Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

re:Invent 2022 re:Cap

fumiakiueno
December 23, 2022

re:Invent 2022 re:Cap

こちらのイベントでお話した資料です。
https://techplay.jp/event/883882

fumiakiueno

December 23, 2022
Tweet

More Decks by fumiakiueno

Other Decks in Technology

Transcript

  1. re:Invent 2022 re:Cap

    View full-size slide

  2. 上野 史瑛(うえの ふみあき)
    AWS設計・構築、採用、育成、
    アライアンスリード
    WEBシステムのインフラ構築、
    セキュリティ機能の実装、データ分析などを担当
    NRIネットコム / Cloud Architect
    @fu3ak1
    #nncstudy

    View full-size slide

  3. 本日お話する内容
    ⚫re:Invent基本情報
    ⚫基調講演×アップデート
    ⚫その他気になるアップデート
    ※すべてのアップデートは紹介しません(しきれません)
    #nncstudy

    View full-size slide

  4. re:Invent基本情報
    ⚫AWSが年に一度開催する世界規模の学習型カンファレンス
    ⚫5つの基調講演、多くの新サービスが発表される
    ⚫参加人数 5万人以上(*)
    ⚫セッション数 約2300個(*)
    ⚫期間 2022/11/28(月)~2022/12/2(金)
    ⚫会場規模が大きく、複数のホテルが会場
    (*)出典:AWS re:Invent 2022: All the highlights and key announcements from this year's cloud computing conference
    https://www.aboutamazon.com/news/aws/aws-reinvent-2022
    出典:AWS re:Invent 2022 Campus
    https://reinvent.awsevents.com/campus/
    #nncstudy

    View full-size slide

  5. Imagine a world
    that is ordered, synchronized, one by one
    一つずつ順序付けられた、同期的な世界
    を想像してみよう
    #nncstudy

    View full-size slide

  6. Synchronous(同期)な世界
    Burger Burger, OK
    #nncstudy

    View full-size slide

  7. Synchronous(同期)な世界
    Fries Fries, OK
    Burger Burger, OK
    #nncstudy

    View full-size slide

  8. Synchronous(同期)な世界
    #nncstudy

    View full-size slide

  9. Synchronous(同期)な世界
    #nncstudy

    View full-size slide

  10. Synchronous(同期)な世界
    #nncstudy
    1本ずつ揚げる・・

    View full-size slide

  11. Synchronous(同期)な世界
    #nncstudy

    View full-size slide

  12. Asynchronous(非同期)な世界=現実の世界
    #nncstudy

    View full-size slide

  13. Asynchronous(非同期)な世界=現実の世界
    #nncstudy

    View full-size slide

  14. Asynchronous(非同期)な世界=現実の世界
    Burger and
    fries
    OK
    #nncstudy

    View full-size slide

  15. Asynchronous(非同期)な世界=現実の世界
    #nncstudy

    View full-size slide

  16. Asynchronous(非同期)な世界=現実の世界
    #nncstudy

    View full-size slide

  17. 現実の世界は非同期で、イベントに満ち溢れている
    Order
    Ready
    Order
    Finish
    #nncstudy

    View full-size slide

  18. 同期なシステム構成
    ショッピング
    カート
    請求
    注文 決済
    ⚫コンポーネント間の結合度が高く、
    1箇所の障害がシステム全体の障害へ繋
    がる可能性がある
    ⚫機能追加およびシステム進化がしにくい
    #nncstudy

    View full-size slide

  19. 非同期なシステム構成
    ショッピング
    カート
    請求
    注文 決済
    ⚫コンポーネント間の結合度が低く、
    障害発生時などのコンポーネント間の影
    響が少ない
    ⚫機能追加およびシステム進化がしやすい
    EVENT BROKER
    #nncstudy

    View full-size slide

  20. 非同期なシステム構成
    ショッピング
    カート
    請求
    注文 決済
    ⚫コンポーネント間の結合度が低く、
    障害発生時などのコンポーネント間の影
    響が少ない
    ⚫機能追加およびシステム進化がしやすい
    EVENT BROKER
    レポート
    ⚫たとえばレポート機能を追加したければ、
    コンポーネントを追加すれば良い
    システムも現実世界と同じくイベントドリブンで非同期にし、進化させるべき
    (という話がAmazon CTO Werner氏の基調講演でありました)
    #nncstudy

    View full-size slide

  21. AWSにおけるイベントドリブンアーキテクチャの例
    ~Serverlesspresso~
    (*)出典:Learn more about Serverlesspresso
    https://serverlessland.com/reinvent2021/serverlesspresso
    #nncstudy

    View full-size slide

  22. AWSサービスがたくさん出てきた
    (特に初心者には)難しい
    #nncstudy

    View full-size slide

  23. どうやって始めれば・・
    #nncstudy

    View full-size slide

  24. そこで登場したのが・・
    #nncstudy

    View full-size slide

  25. AWS Application Composer
    ⚫GUIでAWSサービスを配置するだけで、
    サーバーレスアプリケーションのIaCテン
    プレートができあがる
    ⚫ローカル環境のIDEと同期も可能
    ⚫サーバーレスサービスのいくつかに対応
    ⚫対応しているIaCはCloudFormation、
    SAM
    ※今後機能強化の可能性あり
    #nncstudy

    View full-size slide

  26. AWS Application Composer
    #nncstudy
    ※デモ動画は
    ウェビナー当日のみ

    View full-size slide

  27. AWSは常に顧客の声を聞いて学んでいる
    Listen、learn、improve
    #nncstudy

    View full-size slide

  28. Step Functions Distributed Map
    ⚫EMRやKafkaではなく、StepFunctions
    とLambdaでシンプルにMap並列処理を
    実行したいとの声があった
    ⚫NOAA(アメリカ海洋大気庁)では気候
    データを処理したいとの声があった
    ⚫同時実行数が最大40回であった
    Step Functionsが、本機能で
    最大10,000回に対応
    ⚫Step Functionsは多くのAWSサービスと
    連携できるため、よりAWSサービスを活
    用したイベントドリブンなアーキテク
    チャが可能になる
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Dr. Werner Vogels
    https://www.youtube.com/watch?v=RfvL_423a-I
    #nncstudy

    View full-size slide

  29. 小さなコンポーネントを組み合わせパワフルになる
    ⚫Unixではパイプ「|」という概念を使用して出力結果を
    組み合わせて結果を得ることができる
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Dr. Werner Vogels
    https://www.youtube.com/watch?v=RfvL_423a-I
    ⚫これをAWSのサービスで実現するには・・?
    #nncstudy

    View full-size slide

  30. Amazon EventBridge Pipes
    ⚫Unixのパイプの概念をAWSサービスで実
    現したもの
    ⚫従来はGlue等でスクリプトを書く必要が
    あったが、AWSサービス間のデータの処
    理をより簡単に実装できる
    ⚫データのフィルタリングもサービスの機
    能で実装できる
    #nncstudy

    View full-size slide

  31. 開発における課題はアーキテクチャ以外にも
    CI/CDパイプ
    ライン構築
    課題管理
    テストレポート
    複数環境の整備
    ソースコード
    リポジトリ
    プロジェクト管理
    IDEの準備
    #nncstudy

    View full-size slide

  32. Amazon CodeCatalyst
    ⚫数クリックで以下を自動セットアップして
    くれる
    • リポジトリ
    • ソースコードサンプル
    • Issue管理の仕組み
    • CI/CDパイプライン
    • パイプラインのレポート機能
    • プロジェクトメンバー管理の仕組み
    • IDEのセットアップ
    ⚫上記すべての機能を、CodeCatalystの画面
    から管理できる
    #nncstudy

    View full-size slide

  33. Simulate everything
    (すべてをシミュレーションしよう)
    #nncstudy

    View full-size slide

  34. Why simulate?
    (なせシミュレーションなのか?)
    イノベーション 安全な向上 パフォーマンス向上 トレーニング
    プロセス最適化 コスト 実験 新システムのデザイン
    #nncstudy

    View full-size slide

  35. 現実世界から学ぶ
    ⚫現実世界は非同期であると最初に紹介した
    ⚫現実世界(宇宙)は、壊れやすく、耐障害性が
    高い、弾力性もあり、屈強である
    ⚫この原則を学び、システムも構築をすべき
    #nncstudy

    View full-size slide

  36. 街をシミュレーションする
    • 交通整備
    • 都市開発
    • 災害時の避難シミュレーション
    など現実世界に役立つ使い方ができる
    #nncstudy

    View full-size slide

  37. 街というスペースをシミュレーションするには
    インフラ管理の手間が大きい
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Adam Selipsky
    https://www.youtube.com/watch?v=Xus8C2s5K9A
    #nncstudy

    View full-size slide

  38. AWS SimSpace Weaver
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Adam Selipsky
    https://www.youtube.com/watch?v=Xus8C2s5K9A
    ⚫空間をシミュレーションするためのAWSマネージドサービス
    #nncstudy

    View full-size slide

  39. The vast realm... of data
    広大なデータ、その活用とガバナンス
    The Power of PowerPoint - thepopp.com
    39
    #nncstudy

    View full-size slide

  40. 宇宙とデータ
    ⚫広大な宇宙、数えきれないほどの星、人類はこ
    れまで技術を駆使して調査をしてきた
    ⚫データも広大、日々増え続けており、その量を
    予測、把握することが難しくなっている。
    ⚫広大なデータを探索するには、正しいツール、
    統合、ガバナンス、ビジュアライズが必要

    View full-size slide

  41. データとその活用
    アプリケーション
    データ ETL
    AI/ML
    分析
    DWH
    データの活用ポイント
    #nncstudy

    View full-size slide

  42. データ活用とAWSサービス
    データ ETL AI/ML
    分析 DWH
    • Amazon RDS
    • Amazon Aurora
    • Amazon DynamoDB
    • Amazon DocumentDB
    • Amazon Neptune
    • Amazon ElastiCache
    • Amazon S3
    • Amazon EBS
    • Amazon EFS
    • Amazon FSx
    • AWS Glue
    • Amazon EMR
    • Amazon Athena
    • Amazon
    QuickSight
    • Amazon
    OpenSearch
    Service
    • Amazon Redshift • Amazon SageMaker
    • Amazon Personalize
    • Amazon Rekognition
    • Amazon Polly
    • Amazon Translate
    • Amazon Transcribe
    • Amazon Textract
    • Amazon Lookout
    • Amazon Fraud
    Detector
    New!
    サーバーレス
    オプション追加
    #nncstudy

    View full-size slide

  43. ETL処理を開発するのには手間がかかる
    Amazon S3 AWS Glue Amazon S3 AWS Glue
    Amazon Aurora
    スクリプト
    開発
    DB接続
    デプロイ管理
    Amazon Redshift
    スキーマ
    設定
    データ整合性
    チェック
    外部サービス
    接続設定
    #nncstudy

    View full-size slide

  44. Amazon Aurora zero-ETL integration
    with Amazon Redshift
    Amazon Aurora Amazon Redshift
    ⚫AuroraのデータをシームレスにRedshiftへ連携
    ⚫継続的にほぼリアルタイムでデータ連携ができる
    #nncstudy

    View full-size slide

  45. Amazon Redshift auto-copy from S3
    Amazon Redshift
    ⚫S3のデータをRedshiftへ自動連携
    ⚫S3へデータをアップしたら自動コピーするとい
    う設定も可能
    ⚫これまではロード処理の開発、起動設定を作りこ
    む必要があったが、AWSマネージドでコピー処
    理を自動実行できる
    Amazon S3
    #nncstudy

    View full-size slide

  46. Amazon Redshift Integration with
    Apache Spark
    ⚫S3への移動や、サードパーティのコネクタを使
    用せず、Spark処理の開発ができる
    ⚫GlueやEMRとも統合されている
    ⚫Glueでは接続先および出力先としてRedshiftが
    そのまま指定できる
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Adam Selipsky
    https://www.youtube.com/watch?v=Xus8C2s5K9A
    #nncstudy

    View full-size slide

  47. Amazon Athena for Apache Spark
    ⚫Athenaコンソール上でノートブックを立ち上げ、
    Sparkの処理を記述、実行できる
    ⚫インタラクティブかつスピーディに処理を実行で
    きる
    ⚫探索的に処理を実行したい場合に最適
    #nncstudy

    View full-size slide

  48. AWS Glue Data Quality
    ⚫データレイク内のデータがルールに従っているか
    チェックできる
    ⚫値が指定範囲内か、指定の文字列の範囲か、指定
    したキーの値が存在するか等色々なルールで
    チェックができる
    ⚫作成できるルールは公式ドキュメント参照
    https://docs.aws.amazon.com/glue/latest/dg/dqdl.html#dqdl-rule-types
    ⚫現状サポートされるソースはS3のみ
    ⚫Glueジョブ3.0に対応
    出典:Join the Preview – AWS Glue Data Quality
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/join-the-preview-aws-glue-data-quality/
    #nncstudy

    View full-size slide

  49. Amazon AppFlow
    22個のコネクター新規追加
    ⚫AWS外のSaaSのデータをAWSマネージドで
    AWS内へ連携できるAppFlow
    ⚫接続可能なサービスが22個追加
    ⚫Google Analytics 4、Facebook 広告、Google
    広告など
    ⚫外部とのデータ連携がより簡単に
    出典:Join the Preview – AWS Glue Data Quality
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/join-the-preview-aws-glue-data-quality/
    #nncstudy

    View full-size slide

  50. Amazon QuickSightのアップデートが多い
    ⚫データをビジュアライズ化できるBIサービス
    ⚫昨年は80機能のアップデートがあった
    ⚫最近も多くのアップデートあり
    (SPICE容量のメトリクス化など)
    ⚫自然言語で質問を投げて結果を出してくれる
    Qという機能もある
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Adam Selipsky
    https://www.youtube.com/watch?v=Xus8C2s5K9A
    #nncstudy

    View full-size slide

  51. Amazon QuickSight Qのアップデート
    ML-powered forcasting、Why questions
    ⚫未来のデータ予測についてもQが対応
    ⚫これまでは現在のデータに関する情報しか得
    られなかった
    ⚫たとえば未来1年間の売上予測は?といった
    質問が可能
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Adam Selipsky
    https://www.youtube.com/watch?v=Xus8C2s5K9A
    ⚫データに関する「理由」を聞いて、その回答
    を返してくれる
    ⚫たとえばなぜ2022年1月に売上が下がった
    の?と質問すると原因の説明を応答してくれ

    #nncstudy

    View full-size slide

  52. データのガバナンス
    データ
    管理者
    データ利用者
    データ利用者
    データ利用者
    アクセス管理が細かすぎると、
    利用者が見たいデータをうまく見つけられない
    #nncstudy

    View full-size slide

  53. データのガバナンス
    データ
    管理者
    データ利用者
    データ利用者
    データ利用者
    アクセス権が多きすぎると、
    データ漏洩など事故につながる
    ⇒バランスが大事
    #nncstudy

    View full-size slide

  54. Amazon Datazone
    出典:AWS re:Invent 2022 - [NEW LAUNCH] Amazon DataZone – Democratize data w/ governance
    (ANT344)
    https://www.youtube.com/watch?v=t3LTunhYys4
    ⚫必要な人に必要なデータをより簡単に管理し
    ながら共有できるサービス
    ⚫利用者はポータル画面で必要なデータを検索
    できる
    ⚫Athena、Redshiftへのクエリ実行も可能
    ⚫SnowflakeやTableauなど外部のサービスも
    連携可能
    #nncstudy

    View full-size slide

  55. データとマーケティングにおける課題
    データ
    広告、マーケティング
    担当
    ユーザー
    ユーザー
    ユーザー
    個人情報
    データ活用
    個人情報は見ない
    どう隠すかが課題
    #nncstudy

    View full-size slide

  56. データとマーケティングにおける課題
    データ
    広告、マーケティング
    担当
    ユーザー
    ユーザー
    ユーザー
    個人情報
    データ活用
    同じユーザー、異なるサービス
    データを同じユーザーとして
    紐づけしたい
    サービス1
    サービス2
    #nncstudy

    View full-size slide

  57. AWS Clean Rooms
    データ
    広告、マーケティング
    担当
    ユーザー
    ユーザー
    ユーザー
    個人情報
    データ活用
    サービス1
    サービス2
    AWS Clean Rooms
    個人情報保護 アクセス制御
    データ結合
    #nncstudy

    View full-size slide

  58. AWS Clean Rooms
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Adam Selipsky
    https://www.youtube.com/watch?v=Xus8C2s5K9A
    ⚫個人情報、機密情報を保護したClean
    Roomを簡単にセットアップ
    ⚫データの結合にも対応予定
    ⚫元データの共有や公開は不要で、
    AWS Clean Roomsが接続したデータを
    S3バケットへ出力する
    #nncstudy

    View full-size slide

  59. Amazon Redshift data sharing with
    AWS Lake Formation
    出典:Centrally manage access and permissions for Amazon Redshift data
    sharing with AWS Lake Formation
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/big-data/centrally-manage-access-and-
    permissions-for-amazon-redshift-data-sharing-with-aws-lake-formation/
    ⚫AWS Lake Formationによるアクセス制御が、
    Redshiftのdata sharingをサポート
    ⚫Redshiftを複数のアカウント間でシェアする場合
    に、アクセス制御をLake formationで一元管理す
    ることができる
    #nncstudy

    View full-size slide

  60. AWSはセキュリティを最重要視している
    ⚫AWSにおいてセキュリティは最優先(Top Priority)
    ⚫顧客がAWSを選ぶ理由の1つにセキュリティがある
    ⚫セキュリティ関連のサービスも充実して幅広い範囲をカバーしている
    出典:AWS re:Invent 2022 - Keynote with Adam Selipsky
    https://www.youtube.com/watch?v=Xus8C2s5K9A
    #nncstudy

    View full-size slide

  61. セキュリティ関連のデータは色々な場所に保存される
    これをどう分析するのか?
    AWS CloudTrail Amazon GuardDuty
    Amazon Route53 AWS SecurityHub
    サードパーティの
    セキュリティソリューション
    • Trend Micro
    • CROWDSTRIKE
    • Palo Alto
    • splunk
    • Rapid7
    など
    #nncstudy

    View full-size slide

  62. Amazon Security Lake
    AWS CloudTrail Amazon GuardDuty
    Amazon Route53 AWS SecurityHub
    サードパーティの
    セキュリティソリューション
    ⚫Open Cybersecurity Schema
    Framework(OCSF)という共通の
    フォーマットで1箇所に保存
    ⚫Athena経由のクエリ実行、
    分析サービスとの連携が可能
    Amazon Athena
    サードパーティの
    分析ソリューション
    #nncstudy

    View full-size slide

  63. Amazon GuardDuty RDS Protection
    ⚫脅威検知のGuradDutyがRDSに対応
    ⚫現状はAuroraのみ、検知は怪しいログイ
    ン成功/失敗の2種類
    ⚫2020年にS3対応、2022年にRDS対応
    データへの脅威アクセスが強化されてい

    ⚫「有効にする」を押すだけ
    #nncstudy

    View full-size slide

  64. その他気になるアップデート

    View full-size slide

  65. 写真シェアアプリ
    ラスベガス
    Amazon Verified Permissions
    ①アップ
    Alice Bob
    ②シェア
    ③閲覧
    Permission
    ⚫Aliceは自分の写真を登録、閲覧、削除できる
    ⚫BobはAliceのシェアフォルダ内写真を閲覧できる
    ⚫BobはAliceの写真を削除できない
    アプリケーションコード内に実装していると・・
    ⚫権限状態の確認時やルール変更の都度、
    アプリケーションコードが必要になる
    ⚫監査においても状態の確認や、変更履歴などの
    確認が難しくなる
    #nncstudy

    View full-size slide

  66. Verified Permission
    写真シェアアプリ
    ラスベガス
    Amazon Verified Permissions
    ①アップ
    Alice Bob
    ②シェア
    ③閲覧
    Permission
    管理を外出し
    AWS CloudTrail
    変更履歴は
    CloudTrailで閲覧
    #nncstudy

    View full-size slide

  67. Amazon Verified Permissions
    出典:Use policies to manage permissions w/Amazon Verified Permissions
    https://www.youtube.com/watch?v=k6pPcnLuOXY
    ⚫アプリケーションの権限管理機能を提供するサービス
    ⚫アプリケーションで重要となる認可の管理をアプリケー
    ションの外側で行い、柔軟な変更に対応できる
    ⚫アプリケーション経由の認可管理も可能
    ⚫認可状況の監査もやりやすくなる
    ⚫API Gateway+Lambda Authorizerを使用して、
    Verified Permissionsへアクセスし、許可/拒否を判断
    ⚫Cedarと呼ばれるAWSが開発した言語を使用してポリ
    シーを記載する
    #nncstudy

    View full-size slide

  68. AWS Verified Access
    ⚫the AWS Zero Trust security principlesに
    基づいて設計されたサービス
    ⚫VPN無しで、AWSアカウント内の企業アプリケーション
    へセキュアな状態で接続できる
    ⚫従来はゼロトラストを実現するために、
    デバイス、VPN、アプリケーションと各場所でポリシー
    を定義する必要があり、大変だった
    ⚫AWS Verified Accessを使用して各ポリシーを1ヵ所で管
    理できるように
    ⚫Cedarと呼ばれるAWSが開発した言語を使用してポリ
    シーを記載する
    ⚫接続先のエンドポイントとしてLoad balancerまたは
    Network interfaceを指定
    出典:Introducing AWS Verified Access: Secure connections to your apps
    https://www.youtube.com/watch?v=Kkxn-bAIlnI
    #nncstudy

    View full-size slide

  69. Amazon ECS Service Connect
    Amazon ECS
    (Service)
    クエリ
    Amazon Route 53
    AWS Cloud Map
    リクエスト
    Elastic Load Balancing
    Amazon ECS
    (Service)
    登録
    登録
    登録
    リクエスト
    リクエスト
    Amazon ECS
    (Service)
    登録
    リクエスト
    AWS Cloud Map AWS App Mesh
    Discover 設定
    設定
    「Service Discovery」
    ⚫ シンプル
    ⚫ トラフィックメトリクス無し
    「ELB」
    ⚫ Blue/Greenデプロイ、
    トラフィックメトリクス
    ⚫ ELBの管理コスト発生
    「App Mesh」
    ⚫ リッチなトラフィック管理、
    暗号化(mTLS)
    ⚫ 設定が複雑
    envoy
    envoy
    Amazon ECS
    (Service)
    Amazon ECS
    (Service)
    Amazon ECS
    (Service)
    envoy
    envoy
    これまでのECSサービス間の接続方法選択肢・・
    #nncstudy

    View full-size slide

  70. Amazon ECS Service Connect
    Amazon ECS
    (Service)
    クエリ
    Amazon Route 53
    AWS Cloud Map
    リクエスト
    Elastic Load Balancing
    Amazon ECS
    (Service)
    登録
    登録
    登録
    リクエスト
    リクエスト
    Amazon ECS
    (Service)
    登録
    リクエスト
    AWS Cloud Map AWS App Mes
    Discover 設定
    設定
    「Service Discovery」
    ⚫ シンプル
    ⚫ トラフィックメトリクス無し
    「ELB」
    ⚫ Blue/Greenデプロイ、
    トラフィックメトリクス
    ⚫ ELBの管理コスト発生
    「App Mesh」
    ⚫ リッチなトラフィック管理、
    暗号化(mTLS)
    ⚫ 設定が複雑
    envoy
    envoy
    Amazon ECS
    (Service)
    Amazon ECS
    (Service)
    Amazon ECS
    (Service)
    envoy
    envoy
    これまでのECSサービス間の接続方法選択肢・・
    このあたりの
    ちょうど良い機
    能がほしい
    #nncstudy

    View full-size slide

  71. Amazon ECS Service Connect
    Amazon ECS
    (Service)
    AWS Cloud Map
    リクエスト
    登録
    「Service Connect」
    ⚫ ECS外での管理負荷なしで、ヘルスチェック、コネク
    ションドレイン、モニタリング強化の機能に対応
    ⚫ 現状一部制約もあり、App Meshほどの拡張性は無い
    Service
    Connect
    agent
    Service
    Connect
    agent
    ECS Service Connect
    Service
    ELB相当の機能
    リクエスト
    Service Connectの機能で
    ECS内から設定できる
    Amazon CloudWatch
    ⚫ HTTPレスポンスコード数
    ⚫ リクエスト数
    ⚫ コネクション数
    などのメトリクスを自動提供
    Amazon ECS
    (Service)
    #nncstudy

    View full-size slide

  72. Amazon VPC Lattice
    ⚫サービス間の接続を抽象化してシンプルに接続でき
    るサービス
    ⚫AWSアカウントやVPCをまたぎ、使用するコン
    ピュートサービスも異なると接続が複雑化するが、
    VPC Latticeではそこをシンプルにする
    ⚫サービスディスカバリ、ルーティング、ロードバラ
    ンシング、認証認可、可観測性などの機能を提供
    出典:Introducing Amazon VPC Lattice: Simplifying app networking
    https://www.youtube.com/watch?v=fRjD1JI0H5w
    #nncstudy

    View full-size slide

  73. Amazon RDS Blue/Green Deployment
    Amazon Aurora Amazon Aurora
    Blue Green
    出典:New – Fully Managed Blue/Green Deployments in Amazon Aurora and Amazon RDS
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/new-fully-managed-blue-green-deployments-in-
    amazon-aurora-and-amazon-rds/
    ⚫アプリケーションのリリース方式として活用され
    てきたBlue/Green方式がRDSでも利用可能に
    ⚫複数インスタンスを用意し、任意のタイミングで
    即時(1分以内)の切替ができる
    ⚫バージョンアップやパラメータ変更、スキーマ変
    更(一部)をサービス影響少なく対応できる
    ⚫Aurora MySQL、RDS for MYSQL、RDS for
    MariaDBで対応
    ⚫現時点でいくつか制約があり、RDS Proxy使用時
    やCloudFormationでの変更は不可となっている
    https://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/UserGuide/blue-green-
    deployments-overview.html#blue-green-deployments-limitations
    #nncstudy

    View full-size slide

  74. Amazon CloudWatch Internet Monitor
    出典:Amazon CloudWatch Internet Monitor プレビュー
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/cloudwatch-internet-monitor-end-to-end-visibility-
    into-internet-performance-for-your-applications/
    ⚫インターネット側の接続パフォーマンスを状況表
    示できる機能
    ⚫世界各地の「遅い」を判断できる機能
    ⚫地図上でパフォーマンス劣化が出ている場所が表
    示される
    ⚫使用すべきリージョンやCloudFrontの利用など、
    推奨事項も合わせて提示してくれる
    #nncstudy

    View full-size slide

  75. Amazon CloudWatch Logs
    データ保護機能
    ⚫CloudWatch Logsに転送されるログの機密情報をマスク
    できるようになった
    ⚫現時点では英語のみ対応で、クレジットカードナンバーや
    氏名、Eメールアドレス、などさまざまな対応データあり
    https://docs.aws.amazon.com/AmazonCloudWatch/latest/logs/protect-sensitive-log-
    data-types.html
    ⚫IAMでAction logs:Unmaskを許可しているとマスクを外
    してログ閲覧が可能になる
    #nncstudy

    View full-size slide

  76. AWS Control Tower
    コントロール管理機能を強化
    ⚫ガードレールがコントロールという名前に変更
    ⚫Control Tower経由でSecurity Hubにルールを設定し、
    各アカウントでスコアが表示できるように
    組織的なSecurity Hubのコントロール設定が可能に
    ⚫コントロールの設定に合わせてSecurity Hubの有効
    化も可能に
    ⚫CloudFormationデプロイ時にルールチェック、デプ
    ロイ禁止ができるプロアクティブなコントロールが新
    規追加(手動操作やAPI実行には非対応)
    ※Configルールも同様にプロアクティブな
    ルール設定が可能に
    AWS CloudFormation
    Template Stack
    NGルールがあれば
    デプロイエラー
    #nncstudy

    View full-size slide

  77. Amazon Inspector
    Lambda関数の診断をサポート
    出典:Amazon Inspector が AWS Lambda 関数をスキャンして脆弱性を検出するようになりました
    https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-inspector-now-scans-aws-lambda-functions-for-vulnerab
    ⚫Lambda関数およびLambdaレイヤーの
    脆弱性スキャン対応
    ⚫Inspectorおよび本機能を有効にするだけで
    自動診断
    ⚫Lambda関数が更新されたときと、新しい脆
    弱性(CVE)が公開されたときに自動再ス
    キャンしてくれる
    ⚫料金は1関数あたり$0.36(東京)
    #nncstudy

    View full-size slide

  78. まとめ
    #nncstudy

    View full-size slide

  79. アップデートまとめ
    ⚫「データ」を活用するアップデート、
    ガバナンスを強化して安全にデータを扱うためのアップデートが多かった
    ⚫データ活用やガバナンスでかかる手間をAWSのサービスに任せることで負荷を下げられる
    ⚫Werner氏の基調講演は「非同期」「イベントドリブン」がキーワード
    ⚫非同期でイベントドリブンなシステムをAWSのサービスを活用してより簡単に実装できる世界
    を目指していると感じた
    ⚫データ活用と同じく開発に関わる手間をAWSのサービスに任せビジネスの実現に集中できる
    #nncstudy

    View full-size slide

  80. AWSのアップデートを知ると良いこと
    ⚫新サービスを知ることでアーキテクチャ検討時の選択肢が増える
    ⚫AWSの新サービス、新機能はユーザーのフィードバックを元に開発されているため、
    新サービスを知ることで、多くのユーザーが抱えている課題、トレンドを知ることができる
    ⚫AWSを知ることでre:Inventや新機能の話が何倍も楽しくなる
    Keep on Learning!!
    どのサービス
    使おう?
    現行サービス
    現行サービス
    新サービス
    #nncstudy

    View full-size slide

  81. 最後に少しだけ・・
    NRIネットコムの紹介

    View full-size slide

  82. AWSエンジニア募集中!
    #nncstudy
    https://www.nri-net.com/recruit/career/discussion-aws/
    ⚫最新のAWS技術を活用してお客様のビジネス課題を解決しませんか?
    ⚫ご興味ありましたらご連絡ください!

    View full-size slide

  83. AWS案件支援します!
    #nncstudy
    https://www.nri-net.com/service/web-solution/aws/
    ⚫AWS、システム構築でお困りでしたらご相談ください!

    View full-size slide

  84. ありがとうございました

    View full-size slide