを使⽤した別のコンパートメントへのデータベース・ソフトウェア・イメージの移動

    View full-size slide

  165. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    176
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジ:

    View full-size slide

  166. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    177
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジの作成:

    View full-size slide

  167. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    178
    データベース・ホームの表⽰名:
    任意の⽂字列を⼊⼒
    データベース・バージョン:
    任意のデータベースのバージョンを
    選択(19c , 18c, 12.2, 12.1,
    11.2)古いバージョンは警告表
    ⽰されます
    パッチ・セット更新・リリース更新:
    任意のデータベースのRUを選択
    RUを選択できて、DSIを作成で
    きて、DBHOMEを作成できても、
    DBが作成できない場合がありま
    す。基本はN-3まで
    個別パッチ番号を⼊⼒します:
    任意の個別パッチ番号を記載
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジの作成:
    ※2022年9⽉時点
    シェイプ:
    Exadataシェイプ を選択

    View full-size slide

  168. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    180
    ※2023年6⽉時点
    Database version:
    18c は選択できなくなりました

    View full-size slide

  169. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    181
    ※2022年9⽉時点
    Database version:
    12.2 の場合

    View full-size slide

  170. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    182
    ※2022年9⽉時点
    Database version:
    12.1 の場合
    Creating or updating a
    12.1.0.2 database with an RU
    later than July 2022 requires
    a valid Market Driven Support
    (MDS) contract. Learn more.

    View full-size slide

  171. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    183
    ※2022年9⽉時点
    Database version:
    11 の場合
    Creating or updating an
    11.2.0.4 database with PSU
    later than April 2021 requires
    a valid Market Driven Support
    (MDS) contract. Learn more.

    View full-size slide

  172. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    184
    Create Database
    Software Image:

    View full-size slide

  173. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    185
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジ:
    実体は Oracle管理のオブジェク
    トストレージ中

    View full-size slide

  174. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    186
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジの構成:
    サポート期限切れのバージョンを
    選択した場合、以下の警告メッ
    セージが表⽰される

    View full-size slide

  175. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    187
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジの構成:
    複数作成可能

    View full-size slide

  176. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    188
    4. Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージのパッチ情報の表⽰
    • コンソールを使⽤した別のコンパートメントへのデータベース・ソフトウェア・イメージの移動

    View full-size slide

  177. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    189
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジ:
    削除

    View full-size slide

  178. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    190
    注意が表⽰
    データベース・ソフトウェア・イメージ
    DBImage-
    202204141540を完全に削
    除してもよろしいですか。削除した
    データベース・ソフトウェア・イメージ
    はリカバリできません。
    終了を確認するには、データベー
    ス・ソフトウェア・イメージの名前を
    ⼊⼒します:
    ⾃分で DBImage の名前を⼊⼒
    データベース・ソフトウェア・イメージの
    削除:

    View full-size slide

  179. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    191
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジ:
    削除中

    View full-size slide

  180. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    192
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジ:
    削除済

    View full-size slide

  181. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    193
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジ:
    削除済

    View full-size slide

  182. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    194
    4. Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージのパッチ情報の表⽰
    • コンソールを使⽤した別のコンパートメントへのデータベース・ソフトウェア・イメージの移動

    View full-size slide

  183. コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージのパッチ情報の表⽰
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    195
    Oracle データベース・バージョン
    PSU/BP/RU
    個別パッチ:
    Copy して、テキストエディタとかで
    確認してください
    (copy しないと番号は分からな
    い)

    View full-size slide

  184. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    196
    4. Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの作成
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージの削除
    • コンソールを使⽤したデータベース・ソフトウェア・イメージのパッチ情報の表⽰
    • コンソールを使⽤した別のコンパートメントへのデータベース・ソフトウェア・イメージの移動

    View full-size slide

  185. コンソールを使⽤した別のコンパートメントへのデータベース・ソフトウェア・イメージの移動
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    197
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジ:
    リソースの移動

    View full-size slide

  186. コンソールを使⽤した別のコンパートメントへのデータベース・ソフトウェア・イメージの移動
    Oracle Databaseソフトウェア・イメージの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    198
    新規コンパートメントの選択:
    移動先のコンパートメントを⼊⼒
    リソースの移動:

    View full-size slide

  187. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    199
    5. データベース・ホーム
    • データベース・ホームの作成
    • データベース・ホームの確認
    • データベース・ホームの削除

    View full-size slide

  188. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    200
    データベース・ホーム
    • データベース・ホームの作成
    • データベース・ホームの確認
    • データベース・ホームの削除

    View full-size slide

  189. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    201
    VMクラスタを選択し、「リソース」から
    「データベース・ホーム」をクリック

    View full-size slide

  190. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    202
    「データベース・ホームの作成」
    をクリック

    View full-size slide

  191. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    203
    データベース・ホームの表⽰名:
    任意の⽂字列を⼊⼒
    データベース・イメージ
    任意のデータベース・イメージを選

    設定後、「データベース・ホームの作成」
    をクリック

    View full-size slide

  192. データベース・ホームの作成(デフォルトで選択されるバージョン)
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    204
    データベース・ホームの表⽰名︓
    表⽰名
    データベース・イメージ:
    デフォルト19c(2022/09確認
    時は表⽰がOracle Database
    19c になっていて、RUについては
    dbaascli dbImage
    activateBP で指定されたRUが
    選択された)。設定されているデ
    フォルトRUは 19.15
    (APR2022) dbaascli
    dbimage list で確認可能
    新しいコマンド dbaascli cswlib
    listLocal だとデフォルトBPが確
    認できない。。
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  193. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    205
    データベース・イメージ:
    デフォルトは最新
    データベース・イメージ:
    Oracle公開イメージまたは
    事前に作成したカスタム・
    データベース・ソフトウェア・イ
    メージを使⽤
    変更時はデータベース・イ
    メージの変更を選択

    View full-size slide

  194. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    206
    データベース・ソフトウェア・イメー
    ジの選択:
    Oracle Databaseソフトウェア・
    イメージ、カスタム・データベース・ソ
    フトウェア・イメージを選択

    View full-size slide

  195. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    207
    ※2022年9⽉更新
    Display all available
    versions:
    Use this switch to choose
    from all available PSUs and
    RUs. The most recent release
    for each major version is
    indicated with "(latest)".

    View full-size slide

  196. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    209
    ※2023年6⽉更新
    Display all available
    versions:
    19.19.0.0(latest)
    19.18.0.0
    19.17.0.0
    19.16.0.0
    N-3 の表⽰、選択されるのは 最
    新19.19 が選択される

    View full-size slide

  197. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    210
    カスタム・データベース・ソフトウェ
    ア・イメージ:
    を選択、作成済みのデータベース・
    イメージが表⽰される

    View full-size slide

  198. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    211
    カスタム・データベース・ソフトウェ
    ア・イメージ:
    データベース・バージョンの選択:
    19c を選択

    View full-size slide

  199. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    212
    カスタム・データベース・ソフトウェ
    ア・イメージ:
    データベース・バージョンの選択:
    19c を選択
    かなり以前に作成したのも表⽰さ
    れる(が選択してDBが作成でき
    るバージョンは限られる)
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  200. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    213
    データベース・ホーム︓
    プロビジョニング中

    View full-size slide

  201. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    214
    作業リクエスト︓
    進⾏中

    View full-size slide

  202. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    215
    ログ・メッセージ:

    View full-size slide

  203. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    216
    関連付けられたリソース:

    View full-size slide

  204. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    217
    データベース・ホーム:
    使⽤可能

    View full-size slide

  205. データベース・ホームの作成
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    218
    データベース・ホームの作成:

    データベース・イメージの変更:

    Oracle Database ソフトウェア・
    イメージ

    Oracle Database version
    11.2
    を選択した場合、サポート期間の
    確認が表⽰

    View full-size slide

  206. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    219
    データベース・ホーム
    • データベース・ホームの作成
    • データベース・ホームの確認
    • データベース・ホームの削除

    View full-size slide

  207. データベース・ホームの確認
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    220
    データベース・ホームに対す
    る実⾏操作を確認するには
    「作業リクエスト」をクリック

    View full-size slide

  208. データベース・ホームの確認
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    221
    作業リクエストの詳細をみるに
    は、該当する操作をクリック
    実⾏された操作の内容と
    各作業の時間を確認できる

    View full-size slide

  209. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    222
    データベース・ホーム
    • データベース・ホームの作成
    • データベース・ホームの確認
    • データベース・ホームの削除

    View full-size slide

  210. データベース・ホームの削除
    データベース・ホーム
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    223
    データベース・ホームを消去する
    には、「削除」をクリック
    ポップアップ画⾯で「削除」をクリック

    View full-size slide

  211. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    224
    7. データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  212. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    225
    データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  213. データベースの作成 前提条件
    Exadata Cloud InfrastructureでOracle Databaseを作成および使⽤する前に、次のことを⾏う必要があります:
    • Exadata Cloud Infrastructureインフラストラクチャのプロビジョニング
    • VMクラスタの構成
    • 必要なバックアップ先の作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    226
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  214. データベースの作成 サポートされるOracle Databaseリリース
    • Oracle Database 19c (19.0)
    • Oracle Database 18c (18.0)は、承認されたに対してのみサポート
    • Oracle Database 12cリリース2 (12.2)は、承認されたに対してのみサポート
    • Oracle Database 12cリリース1 (12.1) 2022年7⽉より後のRUを使⽤して12.1.0.2データベースを作成または更新する
    には、有効なMarket Driven Support (MDS)契約が必要
    • Oracle Database 11gリリース2 (11.2) 2021年4⽉より後のPSUで11.2.0.4データベースを作成または更新するには、有
    効なマーケット・ドリブン・サポート(MDS)契約が必要
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    227
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  215. データベースのプロビジョニング
    • 「データベース」はCDBのこと
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    228
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  216. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    229
    VMクラスタを選択し、「リソース」から
    「データベース・ホーム」をクリック

    View full-size slide

  217. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    230
    データベースを作成する
    データベース・ホームをクリック

    View full-size slide

  218. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    231
    「データベースの作成」をクリック

    View full-size slide

  219. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    232
    ⼀意のデータベース名(オプション)
    • 最⼤30⽂字
    • 英数字およびアンダースコア(_)
    • 英字で始める
    • フリート/テナンシ全体で⼀意
    • VMクラスタ全体で⼀意。 テナンシ全
    体で⼀意になるようにすることを推奨
    • ⼀意の名前を指定しない場合、
    db_unique_nameはデフォルトで
    _<3 char unique
    string>_
    データベース名
    • 最⼤8⽂字
    • 英数字のみを含む
    • 英字で始める
    • VMクラスタ上のdb_unique_nameの最初の8⽂
    字に含めることは不可
    • 同じExadata Infrastructure上のすべての
    VMクラスタ間で⼀意
    • gridは予約名であるため、gridを使⽤しない
    • ASMは予約名であるため、ASMを使⽤しない
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  220. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    233
    PDB名を⼊⼒(オプション)
    Oracle Database 12c (12.1.0.2)以
    降の場合は、プラガブル・データベースの名
    前を指定可能。 PDB名の先頭にはアル
    ファベット⽂字を使⽤し、最⼤8⽂字の英
    数字を使⽤可能。 アンダースコア(_)のみ
    が許可。
    Oracle Net Servicesを使⽤してPDBに
    接続する際に発⽣する可能性のあるサー
    ビス名の競合を回避するには、PDB名が
    VMクラスタ全体で⼀意であることを確認。
    最初のPDBの名前を指定しない場合は、
    システム⽣成の名前が使⽤。
    データベース・ホームの詳細
    で選択したデータベース・ホームが確
    認出来る
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  221. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    234
    管理者パスワードをTDEウォレットに使⽤
    TDEキーストアのパスワード
    を管理者パスワードと同じパスワードに設定
    管理者パスワード
    SYS、SYSTEMユーザーのパスワード
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  222. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    235
    データベース・バックアップの構成
    ⾃動バックアップの有効化を選択すると、バックアップ保持期
    間、バックアップ・スケジューリングを選択出来る
    Backup destination:
    Autonomous Recovery Service選択の場合
    (2024/1/末以降のデフォルト、推奨)
    Protection policy in コンパートメント名:
    Silver(35-days recovery window)(デフォルト)
    Real-time data protection:
    デフォルト⾮選択
    Deletion option after database termination:
    Retain backups per backup retention period(デ
    フォルト)
    Scheduled time for daily backup:
    Anytime(デフォルト)
    Take the fist full backup immediately:
    選択(デフォルト)
    ※2024年2⽉更新

    View full-size slide

  223. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    236
    データベース・バックアップの構成
    ⾃動バックアップの有効化を選択すると、バックアップ保持期
    間、バックアップ・スケジューリングを選択出来る
    Backup destination:
    Object Storage(過去のデフォルト、2024/01末以降
    Autonomous Recovery Service がデフォルト)
    Backup retention period:
    30 days(デフォルト)
    Deletion option after database termination:
    Retain backups per backup retention period(デ
    フォルト)
    Scheduled day for full backup:
    Sunday(デフォルト)
    Scheduled time for full backup:
    Anytime(デフォルト)
    Schedule time for incremental backup:
    Anytime(デフォルト)
    Take the fist full backup immediately:
    選択(デフォルト)
    ワークロード・タイプの選択
    (無くなりました)
    ※2024年2⽉更新

    View full-size slide

  224. データベースの作成 データベース・ホームを指定してからのデータベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    237
    ⽂字セット(デフォルト)
    AL32UTF8
    各国語⽂字セット
    AL16UTF16
    Oracle SID接頭辞
    インスタンス番号は、SIDプレフィクスに⾃
    動的に追加され、instance_nameデー
    タベース・パラメータになります。 指定しない
    場合、SIDプレフィクスのデフォルトは
    db_name になる
    データベース名を選択する場合は、次のガ
    イドラインを確認:
    • 最⼤12⽂字
    • 英数字のみを含む
    • 英字で始める
    • VMクラスタ内で⼀意
    • ASMは予約済みなので不可
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  225. データベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    238
    暗号化:Oracle 管理キーの
    使⽤、顧客管理キーの使⽤
    から選択出来る

    View full-size slide

  226. データベースの作成 Use customer-managed keys を選択した場合
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    239
    ※2023年2⽉更新
    Advanced
    → Encryption
    → Use customer-managed keys
    を選択する場合
    (Vault、Key、Dynamic-Group、
    Policy などの設定が事前に必要。後の
    ページに記載)
    DBRU 19.13 以降で対応

    View full-size slide

  227. データベースの作成 Use customer-managed keys を選択した場合
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    240
    ※2023年2⽉更新
    作成済みの
    Vault
    Key
    を選択

    View full-size slide

  228. データベースの作成 Use customer-managed keys を選択した場合
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    241
    ※2023年2⽉更新
    Encryption Key:
    Customer-managed key

    View full-size slide

  229. データベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    242
    設定後「データベースの作
    成」をクリック
    タグ・ネームスペース、タグ・
    キー、値を設定し、タグを付け
    る(オプション)
    +追加タグをクリックし、タグ
    をさらに追加することができ

    View full-size slide

  230. データベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    243
    実⾏後、 データベース・ホームのステータスが
    「更新中」となり、データベースの作成が開始される

    View full-size slide

  231. データベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    244
    作業リクエストから実⾏された操作の
    内容と各作業の時間を確認できる

    View full-size slide

  232. データベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    245
    作業が完了すると、ステータスが「使⽤可能」となり、
    データベースの詳細が確認できる

    View full-size slide

  233. データベースの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    246

    View full-size slide

  234. データベースの作成 データベース・ホームを後から選択するデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    247
    VMクラスタを選択し、「リソース」から
    「データベース」をクリック
    Create Database をクリック
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  235. データベースの作成 データベース・ホームを後から選択するデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    248
    Database version:
    デフォルト 19c
    Specify a database home
    既存のデータベース・ホームがあれ
    ば Select an existing Database
    Home で既存データベース・ホーム
    が選択される
    Create a new Database Home
    で新たに作成も可能(次ページ)
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  236. データベースの作成 データベース・ホームを後から選択するデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    249
    Create a new Database
    Home:
    Change database image で
    RUの変更可能
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  237. データベースの作成 データベース・ホームを後から選択するデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    250
    Select a Database Software Image

    Oracle Database Software Images
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  238. データベースの作成 データベース・ホームを後から選択するデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    251
    Select a Database Software
    Image

    Oracle Database Software
    Images

    Display all available versions
    最新から N-3 の RU が選択可能
    古いRUバージョン選択時の注意点
    Important: Oracle recommends
    that you use the latest version of
    the database. An older version
    might not include important
    security updates. See About Using
    Older Versions to learn more.
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  239. データベースの作成 データベース・ホームを後から選択するデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    252
    Select a Database Software
    Image

    Custom Database Software
    Images
    DSI(Database Software
    Images) で作成済みのイメージが選
    択可能
    古いRUバージョンについては、DSIで作
    成できてもデータベース作成に失敗する
    場合もあるので古いバージョンは選択し
    ないこと
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  240. データベースの作成とバージョン
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    253
    データベースのバージョンで11.2を選択
    Create Database時点でワーニングが出る

    View full-size slide

  241. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    258
    データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  242. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    259
    Database Details
    Ø Resources
    Ø Backups
    (右側のアクションアイコン(縦3つの
    ドット)
    > Create database
    ⾃動バックアップからデータベースを作成
    している場合、すべてのレベル0の週次
    バックアップ、または最新のレベル0のバッ
    クアップの後に作成されたレベル1の増分
    バックアップを選択可能です
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  243. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    260
    デフォルトは ALL PDBs が
    選択(すべての PDB をリ
    ストアする場合)
    Next
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  244. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    261
    Create Database from
    Backup
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  245. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    262
    Configure your DB
    system
    > Select VM Cluster
    同⼀AD内の選択可能なVM
    Clusterが表⽰される(この例
    では同じコンパートメント内)
    When you create a
    database from a backup,
    the availability domain is
    the same as the availability
    domain that hosts the
    backup.
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  246. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    263
    Configure Database
    Home
    > Select an existing
    Database Home
    Ø Select a Database
    Home
    “Source database
    version is 19.15.0.0.0.
    Only Database Homes
    with this database
    version are available for
    selection.”
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  247. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    264
    Configure Database
    Home
    > Select an existing
    Database Home
    Ø Select a Database
    Home
    選択可能なDatabase
    Homeが表⽰される(この例
    では19.15以降。19.14以前
    のOracle Homeは表⽰され
    ない)
    ソース・データベースが存在する
    同じデータベース・ホームにバック
    アップからデータベースを作成す
    ることは不可能
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  248. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    265
    Configure Database
    Home
    > Select an existing
    Database Home
    Ø Create a new Database
    Home
    Change database image
    からRUを変更可能
    12.2.0.1以前のデータベースの
    データベース・リストア操作は、現時
    点では許可されない
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  249. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    266
    Configure database
    データベース名
    パスワード
    TDEパスワード
    Create database
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  250. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    267
    Provisioning
    Database Home
    Database version
    Backup: Automatic disabled
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  251. データベースの作成 バックアップからのデータベースの作成⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    268
    Available
    Database Home
    Database version
    Backup: Automatic Disabled
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  252. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    269
    データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更

    View full-size slide

  253. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    270
    ※2023年10⽉更新
    Encryption:
    Customer-managed keys
    の場合

    View full-size slide

  254. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    271
    ※2023年10⽉更新
    Create Backup

    View full-size slide

  255. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    272
    ※2023年10⽉更新
    Create Backup

    View full-size slide

  256. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    273
    ※2023年10⽉更新
    作成された Full Backup
    Encryption:
    Customer-managed keys
    の場合

    View full-size slide

  257. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    274
    ※2023年10⽉更新
    作成したバックアップから
    Create database

    View full-size slide

  258. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    275
    ※2023年10⽉更新
    Create Database from
    Backup
    Configure your VM
    Cluster
    Select VM cluster in コ
    ンパートメント名:
    別のVMに作成することも可
    能(Customer-
    managed key の場合、
    利⽤している key が⾒える
    VMへリストア可能)

    View full-size slide

  259. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    276
    ※2023年10⽉更新
    Create database

    View full-size slide

  260. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    277
    ※2023年10⽉更新
    最初は
    Oracle-managed keys
    でバックアップから作成する︖

    View full-size slide

  261. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    278
    ※2023年10⽉更新
    少し待っていると
    Customer-managed keys
    に変更される
    作成したデータベースもバックアップ
    元と同じ
    Encryption Key OCID
    を利⽤している

    View full-size slide

  262. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    279
    ※2023年10⽉更新
    リストア後、バックアップ元と別の
    key で管理したい場合、
    バックアップからのデータベース作成
    後、
    Rotate Encryption Key
    をすると、
    Key Versions
    が作成されて、別の Key で利⽤で
    きる(Master Encryption Key
    は変わらないので、画⾯上の
    Encryption Key OCID は変わら
    ない)

    View full-size slide

  263. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    280
    ※2023年10⽉更新
    Rotate Encryption Key 実施時

    Rotate Database KMS Key の
    Work Request の中⾝

    View full-size slide

  264. バックアップからのデータベースの作成(Customer-managed key)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    281
    ※2023年10⽉更新
    Master Encryption Key の
    Versions
    から
    Rotate された keyが確認で
    きる

    View full-size slide

  265. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    282
    データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  266. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    283
    Manage passwords
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  267. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    284
    Update
    administrator
    password
    新パスワードの⼊⼒
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  268. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    285
    Update Database
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  269. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    286
    Data Guard Association
    構成済みの場合、
    Standby側も Updating に
    なる
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  270. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    287
    成功
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  271. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    新パスワードでの接続確認
    [oracle@exap-yf9hf1 ~]$ sqlplus sys/WE2come2##@exap-yf9hf-scan.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com:1521/DB0608TM_3ws_kix.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com as
    sysdba
    SQL*Plus: Release 19.0.0.0.0 - Production on Tue Oct 17 11:14:05 2023
    Version 19.18.0.0.0
    Copyright (c) 1982, 2022, Oracle. All rights reserved.
    Connected to:
    Oracle Database 19c EE Extreme Perf Release 19.0.0.0.0 - Production
    Version 19.18.0.0.0
    SQL>
    旧パスワードでの接続失敗確認
    [oracle@exap-yf9hf1 ~]$ sqlplus sys/WE1come1##@exap-yf9hf-scan.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com:1521/DB0608TM_3ws_kix.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com as
    sysdba
    SQL*Plus: Release 19.0.0.0.0 - Production on Tue Oct 17 11:13:53 2023
    Version 19.18.0.0.0
    Copyright (c) 1982, 2022, Oracle. All rights reserved.
    ERROR:
    ORA-01017: invalid username/password; logon denied
    Enter user-name: ^C
    [oracle@exap-yf9hf1 ~]$
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    288
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  272. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    289
    Data Guard 構成の場
    合、パスワード変更後に
    Switchover してみる
    SYS の新パスワードで
    Switchover
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  273. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    290
    Switchover 完了
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  274. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    Switchover 後も新パスワードでの接続を確認
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ sqlplus sys/WE2come2##@wasa-ycfpo-scan.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com:1521/DB0608TM_gbx_kix.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com as
    sysdba
    SQL*Plus: Release 19.0.0.0.0 - Production on Tue Oct 17 03:16:30 2023
    Version 19.18.0.0.0
    Copyright (c) 1982, 2022, Oracle. All rights reserved.
    Connected to:
    Oracle Database 19c EE Extreme Perf Release 19.0.0.0.0 - Production
    Version 19.18.0.0.0
    SQL> exit
    Disconnected from Oracle Database 19c EE Extreme Perf Release 19.0.0.0.0 - Production
    Version 19.18.0.0.0
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ sqlplus sys/WE1come1##@wasa-ycfpo-scan.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com:1521/DB0608TM_gbx_kix.sub04210756190.exavcn.oraclevcn.com as
    sysdba
    SQL*Plus: Release 19.0.0.0.0 - Production on Tue Oct 17 03:16:51 2023
    Version 19.18.0.0.0
    Copyright (c) 1982, 2022, Oracle. All rights reserved.
    ERROR:
    ORA-01017: invalid username/password; logon denied
    Enter user-name:
    ERROR:
    ORA-01017: invalid username/password; logon denied
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    291
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  275. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    292
    Update TDE wallet
    password
    TDEの
    旧パスワードと
    新パスワード
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  276. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    293
    完了
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  277. データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    DB の alert.log
    [root@wasa-ycfpo1 ~]# tail -f /u02/app/oracle/diag/rdbms/db0608tm_gbx_kix/DB0608TM_gbx1/trace/alert_DB0608TM_gbx1.log
    2023-10-17T06:00:07.000180+00:00
    KZTDE: Attempting TDE operation in PDB#=1: ADMINISTER KEY MANAGEMENT ALTER KEYSTORE PASSWORD FORCE KEYSTORE identified by * SET * WITH BACKUP
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    294
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  278. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    295
    データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  279. データベースの移動
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    296
    他のアクションの「別のホームに移動」
    をクリック

    View full-size slide

  280. データベースの移動
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    297
    ソース・データベース・ホーム:
    現在のデータベース・ホームを確認
    ターゲット・データベース・ホーム:
    データベースを移動する先のデータベース・
    ホームを選択

    View full-size slide

  281. データベースの移動
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    298
    データベース移動の確認:
    ポップアップした確認画⾯で「データベースの
    移動」をクリック
    ターゲット・データベース・ホームを選択し、
    「データベースの移動」をクリック

    View full-size slide

  282. データベースの移動
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    299
    移動中はデータベースのス
    テータスが”更新中”となる

    View full-size slide

  283. データベースの移動
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    300
    VMクラスタの詳細画⾯から
    移⾏前と移⾏先のデータ
    ベース・ホームが更新中であ
    ることが確認できる

    View full-size slide

  284. データベースの移動
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    301
    移⾏が完了するとデータベースのス
    テータスは”使⽤可能”となり、データ
    ベース・ホーム、データベース・バージョ
    ンの移⾏が確認できる

    View full-size slide

  285. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    302
    データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  286. データベースの終了
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    303
    データベースを削除するには、
    「終了」をクリック
    ポップアップした画⾯でデータベース名を
    ⼊⼒し「データベースの終了」をクリック

    View full-size slide

  287. データベースの終了
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    304
    データベース終了中はデータベースのステータスが
    ”終了中”となり、データベース・ホームは”更新中”となる

    View full-size slide

  288. データベースの終了
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    305
    作業リクエストを確認すると、「Delete
    Database」作業のタイムスタンプや作
    業内容が確認できる

    View full-size slide

  289. データベースの終了
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    306
    作業リクエストが完了するとデータベース
    のステータスは”終了済”となる

    View full-size slide

  290. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    307
    データベース
    • データベースの作成
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • データベースの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  291. • オラクル管理キー(Oracle-Managed Keys)
    • データベース作成時のデフォルト
    • 顧客管理キー(Customer-Managed key)に変更が可能
    • 顧客管理キー(Customer-Managed key)
    • DBRU 19.13 以降で対応
    • ⼈事異動のような場合にキーローテーションを⾏うことでのアクセス制限を可能
    • ⼀元的な安全な鍵管理
    • ⼀度顧客管理キーにしたら、オラクル管理キー(Oracle-Managed Keys)には戻れない
    • OCI Vault サービスを利⽤
    データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    308
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  292. • 顧客管理キー(Customer-Managed key)
    • 前提条件
    • OCI Vault, Key を作成
    • 動的グループ(Dynamic Groups) にPolicy 設定が必要
    • allow dynamic-group dynamic_group_name to manage keys in tenancy
    • allow dynamic-group dynamic_group_name to read vaults in tenancy
    • 制限
    • Data Guard Association 環境で利⽤する場合、Primary、Standby が同じRealms(OC1など)であることが必要
    • リージョン間のData Guard Association 環境で利⽤する場合、 Virtual Private Vault 構成が必要(⾼価なので注意)
    • リージョン内 Data Guard では通常の Vault / Key で利⽤可能
    • 要件
    • 以下の rpm が下記のバージョン以降になっていること(現在は dbaastools と⼀緒に更新されるので、確認は不要なはず)
    • kmstdecli
    • kmstdecli-0.3.467-1.noarch 以降
    • libkmstdepkcs11_1.286 以降
    • ibkmstdepkcs11_1.286-1.286-1-Linux
    データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    309
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  293. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 変更前(Oracle-managed Keys)
    SQL> select * from v$encryption_wallet;
    WRL_TYPE WRL_PARAMETER STATUS WALLET_TYPE WALLET_ORDER KEYSTORE_MODE FULLY_BACKED_UP CON_ID
    ___________ _____________________________________________________ _________ ______________ _______________ ________________ __________________ _________
    FILE /var/opt/oracle/dbaas_acfs/DB1003/wallet_root/tde/ OPEN AUTOLOGIN SINGLE NONE NO 1
    FILE OPEN AUTOLOGIN SINGLE UNITED NO 2
    FILE OPEN AUTOLOGIN SINGLE UNITED NO 3
    WALLET_ORDER : SINGLE ウオレットが一つしか無いとき
    SQL> select * from V$ENCRYPTION_KEYS;
    KEY_ID TAG CREATION_TIME ACTIVATION_TIME CREATOR
    CREATOR_ID USER USER_ID KEY_USE KEYSTORE_TYPE ORIGIN BACKED_UP CREATOR_DBNAME CREATOR_DBID CREATOR_INSTANCE_NAME
    CREATOR_INSTANCE_NUMBER CREATOR_INSTANCE_SERIAL CREATOR_PDBNAME CREATOR_PDBID CREATOR_PDBUID CREATOR_PDBGUID
    ACTIVATING_DBNAME ACTIVATING_DBID ACTIVATING_INSTANCE_NAME ACTIVATING_INSTANCE_NUMBER ACTIVATING_INSTANCE_SERIAL ACTIVATING_PDBNAME
    ACTIVATING_PDBID ACTIVATING_PDBUID ACTIVATING_PDBGUID CON_ID
    _______________________________________________________ ______ _________________________________________ _________________________________________ __________
    _____________ _______ __________ _____________ ____________________ _________ ____________ _________________ _______________ ________________________
    __________________________ __________________________ __________________ ________________ _________________ ___________________________________
    ____________________ __________________ ___________________________ _____________________________ _____________________________ _____________________
    ___________________ ____________________ ___________________________________ _________
    AUj60EklnE/Av1sTltG1kcoAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA 02-OCT-23 05.58.06.870087000 PM -07:00 02-OCT-23 05.58.06.870090000 PM -07:00 SYS
    0 SYS 0 TDE IN PDB SOFTWARE KEYSTORE LOCAL YES DB1003_hr2_kix 4035932263 DB10031
    1 4294967295 CDB$ROOT 1 1 00ACB335DD6D77DDE0638A534664DA40 DB1003_hr2_kix 4035932263
    DB10031 1 4294967295 CDB$ROOT 1 1
    00ACB335DD6D77DDE0638A534664DA40 1
    AQyBUQs3xE8FvxLJZoyIVmUAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA 02-OCT-23 06.04.19.012064000 PM -07:00 02-OCT-23 06.04.19.012067000 PM -07:00 SYS
    0 SYS 0 TDE IN PDB SOFTWARE KEYSTORE LOCAL NO DB1003_hr2_kix 4035932263 DB10031
    1 2 PDB1 3 2799804159 06C676F873D2B13CE063F700000A61AA DB1003_hr2_kix 4035932263
    DB10031 1 2 PDB1 3 2799804159
    06C676F873D2B13CE063F700000A61AA 3
    SQL>
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    310
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  294. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 rpm バージョン確認
    [root@vm01wasa-wahon1 ~]# rpm -qa | grep kms
    libkmstdepkcs11_1.286-1.286-1.x86_64
    kmstdecli-0.3.527-1.noarch
    [root@vm01wasa-wahon1 ~]# which kms-tde-cli
    /bin/kms-tde-cli
    [root@vm01wasa-wahon1 ~]# rpm -qf /bin/kms-tde-cli
    kmstdecli-0.3.527-1.noarch
    [root@vm01wasa-wahon1 ~]# rpm -qi kmstdecli
    Name : kmstdecli
    Version : 0.3.527
    Release : 1
    Architecture: noarch
    Install Date: Mon 27 Feb 2023 04:19:05 AM UTC
    Group : Applications/Databases
    Size : 24586826
    License : Copyright (c) 2019 Oracle and/or its affiliates, All rights reserved.
    Signature : RSA/SHA256, Mon 10 Oct 2022 10:14:34 PM UTC, Key ID 72f97b74ec551f03
    Source RPM : kmstdecli-0.3.527-1.src.rpm
    Build Date : Mon 10 Oct 2022 10:14:13 PM UTC
    Build Host : agent-1-4-ad1-4vcpu-202911.tca1.us-phoenix-1.oraclevcn.com
    Relocations : /opt/oracle
    Packager : OCI KMS
    Summary : CLI to configure KMS driver for Oracle DB TDE
    Description :
    [root@vm01wasa-wahon1 ~]#
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    311
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  295. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 rpm バージョン確認
    [root@vm01wasa-wahon1 ~]# rpm -qi libkmstdepkcs11_1.286-1.286-1.x86_64
    Name : libkmstdepkcs11_1.286
    Version : 1.286
    Release : 1
    Architecture: x86_64
    Install Date: Mon 27 Feb 2023 04:21:42 AM UTC
    Group : unknown
    Size : 27376657
    License : unknown
    Signature : RSA/SHA256, Wed 27 Apr 2022 11:02:38 AM UTC, Key ID 72f97b74ec551f03
    Source RPM : libkmstdepkcs11_1.286-1.286-1.src.rpm
    Build Date : Wed 27 Apr 2022 10:25:45 AM UTC
    Build Host : d6577d796e5a
    Relocations : /opt/oracle
    Vendor : com.oracle.oci.kms
    Summary : Oracle OCI KMS based DB TDE compatible PKCS#11-like driver
    Description :
    DESCRIPTION
    ===========
    This is an installer created using CPack (https://cmake.org). No additional installation instructions provided.
    [root@vm01wasa-wahon1 ~]#
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    312
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  296. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 walletファイルの確認
    [oracle@wasa-jnv5p1 ~]$ cat /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_1/network/admin/sqlnet.ora
    HTTPS_SSL_VERSION=1.2
    SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_CLIENT=ACCEPTED
    SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_SERVER=ACCEPTED
    SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_TYPES_CLIENT=(SHA256,SHA384,SHA512,SHA1)
    SQLNET.CRYPTO_CHECKSUM_TYPES_SERVER=(SHA256,SHA384,SHA512)
    SQLNET.ENCRYPTION_CLIENT=REQUESTED
    SQLNET.ENCRYPTION_SERVER=REQUESTED
    SQLNET.ENCRYPTION_TYPES_CLIENT=(AES256,AES192,AES128)
    SQLNET.ENCRYPTION_TYPES_SERVER=(AES256,AES192,AES128)
    SQLNET.EXPIRE_TIME=10
    SQLNET.IGNORE_ANO_ENCRYPTION_FOR_TCPS=TRUE
    SQLNET.WALLET_OVERRIDE=FALSE
    SSL_CIPHER_SUITES=(SSL_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256,SSL_ECDHE_ECDSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384,SSL_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256,SSL_ECDHE_RSA_WITH_AES_
    256_GCM_SHA384)
    SSL_CLIENT_AUTHENTICATION=FALSE
    SSL_VERSION=1.2
    WALLET_LOCATION=
    (SOURCE=
    (METHOD=FILE)
    (METHOD_DATA=(DIRECTORY=/var/opt/oracle/dbaas_acfs/grid/tcps_wallets)))
    ENCRYPTION_WALLET_LOCATION=
    (SOURCE=
    (METHOD=FILE)
    (METHOD_DATA=(DIRECTORY=/var/opt/oracle/dbaas_acfs/DB0925/wallet_root/tde)))
    [oracle@wasa-jnv5p1 ~]$
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    313
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  297. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 walletファイルの確認
    [root@exap-yf9hf1 ~]# ls -alrt /var/opt/oracle/dbaas_acfs/CDB(DB名)/wallet_root/tde/
    total 136
    -rw------- 1 oracle oinstall 2555 May 18 19:20 ewallet_2023051810204696.p12
    -rw------- 1 oracle oinstall 3995 May 18 19:27 ewallet_2023051810272637.p12
    -rw------- 1 oracle oinstall 5467 May 18 19:27 ewallet.p12
    -rw------- 1 oracle oinstall 5512 May 18 19:27 cwallet.sso
    -rw------- 1 oracle oinstall 0 May 18 19:31 ewallet.p12.lck
    -rw------- 1 oracle oinstall 0 May 18 19:31 cwallet.sso.lck
    drwxr-x--- 2 oracle oinstall 20480 May 18 19:31 .
    drwxr-x--- 5 oracle oinstall 20480 Jul 10 10:04 ..
    [root@exap-yf9hf1 ~]#
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    314
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  298. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Vaultの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    315
    ※2023年2⽉更新
    Identity & Security
    Vault
    Create Vault

    View full-size slide

  299. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Vaultの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    316
    ※2023年2⽉更新
    Compartment
    Name
    リージョン間Data Guard で
    の Vault 利⽤時は
    Make it a virtual
    private vault
    を選択(⾮常に⾼価)
    (リージョン間での Vault の
    レプリケートが可能になる)

    View full-size slide

  300. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Vaultの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    317
    ※2023年10⽉更新
    Vaultが作成された
    Create Key
    Master Encryption
    Key の作成

    View full-size slide

  301. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Master Encryption Keyの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    318
    ※2023年2⽉更新
    Protection Mode: HSM
    Key Shape Algorithm:
    AES
    Key Shape Length: 256
    bit

    View full-size slide

  302. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Master Encryption Keyの作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    319
    ※2023年10⽉更新
    作成された
    Master Encryption Key
    Algorithm: AES
    Length: 256 bit
    Protection Mode: HSM
    Versions(後で説明)

    View full-size slide

  303. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Dynamic Group の作成(orasejapan 環境ではDynamic Group 作成権限が無いので失敗する)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    320
    ※2023年2⽉更新
    Identity
    > Dynamic Groups
    > Create Dynamic Group
    Matching Rules
    Match any rules defined below
    Rule1
    Any { resource.id =
    ‘ocid1.cloudvmcluster.oc1.ap-osaka-
    1.anvwsljrssl65iqaxsapq2exkjjm4ldou
    gy5sooyqyoelz4viffo7xxxxxxxxx’ }

    View full-size slide

  304. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    orasejapan では事前作成済みのプロジェクトコンパートメント⽤ Dynamic Group を利⽤
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    321
    ※2023年2⽉更新
    exadatacloud
    コンパートメント⽤ Dynamic Group
    project-
    exadatacloud_dynamic_group

    View full-size slide

  305. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Policy の作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    322
    ※2023年2⽉更新
    Identity
    Ø Policies
    Ø > Create Policy

    View full-size slide

  306. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Policy の作成
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    323
    ※2023年10⽉更新
    Identity > Policies > Create
    Policy
    Show manual editor を選択
    私の場合、Tenancy へのpolicy 設定権限
    は無いので、
    in compartment コンパートメント名
    でコンパートメントへの Policy を設定
    Allow dynamic-group project-
    exadatacloud_dynamic_group to
    read vaults in compartment
    exadatacloud
    Allow dynamic-group project-
    exadatacloud_dynamic_group to
    manage keys in compartment
    exadatacloud

    View full-size slide

  307. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    324
    ※2023年2⽉更新
    作成された Policy
    ここまで出来て初めて
    Vault/Key を利⽤する
    前提条件がそろう

    View full-size slide

  308. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    325
    ※2023年10⽉更新
    Administrator
    Encryption Key
    Encryption Key:
    Oracle Managed Key

    View full-size slide

  309. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    326
    ※2023年10⽉更新
    Administer Encryption
    Key
    Change Key
    Management Type
    Configure key
    management
    デフォルト
    Use Oracle-managed
    keys

    View full-size slide

  310. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    327
    ※2023年10⽉更新
    Administer Encryption Key
    Configure key management
    Use customer-managed
    keys を選択(⼀度変更すると
    Oracle-managed keys に戻れ
    ないので注意)
    Vault in コンパートメント名:
    作成したVaultを選択
    Master encryption key in コ
    ンパートメント:
    作成したキーを選択
    Choose the key version
    If you do not choose a
    version, the latest version of
    the key is used.
    ⾮選択(デフォルト)だと Master
    Encryption Keys の最新の
    Versions を選択

    View full-size slide

  311. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    328
    ※2023年10⽉更新
    Confirm Change to Key
    Management Type

    View full-size slide

  312. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 完了
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    329
    ※2023年10⽉更新
    Encryption Key:
    Oracle Managed key
    から、
    Customer-managed key
    に変わったことを確認
    Encryption Key OCID:
    選択した Master Encryption key
    の OCID が表⽰
    Work requests:
    13分くらい

    View full-size slide

  313. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 完了確認
    DB の alert.log への出力
    ADMINISTER KEY MANAGEMENT コマンドが実行されているのが分かる
    2023-10-13T08:49:13.540238+00:00
    KZTDE: Attempting TDE operation in PDB#=1: ADMINISTER KEY MANAGEMENT add secret * for client 'HSM_PASSWORD' force keystore identified by * WITH BACKUP
    2023-10-13T08:49:14.725058+00:00
    ALTER SYSTEM SET tde_configuration='KEYSTORE_CONFIGURATION=OKV|FILE' SCOPE=BOTH;
    2023-10-13T08:49:15.136787+00:00
    KZTDE: Attempting TDE operation in PDB#=1: ADMINISTER KEY MANAGEMENT set encryption key identified by * migrate using * WITH BACKUP
    2023-10-13T08:50:32.690563+00:00
    PDB1(3):Logfile switch for new master key complete
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    330
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  314. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 完了確認
    SQL> select * from v$encryption_wallet;
    WRL_TYPE WRL_PARAMETER STATUS WALLET_TYPE WALLET_ORDER KEYSTORE_MODE FULLY_BACKED_UP CON_ID
    ___________ _____________________________________________________ _________ ______________ _______________ ________________ __________________ _________
    FILE /var/opt/oracle/dbaas_acfs/DB1003/wallet_root/tde/ OPEN AUTOLOGIN SECONDARY NONE YES 1
    OKV OPEN OKV PRIMARY NONE UNDEFINED 1
    FILE OPEN AUTOLOGIN SINGLE UNITED YES 2
    OKV OPEN OKV SINGLE UNITED UNDEFINED 2
    FILE OPEN AUTOLOGIN SECONDARY UNITED YES 3
    OKV OPEN OKV PRIMARY UNITED UNDEFINED 3
    6 rows selected.
    WALLET_TYPE = OKV の
    複数 WALLET が出来ると WALLET_ORDER は SINGLE から PRIMARY/SECONDARY へ
    PDB は UNITED で統合モード
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    331
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  315. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 完了確認
    SQL> select key_id, creation_time, activation_time, tag, CREATOR_PDBNAME from V$ENCRYPTION_KEYS;
    KEY_ID CREATION_TIME ACTIVATION_TIME TAG CREATOR_PDBNAME
    _____________________________________ _________________________________________ _________________________________________ ______ __________________
    06D01D227EB7904F0ABFECB48134ECA868 01-MAR-23 03.07.41.643459000 AM UTC 01-MAR-23 03.07.41.643461000 AM UTC CDB$ROOT
    067529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 13-OCT-23 08.49.15.240871000 AM UTC 13-OCT-23 08.49.15.240874000 AM UTC CDB$ROOT
    0619DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 13-OCT-23 01.49.54.251002000 AM -07:00 13-OCT-23 01.49.54.251005000 AM -07:00 PDB1
    06C05EF65FD4314F62BF0D20C74FD94BC6 01-MAR-23 10.15.08.923154000 AM UTC 01-MAR-23 10.15.08.923158000 AM UTC CDB$ROOT
    06BCE1759036554FEBBF8192D15DB69796 01-MAR-23 03.08.33.300183000 AM GMT 01-MAR-23 03.08.33.300185000 AM GMT PDB1
    SQL>
    赤字2行が今回のDB の KEY_ID(CDB と PDB1)
    残りの3行はタイムスタンプから分かるとおり、3月にテストしたときのデータベースの Encryption KEY の情報が残ってしまっている
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    332
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  316. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 完了確認
    CDB, TDB のそれぞれの表領域がそれぞれの KEY_ID で暗号化されているのが分かる
    SQL> select e.ts#, d.name, e.encryptionalg, e.encryptedts, e.encryptedkey, e.masterkeyid, e.key_version, e.status, e.con_id from V$ENCRYPTED_TABLESPACES e,
    v$datafile d where e.ts#=d.ts#;
    TS# NAME ENCRYPTIONALG ENCRYPTEDTS
    ENCRYPTEDKEY MASTERKEYID KEY_VERSION STATUS CON_ID
    ______ ___________________________________________________________________________________________ ________________ ______________
    ___________________________________________________________________ ___________________________________ ______________ _________ _________
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/system.262.1149209925 AES128 YES
    1F7A74AC52661F5D829B24DB44E4471DE546DBA1CCAD624E32CA0EE48D3FB809 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/system.262.1149209925 AES128 YES
    19D094FFFA5D751425C57971A420173C1C3D5B00F3D9B0CAE5170C3AAD35BB10 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/system.271.1149209687 AES128 YES
    1F7A74AC52661F5D829B24DB44E4471DE546DBA1CCAD624E32CA0EE48D3FB809 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/system.271.1149209687 AES128 YES
    19D094FFFA5D751425C57971A420173C1C3D5B00F3D9B0CAE5170C3AAD35BB10 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    1 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/sysaux.276.1149209911 AES128 YES
    0E1E643C529C4E4761141A95492CBB5629AA092E861E38AC99210E8A4F9E97B8 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    1 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/sysaux.276.1149209911 AES128 YES
    8DD9267FB1BEF4CF394DF0C302900DECBBD093C175C33D767A0201DEE0E94309 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    1 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/sysaux.272.1149209687 AES128 YES
    0E1E643C529C4E4761141A95492CBB5629AA092E861E38AC99210E8A4F9E97B8 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    1 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/sysaux.272.1149209687 AES128 YES
    8DD9267FB1BEF4CF394DF0C302900DECBBD093C175C33D767A0201DEE0E94309 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    2 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/undotbs1.261.1149209939 AES128 YES
    3A32393E871DFCE139444B8132DEFC92D47F9D8239196DDCCA6AE9EBD4FFA67E 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    2 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/undotbs1.261.1149209939 AES128 YES
    239DD05B9823D050D18E719B396466395117D64D62322CCD6AA9A35155F5BBEF 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    2 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/undotbs1.273.1149209687 AES128 YES
    3A32393E871DFCE139444B8132DEFC92D47F9D8239196DDCCA6AE9EBD4FFA67E 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    2 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/undotbs1.273.1149209687 AES128 YES
    239DD05B9823D050D18E719B396466395117D64D62322CCD6AA9A35155F5BBEF 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    4 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/users.263.1149209953 AES128 YES
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    333
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  317. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Key のローテーション
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    334
    ※2023年2⽉更新
    Administer Encryption
    Key

    View full-size slide

  318. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Key のローテーション
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    335
    ※2023年10⽉更新
    Administer Encryption Key
    Update Encryption
    Configuration
    先ほどまで選択できた
    Change Key Management
    Type
    が選択できなくなっている
    (customer-managed keys に
    したら、Oracle-managed keys
    には戻れないため)
    Rotate Encryption Key のみが
    選択可能
    Rotate Encryption Key をし
    て、 Save change

    View full-size slide

  319. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Key のローテーション
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    336
    ※2023年10⽉更新
    Updating
    Rotate Encryption Key
    後、key の OCID は変わ
    る︖

    View full-size slide

  320. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Key のローテーション
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    337
    ※2023年10⽉更新
    Rotate Encryption Key 完

    (Work requests で4分くら
    い)
    Encryption Key OCID:
    は変わらない
    (Master Encryption Key の
    OCID が Database Details
    画⾯に表⽰される為。Rotate
    Key して変わるのは Key
    Versions)
    Rotate Encryption Key を実
    施しても、Database Details
    の Encryption Key OCID の
    表⽰は変わらないことに注意︕

    View full-size slide

  321. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更 Key のローテーション
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    338
    ※2023年10⽉更新
    Rotation 実施時間 4

    Timestamp:
    Mar 1 2023, 10:16
    (次ページに続く)

    View full-size slide

  322. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    339
    ※2023年10⽉更新
    Key Versions
    Rotate Encryption Key を実施す
    ると新しい Versions の key が作成
    される(例では Mar 1 10:15:09
    UTC に Created されているのが
    Rotation された新しい Keyになる)
    Master Encryption Key
    exadbd-key の OCID
    (Database details の
    customer-managed keys の
    Encryption key OCID で表⽰され
    ているOCID がこちら)
    データベースのキーローテーションはこの
    ページのRotate Keyからの実施は不
    可。データベースの画⾯から実施するこ

    View full-size slide

  323. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    Rotate Key 時も DB の alert.log に administer key management コマンドが出力
    2023-10-13T09:20:55.952518+00:00
    KZTDE: Attempting TDE operation in PDB#=1: administer key management set key force keystore identified by * with backup
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    340
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  324. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    Rotation 前
    SQL> select key_id, creation_time, activation_time, tag, CREATOR_PDBNAME from V$ENCRYPTION_KEYS;
    KEY_ID CREATION_TIME ACTIVATION_TIME TAG CREATOR_PDBNAME
    _____________________________________ _________________________________________ _________________________________________ ______ __________________
    06D01D227EB7904F0ABFECB48134ECA868 01-MAR-23 03.07.41.643459000 AM UTC 01-MAR-23 03.07.41.643461000 AM UTC CDB$ROOT
    067529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 13-OCT-23 08.49.15.240871000 AM UTC 13-OCT-23 08.49.15.240874000 AM UTC CDB$ROOT
    0619DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 13-OCT-23 01.49.54.251002000 AM -07:00 13-OCT-23 01.49.54.251005000 AM -07:00 PDB1
    06C05EF65FD4314F62BF0D20C74FD94BC6 01-MAR-23 10.15.08.923154000 AM UTC 01-MAR-23 10.15.08.923158000 AM UTC CDB$ROOT
    06BCE1759036554FEBBF8192D15DB69796 01-MAR-23 03.08.33.300183000 AM GMT 01-MAR-23 03.08.33.300185000 AM GMT PDB1
    Rotation 後
    SQL> select key_id, creation_time, activation_time, tag, CREATOR_PDBNAME from V$ENCRYPTION_KEYS;
    KEY_ID CREATION_TIME ACTIVATION_TIME TAG CREATOR_PDBNAME
    _____________________________________ _________________________________________ _________________________________________ ______ __________________
    062BCB92C46D1B4FB1BF65B158762343F9 13-OCT-23 09.20.55.953261000 AM UTC 13-OCT-23 09.20.55.953264000 AM UTC CDB$ROOT
    06D01D227EB7904F0ABFECB48134ECA868 01-MAR-23 03.07.41.643459000 AM UTC 01-MAR-23 03.07.41.643461000 AM UTC CDB$ROOT
    067529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 13-OCT-23 08.49.15.240871000 AM UTC 13-OCT-23 08.49.15.240874000 AM UTC CDB$ROOT
    0619DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 13-OCT-23 01.49.54.251002000 AM -07:00 13-OCT-23 01.49.54.251005000 AM -07:00 PDB1
    06C05EF65FD4314F62BF0D20C74FD94BC6 01-MAR-23 10.15.08.923154000 AM UTC 01-MAR-23 10.15.08.923158000 AM UTC CDB$ROOT
    06BCE1759036554FEBBF8192D15DB69796 01-MAR-23 03.08.33.300183000 AM GMT 01-MAR-23 03.08.33.300185000 AM GMT PDB1
    6 rows selected.
    SQL>
    v$encryption_keys から見えるキーが増える(Rotation 前の key も見える)
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    341
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  325. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    •キー・バージョンはCDBにのみ割り当てられ、PDBには割り当てられません。PDBには、⾃動的に⽣成された新しいキー・
    バージョンが割り当てられる
    •キー管理を変更すると、データベースが短時間使⽤できなくなる
    •キー管理を顧客管理キーに変更した後、ボールトから暗号化キーを削除しないでください。これによりデータベースが使⽤
    できなくなる可能性がある
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    342
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  326. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    Rotation前
    SQL> select e.ts#, d.name, e.encryptionalg, e.encryptedts, e.encryptedkey, e.masterkeyid, e.key_version, e.status, e.con_id from V$ENCRYPTED_TABLESPACES e,
    v$datafile d where e.ts#=d.ts#;
    TS# NAME ENCRYPTIONALG ENCRYPTEDTS
    ENCRYPTEDKEY MASTERKEYID KEY_VERSION STATUS CON_ID
    ______ ___________________________________________________________________________________________ ________________ ______________
    ___________________________________________________________________ ___________________________________ ______________ _________ _________
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/system.262.1149209925 AES128 YES
    1F7A74AC52661F5D829B24DB44E4471DE546DBA1CCAD624E32CA0EE48D3FB809 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/system.262.1149209925 AES128 YES
    19D094FFFA5D751425C57971A420173C1C3D5B00F3D9B0CAE5170C3AAD35BB10 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/system.271.1149209687 AES128 YES
    1F7A74AC52661F5D829B24DB44E4471DE546DBA1CCAD624E32CA0EE48D3FB809 7529E050AA504FAABF3E492DC3978C8B 1 NORMAL 1
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/system.271.1149209687 AES128 YES
    19D094FFFA5D751425C57971A420173C1C3D5B00F3D9B0CAE5170C3AAD35BB10 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    Rotation後
    TS# NAME ENCRYPTIONALG ENCRYPTEDTS
    ENCRYPTEDKEY MASTERKEYID KEY_VERSION STATUS CON_ID
    ______ ___________________________________________________________________________________________ ________________ ______________
    ___________________________________________________________________ ___________________________________ ______________ _________ _________
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/system.262.1149209925 AES128 YES
    ED9BEE7019C7CCE5A7182B56940D20FB886AB78DB1FEDDCF517BC4CD8CA29303 2BCB92C46D1B4FB1BF65B158762343F9 1 NORMAL 1
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/DATAFILE/system.262.1149209925 AES128 YES
    19D094FFFA5D751425C57971A420173C1C3D5B00F3D9B0CAE5170C3AAD35BB10 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/system.271.1149209687 AES128 YES
    ED9BEE7019C7CCE5A7182B56940D20FB886AB78DB1FEDDCF517BC4CD8CA29303 2BCB92C46D1B4FB1BF65B158762343F9 1 NORMAL 1
    0 +DATAC2/DB1003_HR2_KIX/00ACB335DD6E77DDE0638A534664DA40/DATAFILE/system.271.1149209687 AES128 YES
    19D094FFFA5D751425C57971A420173C1C3D5B00F3D9B0CAE5170C3AAD35BB10 19DBBB6314004F7DBF1AF8F8833E601D 1 NORMAL 3
    CDB の MASTERKEYID が変更、PDB の MATERKEYID は変更されない。。
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    343
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  327. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    key_id から ocid を確認する方法
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ kms-tde-cli find-ocid-for-mkid 06E5CE0A6996564F76BFC4D2322F7F1A36
    ocid1.keyversion.oc1.ap-osaka-1.dnq4fgnmaaen2.gse5muxzzhaaa.abvwsljrlcdbn5wsthatnuzwvehjovk4ydwtawlyqbb2btg7xcvu4p2pgoiq
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    344
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  328. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    345
    ※2023年10⽉更新
    kms-tde-cli find-ocid-for
    mkid コマンドで確認できた
    OCID が Key Versions 画⾯
    で確認可能

    View full-size slide

  329. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    逆引きも可能
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ kms-tde-cli --help
    Configure KMS TDE driver.
    Usage: kms-tde-cli [-hV] [COMMAND]
    -h, --help Show this help message and exit.
    -V, --version Print version information and exit.
    Commands:
    set-primary-key Configure primary key client.
    print-primary-key Print primary key client configuration.
    add-secondary-keys Add one or more secondary key clients to configuration.
    remove-secondary-keys Remove one or more secondary key clients from configuration.
    print-secondary-keys Print secondary key clients.
    find-ocid-for-mkid Print key version OCID for the given database MK ID.
    find-mkid-for-ocid Print MK ID for the given key version OCID, if any.
    add-tde-metadata Add TDE metadata necessary for DB to discover specified key version. Typically takes a few
    minutes.
    print-path Print configuration location.
    validate Check the keys in configuration are accessible with valid credential.
    set-logging-level Set driver log level, applies to all DBs (may require restart).
    relink-driver In case hot-reloading shim is misbehaving - relink the driver directly. Or restore the link to
    shim.
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    346
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  330. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    OCID からの key_id の確認。SID の指定が必要
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ kms-tde-cli find-mkid-for-ocid --help
    Print MK ID for the given key version OCID, if any.
    Usage: kms-tde-cli find-mkid-for-ocid [-hV] [--oracle-sid=ORACLE_SID]
    [--pdb-guid=PDB_GUID]
    KMS key version OCID.
    -h, --help Show this help message and exit.
    --oracle-sid=ORACLE_SID
    System ID of the database to configure. Default is
    read from environment and currently is: "null".
    If SID is omitted, CLI will try to read
    configuration from standard input (waiting
    indefinitely), so if you don't want this to hang
    - be sure to specify SID.
    --pdb-guid=PDB_GUID GUID of the PDB to configure (only relevant in
    Isolated TDE mode).
    -V, --version Print version information and exit.
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ kms-tde-cli find-mkid-for-ocid ocid1.keyversion.oc1.ap-osaka-
    1.dnq4fgnmaaen2.gsebmu3cahqaa.abvwsljricj6ppj2z5qllsv3xxofzlezs36we5lui4yme4aajljouesbwwaq --oracle-sid=DB10171
    064869D968FDDB4FDDBF639982690D1341
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    347
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  331. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Rotate Encryption Key 実施後の確認⽅法
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ kms-tde-cli print-path --oracle-sid=DB10171
    /opt/oracle/kms/tde/pkcs11/configs/DB10171/cdb.json
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ ls -al /opt/oracle/kms/tde/pkcs11/configs/DB10171/cdb.json
    -rw-r----- 1 oracle oinstall 464 Oct 18 04:27 /opt/oracle/kms/tde/pkcs11/configs/DB10171/cdb.json
    [oracle@wasa-ycfpo1 ~]$ cat /opt/oracle/kms/tde/pkcs11/configs/DB10171/cdb.json
    {
    "version" : "1",
    "primaryKeyClient" : {
    "keyOcid" : "ocid1.key.oc1.ap-osaka-1.dnq4fgnmaaen2.abvwsljrmeh4hjz7ocy6n536c7cjqc5b2uvtzekwee5rhchilmybvnjmx4va",
    "kmsDnsSuffix" : "kms.ap-osaka-1.oraclecloud.com",
    "authConfig" : {
    "type" : "RESOURCE_PRINCIPAL_V1",
    "authEndpoint" : "https://auth.ap-osaka-1.oraclecloud.com",
    "rptIssuingEndpoint" : "https://database.ap-osaka-1.oraclecloud.com"
    }
    },
    "secondaryKeyClients" : [ ]
    }[oracle@wasa-ycfpo1 ~]$
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    348
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  332. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    349
    ※2023年10⽉更新
    Oracle-Managed key
    設定で、Data Guard
    Association 構成済み環
    境で Change Key
    Management Type で
    Customer-managed
    key を選択しようとしても
    vault がグレーで選択でき
    ない

    View full-size slide

  333. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    350
    ※2023年10⽉更新
    Data Guard Association 構成
    済み環境で、Customer-
    managed key に変更しようとする
    と下記のエラーで失敗する
    Updating Key Management
    Configuration Not Supported
    Rotate Key is blocked on
    standby when KMS is
    configured in the current
    database. Also, you can not
    change/update encryption
    type once it is configured to
    KMS.

    View full-size slide

  334. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    351
    ※2023年10⽉更新
    Data Guard 構成済みの場
    合、 Customer-managed
    keys への変更は出来ない。
    Data Guard 構成を設定する
    前に Customer-managed
    Keys への変更を⾏う必要があ

    View full-size slide

  335. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    352
    ※2023年10⽉更新
    別のデータベースで検証
    Data Guard 構成無し
    Oracle-managed key

    View full-size slide

  336. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    353
    ※2023年10⽉更新
    Customer-managed keys に
    変更

    View full-size slide

  337. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    354
    ※2023年10⽉更新
    Customer-managed keys に
    変更

    View full-size slide

  338. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    355
    ※2023年10⽉更新
    Customer-managed key に
    変更後、
    Data Guard Association を
    設定

    View full-size slide

  339. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    356
    ※2023年10⽉更新
    Data Guard Association
    完了
    Database Role:
    Primary
    Encryption: Customer-
    managed key
    で構成されていることを確認
    Encryption Key OCID:

    View full-size slide

  340. データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    Data Guard 環境
    データベース
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    357
    ※2023年10⽉更新
    Database Role:
    Standby
    Encryption: Customer-
    managed key
    Data Guard 構成前に
    Customer-managed
    keys にしてから、Data
    Guard 構成すると、
    Standby も Customer-
    managed keys 構成になる
    Encryption Key OCID が
    primary と同じことが分かる
    (同じ key を⾒ている)=
    primary と同じ key が
    standby からも⾒える必要が
    あることが分かる

    View full-size slide

  341. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    358
    データベース
    • データベースの作成
    • データベース作成後の SYS ユーザーパスワード / TDE Wallet パスワード変更
    • バックアップからのデータベースの作成
    • データベース・ホームの移動
    • データベースの終了
    • データベース作成後のCustomer-Managed Keys への変更
    • PDBの管理

    View full-size slide

  342. 概要
    • PDBのバックアップ
    • PDBのリストア
    • PDBの再配置(リロケート)
    • PDBのクローン
    • リフレッシュ可能クローン
    • リフレッシュ可能クローンの通常のPDBへの変換
    • PDBオープンモードの確認
    PDBの作成と管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    359
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  343. 概要
    • PDBのバックアップ
    • CDBが⾃動バックアップ機能を使⽤して構成されている場合、PDBの作成、クローン作成、PDB再配置操作中にPDBのバック
    アップを取得可能(⾃動バックアップ設定時はデフォルトオプション)
    • PDB のバックアップ先は常に CDB と同じになる
    • PDBバックアップに直接アクセスすることはできない
    • オンデマンドでPDBバックアップを作成することはできない
    • PDBを作成またはクローニングした後は、ただちにバックアップすることを推奨(⾃動バックアップ設定時はデフォルトオプション)
    • 次の⽇次⾃動バックアップが正常に完了するまでPDBはリカバリできず、データが失われる可能性があるため
    • PDBのリストア
    • 以下の⼆つが可能
    • インプレース・リストア
    • 同⼀CDB内に、最後に認識された正常な状態、またはタイムスタンプ指定してリストア
    • アウトオブプレース・リストア
    • CDBをバックアップからリストアして、PDBを選択(サブセット)してリストア可能
    • ExaDB-C@Cでは未対応
    PDBの作成と管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    360
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  344. 概要
    • PDBの再配置(リロケート)
    • 同⼀AD内で別のCDBへPDBを再配置可能
    • コンパートメント間、VMクラスター間、Exadata Infrastructure間、VCN間で可能
    • ソースPDBと同⼀、ないしはより新しいデータベースバージョン間での再配置が可能
    • PDBのクローン
    • 特定のデータベースの独⽴した完全なコピー
    • ローカルクローン
    • 同⼀CDB内でのコピー
    • リモートクローン
    • 別CDBへのコピー
    • 同⼀AD内、コンパートメント間、VMクラスター間、Exadata Infrastructure間、VCN間で可能
    • ソースPDBと同⼀、ないしはより新しいデータベースバージョン間での再配置が可能
    • リフレッシュ可能クローン
    • 次ページ
    PDBの作成と管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    361
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  345. 概要
    • リフレッシュ可能クローン
    • PDBのコピーを別のCDBに作成し、クローニングされたPDBをリフレッシュ可能
    • 同⼀AD内、コンパートメント間、VMクラスター間、Exadata Infrastructure間、VCN間で可能
    • ソースPDBと同⼀、ないしはより新しいデータベースバージョン間でのリフレッシュ可能クローンが可能
    • リモートクローンをソースPDBで最新の状態に保つことが可能
    • リフレッシュ可能なのはPDBの OPEN MODE が MOUNTED の時のみ
    • リフレッシュ可能クローンPDBで使⽤できる OPEN MODEは、 OPEN READ ONLYのみ。
    • OPEN READ ONLYの際はターゲットPDBへのリフレッシュが出来ない
    • リフレッシュ可能クローンを作成するために、データベースリンクのユーザー資格情報が必要
    • リフレッシュ可能クローンでは、クローン、再配置、インプレースでのリカバリーはサポートされていない
    • ソースPDBのPDBリロケート、インプレースリカバリーが出来ない。リフレッシュ可能クローンの切断、削除後にソースPDBの削除が可能になる
    • Data Guard Association 環境
    • スタンバイ環境ではリフレッシュ可能クローンの作成は可能
    • プライマリ環境ではリフレッシュ可能クローンの作成は可能。スタンバイとの同期は不可能
    • スタンバイ環境のPDBは、リフレッシュ可能クローンのソースとしては利⽤は不可能
    • リフレッシュ可能クローンPDBの通常のPDBへの変換
    • リフレッシュ可能クローンPDBをソースPDBから「切断」することで通常のPDBに変換可能
    • リフレッシュ可能クローンPDBが Data Guard Association 内にある場合、通常のPDBに変換されると、PDBはスタンバイに同期されるようになる
    PDBの作成と管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    362
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  346. 概要
    • PDB OPEN MODE の確認
    • コンソールからPDBの OPEN MODE の確認が可能
    • 読み取り/書込み(Read Write)
    • 読み取り専⽤(read-only)
    • マウント(Mounted)
    • PDBのステータスがすべてのノードで同じ場合、すべてのPDBに対して同じステータスを表⽰
    • PDBのステータスがノード間で異なる場合、どのPDBがRead Writeモードでオープンされているかのステータスを表⽰
    • API/コンソールからPDBの Open Modeの変更は出来ない
    • PDBの起動・停⽌は可能
    • PDBを起動するとRead Writeモードで開始
    • PDBを停⽌するとMountedモードのままになる
    PDBの作成と管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    363
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  347. 制限事項
    • SQLで作成された新しいPDBは、OCIコントロール・プレーンによってすぐに検出されず、コンソールに表⽰される。 OCIは定期的に同期操作を実⾏して、
    ⼿動で作成したPDBを検出するため、コンソールおよび作成後45分以内にAPIベースのツールで表⽰する必要がある。 Oracleでは、コンソールまたは
    APIベースのツール(OCI CLI、SDKおよびTerraformを含む)を使⽤してPDBを作成することを推奨
    • PDB管理はDB19c 以降で対応
    • PDBはOCIコンソールまたはAPIの使⽤時にCDBレベルでバックアップされる。各バックアップにはデータベース内のすべてのPDBが含まれる
    dbaascli database backup はPDBのバックアップをサポート
    • リストアはCDBレベルで実施される。 dbaascliはPDBレベルでのリストアをサポート(dbaascli pdb recover)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    364
    ※2023年12⽉更新

    View full-size slide

  348. 制限事項
    • (以下マニュアルに未掲載の制限事項)
    • PDB subset のリストアは既存のデータベースにはリストアできない。新規データベースの作成となる
    • PDB クローン、リロケート(再配置)はコンパートメント間、VM Cluster間、VCN間、データベースバージョン間(同⼀ないしは⾼いバージョン)へが
    サポートされる。AD間、Exadata Infrastructure 間はサポートされない
    • Data Guard Standby ではPDBクローン、PDBリロケートのソースDB、デスティネーションDBにはなれない
    • Data Guard Primary のリフレッシュ可能クローンPDBはStandbyからは⾒えない(通常のPDBに変換されるまでは存在が消されている)
    • PDB管理は現時点ではOracle-managed key 環境でのみサポート(user-managed key はサポートされていない)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    365
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  349. コンソールから出来ること
    • PDBの作成
    • PDBの作成
    • PDB の再配置(relocate)
    • PDBの管理
    • PDBの起動
    • PDBの停⽌
    • PDBの削除
    • PDBの接続⽂字列の取得
    • PDBのクローン
    • PDBのローカルクローンの作成
    • PDBのリモートクローンの作成
    • リフレッシュ可能クローンの作成
    • PDBのリフレッシュ
    • リフレッシュ可能クローンを通常のPDBへの変換
    • PDBのリストア
    • インプレースのリストア
    • アウトオブプレースのリストア
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    366
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  350. PDBの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    367
    PDBを作成したいデータベース詳
    細画⾯から
    「プラガブル・データベース」
    をクリック
    Create Pluggable database
    ※2023年10⽉更新
    Encryption: Oracle-managed
    key

    View full-size slide

  351. PDBの作成 Oracle-managed keys の場合
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    368
    PDB名
    最⼤30⽂字
    タグ・ネームスペース、タグ・キー、値を設定
    し、タグを付ける(オプション)
    +追加タグをクリックし、タグをさらに追加可能
    データベースのTDEウォレット・パスワード
    を⼊⼒
    Unlock the PDB admin
    account:
    Provide a PDB admin password to
    unlock the PDB admin account.
    デフォルト⾮選択
    ※2023年12⽉更新
    Take a backup of the PDB immediately
    after creating it:
    ⾃動バックアップ設定時デフォルト選択(⾮選択する
    と以下警告)
    PDB will not be recoverable until the next
    daily backup completes successfully.
    プラガブル・データベースの作成
    をクリック

    View full-size slide

  352. PDBの作成 Oracle-managed keys の場合
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    369
    ※2023年12⽉更新
    Take a backup of the PDB immediately
    after creating it:
    ⾃動バックアップ未設定時選択されない(選択でき
    ない)先に⾃動バックアップを設定することの警告が
    出る
    You must enable automatic backup on the
    database for the PDB backup.

    View full-size slide

  353. PDBの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    371
    作業リクエスト︓
    受け⼊れ済
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  354. PDBの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    372
    PDBの作成が成功
    CDB名:
    リフレッシュ可能クローン:
    オープンモードの確認:
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  355. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    373
    Relocateする
    PDBを選択
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  356. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    374
    Relocate
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  357. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    375
    Destination:
    relocate 先のクラスター、データベース
    Configure new PDB:
    新しい移⾏先の PDB名(今回は
    PDB111)
    Database TDE wallet password:
    ソースPDBの親CDB の TDE wallet パス
    ワード
    Unlock the PDB admin account:
    デフォルト⾮選択
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  358. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    376
    Relocate pluggable
    database
    Source:
    移⾏元データベースの SYS のパスワード
    Database Link:
    オプション
    ※2023年10⽉更新
    Take a backup of the PDB
    immediately after relocating it.
    CDBで automatic backup が設定さ
    れている場合、デフォルト選択(設定さ
    れていないと⾮選択)
    選択を外すと以下のメッセージ
    PDB will not be recoverable
    until the next daily backup
    completes successfully.

    View full-size slide

  359. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    377
    Relocate 先の DB1032 に
    PDB111がプロビジョニングされ

    ※2023年10⽉更新
    Relocate 先の DB1032

    View full-size slide

  360. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    378
    Relocate 元の
    DB1033
    ※2023年10⽉更新
    Relocate 元の
    DB1033 が
    Relocatingに

    View full-size slide

  361. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    379
    Relocate Pluggable Database
    In progress
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  362. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    380
    Relocate完了
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  363. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    381
    Relocate先の
    DB1032にPDB111
    が出来ている
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  364. PDBの再配置
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    382
    Relocate元のDB1033
    でソースPDB11 が
    Terminated になっている
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  365. PDBの停⽌
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    383
    PDBの Stop をクリック
    (PDBが稼働している
    (Open Mode: Read
    Write)が前提)
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  366. PDBの停⽌
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    384
    ポップアップした画⾯で、
    「PDBの停⽌」をクリック
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  367. PDBの停⽌
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    385
    Updating
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  368. PDBの停⽌
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    386
    PDBの停⽌が成功
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  369. PDBの停⽌
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    387
    しばらく待つと Mounted に
    変わる(stop直後は
    Read Write のまま)
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  370. PDBの起動
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    388
    PDBを起動をクリック
    ※2023年10⽉更新
    Mounted 前提

    View full-size slide

  371. PDBの起動
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    389
    ポップアップした画⾯で、
    「PDBの起動」をクリック
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  372. PDBの起動
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    390
    Updating
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  373. PDBの起動
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    391
    PDBの Start が成功
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  374. PDBの起動
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    392
    Mounted 状態で無いと
    Start は押せない
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  375. PDBの削除
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    393
    PDBの削除をクリック
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  376. PDBの削除
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    394
    ポップアップした画⾯で、
    「削除するPDB名」を⼊
    ⼒し、「PDBの削除」をク
    リック
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  377. PDBの削除
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    395
    作業リクエスト︓
    受け⼊れ済
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  378. PDBの削除
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    396
    PDBの削除に成功
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  379. PDBの接続記述⼦の⼊⼿
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    397
    「PDB接続」をクリック
    接続⽂字列

    View full-size slide

  380. PDBの接続記述⼦の⼊⼿
    [oracle@orcl0330-apjlw1 ~]$ /u02/app/oracle/product/19.0.0.0/dbhome_1/bin/sqlplus system/パスワード@orcl0330-apjlw-
    scan.sub03300538370.vcn01.oraclevcn.com:1521/DB0414_PDB2.paas.oracle.com
    SQL*Plus: Release 19.0.0.0.0 - Production on Fri Mar 4 11:12:25 2022
    Version 19.14.0.0.0
    Copyright (c) 1982, 2020, Oracle. All rights reserved.
    Last Successful login time: Wed Apr 20 2022 10:35:11 +09:00
    Connected to:
    Oracle Database 19c EE Extreme Perf Release 19.0.0.0.0 - Production
    Version 19.14.0.0.0
    SQL>
    SQL> show con_name
    CON_NAME
    ------------------------------
    PDB2
    SQL>
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    398

    View full-size slide

  381. PDBのローカルクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    399
    「クローン」をクリック
    ※2023年10⽉更新

    View full-size slide

  382. PDBのローカルクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    400
    「Local clone」
    をクリック(デフォルト)
    Destination:
    PDBをクローニングする宛先を選択する(ローカルクローン
    の際はローカルが宛先なので選択できなくなっている)
    「PDB管理アカウントのロック解除」
    (デフォルト⾮選択)
    ロック解除時は選択してパスワード⼊⼒
    Configure new PDB:
    新規PDBの名前とデータベースのTDEウォレット・パスワード
    を設定(今回は PDB3)
    ※2023年10⽉更新
    現在の CDB
    「Clone pluggable database」

    View full-size slide

  383. PDBのローカルクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    401
    作業リクエスト︓
    受け⼊れ済
    ※2023年10⽉更新
    クローン先
    PDB3
    ローカルクローンなので
    CDBは同じ

    View full-size slide

  384. PDBのローカルクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    402
    PDBのクローニングに成功
    ※2023年10⽉更新
    Refreshable clone: No
    Open Mode: Read Write
    CDBを確認

    View full-size slide

  385. PDBのローカルクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    403
    「プラガブル・データベース」をクリック
    PDB3が出来ていること
    を確認
    ※2023年10⽉更新
    ローカルクローンなので
    CDBは同じ

    View full-size slide

  386. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    404
    「Remote clone」をクリック
    Destination:
    PDBをクローニングする宛先を選択する(VM間も可能。
    ローカルクローンの際は選択できなかった)
    今回は別VMの別CDB(DB1033)を選択
    PDBローカル管理ユーザー利⽤の際は
    「PDB管理アカウントのロック解除」
    を選択し、PDB管理パスワードを⼊⼒(デフォルト⾮選
    択)
    Configure new PDB:
    新規PDBの名前とデータベースのTDEウォレット・パスワード
    を設定
    ※2023年10⽉更新
    現在の CDB (DB1032)

    View full-size slide

  387. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    405
    Database link:
    オプションなので空欄のまま
    Take a backup of the PDB immediately
    after cloning it.
    デフォルト選択
    ※2023年10⽉更新
    Clone pluggable database

    View full-size slide

  388. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    406
    ※2023年10⽉更新
    リモートCDBのDB1033で pdb7 が clone

    View full-size slide

  389. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    407
    ※2023年10⽉更新
    DB1033 で PDB7 が provisioning

    View full-size slide

  390. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    408
    ※2023年10⽉更新
    ソースDBの1032 ではソースPDB の PDB1 が
    Updating

    View full-size slide

  391. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    409
    ※2023年10⽉更新
    ソース PDB1 は UPDATING にはな
    るが、Work requests は無い

    View full-size slide

  392. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    410
    ※2023年10⽉更新
    リモートクローン完成
    クローン完了すると、ソースPDBは分から
    ない

    View full-size slide

  393. PDBのリモートクローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    411
    ※2023年11⽉更新
    リモートクローンは VM間は可能だが、
    Exadata Infrastructure間はクローン
    出来ない(制限事項)
    Infrastructure間のクローンの操作は
    できるように⾒えるが、実施すると失敗す

    View full-size slide

  394. PDBのリフレッシュ可能クローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    413
    clone pluggable database
    Refreshable clone を選択
    ※2023年11⽉更新
    Destination:
    異なる CDB であることが必要(同じPDBは不可)
    Refreshable clone: A copy of the PDB is created in
    a different CDB, and you will be able to refresh
    the cloned PDB.
    ローカルで refreshable PDB は出来ない
    Configure new PDB:
    クローン先の PDB名
    Source database SYS password
    ソースDBの SYS ユーザーのパスワード
    Database link:
    データベースリンクのユーザー資格情報
    (事前にソースで作成必要、次ページ)

    View full-size slide

  395. PDBのリフレッシュ可能クローンの作成
    データベースリンクのユーザー資格情報 ソースデータベースで事前作成
    [oracle@kara-vpvao1 ~]$ sql / as sysdba
    SQLcl: Release 21.4 Production on Tue Oct 31 08:47:02 2023
    Copyright (c) 1982, 2023, Oracle. All rights reserved.
    New version: 23.2.0 available to download
    Connected to:
    Oracle Database 19c EE Extreme Perf Release 19.0.0.0.0 - Production
    Version 19.18.0.0.0
    SQL> CREATE USER c##remote_clone_user IDENTIFIED BY Demo#1Demo#1;
    User C##REMOTE_CLONE_USER created.
    SQL> GRANT CREATE SESSION, RESOURCE, CREATE ANY TABLE, UNLIMITED TABLESPACE TO c##remote_clone_user CONTAINER=ALL;
    Grant succeeded.
    SQL> GRANT CREATE PLUGGABLE DATABASE TO c##remote_clone_user CONTAINER=ALL;
    Grant succeeded.
    SQL> GRANT SYSOPER TO c##remote_clone_user CONTAINER=ALL;
    Grant succeeded.
    SQL>
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    414

    View full-size slide

  396. PDBのリフレッシュ可能クローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    415
    Remote Clone Pluggable
    Database
    ターゲットのCDB(DB1033)
    上に
    PDB6
    Refreshable clone: Yes
    として作成
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  397. PDBのリフレッシュ可能クローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    416
    ソースは Work Request なし
    ※2023年11⽉更新
    ソースのCDB(DB1032)上

    PDB1
    Refreshable clone: No
    で Updating されている

    View full-size slide

  398. PDBのリフレッシュ可能クローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    417
    ※2023年11⽉更新
    ターゲットのCDB(DB1033)上に
    PDB6
    Refreshable clone: Yes
    として作成完了
    Open Mode: Mounted になる

    View full-size slide

  399. PDBのリフレッシュ可能クローンの作成
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    418
    ※2023年11⽉更新
    ソースのCDB(DB1032)上に
    PDB1
    Refreshable clone: No
    Open Mode: Read Write
    で更新完了

    View full-size slide

  400. リフレッシュ可能クローンPDBのリフレッシュ
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    420
    リフレッシュ可能クローン
    More actionsメニューから
    Refresh
    が表⽰される
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  401. リフレッシュ可能クローンPDBのリフレッシュ
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    421
    Refresh
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  402. リフレッシュ可能クローンPDBのリフレッシュ
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    422
    Refreshが⾛る
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  403. リフレッシュ可能クローンPDBのリフレッシュ
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    423
    ソースは影響なし
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  404. リフレッシュ可能クローンPDBのリフレッシュ
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    424
    Refresh完了
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  405. リフレッシュ可能クローンPDBの通常のPDBへの変換
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    425
    Convert to regular PDB
    リフレッシュ可能クローンでのみ、
    メニューが表⽰される
    Refresh可能クローン
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  406. リフレッシュ可能クローンPDBの通常のPDBへの変換
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    426
    TDE wallet パスワード
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  407. リフレッシュ可能クローンPDBの通常のPDBへの変換
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    427
    Refreshable clone:
    Open Mode:
    返還後、表⽰変更に注⽬ Convert to Regular
    Pluggable Database
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  408. リフレッシュ可能クローンPDBの通常のPDBへの変換
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    428
    Refreshable clone: No
    Open Mode: Read Write
    に変更(通常のPDB)
    Convert to Regular
    Pluggable Database
    完了
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  409. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    429
    リストア対象のPDBが含ま
    れるCDB
    バックアップの取得状況
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  410. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    430
    CDBに含まれるPDBを確

    PDB1をリストアしたい場合
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  411. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    431
    PDB1をRestore
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  412. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    432
    Restore to latest
    最新にリストア
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  413. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    433
    Restore in Progress
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  414. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    434
    PDB1のインプレースリストア
    が完了
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  415. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    435
    Restore to timestamp
    タイムスタンプ指定でのリスト

    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  416. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    436
    Restore Database
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  417. PDBのリストア(インプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    437
    リストア完了
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  418. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    438
    リストア対象の PDB が含ま
    れる CDB
    リストアしたいバックアップのア
    クションアイコンから
    Create database
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  419. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    439
    デフォルトは ALL PDBs が
    選択(すべての PDB をリ
    ストアする場合)
    Next
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  420. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    440
    リストア先の設定
    今回は別 Cluster 上に
    CDBを名称を変えてリストア
    した例
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  421. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    441
    新しいCDB名
    Create database
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  422. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    442
    バックアップからのリストア時
    はautomatic backup
    はdisable
    リストア中
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  423. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    443
    リストア完了
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  424. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    444
    PDBが3つともリストア済み
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  425. PDBのリストア(アウトオブプレース)
    PDBの管理
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    445
    Choose the PDBs restore
    ⼀部のPDBをリストアしたい場

    Specify the PDBs
    PDB名を指定(今回は
    PDB7で実施)
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  426. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    450
    7. バックアップとリカバリ
    • 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    • ⾃動バックアップの設定・編集
    • オンデマンドバックアップの取得・削除
    • バックアップのキャンセル
    • データベースのリストア

    View full-size slide

  427. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    451
    7. バックアップとリカバリ
    • 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    • ⾃動バックアップの設定・編集
    • オンデマンドバックアップの取得・削除
    • バックアップのキャンセル
    • データベースのリストア

    View full-size slide

  428. 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    452
    使⽤可能なバックアップのリストが表⽰される

    View full-size slide

  429. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    453
    7. バックアップとリカバリ
    • 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    • ⾃動バックアップの設定・編集
    • オンデマンドバックアップの取得・削除
    • バックアップのキャンセル
    • データベースのリストア

    View full-size slide

  430. ⾃動バックアップの設定・編集
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    454
    「⾃動バックアップの構成」をクリック
    ※2023年6⽉更新

    View full-size slide

  431. ⾃動バックアップの設定・編集
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    455
    「⾃動バックアップの構成」をクリック

    View full-size slide

  432. ⾃動バックアップの設定・編集
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    456
    ⾃動バックアップの有効化:
    チェックボックスをクリックする
    ※2023年6⽉更新

    View full-size slide

  433. ⾃動バックアップの設定・編集
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    457
    ⾃動バックアップの有効化のチェックボックスを
    クリックした場合
    Real-time data protection
    redo転送
    Deletion options after database
    termination
    DB削除後のバックアップ保持
    Scheduled time for daily
    backup(UTC):
    Anytime
    Take the first backup immediately:
    デフォルト選択(すぐにバックアップを取得)
    Protection policy:
    Silver 35⽇(デフォルト)
    Backup destination:
    Autonomous Recovery Service
    (Recommended)(あとから⾃動バックアップを
    設定したとき、要件を満たしていると
    Autonomous Recovery Service になる)
    Autonomous Recovery Service has the
    lowest operational cost and highest
    performance.
    ※2024年2⽉更新

    View full-size slide

  434. ⾃動バックアップの設定・編集
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    458
    ⾃動バックアップの有効化のチェックボックスをクリッ
    クした場合
    バックアップ・スケジューリング(UTC):⾃動バッ
    クアップを取得する時間帯のいずれかのオプション
    を選択
    フルバックアップの曜⽇(デフォルト⽇曜)
    フルバックアップの時間帯
    増分バックアップの時間帯
    時間帯を指定しないとデフォルトの0:00-6:00
    (UTC)に取得
    2時間毎の時間帯を設定可能
    2時間で終わらない場合もある
    ⾃動バックアップを即時開始チェックボックス(デ
    フォルト)
    バックアップ保持期間:⾃動バックアップが保持さ
    れる期間のいずれかのオプションを選択
    Backup destination:
    Object Storage(Autonomous Recovery
    Service の要件を満たしていないとこちらになる。例で
    はDBが 19.14)
    Autonomous Recovery Service has the lowest
    operational cost and highest performance.
    Autonomous Recovery Service is
    supported for database version 19.16.0.0
    and above whereas the selected version is
    19.14.0.0
    ※2024年2⽉更新

    View full-size slide

  435. ⾃動バックアップのスケジュール変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    459
    ※2023年10⽉更新
    現在の設定
    Next scheduled full backup:
    Sun, Anytime
    Incremental backup schedule:
    Daily, Anytime
    Except Sun
    変更するとき
    Configure automatic backup

    View full-size slide

  436. ⾃動バックアップのスケジュール変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    460
    ※2023年10⽉更新
    Next scheduled full backup:
    Tue, 12:00AM - 2:00AM UTC
    Incremental backup schedule:
    Daily, 12:00AM - 2:00AM UTC
    Except Tue

    View full-size slide

  437. ⾃動バックアップのスケジュール変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    461
    ※2023年10⽉更新
    変更されたスケジュール

    View full-size slide

  438. ⾃動バックアップのスケジュール変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    462
    ※2023年10⽉更新
    設定変更して取得できたバックアッ

    View full-size slide

  439. ⾃動バックアップのバックアップ先変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    463
    ※2023年11⽉更新
    Backup destination:
    Autonomous Recovery
    Service
    Configure automatic
    backups

    View full-size slide

  440. ⾃動バックアップのバックアップ先変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    464
    ※2023年11⽉更新
    Autonomous Recovery
    Service → Object Storage

    View full-size slide

  441. ⾃動バックアップのバックアップ先変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    465
    ※2023年11⽉更新
    Update Database

    View full-size slide

  442. ⾃動バックアップのバックアップ先変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    466
    ※2023年11⽉更新
    Update database 完了
    Object Storage へ

    View full-size slide

  443. ⾃動バックアップのバックアップ先変更
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    467
    ※2023年11⽉更新

    View full-size slide

  444. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    468
    7. バックアップとリカバリ
    • 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    • ⾃動バックアップの設定・編集
    • オンデマンドバックアップの取得・削除
    • バックアップのキャンセル
    • データベースのリストア

    View full-size slide

  445. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    469
    「バックアップの作成」をクリック
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの取得

    View full-size slide

  446. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    470
    名前:
    バックアップの名前を⼊⼒
    バックアップの作成:
    ※オンデマンドバックアップを取得す
    る際は、VCNのセキュリティリストに、
    バックアップ保存先のオブジェクトス
    トレージへのアクセス許可を追加し
    ておく必要がある。
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの取得

    View full-size slide

  447. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    471
    バックアップ:
    作成中
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの取得

    View full-size slide

  448. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    472
    バックアップ:
    アクティブ
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの取得

    View full-size slide

  449. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    473
    7. バックアップとリカバリ
    • 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    • ⾃動バックアップの設定・編集
    • オンデマンドバックアップの取得・削除
    • バックアップのキャンセル
    • データベースのリストア

    View full-size slide

  450. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    474
    「・・・」をクリック
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの削除

    View full-size slide

  451. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    475
    「削除」をクリック
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの削除

    View full-size slide

  452. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    476
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの削除
    「削除」をクリック

    View full-size slide

  453. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    477
    バックアップ:
    削除中
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの削除

    View full-size slide

  454. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    478
    バックアップ:
    削除済
    →対象のバックアップが表⽰されない
    バックアップとリカバリ
    オンデマンドバックアップの削除

    View full-size slide

  455. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    479
    7. バックアップとリカバリ
    • 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    • ⾃動バックアップの設定・編集
    • オンデマンドバックアップの取得・削除
    • バックアップのキャンセル
    • データベースのリストア

    View full-size slide

  456. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    480
    ※2023年10⽉更新
    Create Backup

    View full-size slide

  457. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    481
    ※2023年10⽉更新
    Backup のステップ

    View full-size slide

  458. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    482
    ※2023年10⽉更新
    バックアップが完了した際の全
    ステップ

    View full-size slide

  459. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    483
    ※2023年10⽉更新
    バックアップ中にキャンセルするとき
    アクションアイコンから
    Cancel backup

    View full-size slide

  460. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    484
    ※2023年10⽉更新
    Cancel backup

    View full-size slide

  461. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    485
    ※2023年10⽉更新
    キャンセルされたバックアップジョ

    View full-size slide

  462. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    486
    ※2023年10⽉更新
    先ほどのバックアップジョブのステップ
    Creating database backup
    のステップでキャンセルできる

    View full-size slide

  463. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    487
    ※2023年10⽉更新
    Cancel Database Backup
    のWR

    View full-size slide

  464. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    488
    ※2023年10⽉更新
    Cancel Database Backup の
    WRが完了

    View full-size slide

  465. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    489
    ※2023年10⽉更新
    キャンセルされた Create
    Database Backup の WR

    View full-size slide

  466. バックアップのキャンセル
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    490
    ※2023年10⽉更新
    バックアップ開始後、フェーズが早す
    ぎるとキャンセルに失敗する
    The database backup job has not
    yet started. The Cancel Backup
    operation is only allowed when
    the database backup job is in
    running state.
    Creating database backup
    が始まる前だとまだキャンセルできな

    View full-size slide

  467. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    491
    7. バックアップとリカバリ
    • 使⽤可能なバックアップのリストの表⽰
    • ⾃動バックアップの設定・編集
    • オンデマンドバックアップの取得・削除
    • バックアップのキャンセル
    • データベースのリストア

    View full-size slide

  468. データベースのリストア
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    492
    「リストア」をクリック

    View full-size slide

  469. データベースのリストア
    バックアップとリカバリ
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    493
    最新にリストア:データベースはデータ損失がゼロまたは可能な
    かぎり少ない状態でリストアおよびリカバリされる
    タイムスタンプにリストア:データベースは指定したタイムスタンプ
    の状態にリストアおよびリカバリされる
    SCNにリストア:データベースは指定したシステム変更番号
    (SCN)にリストアおよびリカバリされる。指定したSCNが有効で
    ない場合、操作は失敗する
    設定後「データベースのリストア」をクリック

    View full-size slide

  470. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    494
    8. Data Guard アソシエーション
    • Data Guard の有効化
    • Data Guard 設定変更
    • スタンバイデータベースでの⾃動バックアップの有効化
    • スイッチオーバーの実⾏
    • フェイルオーバーの実⾏
    • データベースの回復
    • Data Guard の終了

    View full-size slide

  471. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    495
    Data Guard アソシエーション
    • Data Guard の有効化
    • Data Guard 設定変更
    • スタンバイデータベースでの⾃動バックアップの有効化
    • スイッチオーバーの実⾏
    • フェイルオーバーの実⾏
    • データベースの回復
    • Data Guard の終了

    View full-size slide

  472. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    496
    VMクラスタのリストから
    プライマリとなるVMクラスタを選択

    View full-size slide

  473. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    497
    プライマリ・データベースとなる
    データベースを選択

    View full-size slide

  474. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    498
    ①リソースから
    「Data Guard アソシエーション」
    を選択
    ②「Data Guard の有効化」
    をクリック

    View full-size slide

  475. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    499
    保護モード:「最⼤可⽤性」、「最⼤パフォーマ
    ンス」から選択
    シェイプ:スタンバイ・データベースを構成する
    ExaCSのシェイプを選択
    プライマリと異なるシェイプも選択可能
    Data Guardピア・リソース・タイプ︓「VMクラスタ」を選
    択(「DBリソース」は旧リソース・モデルであり、2021年8⽉
    15⽇にサポート終了予定)
    リージョン:スタンバイ・データベー
    スを構成するExaCSの配置リー
    ジョンを選択
    可⽤性ドメイン︓スタンバイ・
    データベースを構成する ExaCS
    の配置先可⽤性ドメインを選択
    Data Guardアソシエーション詳細︓
    Data Guardのタイプを選択

    View full-size slide

  476. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    500
    ⼊⼒完了後、「Data Guardの有効化」をクリック
    データベース・ホームの表⽰名:「既存のデータ
    ベース・ホームを選択」を選んだ場合、ソース・
    データベースの Oracle Database バージョン
    およびパッチ・レベルと⼀致するデータベース・ホー
    ムがリストされるので、いずれかを選択
    ⼀意のデータベース名︓設定しなければ⾃動設定
    (db_unique_name の最初の12⽂字)
    データベース・ホームの選択︓「既存のデータ
    ベース・ホームの選択」または「新規データベー
    ス・ホームの作成」から選択
    データベース・パスワード︓スタンバイ・データベースの管
    理パスワードとして、プライマリ・データベースと同じ管理パ
    スワードを⼊⼒

    View full-size slide

  477. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    501
    実⾏後、 データベースのステータス
    が「更新中」となり、スタンバイの構築
    が開始される

    View full-size slide

  478. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    502
    スタンバイ側のVMクラスタを確認すると、「更新中」として
    スタンバイのデータベース・ホームとデータベースの作成が⾃動的に実⾏されている
    通信先のピアVMクラスタ

    View full-size slide

  479. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    503
    しばらくすると、作業が完了し
    構築された Data Guard の情
    報が確認できる

    View full-size slide

  480. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    504
    作業の詳細を確認するには
    該当する操作をクリック
    実⾏された操作の内容と
    各作業の所要時間を確認
    できる

    View full-size slide

  481. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    505
    スタンバイ側のVMクラスタを
    確認すると、作成された
    スタンバイ・データベースが
    「使⽤可能」となっている
    通信先のピアVMクラスタ

    View full-size slide

  482. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    506
    詳細をみると、Data Guard 構
    成が有効で、スタンバイ・データベー
    スであることが確認できる
    通信先のピアVMクラスタ

    View full-size slide

  483. Data Guard の有効化
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    507
    「Data Guardアソシエーション」
    を選択すると、プライマリ側の情報
    を確認することができる
    通信先のピアVMクラスタ

    View full-size slide

  484. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    509
    Data Guard アソシエーション
    • Data Guard の有効化
    • Data Guard 設定変更
    • スタンバイデータベースでの⾃動バックアップの有効化
    • スイッチオーバーの実⾏
    • フェイルオーバーの実⾏
    • データベースの回復
    • Data Guard の終了

    View full-size slide

  485. Data Guard 設定変更
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    510
    ①データベース詳細→「Data
    Guardアソシエーション」をクリック
    ②「・・・」をクリック

    View full-size slide

  486. Data Guard 設定変更
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    511
    「・・・」→「Data Guardアソシエーションの編
    集」をクリック

    View full-size slide

  487. Data Guard 設定変更
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    512
    Data Guard Association
    details
    現在の構成
    Data Guard Type
    Active Data Guard
    Data Guard
    Protection mode
    Maximum Performance
    Maximum Availability
    Transport type
    Async
    Sync
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  488. Data Guard 設定変更
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    513
    Data Guard Association
    details
    下記を変更
    Data Guard Type
    Active Data Guard
    Data Guard
    Protection mode
    Maximum Performance
    Maximum Availability
    Transport type
    Async
    Sync
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  489. Data Guard 設定変更
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    514
    Update Data
    Guard
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  490. Data Guard 設定変更
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    515
    Update Data
    Guard
    Succeeded
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  491. Data Guard 設定変更
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    516
    Data Guard Association
    details
    Data Guard Type
    Active Data Guard
    Data Guard
    Protection mode
    Maximum Performance
    Maximum Availability
    Transport type
    Async
    Sync
    ※2022年9⽉更新

    View full-size slide

  492. Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    517
    Data Guard アソシエーション
    • Data Guard の有効化
    • Data Guard 設定変更
    • スタンバイデータベースでの⾃動バックアップの有効化
    • スイッチオーバーの実⾏
    • フェイルオーバーの実⾏
    • データベースの回復
    • Data Guard の終了

    View full-size slide

  493. スタンバイデータベースでの⾃動バックアップの有効化
    • スタンバイ・データベースにバックアップをオフロードすることが可能になり、本番データベース環境のリソースが解放
    • スタンバイ・データベースで⾃動バックアップをスケジュールし、保存期間とバックアップ・スケジュールを構成可能に
    • スタンバイ・データベースのバックアップから、同じリージョン内の別のアベイラビリティ・ドメイン(AD)にデータベースを作成可能に
    • スタンバイ・データベースのバックアップを使⽤して、スタンバイ・データベースをリストアおよびリカバリ可能
    • プライマリ・データベースのみ、スタンバイ・データベースのみ、またはその両⽅でバックアップを柔軟に取得可能
    • スタンバイ・データベースの⼿動完全バックアップを作成可能(→動かない、確認中)
    • プライマリ・データベースのバックアップの保存先がObject Storageの場合にのみ、スタンバイ・データベースのバックアップを有効または
    無効に変更可能
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    518

    View full-size slide

  494. スタンバイデータベースでの⾃動バックアップの有効化
    • ノート
    • プライマリ・データベースとスタンバイ・データベースのバックアップの保存先がオブジェクト・ストレージの場合
    • プライマリ・データベースのバックアップの保存先をAutonomous Recovery Serviceに変更不可能
    • プライマリ・データベースのバックアップの保存先をAutonomous Recovery Serviceに変更するには、まずスタンバイ・データベースでバックアップを
    無効にすることが必要(→確認済み)
    • スタンバイ側のバックアップを使⽤してプライマリ・データベースでリストア/リカバリ操作を実⾏することは不可能
    • Autonomous Recovery Serviceは、プライマリでのみ利⽤可能
    • スイッチオーバーのシナリオ:
    • プライマリでバックアップ保存先にオブジェクト・ストレージを使⽤して⾃動バックアップを構成した場合、スイッチオーバー時に、バックアップは新しいス
    タンバイ・データベースで続⾏される(→確認済み、オンデマンドバックアップは取れなくなる(Create Backup ボタンが押せなくなる))
    • スタンバイでバックアップ保存先にオブジェクト・ストレージを使⽤して⾃動バックアップを構成した場合、スイッチオーバー時に、バックアップは新しい
    プライマリ・データベースで続⾏される(→確認済み、オンデマンドバックアップも取れる(Create Backup ボタンが押せる))
    • プライマリでバックアップ保存先にAutonomous Recovery Serviceを使⽤して⾃動バックアップを構成した場合、スイッチオーバー時に、新しいス
    タンバイ・データベースでのバックアップ、リストアが無効になる(→確認済み)
    • フェイルオーバーのシナリオ:
    • プライマリでバックアップ保存先にオブジェクト・ストレージまたはAutonomous Recovery Serviceを使⽤して⾃動バックアップを構成した場合、
    フェイルオーバー時に、新しい「Disabled Standby」データベースでバックアップが無効(Automatic backup: Disabled)になる(→OSS確認
    済、ARS確認済み)
    • スタンバイでバックアップ保存先にオブジェクト・ストレージを使⽤して⾃動バックアップを構成した場合、フェイルオーバー時にバックアップは新しいプ
    ライマリ・データベースで続⾏される(→確認済)
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    519

    View full-size slide

  495. スタンバイデータベースでの⾃動バックアップの有効化
    • サマリー
    • ⾃動バックアップで設定可能な組み合わせ
    • ①Primary Object Storage、Standby Object Storage
    • ②Primary Autonomous Recovery Service、Standby バックアップ無し
    • 上記以外は⾃動バックアップでは設定出来ない
    • Switchover後の動き
    • ①Primary Object Storage、Standby Object Storage
    • 新Primary、新Standbyともに Object Storage へのバックアップが継続する
    • ②Primary Autonomous Recovery Service、Standby バックアップ無し
    • 新Standbyでは Automatic backup: Disabledになり、バックアップが⽌まる。新PrimaryでAutonomous Recovery Serviceのバックアップの再設定が可能になる
    • Failover後の動き
    • ①Primary Object Storage、Standby Object Storage
    • 新Primaryは Object Storage へのバックアップが継続、Disabled Standbyはバックアップ停⽌
    • ②Primary Autonomous Recovery Service、Standby バックアップ無し
    • Disabled Standbyではバックアップが⽌まる。新Primaryでバックアップ設定しようとするとObject Storageしか選べなくなる。Reinstate後、新Standbyでのバックアッ
    プ設定を解除して、新PrimaryでAutonomous Recovery Serviceのバックアップの再設定が可能になる
    Data Guard アソシエーション
    Copyright © 2024, Oracle and/or its affiliates
    520