Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

なぜ我々は現地ラスベガスでreInventに参加するのか

fumiakiueno
November 02, 2022

 なぜ我々は現地ラスベガスでreInventに参加するのか

「re:Invent 2022 Standby 事前勉強会」でお話した資料です。
https://connpass.com/event/263154/

fumiakiueno

November 02, 2022
Tweet

More Decks by fumiakiueno

Other Decks in Technology

Transcript

  1. なぜ我々は現地ラスベガス でre:Inventに参加するのか

  2. 上野 史瑛(うえの ふみあき) AWS設計・構築、採用、育成、 アライアンスリードなど クラウドに関わる色々な業務を実施 NRIネットコム / Cloud Architect

  3. なぜオンラインではなく、ラスベガスなのか

  4. 新サービスの発表が多く行われる 多くの人が盛り上がる光景は必見 基調講演 熱量に 感化される ため ラスベガスという場所 エンターテイメントな街でテンションUP re:Invent以外も楽しもう GameDay、Jam

    現地ならではのゲーム参加型イベント 日本人のすごい人もいっぱいいる 日本でご活躍のみなさまがいっぱい 日本人イベントなどで交流しよう 業務から離れて1週間AWS学習 オンラインではこの集中は難しい
  5. 2018年のre:Inventをきっかけに・・ ⚫ EC2、RDS、VPCのみ知っていた時代 ⚫ 初めてre:Inventに参加 ⚫ 熱量に感化され「AWS頑張ろう」となる 2018年 2019年 ⚫

    認定資格を全部取得 ⚫ AWS案件にアサインされるように ⚫ この年もre:Invent参加 2020年 2021年 2022年 ⚫ AWS Ambassadorに選出 ⚫ セキュリティ認定本を出版 ⚫ この年からre:Inventもオンラインに・・ ⚫ re:Invent公式 Attendee Guide(参加者ガイド)を記載 ⚫ re:Invent事前勉強会でもLT ⚫ この年はハイブリッド開催、私はオンライン参加 参加してました! https://connpass.com/event/103391/ ⚫ 久しぶりのオフライン参加!!
  6. おすすめセッション情報

  7. 基調講演(Keynotes) 出典)【AWS re:lnvent2022 Keynotes】https://reinvent.awsevents.com/keynotes/ ⚫ CEOアダムさんによる基調講演 ⚫ 主要な新サービスやアップデートはここで 発表される可能性が高い ⚫

    ビジネスから技術まで幅広い話が聞ける ⚫ 予約不要、日本語同時通訳もあり ⚫ 一緒に盛り上がろう!!
  8. 基調講演(Keynotes) AWS技術、 インフラに 興味ある方 APN企業に お勤めの方 AI/MLな方 Amazon CTOから Well-Architected

    やカルチャーの話 を聞きたい方 (大体みんな) 出典)【AWS re:lnvent2022 Keynotes】https://reinvent.awsevents.com/keynotes/
  9. Leadership sessions 出典)【AWS re:lnvent2022 Leadership sessions】https://reinvent.awsevents.com/leadership-sessions/ ⚫聞くセッションに悩んだらコレ ⚫すごい人たちから良い話が聞ける ⚫上司におススメするのもコレ

  10. 新サービスのセッションが追加される 出典)【AWS re:Invent 2021 - {New Launch} AWS Amplify Studio:

    Visually build full-stack web apps fast on AWS】 https://www.youtube.com/watch?v=NLN-q47uPo0 ⚫新サービスのセッションはre:Invent 期間中に追加される ⚫[NEW LAUNCH]で検索すると出てく る(はず) ⚫予定は柔軟に変えていこう ⚫サービスが生まれた背景なども話して くれる
  11. おすすめセッション【ユーザー事例】 ⚫NetflixやAmazon.comといった、 大規模AWSユーザーの事例セッション ⚫ユーザー側のお話は普段あまり聞く機会も 無いのでおススメ 出典)【AWS re:lnvent2022 Session Catalog】 https://portal.awsevents.com/events/reInvent2022/sessions/NFX303

    出典)【AWS re:lnvent2022 Session Catalog】 https://portal.awsevents.com/events/reInvent2022/sessions/ARC206
  12. おすすめセッション【Deep Dive】 ⚫好き、得意なサービスがある場合は 「Deep dive」や「What’s new」がおススメ ⚫re:Invent期間中のアップデートも紹介される かも? 出典)【AWS re:lnvent2022

    Session Catalog】 https://portal.awsevents.com/events/reInvent2022/sessions/DAT326 出典)【AWS re:lnvent2022 Session Catalog】 https://portal.awsevents.com/events/reInvent2022/sessions/CON323
  13. おすすめセッション【GameDay、Jam】 ⚫チームを組んで、AWS環境上でシステム構築や 障害対応を実施するハッカソン型のイベント ⚫せっかくの国際イベントなので、自信のある方は 交流がてら参加してみましょう ⚫Gamedayは予約不可、現地待機オンリー ⚫自習型のQuestもあり 出典)【AWS re:lnvent2022 Gamified

    learning】 https://reinvent.awsevents.com/learn/gamified-learning/
  14. おすすめセッション【初心者】 ⚫AWS初心者の方は、Level100、200を中心にセッションを受けると良い ⚫「英語に自信が無い・・」という方も自分が得意な分野もLevel100、200を聞いて見ると 意外と聞けるかも? 出典)【レベルについての説明】https://pages.awscloud.com/rs/112-TZM-766/images/seminar_level_2020.pdf Level 説明 100 入門セッションです。AWS サービスの概要に焦点を当てており、参加者は対象のトピックに

    関する知識が全くない方を対象としています。 200 中級セッションです。参加者がトピックの入門知識を持っていることを前提に、ベストプラ クティス、サービス機能の詳細、およびデモを提供することに焦点を当てています。 300 上級セッションです。対象のトピックの詳細を提供するセッションです。参加者はそのト ピックにある程度精通している方が対象です。ただし、同様のソリューションの実装経験が ない場合もあります。 400 エキスパートセッションです。参加者は、トピックに精通しており、既に独自ソリューショ ンを実装している方が対象です。 複数のサービス、アーキテクチャによる実装でテクノロジーがどのように機能するかを解説 します。
  15. その他おすすめ情報

  16. Expo(展示会場) 出展企業に話かけまくって色々もらおう ⇦これをピッとやればOK(後からメール来るけど気にせずに) 出典)【AWS re:lnvent2022 Expo】https://reinvent.awsevents.com/learn/expo/

  17. 日本人の集まり 2019年だと・・ ⚫ NW-JAWS ⇒今年は北海道とオンラインのハイブリッド https://jawsug-nw.connpass.com/event/259495/ ⚫ Fin-JAWS ⚫ Containers

    Happy Hour 今年は何かあるのか・・!? 行く場所に困ったら、Venetian内にある「Noodle Asia」に行けば誰かいるはず
  18. re:Play 木曜夜の アフターパーティ

  19. ラスベガス周辺を楽しむ ⚫カジノ ⚫街並み ⚫ショー ⚫買い物 ⚫グルメ

  20. やりたい!と思ったことをやりましょう!

  21. 「また来たい」「AWS頑張ろう」と 帰りに思っていたらre:Inventは大成功です

  22. ラスベガスでお会いしましょう👋