Crystalで暗号通貨プロダクトの開発

70c909df38100772c82c969e81bc045e?s=47 fukaoi
June 21, 2018

 Crystalで暗号通貨プロダクトの開発

東京 Crystal 勉強会 #6 in 渋谷
https://crystal.connpass.com/event/90745/

登壇資料です。

70c909df38100772c82c969e81bc045e?s=128

fukaoi

June 21, 2018
Tweet

Transcript

  1. 6.

    © DMM.com LLC Programming Editor • 高地のEditor環境 6 Editor VS

    Code Extension vscode-crystal-lang Static analyze Scry (auto complete, syntax check, function jump)
  2. 7.

    © DMM.com LLC Programming Editor part.1 • 角本さんのEditor環境 7 Editor

    vim Extension vim-crystal(syntax highlight, crystal cmdの実行) Static analyze なし
  3. 9.

    © DMM.com LLC Scry • Scryの前に、Language Server Protocol(LSP)について • LSPは任意のEditor、IDEに対して、プログラミングする上での、コード保

    管、Syntax check、定義箇所へのジャンプなど、開発便利機能をクライ アントとサーバーでやりとりすることを決めたプロトコル • サーバー側で開発便利機能を提供することで、異なるEditor、IDE間でも 同等機能が提供できる • LSPのイメージ図(qiita: language server protocolについて) 9
  4. 11.

    © DMM.com LLC Scry part.3 • Scryはv0.7.1なので、不安定だったりする箇所があるが、リアルタイム でSyntax checkをしてくれるので便利 •

    LSPはマイクロソフトが中心になり、RedHat、Codenvy、Sourcegraph なども賛同しているので、今後もっと普及するかも? 11
  5. 13.

    © DMM.com LLC Build tool • shards test みたいにshardsを拡張して、build toolとして使いたかっ

    た。 • 拡張できないか調べてみたが、公式ページにはshardsは依存管理ツー ルと書かれているし、無りっぽい • 結果、Makeでbuild toolを作成することに • make install、 clean、build、testを中心に作成 13
  6. 15.

    © DMM.com LLC Shards • よく使うshards command • install(update)・・・依存ライブラリーのインストール •

    check・・・shard.ymlからローカルのllib/に不足しているライブラリがな いかcheck • prune・・・shard.ymlからローカルのlib/に残っているゴミライブラリを削 除 15
  7. 16.

    © DMM.com LLC Shards part.2 • shardsのcommandを組み合わせてmake installを効率化 a. shards

    check b. (不足ライブラリを発見! ※不足がなければmake installは終了) c. shards install d. shards prune • このちょっとしたことが、CI実行時などの処理時間に影響してくる 16
  8. 17.

    © DMM.com LLC Shards part.3 • 複数のアプリケーションで使用する、共通ライブラリは、毎回git cloneし たくない •

    shard.yml内で、github: ではなく path: を使う • 相対パスでライブラリを指定するとsymbolic linkを張ってくれる。 • shards installの際にダウンロードが発生しない分、時間の短縮になる 17
  9. 20.

    © DMM.com LLC CRYSTAL_ENV part.2 • (想定環境) test、developement、staging、production • (crytal-envの対応環境)

    test、developement、staging、production • stagingが無い!、issueを漁ってみるとみてみると、、、同じ思いの人 が! • test、developement、production、3つの環境しか指定できないことが分 かった。 20 なぜ、test、development、production以外の設定をinvalidにしてしまうんです か?この3つが一般的かもしれませんが、アプリケーションによっては、これ以 外のケースを使うことがあります。
  10. 23.

    © DMM.com LLC REPL • ちょっとした文法チェックに、REPLを使いたいけど、Crystal本体には REPLは実装されていない。(ver 0.24.2) • issueには、crystal-community/icr

    を使ってとかかれていたので、今のと ころicrを使うのがデファクト? • enterキーがおされるたびに、新しいcrystalプログラムファイルを裏側で 生成しているので、若干レスポンスが遅いが、便利なので。 23
  11. 26.

    © DMM.com LLC JSON::Mapper part.2 26 • json-to-crystalのwebサービス 版が公開されていたが、現在は Not

    found • json-to-crystalのローカル版 (Node.js)は動く • (※注意)公式に書かれている Usageはそのままでは動かな い
  12. 27.

    © DMM.com LLC JSON::Mapper part.3 27 • 左のMappingクラスは実際に 自動生成されたclassそのもの •

    Performanceを気にする場合 は、class構造からstruct構造に しても問題ない
  13. 32.

    © DMM.com LLC 多相性と単相性 part.2 32 • デザパタの教科書とかだと、単相性の記述が多い • 暗号通貨の種類は1000を超えていると言われており、多くの通貨を扱うプ

    ロダクトだと、多相性で実装したほうが、楽だった • 多相性、単相性ともに設計方針に基づいて使い分けるのがベター
  14. 34.

    © DMM.com LLC 静的解析 • コンパイラが担当しない、コード構造の品質をあげるために静的解析ツー ルを導入 • 静的解析ツールameba (Crystal版Rubocop)

    • ameba.ymlで拡張可能、only/exceptオプションで解析対象範囲を指定 できる • CIでcrystal tool formatなどと一緒にチェックさせている 34
  15. 35.

    © DMM.com LLC 静的解析 part.2 spec/hoge_spec.cr:9:68 LargeNumbers: Large numbers should

    be written with underscores: 0.000_1 spec/hoge_spec.cr:14:14 LargeNumbers: Large numbers should be written with underscores: 9_999_999_999_999_999 src/hoge.cr:12:7 UselessAssign: Useless assignment to variable `str` 35
  16. 37.

    © DMM.com LLC 通貨単位 • 暗号通貨の単位は細かい • ビットコインを例に • 一番大きい単位:

    BTC • 一番小さな単位: satoshi • 1satoshi = 0.00000001BTC • オーバーフローを発生させないために、通貨単位は、 Float64BigDecimal型で定義 37
  17. 41.

    © DMM.com LLC まとめ • ミッションクリティカルな暗号通貨プロダクトにもCrystalは適していると思 う • Null安全、型安全 •

    コンパイラが優秀 • Rust、Swiftと同じコンパイラ基盤(LLVM)を利用しているので、同性能 を享受 • Rubyと比較してruntime上でコードを生成することを許可していないの で安全 • 困ったらgitterでコミュニティに質問(コミュニティが活発) 41