Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Orchestratoeの情報管理について

HANACCHI
April 08, 2021
33

 Orchestratoeの情報管理について

【増席】RPA勉強&LT会!RPALT vol.9

HANACCHI

April 08, 2021
Tweet

More Decks by HANACCHI

Transcript

  1. Orchestratorの情報管理について Presented By hjmkzk@gmail.com

  2. 自己紹介 • 小﨑 肇(こざき はじめ⇒[ハナ]肇⇒はなっち!) • 58歳 まだまだ58歳、もうすぐ… • 東京都豊島区⇒神奈川県川崎市中原区

    • 趣味 自転車だったけど、最近はINGRESS • 職歴  かなり前に今の会社に入社。 COBOL⇒JAVA⇒EXCEL-VBA  EXCEL-VBAでは、JP1-REPORTERとか、 SAGENT-REPORTERとか…  UiPath歴は、13ヶ月…
  3.  Studioで作成し、OrchestratorへPUBLISHし、実行させる UiROBOTへダウンロードさせる。  そのためには、Orchestratorでの定義設定が必要である。 Package Machine Process ROBOT Robot

    Group PUBLISH ⇔ ⇔ ⇔ ⇔ UiROBOT Studio DownLoad
  4.  業務ROBOTを沢山作ると、Package⇔Process、 Process⇔RobotGroupの定義設定が増える Package Machine Process ROBOT Robot Group PUBLISH

    Package Process ⇔ ⇔ ⇔ ⇔ Studio UiROBOT DownLoad
  5.  実行パソコンが増えると、Machine⇔ROBOT、 ROBOT⇔RobotGroupの定義設定が増える Package Machine Process ROBOT Robot Group Package

    Process ⇔ ⇔ ⇔ Machine ROBOT ⇔ UiROBOT DownLoad どのパソコンに、どの業務ROBOTが割り当てられているかは、 EXCELなどで管理していくか、Orchestratorで丹念に見ていく
  6. どのパソコンに、どの業務ROBOTが割り当てられているかは、 EXCELなどで管理していくか、Orchestratorで丹念に見ていく 見た目、文字が見切れたり している。 UiPathで読み取れるけど、 ページ制御がうまくいかな いケースがある なら、やっぱりEXCEL ツールだ!!

  7. ①Orchestratorの「ロボット」ページを全選択&コピーし、 ②そのクリップボードをツールが読み込み、 ③EXCELブックに展開する ① ② ③

  8. ピボット機能で、ROBOTとProcessの関連性を表現できる BEATLES_◦◦◦◦部_001_07は、 BEATLES_◦◦◦◦部_001_06と比べて 定義がモレている

  9. こういう事を考えなくて済むように。。。 Orchestratorには、 情報ダウンロード機能は欲しい! 大量データ登録が出来るように、 登録アップロード機能は欲しい!

  10. 弊社FreamWorkのconfig.xlsx管理手法 Presented By hjmkzk@gmail.com