Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS Security Jamのすすめ

AWS Security Jamのすすめ

2023/6/29 AWS re:Inforce 2023 re:Cap Seminar でお話した資料です。
https://aws-startup-lofts.com/apj/loft/tokyo/event/fe138362-adfa-4425-b540-77e1fc289657

fumiakiueno

June 29, 2023
Tweet

More Decks by fumiakiueno

Other Decks in Technology

Transcript

  1. AWS Security Jamのすゝめ
    上野 史瑛

    View full-size slide

  2. 上野 史瑛(うえの ふみあき)
    AWS設計・構築、育成を担当
    英会話が趣味、海外も好き
    Cloud Architect
    @fu3ak1

    View full-size slide

  3. AWS Security Jamとは?

    View full-size slide

  4. Security Jamの雰囲気

    View full-size slide

  5. Security Jamの雰囲気

    View full-size slide

  6. AWS Security Jamとは?
    ※以下「2022年 AWS Security Jam 開催のご案内」より
    AWS Security Jam は、権限管理、ネットワークセキュリティ、暗号化、自動化、
    CI/CD、インシデントレスポンスなどに関連するサービスを利用して、参加者が各課
    題ごとに AWS 環境を適切に修正しポイントを競うゲーミング形式のイベントです。
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/aws-security-jam-2022-intro/
    ⚫4~5人程度でイベントで会った方々とチームを組む
    ⚫AWSアカウント(環境)がイベントから払い出される
    ⚫環境の修正を行ってポイントを稼ぐ
    ⚫多く、早く修正を行ったチームが優勝!景品あり
    ⚫Security Jamはセキュリティ関連の機能、サービスが多い

    View full-size slide

  7. ちなみに結果は・・?

    View full-size slide

  8. 2位🥈でした

    View full-size slide

  9. ヒント無しですべてクリアしたものの時間差で2位
    これ

    View full-size slide

  10. (参考)過去のJam成績も見れる

    View full-size slide

  11. (参考)re:Inventは激戦

    View full-size slide

  12. なぜ現地で参加するのか

    View full-size slide

  13. そもそも現地でしかやっていない(ことが多い)
    ⚫基本的にはre:Inventやre:Inforce、AWS Summitといった現地イベントと
    一緒に開催される。(過去コロナの影響でオンライン開催もあり)
    ⚫人気イベントで予約が埋まることもあるので早めの登録がおススメ

    View full-size slide

  14. 参加賞、景品が豪華
    ⚫参加するだけで色々と貰えた
    ⚫2位はニット帽、1位はブランケットだった
    AirTag
    モバイル
    バッテリー
    靴下 ステッカー
    2位の
    ニット帽

    View full-size slide

  15. 現地での興奮感
    ⚫チームごとにスコアを競っているので「頑張ろう、クリアしよう」となる
    ⚫頑張ろうとする本気度で、AWSの学びも深くなる

    View full-size slide

  16. グローバルな交流
    ⚫世界中のクラウドエンジニアと交流できる
    ⚫re:Inforceはアメリカの方が多かった
    ⚫私は30%くらいは英会話を楽しむ、鍛えるために参加している

    「Security Jamのチームメンバー国籍」 「チャットの様子」

    View full-size slide

  17. 触ったことないサービスに触れる
    ⚫自分の業務で触っていないサービスも出てくる
    ⚫比較的新しいサービスも出てくる
    ⚫幅広くサービスに触れ、基本マネジメントコンソールから操作することで
    理解が深まる
    ⚫詳細はネタバレになってしまうので是非ご参加ください

    View full-size slide

  18. 英会話Tips(1つだけ)

    View full-size slide

  19. 自分からしゃべろう!
    ⚫しゃべれない!と思って黙っている場合・・

    View full-size slide

  20. 自分からしゃべろう!
    ⚫しゃべれない!と思って黙っている場合・・
    ⚫話題の可能性が無限に広がり、最初のリスニングが難しくなる
    … AWS・・・
    Where・・
    Today’s・・

    View full-size slide

  21. 自分からしゃべろう!
    ⚫自分から質問した場合
    Where are you from?

    View full-size slide

  22. 自分からしゃべろう!
    ⚫自分から質問した場合
    ⚫回答の予想ができる!
    Where are you from?
    アメリカ?
    インド?
    都市名?
    New York!

    View full-size slide

  23. 自分からしゃべろう!
    ⚫特にイベント系ではHave you ever〜が鉄板
    ⚫答えがYesでもNoでもわからなくても、基本ポジティブに
    リアクションできる
    Have you ever done
    this(Jam) before?
    Yes or No
    Great!

    View full-size slide

  24. まとめ
    ⚫楽しい!そしてそれが技術の学びに繋がるイベント
    ⚫景品好きならそれを狙って参加するのもあり
    ⚫英会話好きならグローバルイベントでの参加がオススメ
    ⚫気になった方はとりあえず参加を!
    雰囲気を知りたい方は
    Public Demoできます!

    View full-size slide

  25. ありがとうございました

    View full-size slide